根府川ライフ


眼科の退院

6/13 横浜市大病院・眼科を11日ぶりに退院することが出来ました。

入院患者が多く追い出され、自宅療養となったものの、自宅ではストレスが溜まり、却って悪化しそうなのが心配だ。

3時間の眼球の手術(硝子体出血)を、医者4人、看護婦4人が、声掛け、復唱する連携に感心した。

手術中のクシャミは厳禁と言われたが、大地震が起きたら、震えて違うところを切ったままで、医者が逃げたらどうするか考え続けた。

硝子体のゼリーを抜いて空気を入れる手術で、空気が液と置き換わるまで、終日、下を向く必要があり、うつ伏せで寝るのは拷問だ。

(治療と うつ伏せの概念、  病室からの眺め)


また、眼科の病室は、テレビ、新聞、本は禁止で、ラジオだけがOKだった。ラジオは、面白くもないDJ番組ばかりで、NHK FMくらいは、クラシックを主体に流せと言いたい。

高校の英語教師が、米軍向けFEN(Far East Network)の天気予報を聞いてヒアリングを学べと言っていたが、今はFENがなく残念。

仕方ないので瞑想したものの、腹の立つことばかり思い出され、ストレスが溜まるばかりだった。

空気が抜けるまで下向きで暮らし、机が残っていれば仕事に復帰する予定です。


ご訪問者さま

退院することができましたので、ご挨拶いたします。

[PR]
by akiotakahashi | 2018-06-13 17:02 | その他 | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2018-06-14 06:06
予定よりも早い退院でよかったですね!ゆっくり焦らずご療養ください。お大事に!
Commented by akiotakahashi at 2018-06-14 22:18
RWさま:有難うございます。ゆっくり休養しますが、畑の草抜きが優先です。
Commented by KAZUさん at 2018-06-14 22:23 x
退院おめでとうございます。先ずは7月の四三会でお会いできますね。いずれにしてもお大事に。
Commented by akiotakahashi at 2018-06-15 14:05
KAZUさま:有難うございます。ゆっくり休養します。7月の四三会を楽しみにしています。

<< 病院雑感      BLOGを暫らく休みます >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30