根府川ライフ


カテゴリ:趣味(骨董、美術)( 89 )



古代鏡の輝き

11/13 古代鏡を磨いて、2000年前の輝きを再現しました。

上野の国宝展、奈良の正倉院展に行き、古代の鏡が展示されているのを見て、鏡があったのを思い出した。

10年前に、中国の仕事で10回出張したことがある。北京の骨董街・琉璃厰に行くのが楽しみで、骨とう品を可なり買った。
骨とう店で、「これは本物か(ジェーシー・ジェンホー・マ)」と聞くと、必ず「本物だ、漢時代だ」と答えていたのが懐かしい。

古代鏡を取り出して、錆で汚く保存するより、磨いて鏡として使うかと考えた。



紙やすりで磨くと、黄色(黄銅、銅+亜鉛)と白(白銅、銅+ニッケル)の金属色が出てきて、黄銅の方を磨き粉で仕上げた。

少し凸鏡になっており、顔全体が映るように工夫しているのに感心した。
古代の輝きに浸っていたが、「偽物で何をしているか」と言われて興醒め。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-11-13 20:40 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


京都国立博物館「鳥獣戯画と高山寺展」と味噌漬け”一の傳”

11/7 京都国立博物館「鳥獣戯画と高山寺展」を鑑賞しました。

鳥獣戯画絵巻の修復が終わった特別展で、甲乙丙丁絵巻4巻の夫々のテーマが異なり面白く、新発見がある。また、高山寺の数多くの寺宝は価値がある。

誰でも知っている人気の絵巻の公開なので、入館と館内(鳥獣戯画のまえ)で合計2.5時間待ちの大盛況で、疲れ切った。



京都錦市場の近くにある味噌漬け”一の傳”で食した。一度入りたかった店で、念願がようやく叶って満足。



京都は紅葉が始まり、永観堂のライトアップがスタートしたが、疲れたので諦めてホテルに戻りました。

文化と食の秋を、家内と珍しく穏やかに過ごせました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-11-07 22:08 | 趣味(骨董、美術) | Comments(0)


上野国立博物館「日本国宝展」

11/1 上野国立博物館「日本国宝展」で文化の秋を堪能しました。

日本の国宝は1100件指定されているそうだが、正倉院宝物を含めて120点以上展示されている。
入場券売り場で敬老割引があるかと聞いたが、一般料金(¥1600)だった。

玉虫厨子、鳥毛立女屏風、日本書紀、一遍上人絵巻、支倉常長像など名品に溢れ、一点13円と考えれば安く価値がある。(¥1600/120点)

<上野国立博物館と入場券、     西洋美術館・ロダン考える人, 上野の紅葉はまだ早い>


悪行酒飲みの地獄絵巻、六道絵、餓鬼草紙が面白く、これからお世話になる地獄の様子が解った。

昼でも、アメ横の屋台は若者で満席で、怠惰・飽食・金満日本の縮図では、日本の行く末が心配。

隣席の客が、肉の刺身みたいなのをを食べていたので、何かと聞いた。

生食は禁止なので、少し炙っただけの ”生レバーのたたき” は美味で、店主の頭の良さに感心した。

[PR]
by akiotakahashi | 2014-11-01 16:13 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


パリ・オルセー美術館展と乃木神社

8/24 パリ・オルセー美術館展, 印象派の誕生(新国立美術館 at 六本木)に行きました。

敬老割引が無く1600円でも、入場券売り場は長蛇の列で、日本も金満老人の似非文化国になりました。

新国立美術館エリアは、防衛庁本庁跡地を開発したそうで、25年前に調達実施本部に自衛隊基地のタンク工事の入札がある度に通い、戦車・飛行機モデル、バッジを買ったのが懐かしい。(仕事は、談合の世界で受注叶わず・・)



風景、歴史、リアリズム、裸婦、肖像画などテーマ別の展示が珍しく、農民、労働者、羊飼いのリアリズム絵画が面白かった。
ルノワールも裸だけでなく、風景画もあることを知り、絵も上手で感心した。

帰途、乃木神社に立ち寄った。宝物殿に乃木将軍の書、遺品があり、明治天皇に殉死する朝の穏やかな写真と自刃の刀もある。

(乃木神社、  自決の朝も悠々と新聞を読む乃木(宝物館)、道連れになった奥さまも立派か迷惑か *)


"乃木愚将論"(藤沢周平)もあるが、真の武士の魂を持つ武人、軍人です。
死に様だけでなく、旅順水師営の乃木希典/ステッセル、シンガポールの山下奉文/パーシバルでの降伏会見を比べるとレベルが違う。

「うつし世を神さりましゝ大君の みあとしたひて我はゆくなり」(乃木辞世の句)

(追記*:乃木の自決前夜に書いた遺言書を調べると、妻静子の処遇について記している。乃木の話を聞いて静子自ら申し出て自決したと推され立派。 我が家の妻なら、どうするか? 勿論、隠れる、逃げる、別れる!)
[PR]
by akiotakahashi | 2014-08-24 14:33 | 趣味(骨董、美術) | Comments(6)


メトロポリタン美術館「古代エジプト展」と上野動物園、アメ横の散策

8/17 パリ・オルセー美術館展の入場券が手に入ったので上野に出掛けた。

国立新美術館は上野でなく六本木だそうで、面倒なのでニューヨークのメトロポリタン美術館「古代エジプト展・女王と女神」(東京都美術館、敬老1000円)に変更した。
3500年前の色取りが鮮やかで細かい絵と模様の柩と、王家の女性が使った飾り物や小道具が見事なのに驚いた。

隣が上野動物園で、敬老割引300円があるので30年ぶりに入場した。子供たちが楽しそうに見ている姿は、昔を思い出し懐かしい。
灼熱の中を、ペンキで書かれた氷山の前をウロウロ歩く白熊は可哀そうです。

根府川の猿撃退のために、ライオンの鳴き声のCDを探したが売っていなくて残念。



不忍池周辺を歩いたが、20年前にMエンジ社にいたころに、怪しいKYさんの指示で、不忍池を怪しいバイオ技術で浄化する実験をして泊まり込んだことがある。

朝になると浮浪者が、公園のトイレで裸になって体を洗い、池のほとりで魚に餌をやり、亀に名前を付けて可愛がっている穏やかな生活を見た。

(見事に浄化され?蓮が広がる不忍池、   アメ横本通りも屋台風の食堂が増えて変わった)


中国の農村、東南アジアなどで貧しい生活でも、女性や子供たちの明るい笑顔をテレビでみると、人間の幸せが何かを考えます。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-08-17 17:06 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)


帝国劇場でのミュージカル「シスター・アクト」の観劇

7/1 皇居前の帝国劇場にミュージカル「シスター・アクト(*1)」を観に行きました。

家内も子供も予定ができてチケットが2枚余り、勿体ないので出掛けた。昔なら女性を誘うところだが、費用対効果が期待できないので、学生時代の友人UDに声をかけた。

黒人クラブ歌手と、18人の修道女聖歌隊との心温まるコミカルな物語で、大勢の合唱とダンスは迫力があり、また、照明・衣装の舞台効果が素晴らしい。



入場前にビールを2杯飲んだので、少し寝てしまったが、徐々に盛り上がり面白かった。
終わってUDは、「うるさくて疲れたヨ。学芸会と同じじゃねえか!」との感想。

帰りの電車で “猫に小判” のような諺(*2) があったのではと考えたが、思い出せなかった。
UDは “ハイエナ(肉食)に野菜サラダ”、小生は “ブタ(雑食)に野菜サラダ” くらいか・・・

*1: 映画”天使にラブソングを” のミュージカル化
*2: ”犬に論語” が、一番近い表現みたい
[PR]
by akiotakahashi | 2014-07-01 23:43 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


上野国立博物館の「栄西と建仁寺」特別展

5/1 上野国立博物館の栄西800年忌「栄西と建仁寺」特別展に行きました。

栄西は禅宗臨済宗の開祖で名高いが、茶を広めた茶祖でもあり、茶道と禅道に打ち込んだこともあるので、是非とも行かねば思っていた。

栄西が、宋からお茶の種を持ち帰り、京都の栂尾茶となっているが、種を入れた壷があり、この壺から日本の茶が始まったかと感慨深かった。

茶の効用から茶の製法などについて著した「喫茶養生記(1214年)」も興味深い。

「栄西と建仁寺」特別展看板と平成館、 新国宝の長野中ッ原遺跡 土偶「仮面の女神」, 茅野市ホームページより”


臨済宗の開祖、建仁寺の開山でもあるので、建仁寺の宝物の屏風絵・禅画や仏像・僧像なども多く展示され2時間かけてユックリ観た。

香厳が箒ではいた瓦のかけらが竹に当たり、その音を聞いて悟った禅絵「香厳の撃竹」が面白く、これなら悟りの境地も近いかと・・

博物館本館では、2014年に国宝、重要文化財に指定された51件の展示があり、得をした気分になった。茅野市中ッ原遺跡出土した縄文時代の新国宝「仮面の女神」は珍しい土偶。

久し振りに文化的なものに接し、充実したメーデーでした。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-05-01 20:40 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


日本郵船歴史博物館“氷川丸”模型の公開

2/26 横浜関内の日本郵船歴史博物館での“氷川丸”模型の特別展示(2/18~)に行きました。

戦前にバンクーバー日本郵船にあったが、太平洋戦争で日本資産凍結によりカナダ政府に没収されたあと、数奇な運命を辿り73年ぶりに返還された精巧模型(実物の1/48、全長3.4m)です。

(日本郵船歴史博物館看板、    “氷川丸”の精巧模型, 撮影禁止)


豪華客船の模型、羅針盤など道具、戦争と船の悲劇などの展示が面白く、仕事がなければユックリと研究したい。

太平洋戦争での日本郵船の被害は、沈没船舶185隻(113万トン)、犠牲社員5312人で、当時は船舶犠牲者が多かった。軍人戦死者と違い、民間犠牲者の残された家族の苦労を偲ぶ。

(左:大正15年に再建・横浜生糸検査場、 右:帆船「日本丸」は三菱重工横浜造船所の明治30年一号ドックに繋留)
 

博物館は日本郵船横浜支店として1936年(昭和11年)に建設された建物で、外観や装飾壁に歴史を感じさせる。

横浜には明治・大正・昭和戦前の近代化建築が数多く(40棟登録)残されており、暇なときに、これらを巡るのも有益かと考えた。 

黙っていてもシニア割引の入館料を求めたのが少し不快だが、コーヒー付で250円なら季節も良くなり、毎日来ても悪くなさそう・・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2014-02-26 20:10 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


「難民を助ける会チャリティーコンサート・中村紘子ピアノ」の鑑賞

2/17 赤坂サントリーホールで「難民を助ける会チャリティーコンサート・中村紘子ピアノ」の鑑賞をしました。

中村も69歳で一世風靡した風貌は衰え、相当に太ったのが悔やまれる。それでも、譜面も見ないで演奏するピアノは素晴らしい。

美智子皇后もご臨席で、丁度2階の対面におられ、少し屈んだ姿勢のまま穏やかに拍手される姿はご立派です。



2000人収容の大ホールは8割埋まり、ホールの賃料や出演料を差し引いて500万円程度の難民支援かと推定した。

貧困国の子供の支援 ”プラン・ジャパン”をしている同期のKBさんがおり、懺悔の気持ちで協力したいが、毎月銀行からの天引きは面白味がなく、会っても話を避けるようにしている。
家内を含め12000円で、中村紘子のピアノが聴け、善行をした気になれるのは価値がある。

演奏の写真を撮りたかったが、家内に止められてポスターだけになり残念。

久しぶりに文化的な環境に浸り、久しぶりに穏やかに食事をして帰りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-02-18 00:25 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


「三菱みなとみらい技術館」と重厚長大企業

2/7 MM21にある「三菱みなとみらい技術館」を見学しました。

難しい派遣社員に気を遣われ仕事がなく、時間潰しに出掛けた次第。入場料は500円だが、老人と校外学習は無料なのが、未来志向の三菱重工業㈱です。

宇宙、海洋調査、航空機、船舶、環境、エネルギーのゾーンに別れて、実物展示、乗物の疑似操縦、エネルギー実験などが揃って、充実している。三菱重工の事業分野の広さに、改めて感心した。

ロケット発射と宇宙での活動が、360° スクリーンで映像されているのが、迫力があり面白い。

ジャンケンもできるロボットがお出迎え   巨大な深海調査船“しんかい6500”


今日の新聞で大手電機の3月期決算が、SONYは赤、Panasonic・SHARPはイマイチ、日立・東芝・三菱が好調の3極化だと報じていた。

軽薄短小の家電、オーディオ、パソコンが主力商品では、海外メーカーの動向、客の商品嗜好が頼りで浮沈が激しいが、重厚長大と馬鹿にされても歴史ある裾野の広い、真似のできない技術が大事。

近くにこんなに面白いのがあると知らず、来週から毎日通うかと考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-02-07 18:01 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28