根府川ライフ


<   2018年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧



秋葉原の散策

4/30 久し振りに秋葉原を散策しました。

電気街から、アニメ、アイドル、パソコン、ゲーム、模型・鉄道、コスプレ、メイドカフェなどのオタク文化の街に大変身し、外国人観光客も多く街の再生に大成功している。



メイド服の女子高生らしきのが呼び込みするので、いくらか聞いてみると、「1000円で楽しめます。お年寄りの方もいらっしゃいますよ。」とニコニコして答えてくれたものの、写真を撮らせてと頼んだが、断られた。

LEDライトなどの安い電気雑具が好きで、店を廻るのが楽しく、2時間ウロウロした。

2万円以下の品は衝動買いする性格なので、水中、80mm望遠を含めてCASIO主体にデジカメを10台持っている。
高価なデジカメを2台買うのが賢いが、ケチな性格は治らないのには困ったものだ。

デジカメは新型売出しが頻繁で、古い型は価値はなく、“安物買いの銭失い” とはこのことだ。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-30 17:14 | その他 | Comments(2)


横浜市大病院の診断と横浜南部市場の海鮮定食

4/27 今週の病院通いは3回目で、福浦の横浜市大付属病院に行きました。

薬を飲んで右目の2週間の様子見だったが、「改善されず、全く見えなくなった。」と少し大げさに症状を説明した。

「少しは見える筈ですが・・」と首を傾げながら、細かく検査して、5月中旬に手術をすることになってしまった。

2週間ほどの入院だと診断に驚き、これからも病院通いが続くのには困ったものだ。



帰りに、横浜南部市場の食堂で海鮮定食(¥1000)を注文し、気晴らしにビールを飲みたかったが、家内に止められた。

海鮮定食は、刺身をご飯に乗せて海鮮丼にしても余るほど、刺身が多いのが嬉しい。

明日から9連休でも予定はなく、休暇が多いと日雇いには収入が減るだけだ。
連休は、朝から緊張の毎日が続き、5月は収入が半分になり、更に緊張が高まる。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-27 13:36 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(4)


近代化の病院の順番待ち

4/26 今週は病院通いばかりで、鶴見・済生会横浜東部病院に行きました。

8年前に前立腺の手術をした経過は順調で、次回は1年後と言われ、「生きているかが問題です。」と女医に言った。

問診票を渡され、”週に何回やるか?”との老人に失礼な設問があり、嘘でもプライドがあるので週1回に〇をつけてやった。

(テレビ画面に待ち順が出るのに感心  ささやかなお祝い)


予約制でも2時も待たされ、小さい子供がかわいそうで、溢れる老人を後回しにするシステムにすべきだ。

病院も近代化されて、コーヒー店があり、テレビで診察順番を案内してくれるのが、有り難い。

ささやかなお祝いとして、ビールを飲み少し赤ら顔で出勤したが、「お疲れ様です。」と挨拶するCK社社員は紳士で偉い。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-26 19:40 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(2)


M社でお世話になったOGさんとの集まり

4/25 M社でお世話になったOGさんとの集まり(at ライオン横浜)に参加しました。

3人ともJ社直結子会社の社長になり、小生だけが落ちこぼれだが、先輩後輩の関係はあの世まで続く。

会社だけでなく家庭でも家族の管理、金の管理、教育管理にも優れた能力があり成功していることを知った。

子供の話をすると、不機嫌になった大先輩IZさんの気持ちが良く解る(出来が悪い?)。

(外見は皆元気、  老人らしからぬ脂の多い料理も完食)


2年ぶりにお目に掛かる方々で、皆、喉や眼に問題を抱えているが、ゴルフや酒を抑える自制管理能力があるのは、さすがです。

小生も眼の病で酒を抑えるよう医者に言われたが、飲み放題なので採算性管理能力があり、調子よく飲んだ。

OGさんには、35年前にバンコク工場の再生プロジェクト調査で、英語で石油プラントの運転理論を説明し、折衝をするのに同席し、また、夜の街タニヤの日本人街バーに連れて行ってもらったのは強烈な印象だった。

M社OB会には、嫌でも先輩方に頭を下げる性格なので出たことは無かったが、副会長のONに敬意を表して、6月のOB会に最後のご挨拶のつもりで出席することにした。

3人とも“人生のチェックアウト”として、資産の在り処を纏めているそうだが、我が家は全て家内の管理なので、話についていけなかったのが残念。

個性あるメンバーで、話が多岐に亘るのが面白く、元気なうちにまたやりたい、良き昼食会でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-25 20:43 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


“Nエンジ山の会”の集まり

4/24 “Nエンジ山の会”で一緒にハイキングをしたメンバー13人が桜木町に集まり、旧交を温めました。

20年前に親会社の合併でできた子会社だったが、各社の意地の張り合いもなく、仲良く山に登り、中国語を習い、飲んだのは、お互いに紳士だったからだ。

面倒見の良い幹事KJさんが、女子社員や奥さんも誘って計画してくれたので、家内も時々参加させてもらった。

名物食を含めた、箱根旧街道、東海道由比と薩埵峠、鎌倉アルプスなどの良きコースを、懐かしく思い出す。



解散して13年経ち外見では衰えが目立つが、口だけは皆変わらず達者なのには感心した。殆んどが悠々自適の生活で、これでは毎日奥さんが大変だと心配した。

磯子の脳神経外科の院長も参加されたので、「物忘れが多くボケ症状だ」と話したが、「忘れても、忘れたことを思い出せば、老化でボケでない」との診断をしてもらった。

これからどうかについては、「努力しても、ボケが遅れるだけで、死ぬまで大丈夫だとは言えない。」
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-24 22:43 | 仲間、飲み会 | Comments(0)


根府川の畑での茹でソラマメ

4/21 根府川の畑にソラマメを収穫しました。

毎年ソラマメを植えているが、採り頃に猿に盗られ食べ残しの小さい豆しか食べれなかった。

今年は、猿捕獲の檻を作ったが、猿の方が賢いので諦め、ソラマメを檻で囲った。



鮮やかな緑のソラマメの塩茹での味は格別だと聞いていたので、直ぐに塩を入れて茹でた。

ビールと一緒のソラマメは、軟らかく、青い香りがして、実に美味しかった。

ミカン仲間に振る舞おうと思っていたが、更に大きくなってからでも充分だと一人で楽しみました。

野菜は、「手を掛ければ掛けるほど、その思いに応える」とは真実で、子供と違う。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-22 06:55 | 根府川とミカン | Comments(4)


桐生・根本山、熊鷹山の登山

4/19 F山の会メンバー12人で桐生の修験道の山の根本山1199m、熊鷹山1169mに登りました。

暖かで無風の一日で、山道は枯葉の絨毯で歩き易く、久し振りの山を快調に歩けた。

桐生川渓谷の流れ、新芽の薄い緑と赤いツツジ(アカヤシオ)、遠い雪の山と青い空が、春らしく気持ちが良い。

熊鷹山頂上からは、日光白根山、赤城山などの360°パノラマが素晴らしかった。



根本山、熊鷹山は信仰の山で明治まであった根本神社の参道が登山道になっており、熊が多くいたようで不死熊、熊鷹の地名が残るのが面白い。

交尾する4匹の蛇を見付け、神聖な場所での行為は、不遜で罰当たりだが、冬眠から覚めたばかりで浮かれるのは、許せる。

(日光白根山を望む、 蛇も勃起するとは生物学の新発見だ)


帰りのバスでは大宴会で、財務省次官のセクハラ、新潟県知事の援助交際の話に盛り上がり、“こんなので騒ぐ社会・マスコミがおかしい。嫌なら二人で飲むな。女性といて浮かれるのは、 許せる。”が、大勢だった。

昔は、職場の宴会・旅行で、嫌がる女性とチークダンスをするのは常で、これも社会と思い我慢せよ。

右目の具合が悪く遠近感がないので、下山途中で木を掴まり損ねて2回も転びそうになった。また、見にくいから難しい顔になるのだが、人相が悪いと言われ、人の苦労を知らない山仲間だ。

久し振りの山で、下山後に"佐野やすらぎの湯"にも入れた、良き一日でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-20 20:11 | | Comments(2)


根府川の畑での焼タケノコ

4/14 根府川の畑で、焼タケノコを味わいました。

山に竹林があり、毎年、タケノコを楽しみにしており、そろそろ時期かと探したところ7本見つけた。

ミカン仲間も知らないマル秘の場所なのが、たまらなく優越感を覚える。

焚火に放り込み、1時間ほどで外の皮が適度に蒸し焼きしてくれるが、やり過ぎると灰になるので注意が要る。

海を見ながら、焼きたての軟らかいタケノコをつまみにビールを飲むのは、俗界を忘れる至福の時間だ。

栄養はないが、香りと歯ごたえが良く、パンダの気持ちが良く解る。

野菜作りも上手になって、今年はソラマメが順調で、来週には収穫できそうで、採りたての茹でソラマメをミカン仲間に振る舞うのが楽しみだ。

ジャガイモの芽欠きと土寄せ、スナップエンドウの収穫のために来たものの、JR運賃1680円では無駄金だと思っていたが、充分に元が取れた。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-14 17:41 | 根府川とミカン | Comments(2)


学生時代の友人の13回忌墓参

4/13 学生時代の友人SDの13回忌墓参を口実に、登戸の居酒屋で昔の麻雀仲間3人で飲みました。

富士山の見える生田の霊園で、山も好きだった故人に相応しいあの世での終の棲家です。

SDは、遊んで留年したあと博士課程に進み、DS化学を喧嘩して辞めて、メキシコ大学教授をした。

金もないのに銀座が好きで、呼び出されて一緒に飲んで、支払いを回されたのも良き思い出だ。

多摩の寺の住職と仲良くなり、霊力がある怪しい水晶玉を売る詐欺商法を手伝う面倒見のよい男だった。水晶のお守りを5000円で買わされたことも懐かしい。

13年経っても墓参りをする友人がいるのは、SDの人徳だ。

SD と高校同級のKNは、年に200日も山に行っていたが、年末に黒部の源流”雲の平”で心臓不調で倒れ、山を自粛している。

STは、K化学の技術のトップになった数学の天才で、麻雀が強く負け続けたが、今も骨と皮で、体重だけは勝ち続けている。

麻雀仲間5人のうち2人が黄泉の国で、残りも危ないので、6月に軽い山に行こうと別れました。

「別時容易見時難(別るるときは容易にして、まみゆるときは難し)」(李煜)
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-13 21:37 | 仲間、飲み会 | Comments(0)


横浜地区同期会“mini43会”

4/12 横浜地区同期会“mini43会 at 桜木町”に6人が集まりました。

久しぶりに紳士のTTさんが出席され、珍しく穏やかで知的な会話だった。

半世紀経っても6人の性格は変わらないのが面白く、「三つ子の魂百まで(The child is father of the man.)」とは、万国共通の真実だ。

それなりの歳なりに皆病を持ち、健康、生命保険の話しが多くなるのはやむを得ない。

TTさんは、人間では100歳に相当する老犬を飼っていて、犬の保険は無く、本人以上の医療費がかかるそうだ。

安楽死させて、世界の飢えた子供たちに寄付すれば良いと提案したが、子供より素直で可愛いそうです。

都知事選挙で小池百合子が、「ペット殺処分ゼロ」を公約に掲げ、馬鹿だと思っていたが当選し、日本も豊かになったものだ。

こちらは、楢山行きと自死・安楽死の合法化を願うばかりで、「死ぬことより 死ねないこと」が、問題だ。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-12 22:01 | 仲間、飲み会 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka