根府川ライフ


2018年 01月 28日 ( 1 )



春の使者フキノトウ

1/28 早春の山菜フキノトウが、隣家の雪の残った庭の枯れ草の間から顔を出したのを見付け、早くも春の足音を感じさせてくれた。

鉄柵を乗り越えて採り、天ぷらを頼んだものの拒否され、仕方なく湯がいたが、ホロ苦い味が美味しかった。



隣のご夫婦が亡くなり7年経ち、空き家の庭の淡い緑色をしたフキノトウを、毎年楽しみにしている。

先週、もう片方の隣家の奥さんが、ホームに入居して空き家になった。

公道に面して庭に入り難いので、カボチャかウリを植えて、柵を越して実生らせるのも面白そうです。

我が家も、何時空き家になるかを、寂しく考えました。

ボケと死は、「人皆ある事を知りて、待つことしかも急ならざるに、覚えずして来る」(徒然草151段)


[PR]
by akiotakahashi | 2018-01-28 14:04 | その他 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31