根府川ライフ


2018年 01月 11日 ( 1 )



「サヨナラ」ダケガ人生ダ

1/11 井伏鱒二(1898-1993)の漢詩訳を読みました。

于武陵の漢詩「勧酒」の “花発けば風雨多し 人生別離足る” が好きで、親しいのが亡くなった時に思わず口に出る。

この漢詩に、井伏鱒二「厄除け詩集」で詩訳があるのを見付け、本質をとらえた7・5調が読みやすく、感心した。

“花に嵐のたとえもあるぞ 「サヨナラ」だけが人生だ” と詠むところが、素晴らしい。

( 勧酒  /  漢詩読み   /   井伏鱒二 )
勧君金屈卮/ 君に勧むキンクッシ(金の盃)/ コノサカヅキヲ受ケテクレ
満酌不須辞/ 満酌辞するをもちいず/ ドウゾナミナミツガシテオクレ
花発多風雨/ 花ひらけば風雨多し/ ハナニアラシノタトヘモアルゾ
人生足別離/ 人生別離足る  / 「サヨナラ」ダケガ人生ダ


有名な「春眠暁を覚えず(孟浩然)」の訳詩も良くできている;

ハルノネザメノウツツデ聞ケバ (春眠不覚暁)
トリノナクネデ目ガサメマシタ (処処聞啼鳥)
ヨルノアラシニ雨マジリ     (夜来風雨声)
散ツタ木ノ花イカホドバカリ (花落知多少)

仕事が無くても、Blogを考えてはC社に不味いが、派遣社員には仕事を探す義理はない。「カチュウノ栗ヲ 拾ワズダ」


[PR]
by akiotakahashi | 2018-01-11 19:25 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka