根府川ライフ


2018年 02月 03日 ( 1 )



上野国立博物館「仁和寺のみほとけ・天平と真言密教の名宝」展

2/3 上野国立博物館「仁和寺のみほとけ・天平と真言密教の名宝」に行きました。

仁和寺は、高校の古文で “仁和寺の法師が酒を飲んで、鼎をかぶって抜けなくなった(徒然草53段)”ことしか知らず、高校の修学旅行で行ったきりだった。

886年に宇多天皇が建て、皇族が門跡をした真言密教の寺で、皇室と空海ゆかりの仏像、仏具、絵、巻物などの国宝、文化財が多く残っている。



展示方法も進化し、観音堂の柱、壁画を再現して33体の仏をそのままに安置しているのには感心した。(右上)

全国の御室派の寺の秘仏30体も展示され、素晴らしい仏さまばかりだった。

別館では「アラビア王国の至宝」も催されており、100万年前に石器人が暮らす温暖な時代があったそうで、石像・壺や、サウジ王国の秘宝も面白かった。
シェア10%の昭和シェル石油が協賛しており、そんな余裕があるかと心配した。



上野はパンダ人気で人出が多く、上野動物園入口では、観覧整理券を配っていた。
時間指定の整理券をもらえば、2時間半後にはパンダを見ることができるそうだ。

毎日、整理券をもらって、入園者に1000円で売るダフ屋をして3000円稼ぐのも、老後のアルバイトになるかと考えた。


[PR]
by akiotakahashi | 2018-02-03 16:19 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28