根府川ライフ


<   2017年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧



ツアー料金の弁済保証制度

11/28 日本旅行業協会から18900円の支払い連絡が届いた。

年初にオーストリアの山・湖・古城ツアーを申し込んだが、“てるみくらぶ” が倒産し、ツアー料金の弁済保証制度によるもので、各旅行会社の基金から支払い金額の3.5%が支払われる。

1万件、9万人、34億円の被害で、払い戻しは3000円くらいかと思っていた。

返金不能旅行代金を、クレジットカード会社が返金する情報をTTさんからもらっていたが、面倒なのでそのままにしていた。

この話を家内が知りクレジットカード会社に連絡したが、9月に締め切られたとのことで、金の苦労がないと厳しく叱責された。

このような話は、旅行社が開示するか、クレジットカード会社が、該当者に連絡すべきだ。

“てるみくらぶ被害者の会”も、「年金での旅行を楽しみにしていたのに」と涙で騒ぎながら、関係者だけが、コッソリ回収しているに決まっている。

モラルの無い、不公平で、正直者が損をする社会を具現している。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-29 04:26 | | Comments(2)


保湿剤ヒルドイド

11/27  保湿剤ヒルドイドを塗って出勤した。

「肌がしっとり、30代の肌」と、美容クリーム(5000円)を、深夜テレビの通販で宣伝している。

成分はヘパリン類似物質で、皮膚科での治療に“ヒルドイド”として健康保険で安く(200円)処方される。そのため、中高年のシワシワ婆さんが、病院通いをしているそうだ。

今の職場は若いのが多く、一人だけシワシワの老人がいては、周りも嫌かと気を遣い、顔にメンソレータムを塗ってツヤツヤにしている。

さすがに、シワとシミが目立ち始め、保湿剤を塗って艶々のもち肌にしようと思いつき、家内から20年前のヒルドイドをもらった。

塗ったのは良いが広げるのを忘れて、「顔に油みたいなのがついていますよ。」と教えてくれた。

慣れないことをするなとの教訓です。

旧M社でT常務が艶々だったのを思い出し、その頃は精力絶倫だと感心していたが、ヒルドイドを使っていたやもしれない。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-28 04:30 | その他 | Comments(2)


有休取得奨励日の畑仕事

11/24  休めば4連休になる "有給休暇取得奨励日" に、休暇を取って根府川の畑仕事をしました。

正社員には有給休暇があっても、日雇い労働者は、休めば給与が減るだけだが、見栄を張って休んだ。

過労死、働き方改革で労働時間を減らす風潮だが、働いた時間だけ給与がもらえる有り難さを忘れている。

残業で頑張ってマイホームを夢見る若者も多いだろうし、過労死するくらい頑張らなければ、日本は落ちぶれるばかりだ。

弱者、マイノリティへの配慮は必要だが、過剰な優遇は如何なものか。自然淘汰は必要で、自然の摂理を忘れた同性婚など、とんでもない!

根府川の畑では、ブロッコリーが大きく実り、ミニトマトもまだ頑張って実をつけてくれた。

ミカンは色付き、里芋・大根も育ち、1年の畑仕事の成果が現れる季節になった。

「子供と違い、野菜は面倒を見ただけ報われる。」とは、名言だ。

快晴で温暖な一日を、海を見ながら、畑仕事と草抜きで過ごした、良き休暇でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-24 17:52 | 根府川とミカン | Comments(2)


“21会” at 三軒茶屋・イタリヤ料理店「瀬戸内バル」

11/22 三軒茶屋・イタリヤ料理「瀬戸内バル・Collabo」に、“21会” の6人が集まりました。

瀬戸内海の新鮮食材を地中海風に料理するバル(店)で、レタス・野菜(岡山)、パスタ(淡路島)まで瀬戸内にこだわっている。証拠はないが・・・

渋谷に住むMDが幹事で、洒落た店を知っているのに、何時も感心する。49年続く同期の集まりなので、皆仲良しで、知的な話題が豊富なのが良い。



NJ氏が、ルーツを調べて、土浦からシアトルに移民した祖母の兄の曾孫3世を訪ねた話を聞き、驚いた。

有名人の家族史を調べるNHK「ファミリーヒストリー」が好きだが、どのルーツも苦労し立派で、驚きと涙する。ヤクザ、殺人鬼、乞食がいたときに、プロデューサーはどうするか知りたい。

2年前に母が亡くなった時に、相続のため父母の生まれてからの戸籍(原戸籍)を、広島・庄原市と東京・文京区から取り寄せた。
父母家系とも、男は短命、女は長寿で、また、隠し子がいないことだけが、戸籍から解った。

戸籍は明治以降なので、古いのは、寺の過去帳・宗門人別帳・氏子帳、墓、地方の資料を調べるが、個人情報開示の制約で限られる。

ルーツを知りたいが、変質者の先祖がいそうなので、探るのは止めた方が無難です。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-23 05:04 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


京都、奈良でのグルメ

11/16-19 京都「国宝展」にあわせて、友人3人で京都、奈良の郷土料理を、楽しむことができました。

小生は「未だ足らぬ 稼ぎ稼いで 墓場まで」だが、2人は「子孫に美田を残さず」のうえ、物欲・性欲は枯れており、食事と知識・見聞に金を使う刹那主義で、高くても美味しいのを喜ぶ。

1. 京都・南禅寺の湯豆腐
 学生時代に金が無くて食べ損ねた「南禅寺の湯豆腐」を食して、50年前のリベンジを果たした。
湯豆腐に2500円を出すのは、馬鹿馬鹿しいが、味はよい。

(南禅寺の湯豆腐・五右衛門茶屋)


2. 奈良宇陀・室生寺の山菜料理
 女人高野・室生寺前の創業150年宿坊「橋本屋」で、山菜料理を食した。
山菜料理に2400円を出すのは、馬鹿馬鹿しいが、これもご利益のためです。

3. 吉野・黒滝温泉のぼたん鍋
 大峰山に近い黒滝温泉の宿の、ぼたん鍋(イノシシ鍋)は、臭みもなく、軟らかいが、野生のイノシシ肉だった。
山菜釜飯には、小さいマツタケの破片が入りリッチな気分になった。

(室生寺の山菜料理  黒滝温泉のぼたん鍋)


帰宅して、「これからは、美食にのみ金を使う」と宣言したが、意味ない戯言と無視されるのには困ったものだ。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-20 19:11 | 趣味(グルメ) | Comments(2)


京都・奈良の紅葉

11/16-19 京都「国宝展」にあわせて、学生時代の友人3人で京都・奈良の紅葉を愛でました。

(南禅寺参道の紅葉)


京都の紅葉の名所は数多いが、観光真っ盛りの大混雑なので、入山料無料の南禅寺だけにした。

奈良は郊外の、室生寺、長谷寺、談山神社の紅葉と、曾木高原のススキで秋を堪能できました。

寺社も、伝教を忘れてこれをチャンスとの銭の亡者、商売っ気で溢れ、特別拝観を加えて1000円~1500円とは悪戯だ。

(室生寺の山門と紅葉    霧の長谷寺大舞台)
 

(談山神社の紅葉ライトアップ  曾木高原のススキ原の夕日)
 

4カ所も巡ったので何処がどうだったか忘れ、ボケの初期症状です。

桜井の空き家の実家を本拠地にしたので、解体されるまでに、来るかと別れました。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-19 20:11 | | Comments(0)


京都国立博物館「国宝展」

11/17 楽しみにしていた京都国立博物館「国宝展」に、学生時代の友人と行きました。

開館120周年特別展覧会で、縄文から近世に至る選りすぐった日本の国宝200点が集結されるのが凄い。

歴史の教科書にあった頼朝肖像画、縄文土偶、雪舟水墨画、油滴天目茶碗、源氏物語絵巻など写真で知るイメージとは異なり、迫力があり素晴らしい。

(尾形光琳”竹虎図”のキャラクター「トラりん」も登場)
("茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりなることと知るべし"利休百首)
 

会場は大混雑で、オバサンパワーのバーゲン会場と同じのなかを、一つ一つ冥途の土産にと鑑賞した。

あまりにも数が多すぎて、何を見たか殆んど覚えておらず、ボケの初期症状です。

茶を点てながら芸術、仏教の話のできる、小生の仲間では稀有な友人です。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-19 17:59 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


回転寿司のイクラ軍艦の”いくら”は、本物か人工か

11/15 かっぱ寿司に、“本物いくら”か“人工いくら”かを、確認に行きました。

先日、山仲間と飲んだ時にMMが、「回転すしのイクラは、人工だ!常識ですよ。」と言われて、「俺の舌は肥えている。本物だ!」と言い張った。

 

パソコンで調べると、本物いくらは;① 熱湯をかけると白く色が変わる ② 中の目玉が動かない

イクラ軍艦巻き(100円)を注文して、じっくり調べた。

湯をかけたところ白く色が変わらず、目玉が常に上を向くので、人工物だと解り、よくできているのに驚いた。

それにしても、形、味とも本物で、これもカニカマと同じく、日本の技術だと感心した。

100円寿司と馬鹿にするのもいるが、我が身には十分で、この10年停まった寿司を食べたことがない。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-15 19:33 | 趣味(グルメ) | Comments(4)


新しいロッキングチェア

11/15 注文していたロッキングチェアが届いたと連絡があり、早退した。

既にチーク材の1脚はあるが、テレビとうたた寝に家内が座るため、遠慮しながら使っていた。

仕事がクビになったら、朝からチェアの奪い合いになるので、手配した。

ユラユラ揺れるのが気持ち良く、ビールを飲みながら寛ぐのに最適で、ソファーより優れる。

小振りだが洒落たデザインの注文品なので、直ぐに死なずに暫らく使いたい気分になるのが不思議。

呆けて垂れ流しになったら、縛られて冷たい折りたたみ椅子に座らされるかと、心配です。

独身寮時代に、同期のKDがロッキングチェアを、部屋に置いて優雅に過ごしていたのを思い出す。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-15 15:45 | その他 | Comments(0)


孫の七五三宮参り「水天宮」

11/11 「水天宮」での孫の七五三宮参りをして、人形町「今半」で、黒毛和牛のすき焼きを食しました。

3歳の孫、息子夫婦、両家の爺婆で、久し振りに顔を合わせた。

家内から「余計なことを話すので、口にチャックを!」と釘を刺されていたが、サービス精神が出て喋ってしまった。

(抱っこすると泣くので、ツーショットは撮れず)


相手のジジは、日本酒が好きな控えめな紳士で、穏やかにゆっくり飲み、また、安くなく抑えたので、乱れた姿を見せずに済んだ。

製紙会社のOBなので、10年前に調べた製紙の省エネ技術を話したが、いい加減だと知りながら、相槌を打ってくれるのが偉い。

鬼のババも、孫を見るだけでエビス顔で穏やかになるのが、不思議です。

ババ、子供達には期待できず、孫のほうが無駄がないので、遺産は全て孫に譲る遺言状を書くかと考えた。

幸せに育って欲しく、成人式は無理だが、次の七五三までは、生き永らえましょうと別れました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-11 16:47 | その他 | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30