根府川ライフ


大阪・通天閣、京都・伏見稲荷大社

2/22-24 大阪・通天閣、京都・伏見稲荷に行きました。

1.大阪・通天閣

新世界は、串カツ屋が立ち並んでいる串カツブームです。

“ソース2度浸け禁止”で有名な「串カツだるま」は10時の開店前から客が並ぶ大賑わいだった。

仕方ないので隣の無名店に入ったが、串カツは安く、日本酒2本飲むと酒1本サービスなのに感激。

(通天閣下の新世界、  通天閣のキン肉マン)


通天閣の95m展望台は、ゲーム、パチンコ、土産物店が昭和30年頃の遊技場の雰囲気なのが良い。

2.京都・伏見稲荷

赤い鳥居が立ち並ぶ光景がインスタ映えして、外国人の人気No.1の観光地になっていると聞いたとおり、外人で大賑わいだった。



京都の寺社仏閣とは異質で、これが日本の文化だと思われるのも不本意だが、日本経済のためには結構だ。

5000本以上立ち並ぶ鳥居は、誰でも金を出せば奉納できるシステムで、この10年に奉納された新しい鳥居が目立ち、伏見稲荷は商売上手です。

参道は店や屋台が立ち並び大混雑で、地元も神社も潤う町興し成功の例だ。

(海遊館の可愛いゴマアザラシ、ユニバーサルスタジオも大混雑)


京都・西本願寺での母の3回忌に合わせて行ったが、母の貯金通帳を下ろして楽しみ、草葉の陰で喜んでいる。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏・・・


[PR]
# by akiotakahashi | 2018-02-24 21:46 | | Comments(0)


M社大先輩方の集まり”横浜会”

2/20 M社大先輩方の集まりに参加させてもらい、横浜駅前の“和民”で飲みました。

80歳を超えても、株式投資、囲碁、日々の運動で、頭と体を使うので、呆けもせずに相変わらず口が達者なのがご立派です。

平昌五輪の話に盛り上がり、サーカスのような競技より、スピードと回転が良いと意見が一致するのは、老人の集まりだ。

500m金メダルの小平奈緒は、努力家で美人だと、長野のABさんの評価は高い。

日本の高度成長に貢献した先輩だが、企業合併の苦労も知らない良き会社人生で、優雅にお暮しです。

猛烈社員時代でも、ご同期の亡くなった割合が少なく、打たれ強い世代で立派だ。

電通などの過労死で騒いでいるが、過労死でなく、精神の弱さと親の過剰な期待が要因だ。

これから20年は生きる100歳時代の先駆者で、企業年金も終身支給の好条件なので、死んでも死亡届も出してもらえず、ミイラになって120歳まで生き永らえるかと心配した。


[PR]
# by akiotakahashi | 2018-02-20 21:44 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


金沢文庫「運慶展・鎌倉幕府と霊験伝説」

2/18 金沢文庫「運慶展・鎌倉幕府と霊験伝説」に行きました。

運慶一派は、奈良から鎌倉に仏像制作の場を変えたので、関東の寺に多くの運慶仏が残っている。

仏像が50体ほど展示され、小振りではあるが迫力ある見事な仏像ばかりだった。

称名寺の庭園は梅の花がほころび始め、春の訪れを感じさせてくれた。



金沢文庫は企画展が優れ、敬老割引200円で入館できるのが嬉しく、不便な場所だが、老人で混雑していた。

上野の国立博物館、美術館での特別展では正規の入館料(1600円)なので、交通費を含めると負担は大きい。

英国の博物館のように入館料を取らないのが文化国家で、少しでもボケを遅らせて介護費用を削減するためにも、老人の文化施設入場料を、せめて半額にすべきだ。


[PR]
# by akiotakahashi | 2018-02-18 13:34 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(0)


横浜居住M社同期会”mini43会” at 桜木町

2/13 横浜居住のM社同期会”mini43会”に4人集まりました。

平昌五輪、貴乃花部屋、働き方改革、過労死、介護など話題は尽きない。

貴ノ花擁護、自衛隊ヘリ墜落の責任、沖縄基地、電通死の騒ぎ方も含めて、今の世論、マスコミがおかしいとのKBさんの考えは、完全に同じだった。

「ジャンプの高梨沙羅は、1時間の化粧よりジャンプの研究に時間を使うべきだ。化粧もせずに頑張ったスケート銀メダルの高木美帆は、偉い。」と言った。

同調するのはおらず、美人が好きな単細胞で、現役時代には、中身より見栄えで仕事をした俗人ばかりだと解った。

今年は同期会50周年で、SY幹事は記念行事の計画に苦労している。
片足を棺桶に入れている身では、コンパニオンを呼んでも元は取れず、温泉三昧、歴史探訪が良いとの考えには大賛成だ。

9月の話で、小生を含め同期25人が元気で生き永らえることを祈るばかりです。
[PR]
# by akiotakahashi | 2018-02-13 22:07 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


がまん坂

2/11 根府川の畑で、暖かき陽射しの中を、畑仕事をしました。

立春が過ぎ、春野菜の時期になり、草抜き、耕作、石灰撒きをして、ジャガイモの植付け準備ができた。

ソラマメは寒さに負けず順調に育ち、今後の猿対策をどうするか、思案中。

(順調なソラマメ、   ハンモックの昼寝は快適)


ラジオを聴きながら仕事をするが、日曜日は、“NHKのど自慢” を楽しみにしている。

“がまん坂”を歌った同年代の老人が、6歳のときに母親が死に、奉公に出されて我慢の人生だったと話し、「皆さんは、子供のために長生きしてください。」と言うのにホロリとした。

我慢しても明るく幸せそうな声だったが、我が身は、今までのツケが溜まり、「生きて地獄、死んでも地獄」の、呆けるだけが安楽の我慢の人生だ。

春のような暖かさで、午前中に仕事を終え、ワインを飲んで昼寝をし、無間地獄を忘れる良き一日でした。


[PR]
# by akiotakahashi | 2018-02-11 17:31 | 根府川とミカン | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28