根府川ライフ


カテゴリ:旅( 174 )



台北の激安ツアー (その2)

<3日目 4/28>
3日目はFree Timeで、台北北東50kmの九份の半日Tour(¥3,800-)を申し込んだ。

山の寒村だったが、1890年に金鉱が発見され賑い、貧農の娘が窓に座ったらしき建物が残る。
1989年ベネチア映画祭グランプリ「非情城市」、2001年宮崎駿「千と千尋神隠し」の舞台でレトロな坂の街並みが観光スポットになっている。宮崎が思考した「阿妹茶店」のテラスでお茶を一服。

海が見える500m続く狭いレトロな石畳  海を見ながら茶を一服(阿妹茶店で)


昼過ぎに台北に戻り、地下鉄で移動して「台北101タワー(91階、508m)」に上がり高層ビルの林立する市街を見渡した。

「台北101タワー」  382m展望台より(¥1,400)  珊瑚の下着美女とスナップ


次に、台北北東20kmの漁港で夕日の美しさが名高い「淡水・漁人碼頭」に行き夕日を眺めた。桟橋でアベックが仲良く語らっているのを横目で見ながら、今は縁のない昔を懐かしむ。
桟橋の海鮮料理店でシャブシャブを注文したが、得意の中国語が通じず店の奥から日本語の出来る支配人を連れて来たのにショック。

淡水の夕暮れ   シャブシャブ鍋(深海魚、海老、鮑、魚ダンゴなど、¥2,800/2人)

3日目も9:00から20:30までフル稼働でした。

<4日目 4/29>
南門市場で時間調整し、10:00開館と同時に国立歴史博物館に入ったが、仏像、書画、土器などはあるが期待外れ。

歩いて台湾総統府(右)に行った。1919年に日本統治時代に台湾総督府として建造されたレンガ造りがそのまま残り、現在も総統が執務する国の中枢です。
重厚な建物で、厳重な監視の下に1階が公開されている。10年前の台湾大地震でも被害が少なかった明治の日本建築技術者のレベルに敬意。また、日清戦争の下関条約書が展示され興味を誘う。

15:30台北発 20:40成田着で帰宅したのは22:30、ハードだったが中身の濃い旅行でした。

安上がりと思ったが、お茶だけで4万円相当(写真)を、その他で旅行代金以外に9万円使ったと聞き驚いた。しかし世界不況下で台湾の消費拡大に国際的貢献したと自己評価。

台湾は人口2,200万人の島国ですが、市街地の充実、街の賑わい、人々のシャレた姿にエネルギーの高まりを感じました。

①2,200万人を豊かにした蒋介石 ②10億の人民を解放した毛沢東 ③市場経済で13億人の生活レベルを上げた鄧小平の貢献度順位を考えた。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-30 22:10 | | Comments(2)


台北の激安ツアー (その1)

4/26-4/29 3泊4日の台北激安ツアーに参加しました。

中国王朝の秘宝が集まった台湾故宮博物院に行きたいと永く思っていました。偶々、新聞に3泊4日¥19,800-の食事、観光付ツアーを見付けた。相当不安だったので¥10,000-追加してホテルをGrade upした。

<1日目 4/26>
成田19:50出発で台北のホテル(円山大飯店、写真)に0:30 Check inした。
成田の免税店で既にツアー代金半分の化粧品を買う同伴者に不安。

<2日目 4/27>
念願の故宮博物院に開門に合わせて入場し、宝物を1.5時間鑑賞できた。
磁器陶器、書画、螺鈿、玉石など至宝の多さに驚き、翡翠、玉、象牙、螺鈿の細工が特に見事です。平日でこの不況にも拘らず中国本土からの観光客主体で館内は超満員なのに驚きました。

(左)「翡翠玉白菜」: 故宮第1の宝が、キリギリスの載った翡翠の白菜(30cm)
(右)「肉形石」: 次の宝が豚の角煮の天然石。ユーモアのあるセンスが良い(15cm)



日本の靖国神社に相当する忠烈祠、蒋介石の巨大像のある中正記念館などを巡り、夜は士林夜市を散策してホテルに戻ったのが20:30の強行軍でした。

(左) 忠烈祠の衛兵交代式(辛亥革命、抗日戦争の英霊が眠る)  
(中) 評価に国論が割れる蒋介石の巨大像(8m):日本には賠償放棄で恩人
(右) 士林夜市(このような店を巡るのに至上の喜びがある)



昼には高島屋に出店する人気の「鼎泰豊本店」で小籠包、焼飯、スープにありつけた。台北でも人気の店で休日は1.5時間待ちと言う。夜も台湾料理ディナーで満足した。
宿は蒋介石婦人の宋美齢が1952年に建て、世界の著名人が泊まった由緒ある500部屋の立派なホテルでした。朝飯はバイキングで、品のない性が出て大盛り。

左より:「鼎泰豊本店」の混雑  本場の美味な小籠包料理   大盛りの豪華朝飯


お茶店、漢薬店、宝石店などのの買い物が組み込まれ、初めの茶店で阿里山烏龍茶、東方美人茶、プアル茶をツアー代金相当を衝動買いする小生と同伴者。旅行社は買い物のリベートで利益を得ていると想像した。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-30 06:43 | | Comments(5)


倉敷の桜

4/6-10 水島の工場に出張があり、倉敷に泊まり、早朝美観地区を散歩しました。

倉敷川添いは新緑の柳が美しく、2本ある桜と調和して美しい。また、ナマコ壁の露地裏も改めて見るとなかなかよいものです。

倉敷川添いの桜と柳    白壁の路地裏    大原美術館と桜


大原邸の緑の瓦を見て欲しいと思ったが手が届かず断念。
駅裏のチボリ公園は10年前大騒ぎで開園したが、客が入らず昨年末で閉園した。バブルも終わった時期に招致し、高い税金を使って建設した責任が問わない倉敷市民の穏やかな性格に敬意。
今の時代はディズニーランド、ユニバーサルスタジオのような大型施設でないと商売にならない。(岡山市が断念したのに倉敷市が飛びついた。)

(左より) クラボウ大原邸    大原邸丸瓦   閉鎖したチボリ公園前


さて、元勤務したS工場では、友人UMの配慮で交通安全会に入会させてもらいステッカーを張っているので、厳しい入構は顔パス。駐車場は本館前の特等席。温かい友情に感謝している次第です。

[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-07 21:43 | | Comments(5)


京都と奈良の桜

4/4、5 京都、奈良に立ち寄り桜の名所を歩きました。

京都の桜は何と言っても醍醐の太閤秀吉の花見です。花の季節に行きたいと思っていたが、ようやく実現できました。
9時過ぎで既に大勢の人出(新聞によれば1万人)で参拝券売り場も長蛇の列、三宝院、本堂、宝物館各600円に驚き1か所だけにしようかと悩んだが折角なので3か所の券を買った。

流石醍醐で桜の木が大きく数もあり、枝垂れ風の桜が見事です。写真では迫力は無いが高さ20mはある大桜に感心した。
三宝院は苔多い池もある大きな派手な庭園がありますが、撮影禁止で「減るものでもないのに」と思いながら鑑賞した。盗撮も考えたが、仏さまの前なので止めた。

醍醐寺五重塔  三宝院前の枝垂れ桜


やさしい感じの仁王像   境内の巨大桜(高さ15m)


醍醐は京都南の山科にあり観光パンフレットを見ると鴨長明が出家して1丈の庵で暮らした庵跡があるのに気付いた。地図で6cm位だったので是非行きたいと思い歩いたが1時間経っても辿りつかない。通り掛りに聞いてみると地図の縮尺はでたらめでまだまだ遠いそうで、背広姿には無理と断念した。

奈良は大仏殿近くにある「氷室神社」本殿前の大桜が有名です。狛犬と鳥居の赤と桜の薄ピンクが美しい。
偶々国立博物館で鑑真和上像の公開に恵まれ、ご挨拶ができました。南無阿弥陀仏!

興福寺五重塔と猿沢の池


氷室神社の桜と狛犬           国立博物館前で鑑真和上


奈良の寺では新薬師寺が好きです。穏やかな薬師如来像と迫力ある十二神将が好きでゆっくり鑑賞したあと、本堂、鐘堂、地蔵堂周りをあさり、古代瓦?を発見した。厚さが2.5cmあり鬼瓦か本堂大瓦ではないかと思い込んでいる。

新薬師寺   同鬼瓦   発見した古代瓦


戒壇院近くの「ときわ」の屋外席で若草山を眺めながら湯葉料理を賞味した。吉野葛のタレがかかりあっさりして美味です。
さて、小生は横浜崎陽軒のシュウマイ弁当を新幹線に乗って食べるのが好きで、これが弁当が売り出される6時半過ぎの新幹線に乗った理由です。
湯葉御膳          崎陽軒のシュウマイ弁当

[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-07 20:59 | | Comments(7)


蔵王樹氷と最上川下りツアー (2日目)

ツアー2日目(3/16)も強行軍で帰宅したのは22:30でした。

銀山温泉
銀山温泉は、レトロな雰囲気の3階建ての温泉宿が並ぶ写真を見て、永らく行きたいと思っていました。
少し最上川から離れてはいるが、紅花、米、銀などの最上川交易で潤った温泉街と思われる。また、「おしん」の母が働いた温泉でもある。川の両岸に20軒ほどの明治・大正の木造3階建の旅館(女郎宿)が立ち並ぶのは一見の価値があります。

昔は、2階、3階の窓から飢饉で売られた百姓の娘が母・故郷を思いながら客を呼ぶ姿を思い起こさせる。また、窓の下の漆喰壁・板壁に絵が描かれている宿も3軒あり面白い。

(左)旅館窓下壁の絵(毎月の行事が描かれている)  (右)正月風景


近くの山元村の「山びこ学校(無着成恭)」が今年度限りで廃校となると新聞記事にあった。小学校の頃に作文を読まされて、こんな貧しい悲惨な村があるかと子供心にも思いました。夜の雪道を母を訪ねてきた「おしん」の貧しさがない日本は本当に有難い。

25年前、バンコクにいた頃にテレビで「おしん」の放映があり、飲み屋でも時間になると店の女性が客を忘れて泣きながらテレビに見入っていたのを思い出します。

最上川下り
芭蕉の「五月雨を集めてはやし最上川」のイメージから急流かと思っていたが穏やかな流れで、周りの山は雪が残っているが川下り船はガラスで覆われて暖かく快適でした。

(左)最上川と遊覧船  (中)義経・芭蕉の来た仙人堂  (右)仙人堂内の船絵馬


途中、仙人堂なる社で下船した。ここは、義経一行が逃避行の中で立ち寄り常陸坊が建立した堂で、芭蕉もここで最上川の句を作ったと言われている。
堂内の壁には絵馬が飾ってあり、「船絵馬」は酒田港へ農産物の川舟運送する船主が納めたかと想像した。

米沢城跡と上杉神社
米沢は家康の命で、上杉影勝が会津120万石から米沢30万石に減封され、直江兼続が街造りした。「天地人」の直江兼続ブームで何処に行っても愛・愛です。有名な「愛の兜」は上杉神社宝物館にあるが、16:00で閉館で残念でした。

米沢はなんと言っても「9代藩主上杉鷹山」です。17歳で養子で藩主となり倹約、産業振興の大改革を行った名君です。刀を鍬に変えさせて実践した「なせば成るなさねば成らぬ何事も成らぬは人の成さぬなりけり」の名言は今の時代でも新鮮。

(左)米沢・上杉神社 (中)上杉鷹山像と「なせば成る」碑 (右)愛の直江明生像


鷹山の君主心得「国家人民の為に立たる君にて君の為に立たる国家人民にはこれ無く候」は民主主義の先取りで改めて感心しました。

夏までに、越後、会津に行き直江兼続ゆかりの地を制覇したいと考えています。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-03-17 22:16 | | Comments(5)


蔵王樹氷と最上川船下りツアー (1日目)

3/15-16 「蔵王樹氷と最上川船下りツアー」の1泊格安ツアーに行きました。

旅行社のツアーは、「安い、時間の無駄がない、疲れない、安易な家庭サービスが出来る」の4拍子揃っているので時々参加します。今回は、昔仙台に住んでいた時に行きそこなった山形の旅館街・銀山温泉へのリベンジ。

① 松島・瑞巌寺
3年間仙台にいたので松島方面には塩釜の魚市場、奥松島の牡蠣を目的によく行きました。松島では2時間自由行動で、瑞巌寺門前を歩いた。松島と同じ堆積岩で削りやすいので、仏像を彫った、また修行用の石窟が多くあるのを面白く見ました。
芭蕉が「奥の細道」で楽しみにし旅の目的でもあった松島は説明だけで俳句がなく、以降に名句が多い真の理由は何か興味深い(プロが感動しすぎて句が出ない筈はないと思うが・・)。

(左)松島風景  (中)瑞巌寺・石窟と石仏群  (右)茶店に座る芭蕉翁


時間があったので、塩釜にタクシーで行った。70過ぎの運転手が話好きの人格者で「いくら金があっても、健康で好きな所に行けなければ仕方がない。」と教えてもらった。「金が無く病気では死ぬしかないですね。」とバカな相槌をうち家内から非難。

② 蔵王・樹氷
既に3月なのでモンスター樹氷は崩壊し小樹氷と霧氷が見られるだけでしたが、それなりに見ごたえはあり綺麗でした。
暖冬とはいえ地蔵山頂(1,661m)は強風氷点下10℃で凍えたが、「八甲田山死の彷徨」の寒さの凄さは想像できません。

(左)地蔵山頂の雪に埋もれた大きなお地蔵様  (中)この程度の樹氷なら蔵王でなくても珍しくないか  (右)霧氷が綺麗(中間の樹氷高原駅で)


蔵王は18才で初めてスキーをし、2日目に地蔵山山頂からの樹氷原コースに挑戦した場所です。氷点下18℃に驚いたあと、最初の狭く急なザンゲ坂でアッと言う間に転倒して、スキーヤーにぶつかり相手の竹ストックを折ってしまった。新品アルミのストックと仕方なく交換して、竹ストック1本で苦労しながら這い降りたのが懐かしい。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-03-16 23:26 | | Comments(2)


日本の理論物理学の父・仁科芳雄博士

11/30 岡山西部の里庄町にある日本理論物理学の父・仁科芳雄の生家に行きました。
岡山の郷土に輝く人といえば桃太郎、吉備真備、法然、雪舟、武蔵、洪庵、犬養毅、夢二、泣菫、大山康晴が有名ですが、技術者は仁科芳雄をあげる。(山・ミカン仲間のKYさんは別格)
ノーベル賞物理部門受賞者の湯川、朝永、小柴、小林、益川は仁科の弟子、孫弟子に当たる。今の原子物理は巨大な設備をつかい金さえあれば成果はでるが、本来の理論物理は研究費も少なく頭だけで理論構築した脳の構造に感心します。
生家は代官、大庄屋を務めた立派な屋敷で、生まれながらの英才。戦中は軍の要請で原子爆弾の開発を進めサイクトロン完成させて研究中だった。
1951年に60歳で逝去し、一生の濃さが60を過ぎた自分と格段に違います。ただし、「働きて働きて病む秋の暮(病床の句)」の気持ちだけは完全に一致。
仁科芳雄の生家全景
さて、小生は寺・神社などに行ったときには床下を探索する。生家では江戸後期(建築時期から年代推定)の丸瓦の破片を発掘し、お宝の仲間入りをしました。

仁科博士相関図           少年時代の仁科を見守った丸瓦

[PR]
by akiotakahashi | 2008-12-02 23:39 | | Comments(2)


サウナ風呂と温泉卵

12/1 客先との打合せは午後なので、時間つぶしに大型ショッピングモール併設の銭湯「玉椿の湯」で汗を流した。
驚くほど広く露天風呂も数種類で、風呂にはテレビもあり充実しているのに驚いた(¥500)。サウナ(85℃)で前々日買ってしまった生卵の処理を考え、この条件なら温泉卵が出来ると閃いた。直ぐに忘れ物をしたとステテコ姿で駐車場に卵を取りに行った。
サウナの片隅にこっそり置き1時間後に取り出し、完全な温泉卵になったのを確認した。
技術屋としての探究心と理論通りの成果に自己満足したが、サウナの出入りが多く体はカラカラで疲れ果て、午後は大変でした。

スーパー銭湯「玉椿の湯」     露天風呂(ケイタイ撮影)

[PR]
by akiotakahashi | 2008-12-02 07:00 | | Comments(2)


水島の大型ショッピングモール

11/26-12/5  長い出張で倉敷にあるコンビナート地区・水島に滞在している。
水島には計20年間を工場勤務で過ごした。入社当時は高度経済成長期で水島も昼夜とも賑やかでした。その後、景気後退による工場縮小、合理化人員削減によりサティー、ダイエーなど大型店が開店・閉鎖を繰り返していた。
宿泊ホテルの前にあった旧日鉱社宅跡に、イオン中心の大型ショッピングモールが開店しているのに驚いた。スーパー、レストラン、本屋、薬屋、100円ショップ、銭湯などが揃い、アメリカのショッピングモールのイメージ。

早朝の全景・中央上の茶色の建物は昔いた社宅、その前は病院(ホテルより)
平日の夜7時頃ではあったが、ガラガラで何時まで経営が維持できるか他人事ながら心配になった。そもそも、水島駅前のダイエーでも5年で閉店した環境であり、市場調査を真面目にやったか疑われる。地方では、食品スーパー、コメリなどの雑貨、回転寿司、100円ショップしか長持ちしないと思っている。なお、倉敷駅前のチボリ公園もたった10年で12月末に閉鎖される。

ガラガラのショッピングモール     ガラガラの居酒

さて、ホテル責任者は水島の割烹の娘(正確には嫁)で、当時の割烹の女将はしわが目立った(老けて見えた)が接客の上手な立派な人でした。娘さんにも若い頃にお目にかかったこともあったので「女将さんにはお世話になりました。何時亡くなりましたか。」と聞いたところ、「足が悪くなりましたが、未だ70代で元気です。」と答えられた。殺してしまい、お詫びのしるしに宿泊は「ホテルナンカイ」、宴会は「どんこ」を今後紹介すること決めた。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-12-02 03:23 | | Comments(1)


大分の連絡船(ホーバークラフト)

11/18 初めて大分コンビナートに行きました。
大分飛行場に着き別府湾を横断する連絡船乗り場に行ったが、桟橋もなく、広場に修理待ちの船があるだけ。実は300mの滑走路を走って海に入る近代乗物の水陸両用ホーバークラフトで驚き。
但し、強風の向かい風を90km/hの猛スピードで進むのは如何にもエネルギー効率の悪い乗り物で(追い風は良いが・・)、騒音と揺れが激しく気持ち悪くなりました。
空港での昼飯は大分なのに琉球丼があり熱帯魚の丼かと思ったが、関鯵の漬丼で味は満足。帰りは北海道でもないのにシシャモ蕎麦があるので注文した。出てきたのは地鶏のシャモで、肉は美味しかったが蕎麦はイマイチ。

琉球丼(鯵の漬け丼 ¥1,200)  シャモ蕎麦(味付シャモ肉 ¥850)

[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-18 23:03 | | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28