根府川ライフ


近代化の病院の順番待ち

4/26 今週は病院通いばかりで、鶴見・済生会横浜東部病院に行きました。

8年前に前立腺の手術をした経過は順調で、次回は1年後と言われ、「生きているかが問題です。」と女医に言った。

問診票を渡され、”週に何回やるか?”との老人に失礼な設問があり、嘘でもプライドがあるので週1回に〇をつけてやった。

(テレビ画面に待ち順が出るのに感心  ささやかなお祝い)


予約制でも2時も待たされ、小さい子供がかわいそうで、溢れる老人を後回しにするシステムにすべきだ。

病院も近代化されて、コーヒー店があり、テレビで診察順番を案内してくれるのが、有り難い。

ささやかなお祝いとして、ビールを飲み少し赤ら顔で出勤したが、「お疲れ様です。」と挨拶するCK社社員は紳士で偉い。
[PR]
by akiotakahashi | 2018-04-26 19:40 | 趣味(グルメ、健康) | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2018-04-26 21:55
週に1回、という返事は素晴らしいですね。現実はそこまでは厳しいだろうとは思いますが、その意気込みに乾杯です。
Commented by akiotakahashi at 2018-04-27 13:44
washitakaさま:この20年、ご無沙汰でもプライドがあります。元気でいられるだけで、有り難いです。

<< 横浜市大病院の診断と横浜南部市...      M社でお世話になったOGさんと... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30