根府川ライフ


カテゴリ:山( 85 )



景信山の芋煮会と忘年登山

12/7 高尾山(599m)、景信山(727m)の「F山の会」芋煮会忘年登山を、14人で楽しみました。

京王線高尾山口駅8時集合、ケーブルカーで472mまで上がって、高尾山薬王院、高尾山、景信山のコースを辿った。



温暖、無風で、登山道から丹沢連峰、横浜八王子の市街、富士山が眺められる登山日和だ。

高尾は人気の山だけに、整備され歩き易い登山道を、落ち葉を踏みしめながら、芋煮会会場の景信山山頂を目指した。

忘年登山なので、気楽な山行だと思っていたが、登り下りと距離があり、ヘトヘトでたどり着いた。

(紅葉と丹沢、富士山の眺望、  落ち葉の山道)


WNさんが菜園の里芋4kgの皮を剥き、調理自慢が芋煮会鍋、白菜だし汁鍋を、作ってくれ、また、シウマイ、ソーセージを温めてくれるのが有り難い。

ワイン、日本酒、焼酎も充分に準備され、山頂で食べる鍋は、美味しさが増し、お燗の日本酒が旨く、珍しくお代わりした。

(大量の肉野菜も完食、    仕上げはカレーうどん)


ワイン、日本酒のお代わりをしてしまったが、皆、酒好きでも、山の安全を自覚して適度に酒を抑えるのは、さすが山男で立派だ。

2時に小仏バス停に下山して、帰りのバス、JRも順調で、明るいうちに帰宅できた爽快で良き一日でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-12-07 20:48 | | Comments(2)


青梅の御嶽神社、日の出山忘年登山 と バベキュー忘年会

12/1 みどりの会” 9人で、青梅の御嶽神社、日の出山(902m)に忘年登山とバベキュー忘年会をしました。



忘年登山なので、ケーブルカーで800mまで登り御嶽神社まで直行したので、後は下山で気楽で、飲むだけかと思っていたが、行程が長く、登り下りがあり、3万歩も歩いて疲れ切った。

それでも、快晴、温暖、無風の最高の登山日和で、紅葉、ススキもそれなりに美しく、晩秋の山歩きとして最高の条件だ。



愛宕神社を経由し、軍畑に下山して、清流の多摩川と山を見ながら、小澤酒造直営の「煉瓦堂朱とんぼ」でバベキューをした。

生ビールと大吟醸新酒を飲みながら、焼いた肉、野菜を食べ、ワイワイ盛り上がれるのがよい。



3人の山ガールが、立ったままで、肉、野菜を焼き皆に配る姿は、我が家では消えた日本の婦道が残っていて嬉しい。

来年の山小屋は木曽駒ケ岳を計画するそうで、それまで何とか元気でいたいものだ。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-12-01 21:36 | | Comments(4)


関西遠征のF山の会「御在所山(1212m)、鎌ケ岳(1161m)」

10/18-19 鈴鹿山系の御在所山(1212m)、鎌ケ岳(1161m)の関西遠征に、F山の会11人が参加しました。

<第1日目、10/18>

名古屋経由で湯の山温泉駅に着いて、迎えの宿のマイクロバスがあり、御在所登山口を10時にスタートした。



御在所山は花崗岩の巨岩、奇石、絶壁の山容が面白く、登山道は岩ばかりなので短足には厳しい山で疲れた。それでも、白い絶壁と青い空に、少し紅葉した赤が映えて美しく爽快だった。

湯の山温泉から山頂までロープウェイが通じており、下山は乗って楽だったが、登りに乗った方が更に楽だった。(目的が違うかも・・)



国民宿舎“湯の山ロッジ”の温泉で、疲れを癒し、食前の予備会と豪華食事の本宴会で楽しく盛り上がった。



<第2日目、10/19>

大阪に仕事に出るMSを見送った後、宿のバスで鎌ケ岳登山口まで送ってもらい8時にスタートした。



急こう配の滑りやすい登山道で、落ちないよう鎖を掴みながら、昇降したので疲れた。

MMが学生時代にワンゲル部で初めて登った山で、純な時代もあったのは半世紀の流れだ。

11時には下山して、宿の温泉に浸かり、昼の大宴会をして解散しました。



鈴鹿山系が、こんなに変化のある山だと初めて知り、たまには、新幹線を使った遠征ツアーも良いものです。

関東の老婆山ガールばかりの山と違い、関西の山は、若い山ガールが多いのが好印象でもある。

写真 http://img.gg/1x9LJRp


[PR]
by akiotakahashi | 2018-10-20 23:53 | | Comments(2)


尾瀬ヶ原の“草もみじ”

10/13 尾瀬ヶ原の“草もみじ”を見に、夜行バスで行きました。

まだ暗い5時にスタートした鳩待峠では、霜で木道が滑り危なく、至仏山の蛇紋岩は特に滑りやすいので、登山は諦めて、尾瀬ヶ原を一周した。

(山も池塘のヒツジグサも赤い)


10月末には、厳しい豪雪の冬を迎え山小屋も閉めるので、今年の最後の尾瀬を、カメラを持って歩くのが多い。

木々の紅葉の盛りは過ぎても、尾瀬ヶ原は、色付いた山をバックに、湿原一面が赤く輝く草もみじと池塘の眺めが素晴らしい。

(燧ケ岳 2356m、       至仏山 2228m)


朝は霧が深いのが、次第に視界が開けてくる山の風景の変化が面白く、晴れ渡ってくれた。

山用コンロで湯を沸かし、コーヒーを味わうのも優雅なものだ。23000歩で尾瀬ヶ原を完全制覇したものの、草もみじばかりでは、飽きてしまった。

(ヒツジグサの紅葉、   馴染みの水芭蕉の撮影ポイント)


山仲間の”F300名山の会”も高齢化して、効率の良い夜行日帰りが無くなり、安易な山行きになった。

花咲の湯で疲れを癒して、新宿に8時到着のツアー(9700円)は、お値打ちで、良き1日でした。

東京電力が尾瀬ヶ原エリアを所有し、全長65kmのカラマツ木道は耐用年数10年で、1mにつき10数万円の取替コストだそうだ。

TEPCO印の木道は整備され、原発事故があっても資産処分もせずに存続できるのは、不思議なものです。
(M社は、タンク事故で殆んどの資産を売り払った!)

[PR]
by akiotakahashi | 2018-10-14 05:25 | | Comments(4)


群馬100名山 王城山 登山、"歩く時間より、飲む時間の方が長い山行”

9/6 群馬100名山 吾妻 王城山, 1123mにF山の会、13人で登りました。

東征の日本武尊が祈願した王城山神社からスタートし、爽やかな好天の中を快調に歩いた。



林道で眺めは無いが、浅間山が望める山頂で、ビール、ワイン付きの昼食ができた。

往復3時間で、足元が軟らかく歩き易い、軽い山ではあるが、歳相応の計画が有り難い。



帰りの4時間のバスで、魚沼/青森の日本酒、焼酎を飲み、恒例の大宴会をして、賑やかだった。

解散の赤羽では、リーダーFTさんも加わり反省会をして、"歩く時間より、飲む時間の方が長い”、楽しく、安易な山行でした。

写真は; http://img.gg/p9El5Pb
[PR]
by akiotakahashi | 2018-09-06 22:14 | | Comments(0)


南魚沼の日本100名山 “巻機山,1967m” 登山

8/25-26 新潟南魚沼の日本100名山“巻機山, 1967m”に、”みどりの会” 7人で登りました。

10時間の健脚コースだと知り驚いたが、意地があるので、ダメなら途中で引き返せばよいと割り切った。

登山口に近い宿を5時に出て、台風直後の雷雨を心配したが、快晴で、涼しい風が気持ち良く、夏登山の最高の日和だった。



桜坂登山口から2間ほど林道を登った後は、谷川岳、越後三山などの山々と、巻機山の稜線を望む大パノラマは流石に100名山だ。

草原の中に、お花畑、池塘が散在する山頂付近が、特に楽しめる。

 

同年代のSK、FIが足を引きずるのを待っていたが、快調に歩き続け、また、2人の女性に、負けては男の恥だと頑張ったが、1人負けだった。

標準時間を大幅に下回り2時には下山でき、心地好い疲労感が残り、偶にはこれくらいの山行も良いものだ。

前夜の食事は豪華で、魚沼産のご飯も美味しく、地元の銘酒“高千代”とともに、賑やかに話しが弾んだ。



酒好きなOIリーダーとSKが、酒を抑えながら飲むのを見て、山に厳しく自己管理をしていると感心した。(こちらは、残しては不味いと無理して飲んだ。)

下山後、宿の風呂に浸かったが、スイカを切って待ってくれる暖かさにも感心。

風景写真: http://img.gg/snm4jN6

[PR]
by akiotakahashi | 2018-08-25 21:57 | | Comments(4)


桐生・根本山、熊鷹山の登山

4/19 F山の会メンバー12人で桐生の修験道の山の根本山1199m、熊鷹山1169mに登りました。

暖かで無風の一日で、山道は枯葉の絨毯で歩き易く、久し振りの山を快調に歩けた。

桐生川渓谷の流れ、新芽の薄い緑と赤いツツジ(アカヤシオ)、遠い雪の山と青い空が、春らしく気持ちが良い。

熊鷹山頂上からは、日光白根山、赤城山などの360°パノラマが素晴らしかった。



根本山、熊鷹山は信仰の山で明治まであった根本神社の参道が登山道になっており、熊が多くいたようで不死熊、熊鷹の地名が残るのが面白い。

交尾する4匹の蛇を見付け、神聖な場所での行為は、不遜で罰当たりだが、冬眠から覚めたばかりで浮かれるのは、許せる。

(日光白根山を望む、 蛇も勃起するとは生物学の新発見だ)


帰りのバスでは大宴会で、財務省次官のセクハラ、新潟県知事の援助交際の話に盛り上がり、“こんなので騒ぐ社会・マスコミがおかしい。嫌なら二人で飲むな。女性といて浮かれるのは、 許せる。”が、大勢だった。

昔は、職場の宴会・旅行で、嫌がる女性とチークダンスをするのは常で、これも社会と思い我慢せよ。

右目の具合が悪く遠近感がないので、下山途中で木を掴まり損ねて2回も転びそうになった。また、見にくいから難しい顔になるのだが、人相が悪いと言われ、人の苦労を知らない山仲間だ。

久し振りの山で、下山後に"佐野やすらぎの湯"にも入れた、良き一日でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-20 20:11 | | Comments(2)


箱根・金時山の登山

3/29 箱根・金時山(1212m)に、F山の会14人で登山しました。

初夏の陽気で、汗だくだが、久しぶりの山で1時間半程度の歩行で、気持ちよく登れた。

KYさんの2人の孫が参加し、将来が楽しみで、孫がついてくる家族関係が羨ましく、また、大幅に平均年齢を下げてくれた。

(雪の頂上が見える富士山を背景に)


頂上は富士山が近くに見える絶好のポイントなので楽しみにしていたが、春霞で頂上だけが見えたのは残念でもあり、見えただけ良かった。

山頂の金時茶屋は、昔は金時娘がいて評判だったが、10年前に行ったときは婆さんで、今は閉店していたのは時代の流れだ。

頂上で、持ち寄った漬物、鳥肝、身欠きニシンなどと、ビール、ワインで賑やかだった。

下山して、箱根湯本の“かっぱの湯”に浸かり、別室で鉄板焼き肉を食することができ、満開の桜も楽しめた良き一日でした。

(山頂での宴会、  下山しての宴会 “かっぱ天国”)


週日でも、バスは外人観光客で満席だったのに驚いた。

昨日、全国地価が発表され、外国スキー客のお陰で北海道俱知安が全国一の上昇率だったのを見ると、観光立国として生きるのも、地球環境にも良い選択肢です。


[PR]
by akiotakahashi | 2018-03-29 20:32 | | Comments(0)


奥多摩・日の出山(902m)の登山

12/2 奥多摩・日の出山(902m)に、"みどりの会"の13人で、登りました。



JR武蔵五日市駅から、杉林と紅葉の山で落ち葉を踏みながら歩いた。
登山道からの新宿のビル群、東京スカイツリーの眺望は素晴らしい。

 

低山だが、ダラダラ歩く頂上までの4時間には、さすがに疲れた。

走りながら下山するYMを見て、さすが山男だと思ったが、「足が疲れてコントロールが効かず、止まらない。」と言うのに大笑いした。

名湯"つるつる温泉・生涯青春の湯"に浸かり、銘酒"澤乃井酒造・本吟醸生酒"で打上げした、今年の〆をした良き山行でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-12-02 21:33 | | Comments(4)


OY氏の300名山達成記念登山「八溝山」

11/2 茨木/福島県境の八溝山(1022m)に、F山の会15人で、OY氏の300名山達成祝いの記念登山をしました。

八溝山は、大和武尊が蝦夷征伐で祈願した神社が残る修験の山で、ご利益があり、快晴、無風、温暖、紅葉の最高の登山だった。



歩行時間1.5時間、高低差300m、4700歩の安易な山を最後に残してくれた気遣いが嬉しい。

同氏の百名山は8年前だったが、300名山は更に分散し、時間だけでなく、100名山で400万円と言われる費用も大変だ。

既に、仲間の3人が達成済み、到達前が1人おり、裕福でレベルの高い山の会です。

常陸国唯一の1000m級の山なので、山頂からは360度のパノラマで吾妻連峰、太平洋まで望まれる。

(山頂から吾妻、那須連峰を望む、 300名山達成祝いの乾杯)


祝賀会を、巣鴨の居酒屋「村役場」でやって、賑やかで楽しき1日でした。

一人一人に手書きのメッセージを手渡してくれ、こんな心遣いもできる山男だと、初めて知り驚き、また、感心しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-02 22:32 | | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31