根府川ライフ


カテゴリ:趣味(骨董、美術)( 90 )



「フェルメール光の王国展2018」at 横浜そごう

8/30 「フェルメール光の王国展2018, 横浜そごう」に行きました。

フェルメール全37点(複製画)の展示により、光の構図やモデルを解き明かす企画で、フェルメールの全てが解った。

最新のデジタル技術で、フェルメールの全作品を完全に復元し、光の美しさ、独特の青色と遠近法による人物画が素晴らしく、素人には複製画で充分だ。



作品ごとに解り易い説明があり、熱心にノートしている夏休みの子供や、若い女性が多く、フェルメールが解る良き企画だった。

15年前に、NE研究所に出向し、再生可能エネルギー調査で、風力発電の先進国のドイツ、オランダ、スウェーデンなどをゆっくり巡る観光出張をした。

出生国のオランダでは、アムステルダムの街を歩き尽くし、国立美術館でフェルメールの「牛乳を注ぐ女」の前で写真を撮った。

ヨーロッパに行きたいが、2年前の“てるみくらぶ”の破産で、オーストリアに行き損ない、「安いツアーは嫌だ!」と言うのにも困ったものだ。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-08-30 20:01 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


「サヨナラ」ダケガ人生ダ

1/11 井伏鱒二(1898-1993)の漢詩訳を読みました。

于武陵の漢詩「勧酒」の “花発けば風雨多し 人生別離足る” が好きで、親しいのが亡くなった時に思わず口に出る。

この漢詩に、井伏鱒二「厄除け詩集」で詩訳があるのを見付け、本質をとらえた7・5調が読みやすく、感心した。

“花に嵐のたとえもあるぞ 「サヨナラ」だけが人生だ” と詠むところが、素晴らしい。

( 勧酒  /  漢詩読み   /   井伏鱒二 )
勧君金屈卮/ 君に勧むキンクッシ(金の盃)/ コノサカヅキヲ受ケテクレ
満酌不須辞/ 満酌辞するをもちいず/ ドウゾナミナミツガシテオクレ
花発多風雨/ 花ひらけば風雨多し/ ハナニアラシノタトヘモアルゾ
人生足別離/ 人生別離足る  / 「サヨナラ」ダケガ人生ダ


有名な「春眠暁を覚えず(孟浩然)」の訳詩も良くできている;

ハルノネザメノウツツデ聞ケバ (春眠不覚暁)
トリノナクネデ目ガサメマシタ (処処聞啼鳥)
ヨルノアラシニ雨マジリ     (夜来風雨声)
散ツタ木ノ花イカホドバカリ (花落知多少)

仕事が無くても、Blogを考えてはC社に不味いが、派遣社員には仕事を探す義理はない。「カチュウノ栗ヲ 拾ワズダ」


[PR]
by akiotakahashi | 2018-01-11 19:25 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


横浜市歴史博物館の特別展と港北ニュータウン

12/10 港北ニュータウンにある横浜市歴史博物館の “特別展・横浜市登録文化財、神奈川の遺跡” に行きました。

門外不出の西芳寺の秘仏・十一面観音の穏やかなほほえみを浮かべた優美な表情は見事です。

神奈川にも多くの古墳があったのを初めて知り、青銅/鉄の農具、鏃、刀剣が出土している。

縄文の1万年の歴史を考えると、近代の250年はゴミで、人生70年などはホコリだ。

 

35年前に鷺沼の社宅に居た頃は、港北ニュータウンは造成中の丘だったが、高層マンションが建ち並び、大型商業施設ある洒落た街に変ったのに驚いた。

横浜市の敬老優待で、地下鉄(980円)、博物館(600円)が無料なのが、有り難い。

随分得したので、ビールを飲むかと思ったが、居酒屋は無く、レストランは高いので止めた。
仕方なくコンビニで、缶ビールとコロッケを200円で買い求め、地下鉄車内で飲んだので安く済んだ。

洒落た街も良いが、一人暮らしの老人には、スーパーかコンビニの弁当で生き延びれても、居酒屋で飲めないのでは気の毒です。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-12-10 15:47 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


京都国立博物館「国宝展」

11/17 楽しみにしていた京都国立博物館「国宝展」に、学生時代の友人と行きました。

開館120周年特別展覧会で、縄文から近世に至る選りすぐった日本の国宝200点が集結されるのが凄い。

歴史の教科書にあった頼朝肖像画、縄文土偶、雪舟水墨画、油滴天目茶碗、源氏物語絵巻など写真で知るイメージとは異なり、迫力があり素晴らしい。

(尾形光琳”竹虎図”のキャラクター「トラりん」も登場)
("茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりなることと知るべし"利休百首)
 

会場は大混雑で、オバサンパワーのバーゲン会場と同じのなかを、一つ一つ冥途の土産にと鑑賞した。

あまりにも数が多すぎて、何を見たか殆んど覚えておらず、ボケの初期症状です。

茶を点てながら芸術、仏教の話のできる、小生の仲間では稀有な友人です。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-19 17:59 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


東京都美術館「ゴッホ展」と 秋葉原ニッピン閉店セール

10/29 東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に行きました。

大雨で畑に行けないので、敬老割引のある東京都美術館を選んだ。

明治初期のヨーロッパで見られた日本趣味(ジャポニズム)に、ゴッホも、構図、色、線に浮世絵の影響を受けた作品と浮世絵が展示されている。


何でも日本に結び付けるのは、少し無理もある気もする。

ゴッホの絵40点を含めて浮世絵など150点もあり、同じような絵があるので、同じ部屋を2回廻っても気付かなかった。
全部で50点くらいの展示にして、半額にして欲しい。

帰りに、山の店 “秋葉原ニッピン” の閉店セールに立ち寄った。

コンロ、テント、雨具が安かったので、衝動にかられたが、既に充分に持ち、先も見えているので、我慢した。

F山の会に入って、ニッピンで、「エベレストに登るので探してくれ!」と最高級の登山靴を買ったが、重くて歩き難いので処分したのを思い出す。

今年は、雨で山の中止が多く、昨日の山梨方面も中止となり、体力が衰えるばかりで、富士山は既に無理だ。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-29 15:46 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


東京芸大美術館「シルクロード特別企画展・クローン文化財失われた刻の再生」

10/9 東京芸大美術館「シルクロード特別企画展・クローン文化財失われた刻の再生」を観覧しました。

東京芸大は、劣化が進行する文化財や失われた文化財を、クローンとして復元する技術を開発した。

法隆寺の国宝・釈迦三尊像、焼失した金堂壁画が、実物大の金堂の中に復元展示されている。

3Dスキャナー、3Dプリンターを利用して、仏像の鋳型を作り鋳造し、また、壁画はデジタル技術と、伝統的アナログ技術を駆使して、色だけでなく表面の凹凸・筆のタッチまで、実物そのままだ。

(法隆寺金堂、バーミヤン大仏の天井壁画, 景色はビデオの臨場感)


また、タリバンに爆破されたバーミヤン大仏の天井画、敦煌莫高窟の仏像・壁画、高句麗古墳の色彩壁画も実物大の模型に忠実に再現している。

実物は、近くで見れないが、複製なので、触ることもでき、壁の感触も味わえるのが良い。

文化財保存と公開による価値の共有の両立の問題を解決するノウハウを、世界に広めてほしいもので、良き企画です。

ノーベル文化賞があれば、受賞に値する。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-09 19:33 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


「没後500年記念・レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 at 横浜そごう

9/27 横浜そごうの「没後500年記念・レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行きました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)と言えば、“モナリザ” “最後の晩餐”で、ルネッサンスの芸術家かと思っていたが、飛行機、機械、水力、解剖、天文、音楽など万能の天才博学者、大発明家だ。

ダ・ヴィンチの、飽くなき探求心と尽きることのない独創性が、素晴らしい。

(各種発明品、  人力飛行機とヘリコブター)


ダビンチの設計図に従って制作した 人力飛行機、ヘリコブター、ロボット、戦車、戦闘船、バネ自動車、潜水具、水上歩行器など、50点の模型が展示されて面白い。

何れも現代にも応用できる500年前の発明品で、戦争の兵器、乗り物、機械が多い。

日本社会では、細分化した専門家育成を重視するが、幅広い分野の知識と技術をもつマルチ人間が、日本を救う。

ダ・ヴィンチの絵は15点しか残されていないが、すべての模写の展示もあり、壁画を見にイタリアに行く必要がなくなった。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-09-27 20:10 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


東京芸術大学の文化祭“藝祭2017”

9/10 上野・東京芸術大学の文化祭「藝祭2017」に“ミス芸大コン”があると聞き、出かけました。

大学イチの美女を決める、芸大らしいサイケかスケスケ衣装の美人を期待したが、仮面をかぶった男子学生のコントで、騙された。

(上野を巡る神輿、 これが“ミス芸大”のショーか!)


コーラス、演奏、演劇は満席で入れず、8階絵画棟の学生の絵画を見た。

鏡、立体の細工のある絵や抽象画、イラストみたいなのが多く、クラシックな風景画、人物画、日本画は無く、残念だった。基礎を大事にして学べと言いたい。

模擬店は、おでんや焼き鳥、アクセサリー店ばかりで、学生の制作した絵画や彫刻を、安く売れと言いたい。

若い女性に似顔絵を描いてもらいながら、話をした。
卒業生だそうで、専門の絵だけでは生活できず、似顔絵の副業をしている。

縁日の夜店で客寄せをするから、似顔絵描を一緒にやらないかと提案した。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-09-10 15:52 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


東京都美術館「ボストン美術館の至宝展・東西の名品、珠玉のコレクション」

8/12 上野東京都美術館「ボストン美術館の至宝展・東西の名品、珠玉のコレクション」で美術鑑賞をしました。

エジプト、中国、日本、フランス、アメリカの名品、珠玉80点はどれも素晴らしく、ゆっくり鑑賞できた。

フェロノサ収集の日本の仏像がないのは残念で、更に、日本なら国宝級の絵が流出したのも残念で惜しまれる。

今回の目玉のゴッホ“郵便配達員、子守歌(下)”を見ると、ゴッホも向日葵だけでなく多様な描き方のできる画家です。

(美術館の前で、パンダの赤ちゃんで大賑わいの上野動物園)


中国美術では、北宋の夏珪”風雨舟行図”を見て、家宝の夏珪” 江頭泊舟図”と同じ筆のタッチだのを確認できたのが大収穫。

久し振りに文化的な雰囲気に浸れ、入場料も老人割引1000円で随分得をした気分になりました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-08-12 14:43 | 趣味(骨董、美術) | Comments(0)


水彩画の仲間“いちゑの會”の展示会

7/16 旧M社水彩画の仲間8人“いちゑの會”展示会の案内をいただき、吉祥寺第一ホテルに家内と出掛けました。

高校が西荻窪にあったので、吉祥寺には、息抜きで喫茶店、井の頭公園に行ったのが懐かしい。

KI、CB、YMさんを中心にしたの趣味の集まりで、一緒に写生会に行き、腕を磨いている。
白馬、軽井沢の共通の風景があったが、各々、線の太さ、ぼやかし方、色使いなど、描き方が違うのが、面白い。



(KI,CB,KBさんの同じ画題の白馬岳)


ODさんの、油絵らしくない水性油絵があるのを初めて知り、人物、風景が、繊細で、品が良く、センスがあり見事だった。

“水彩画は、簡単な道具で短時間に描けるので、やったらどうか”と誘われたが、そもそもセンスのないのが絵を描いても意味はない。

写生旅行、絵の道具、会場費など経費は掛かりそうだが、色々考え頭の体操になるので、ボケ防止の医療費だと思えば安いものだ。

年に30枚以上は描いているそうで、絵が増えすぎて困るのではと心配した。

”経費の補填に安く売って処分すれば良い”と言いたかったが、先輩、資産家に対して遠慮して言えなかった。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-07-16 19:06 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31