根府川ライフ


<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧



初夏の味“焼タケノコ”

4/29 根府川の畑で、初夏の味覚 “焼タケノコ” を食べました。

JR根府川駅から畑までの山道に竹林があり、竹の子を採るのを毎年の楽しみだが、今年初めて1本見付けた。

持ち主不明の野生の竹林なので、遠慮する必要はないが、キョロキョロしながら蹴って折った。



気候が良くなり、雑草の成長がものすごく、ひたすら草抜きをした。

昼飯に、焚火の中に放り込んで “焼タケノコ” を作った。
海を眺め、ビールを飲みながら、アツアツのタケノコを食べるのは、野性味があってよい。

“お焦げを食べると、癌になる”との話もあるが、老人には意味もなく、黒くなった炭まで食べた。

一本食べたので、お腹がパンパンになり、気持ち悪くなりました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-29 16:29 | 根府川とミカン | Comments(0)


回転すし“かっぱ寿司”と過保護社会

4/28 戸塚の “かっぱ寿司”で家内と食事をしました。

魚貝は大好きだが、スーパー、魚屋での刺身は、1パック1000-2000円で高く、1皿100円の回転すしの方が、コストパーフォーマンスが良い。

このため、この10年は動いていない寿司を食べたことがない。



小生の子供の頃は外食が珍しかったたが、子供連れの若い家族が多く、贅沢になったのも時代の流れです。

時代の流れと言えば、電通の過労死で働き過ぎが“悪”となり、残業規制が厳しくなったが、弱者基準の甘やかし風潮に、疑問の声が上がらないのが不思議だ。

7年前に岡山の工事現場に1ヶ月応援に行ったときに、早出、深残、休日出勤で140時間残業をした。
この時の過分な給与に家内は大喜びで、「工事の出張は無いのか」と言われ続けている。

サービス残業強いは困るが、自由残業で給与が多いのを望むのも多い筈で、多様な選択肢があるべきだ。

一人当たり生産性が、G7で最低、OECDで22位だそうで、怠け者日本の将来を憂う。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-28 19:09 | 趣味(グルメ) | Comments(0)


前立腺手術の定期検査

4/26 済生会横浜東部病院で、7年前にした前立腺手術の定期健診をしました。

経過は順調でPSA値が0.06(基準:4以下)と安定して低く、次回の検査は、1年後の4/26で良いとの診断だった。



若い看護婦から、「来年なので、忘れないで下さいね。」と言われ、「ボケているので覚えられない。それより、生きているかが問題だ。」と答えた。

PSA以外の血液検査結果も、全て良好で、短命遺伝子が突然変異して、呆けながら長生きしそうなのが、更に問題です。

病院内は、老人ばかりの大混雑で、予約していても1.5時間待ちした。

時間給契約の立場では、“時は金なり”で、「900円の割り込み診察システム」を提案したい。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-26 21:30 | その他 | Comments(3)


倉敷の ”しゃぶしゃぶ食べ放題 65歳以上 980円”

4/19 倉敷のJ社工場に、2年ぶりの出張(日帰り)がありました。

経済活動と観光は活発なようで、指定席が取れず、新幹線を早めた。

早く着き過ぎたので、岡山城、後楽園に30年ぶりに行き、時間をつぶした。
後楽園には、郭沫若が寄贈した丹頂鶴がいたが、鶴6羽とも平成生まれで、”鶴は千年” は嘘だ。

(岡山駅前の桃太郎、   岡山城は烏城の黒さが無くなった)


倉敷駅前で、「しゃぶしゃぶ食べ放題1500円(65歳以上980円)”温野菜”」を見付けて、1時間で肉9皿、野菜2皿を、欲だけで平らげた。

仕事前だが、つい、生ビールも注文してしまった。

満腹とアルコールで、打合せ中に居眠りしては不味いので、無理して意味ない発言をした。

同年代の老人が食べ放題を注文していたが、肉の追加は2皿程度で、ビールを主体に飲酒しており、岡山の年金生活は品よく優雅です。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-19 23:58 | | Comments(4)


生麦の立飲み居酒屋“大番”

4/17 生麦の立飲み居酒屋 “大番” で、一人静かに飲みました。

家内が法事のために岡山に行き、不在で、久し振りに息抜きができた。

(若い労働者が多い、 金目鯛、いかなご、マグロ中落は美味)


25年前のMエンジ社時代に頻繁に行った店で、当時ウロウロしていた小学生が立派な店主となっているのを見て、嬉しかった。

料理が一品200~400円程度だった頃に、一番高い箱ウニ600円を注文して、周りから羨ましそうに注目されたのを思い出す。

立飲み屋は、客がいくら増えても、譲り合いをして、席をあける連帯感が好ましい。

マグロ中落など刺身3品、大番汁を食し、生ビール1杯、日本酒3杯を飲んで、2500円なのは魚市場のある生麦だからです。

ハイピッチで飲んだので気持ち良く酔い、実に良き夕食でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-17 20:53 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


静岡・竜爪山(薬師岳 1051m、文殊岳1041m)の縦走

4/14 春のポカポカ陽気の中を、” F山の会“13人で、静岡の竜爪山(薬師岳 1051m、文殊岳1041m)の縦走しました。

6時半に新橋に集合し、マイクロバスでの都内、高速、麓の町は、満開の桜が美しく、車窓から花見ができた。

(桜と登頂した文殊岳を望む  茶畑も美しい)


穂積神社(700m)からスタートし、樹齢700年のある杉林の登山道は急斜面に長い鉄製階段が続き、短時間で登れた。

(清水、三保の松原を見下ろす山頂)


文殊岳山頂からは、富士山、三保の松原、清水港が、春霞でぼんやり見えるのが春らしくて良い。

茶所らしく一面の茶畑を眺めながら、安倍川まで快調に下山できた。

4.5時間の行程だったが、それなりに疲れて、滝の谷温泉に気持ち良く浸かった。

帰りのバスの中では、いかなごの釘煮、干し大根漬などをつまみに、賑やかな反省会は楽しい。

” F山の会“は20年を迎え、昔は夜行日帰りの厳しいスケジュールだったが、体力も体型も退化し、安易な行程になった。

それでも、口だけは進化し続けているのが不思議。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-14 23:04 | | Comments(2)


「100歳までボケない101のレシピ」

4/8 雨で行く所も無いので、本棚の片付けをしました。

自分の本には未練があるので、家内、子供の本を捨てることにした。

「100歳までボケない101のレシピ」を見付けた。

ボケたあとに、“ボケない料理”を作っても意味ないので、放棄されたみたい・・

(右:5日間で満開になった根部川駅前の桜)


脳を刺激させて、ボケを遅らせる方法は;
1. 歩く:足が衰えるのが、一番悪い ⇒ 努力中
2. 話す:色々な人と話す ⇒ 初めての人と話すのが嫌い
3. 脳を使う:マンネリにならず、好奇心を持つ ⇒ 努力中
4. 食事:肉、魚、野菜など諸説 ⇒ 好きなものを食べるだけ

「ボケは、遺伝子と異常な長寿が原因で、動物学的には当たり前で、早く死ぬのが一番良い」が、1日熟考した結論です。

4/9 夏野菜の苗の植付けに根府川の畑に行ったが、雨は止まず無駄した1日でした。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-09 17:49 | その他 | Comments(4)


東京の桜の開花が早いわけ

4/4 根府川のミカンに収穫後の肥料をやりました。

感謝を込めて” 礼肥”と呼ぶのが良い。雑草に施肥しても無駄なので、草抜きするのが大変で疲れた。

桜の名所小田原城に行くつもりで早目に切り上げたが、根府川駅前の桜は、まだ1分咲きだった。(右)

東京、埼玉は満開なのに、温暖な小田原の開花が遅いのが不思議で、netで調べた。

各説はあるが、”桜は冬眠し、冬が寒く、春分からの累積温度差が大きいほど、ショックが大きく目覚めて早く咲く”が、正しそうです。

目黒川の桜は、川沿いで、東京でも冬の温度が低いので早く咲く、と言ったMDの知見は正しい。

西行は、桜が好きで、山家集・春の章173首のうち103首が桜の和歌で、世俗を捨てても素直なところに育ちの良さがある。

「春風の花を散らすと見る夢は覚めても胸のさわぐなりけり」(西行)


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-04 19:34 | 根府川とミカン | Comments(2)


目黒川の花見

3/31 目黒川の花見に合わせて、“21会”に7人が集いました。

横浜は1分咲きなのに、中目黒は満開の桜が見事で、雨でも川沿いは若者であふれていた。



人気ブランドエリアらしく、酒盛り禁止で品の良いのが良く、東京一番の花見の名所になった。

幹事MDのお陰で、毎年花見するのが、楽しみになり嬉しい。

珍しく仕事で1時間遅れ、飲む量を合わすためにピッチを上げたので、却って酔った。

① 成人した孫を見たい
② あと2年で金婚式だ
③ 人間ドック検査した
④ 自宅改修するなど、
皆、現世に未練があり、長生きしそうです。

旧M社の企業合併から翌日(4/1) で18年になると知り、 苦労し、恨みがあるのが多いだろうが、全て”恩讐の彼方”だ。

昔のことをグチグチ言われ続けるのは一致して、家内を、”青の洞門 (大分)” に連れていくかと、放尿しながら考えた。

(トイレに”青の洞門” の写真があり、FSによるとイタリアにもある。)

[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-01 03:22 | 仲間、飲み会 | Comments(3)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akiotakahashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30