根府川ライフ


カテゴリ:趣味(グルメ、健康)( 138 )



築地場外市場の賑わい

3/18 築地場外市場の「食堂たけの」でマグロブツ定食を食べました。

京橋のM社同期会に出かけたが、曜日を間違え、仕方なく築地に行った次第。ボケだ!

旧築地市場は、解体作業の真っ最中で、オリンピックに備えている。(右)

勝鬨に通勤したころに、“たけの”によく行ったが、市場移転後、どうなっているか心配していた。

老店主は死んでいたが、店の一人が、名前を覚えていてくれ、親しく握手をした。

築地場外市場は、昔の鰹節、海苔、干物の専門店が少なくなったが、海鮮食堂、寿司屋が増えて、週日でも観光客であふれている。

初競りで大間マグロを3億円で落とした「寿司ざんまい」には客が列をなし、3億円もすぐ回収できる商売上手だ。



豊洲移転後は、築地の方が、肉、中東料理の目立つ上野アメ横より良くなり、賑やかになった。
鰹節1本、関鯵・カレイ干物、明太子を、夕食に買い求めた。

帰途、朝日新聞本社前で、右翼の宣伝カーが「フェークニュースの売国新聞社を潰せ」と叫んでいたので、手を振った。
by akiotakahashi | 2019-03-18 20:33 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(0)


川崎済生会東部病院

3/6 川崎済生会東部病院に前立腺治療の定期検査に行きました。

手術から8年経過し、PSA 0.02と安定し良好で、次回は1年後となったのが、有り難い。



病院は、後期高齢者で大混雑して、2時間半待ち、問診はわずか3分で、血液検査があったものの、治療費11380円なのに怒りと驚き、病院はよき商売だ。

健康保険証出したが、2月での期限切れを見破られてしまい、コンピューター能力に感心し、怒りながら治療費を払った。

健康保険システムは、年金暮らしには有り難いが、超高齢者社会での、国の社会保険料負担の厳しさが解る。

川崎まで来たので、上野のアメ横まで足を延ばし、ジャコ、干し貝柱、明太子、ウナギ蒲焼をやけくそで買って帰りました。
by akiotakahashi | 2019-03-06 13:58 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(2)


「いきなりステーキ 上大岡店」

3/4 横浜上大岡の「いきなりステーキ」で、昼を食しました。

「いきなりステーキ」は、ステーキ重量で注文、立ち食い、安いをキーワードにして、全国300店舗まで増やした。

調子に乗って、ニューヨークに11店を開店したものの、苦戦して、8店舗閉店した。安いステーキだけで、アメリカでも儲かると考えた馬鹿な経営者で、中国で中華料理店を開くのと同じだ。



ランチは、300gステーキ、サラダ、スープ、ライスで、1390円とお値打ちだが、席は半分埋まっただけだった。

客層は、老夫婦が6割で、若いサラリーマンの昼飯は、1000円以下でないとダメのは常識で、経営は大丈夫か心配する。

久し振りのボリュームある牛ステーキは美味しく、ご飯は大盛りにしたので、食べ過ぎで満腹・満足だった。

長寿の老人は、肉や魚の動物性タンパク質を多く食べているデータがあるが、長生きだけでは意味がなく、ボケない健康寿命が大事だ。

家内も200gステーキ(1130円)を食べ、5年後の長寿だけの肉食ボケ夫婦の姿を思い浮かべた。
by akiotakahashi | 2019-03-04 13:42 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(0)


電動ミカン絞り器 と「男子厨房に入るべからず」

2/22 早朝6時からミカンを絞って100%生ジュースを作りました。

今年のミカンは不作でも、それなりの収穫はあり、毎日ミカンばかりでは飽きて、腐るのが多くなってきた。

効率よくミカンを処分できるのは生ジュースだ。

以前は、手で絞り、力と時間も要したが、電動ジュース絞り器の出番となる。

5分でコップ4杯絞れ、甘くて美味しく贅沢だ。

30年前に、初めての海外出張があり、バンコクの高級オリエンタルホテル(モームが宿泊執筆)に1週間泊まったことがある。

河畔の朝食は優雅で、マンゴー、パパイアなどの果物と生ジュースに感激したのが、懐かしい。

「男子厨房に入るべからず」は家訓だったので、草葉の陰で先祖の霊が泣いている。

とは言え、パン焼いて食べ終わったころに起きて来て、ジュースを飲む光景も抵抗が無くなった。

今は、金づるなので、出勤のときは外に出て見送るが、布団の中から送られる光景も直ぐだ。

差別、人権と騒ぐ多様性の世の中になり、レズ、ゲイ、バイセクが堂々と表に出て、婚姻憲法違反の訴訟までする異常な世界になった。

人種、障害者への差別は容認できないが、“LGBTは自然の法則から外れる”と学校教育で教えろ。

英語の諺"A man would be ashamed to be found in the kitchen."は死語だ。
by akiotakahashi | 2019-02-22 19:51 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(2)


「美濃吉」での昼飯

1/24 MM21ランドマークの「美濃吉」で、家内と穏やかに昼飯を食しました。

「暇なので休みたい」と言ったところ、「ご馳走するから頑張って仕事に行け」と、叱咤激励された。
(日雇いは休むと日当が無く、外食してもメリットある打算)

ビールも飲み、湯葉や鰆の刺身に、節分に近く豆ご飯がつき、春らしい京料理で美味しかった。



最近は、外食と言えば、かっぱの回転寿司ばかりだ。
節約して金を残しても、子供が喜ぶだけで見返りは期待できず、動かない寿司を、銀座で食べるかと提案した。

「あなたのせいで、金が無くて節約しているのよ!」と逆襲されるのには、困ったものだ。

「身死して財残るは 智者のせざる処なり(徒然草140段)」

by akiotakahashi | 2019-01-24 18:35 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(2)


豚肩ロースの燻製づくり

1/19 豚肩ロースの塊で、燻製づくりをしました。

昔は庭で作っていたものだが、野焼きは横浜では厳しく禁止され、10万円罰金を取られたと聞き、家内から厳しく禁止されていた。

幸い、外出してくれたので、18l缶を細工して燻製の道具を作り、ホームセンターで燻煙チップと金網を買い、スーパーで豚肉を求め、塩コショウをふってスモーク(熱燻)した。



本来は、燻製前に塩漬けして、塩分を浸透させるが、時間が無いのでスキップしたのには、悔いが残る。

2時間で良き茶色に変わり、見掛けは本物の“燻製豚ロース”になったころに、帰ってきた。

早速、ビールを飲みながら食したら、透明な肉汁が出てジューシーで、美味しく大成功だ。

家内も、止めろと言ったのを忘れ、「美味しい 上出来だ」と大喜びで、女は現金なものだ。
by akiotakahashi | 2019-01-19 13:30 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(4)


ストレスのない人間

1/8 ストレスチェックをして、好成績でした。

スポーツジムの受付で、3分でストレスチェックが出来ると言われ、「ストレスだらけで機械が壊れる」と言いながら、チェックした。

測定器の結果“8点”を見て、矢張りストレスが溜ていると思ったが、「こんなにストレスのない人は珍しい」と、ジムの人が驚いていた。



ストレス100%が100点で、ストレスが殆んどない8点だった。
精神的ストレスは普通でも、ストレス対処能力が非常に高いとの、コメントをもらった。

家庭、職場でストレスばかりだが、家庭内ハラスメント、イジメで鍛えられのは、家内のお陰だ。

血管年齢が20歳で測定器の信頼性がないが、仕事帰りでも、疲労度、身体的ストレスが殆んどないのに、仕事もせずに遊んでいるのを見破られた。
by akiotakahashi | 2019-01-08 20:50 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(2)


平成最後の新年

平成最後の新年を、穏やかに迎えることができました。

(根府川ミカン畑から相模湾を望む)


平成天皇は、地震、豪雨、オウムなどで、ご心痛の30年だったが、新天皇も、巨大地震、スーパー台風、異常気象などの天災で、一層苦労されるかと案ずる。

父のルーツの“広島雑煮”を受け継いで作り、お節料理も、それなりに準備してくれ、感謝する。(豪華だが、手料理はどれか?)

また、TTが送ってくれた関谷醸造「大吟醸・空」を飲むのが、一番の楽しみだ。(ミカンのお返しで、何時も得する)

バラバラの崩壊家族だが、正月の朝だけは全員集合し、極細の糸で繋がっている。

新年は、生活のための労働は止めて、生涯に一度くらいは、社会のために役立ちたいと考えている。

「世のために尽くし、恩返しをしたい。」と言っても、「家族への償いが、先でしょう。」との逆襲には、困ったものだ。

ご訪問の皆さまが、健康で多幸な良き年でありますよう、お祈りします。
by akiotakahashi | 2019-01-01 23:56 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(4)


小田原の「おでん祭り」

10/7 前日は倒れたミカンの木の処分しかできなかったので、連荘で根府川に畑仕事に行きました。

熱中症で死にそうな猛烈な暑さで、殆んど休みながら、草抜きをして、白菜とキャベツの苗を植えました。

ミカン仲間のAK夫妻から、冷えた梨と氷水をもらい、美味しく、生き返り、「おでん祭り」があるので、帰りに小田原まで送ってもらった。



小田原城の広場には、屋台が立ち並び、大勢の日本人で溢れており、早速、おでんとビールを求めた。

未だ半死だったが、冷えたビールで更に回復し、合唱や太鼓の演奏を見学し、フリーマーケットをウロウロした。

小田原城には、着物や武者/忍者姿で楽しそうに写真を撮る外国人が多く、観光日本が頑張っているのが解る。

「おでん祭り」なので、無料のおでんサービスを期待したが、世の中は甘くなく、単に小田原観光の客寄せだった。
by akiotakahashi | 2018-10-07 20:29 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(2)


まぼろしの果物「ポポー」

9/28 鹿児島出身の友人UDが送ってくれた、まぼろしの果物「ポポー」を初めて食べました。

明治時代に米国から導入され、西日本で庭木として栽培されていたが、希少になった。(傷みやすいからか・・)

パパイヤの仲間で、果実はアケビの形だが、味はドリアンに似て、食感と臭いが面白く、“木になるカスタードクリーム”と言われる。



果皮が緑から黄色に、香りが強烈に、柔らかくなったのが食べ頃なので、6日間待って食べることができた。

ドリアンと同じく精力がつく果物で、ポポー1個で、玉子5個の栄養があるそうだ。

ドリアンを食べて、ズボンのチャックが閉まらなくなった大先輩の故事を、思い出した。

精力を維持するために、木で完熟させたポポーを好きなだけ食べたいので、種を植木鉢に埋めた。

但し、結実までに10年かかるのでは、地獄にいて、食べれないのが残念です。
by akiotakahashi | 2018-09-29 02:13 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(0)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31