根府川ライフ


<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧



高齢者医療費制度の見直し

11/30 横浜MM21ランドマークタワーにある京料理”美濃吉”で、家内と昼に食事をしました。

”美濃吉会員”なので、毎月ビール券を送ってくれるが、11月は結婚記念月のプレゼントがあるので、もらいに行った。

(ビールとワインは無料、 MM21の巨大クリスマスツリー)


結婚記念日など思い出したくもないが、40年以上も良く我慢できたのも、”子はかすがい”とはよく言ったものです。

考えると夫婦健康が条件の金婚式50年は、今の世でも難しそうで、両親も49年だった。

高齢者高額医療費制度の見直し反対と民進党が騒いでいるが、年寄りの無駄な治療、暇潰しの通院、生活保護の高額医療などを止めさせ、効率的で公平な医療、また、真面目な弱者に配慮すべきです。

健康寿命が尽きて呆けたら、自然治癒の医療で充分で、小生は1年も経たずに治療は不要になる。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-30 20:33 | その他 | Comments(2)


御殿場アウトレットモールと”えびせんの里”

11/27 御殿場アウトレットモールに家内サービスで出掛けました。

”大かまど寅福”の食事、”フォション”の紅茶と御殿場IC近くにある”えびせんの里”での買い物だけしか興味はなく、付き合いの衣服店、雑物店では不快な顔をしてついて歩いた。

(天気だったら富士山が見えるが・・、  試食放題のえびせん屋)
 

「一緒にいると落ち着いて買い物が出来ないので、友人と行く方が良い。」と言ってくれ、これが最後かとニンマリした。

相変わらず中国人買い物客が多く、中国も豊かになり中間層でだけでも億単位の人口になってきたので、良きお客様です。

“えびせんの里”は、えびせん試食が自由なので頑張ったが、食事で栗ご飯が食べ放題で、3杯も食べ満腹だったので、あまり試食できなかったのが残念。

日曜日でも、東名高速は快調で、往復とも1時間チョイの楽なドライブでした。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-27 15:01 | | Comments(0)


焚火と焼き芋

11/26 根府川の畑で焼き芋を作りました。

畑仲間のNTさんから、玉ネギの苗を準備したとの連絡をいただき、畑に出掛けた。

畑を掘り返していたら、猿に苗の時に抜かれたサツマイモが健気に育ってくれて、5ケ収穫できた。

 

石灰、肥料を混ぜて畝を作り、玉ネギの苗150本を植えたが、しゃがんだ作業だったので、腰が痛くなり体力の衰えを実感する。

子供の頃に、父が、焚火の後にサツマイモを入れて焼き芋を作っていたのを思い出した。
家内を喜ばすかと、焚火をして、濡らした新聞紙にサツマイモを包んで火の底に入れ、1時間ほどして取り出した。

火を見ていると原始の血が騒ぎ楽しく、石器時代のストレスのない家庭・狩猟生活を思い浮かべた。

家内から、甘くて美味しいと、久し振りに褒められ、来年は大掛かりに育てるかと、目論みました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-26 20:27 | 根府川とミカン | Comments(0)


小田原“白秋童謡館”と豊中高校の校歌

11/23 小田原の“白秋童謡館”に立ち寄りました。

日曜日に根府川の畑仕事をしたが、酔っ払って新しい眼鏡が行方不明になり、見付かるまで帰ってくるなと言われて家を出た。

草抜きしながら探したが見つからず、帰り辛くて寄り道した。

北原白秋が、33歳から8年間小田原で過ごした邸宅(大正13年築)が、“白秋童謡館”として公開されている。

 

「砂山」「からたちの花」「城ヶ島の雨」「ペチカ」「待ちぼうけ」「この道」も小田原で作詞したお気に入りの地だった。

大阪府立豊中高校に1年間在籍したが、ゴールデンコンビ 作詞:北原白秋、作曲:山田耕作の校歌だった。

また、M社新入社員で同期32人のうち、7人が倉敷の工場に配属され、OM、UDが同じ豊高だったのに縁の深さがある。両氏とも既に黄泉の国で、呼んでくれているが、遠慮している。

「質実剛健、これ我が精神」、「勤倹尚武、これ我が信念」と、格調の高い歌詞だったが、この精神、信念で、生きてくれば良かったと、反省しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-23 16:53 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)


MM21 M社ビル前の子連れ慰安婦像

11/18 MM21 M社ビル前広場に子連れの慰安婦像がある。

韓国では、朴大統領の知人との不正蓄財、祈祷政治、裏口入学など、大騒ぎしている。

権力を持ったら身内同士で徹底的に利用する、過去を忘れて都合よく騒ぎ立てる、約束を守らないなど、朝鮮人、朝鮮社会の体質を具現している。儒教の精神は何処に行ったか。

(海を見る女性像、   軍慰安婦募集チラシ, 月300円以上は破格)


日本軍に拉致されて慰安婦にされたと騒いでいるが、貧しい両親が娘を慰安所送り、金を稼いだのが実態だ。本当に拉致されたか、慰安婦一人一人を調べると良い。

Sexual slaveでなく、Business comfort womanが適切だ。

そもそも芸をする売春婦・妓生(キーセン)が朝鮮の伝統文化で、朝鮮王朝は貢物として明国、清国に美女を選んで献上した。

貧しかった国、親を恨むのが筋で、不正蓄財ができるなら、その金を慰安婦に回して国内で処理せよ。

像をよく見ると、横浜港を見る日本女性でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-21 21:02 | その他 | Comments(2)


酒のもつ鍋

11/20 根府川に行くのに、珍しく”もつ鍋セット”を持たせてくれ、畑仕事の後に、食しました。

水道がないので、ペットボトルで水を運んで貯めており、水を入れてコンロにかけた。

モツを入れて食べたところ、ピリピリして薬の臭いがした。毒を盛られたか、賞味期限切れで発酵したかと思ったが、面倒なので食べた。

(根府川駅の朝日に光る海、  もつ鍋)


ビールの次に、焼酎を飲もうとボトルを探して、水と思って入れたのが焼酎で、安い25%焼酎なのでピリピリするのだと気付いた。

独身時代に、ODさんの社宅に招かれて、”酒寄せ鍋(出し汁でなく日本酒)”を度々ご馳走になり美味しかったのを懐かしく思い出した。

沸騰させたとはいえアルコール分は残っているので、酔っ払って午後からは昼寝をして過ごした。

毒のほうが、社会に迷惑をかけることがないかとも思いながら、帰りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-20 18:02 | 根府川とミカン | Comments(2)


座り読み自由の本屋

11/17 勤務先ビルの隣に、古本と新本を売る大型TSUTAYAがあり、昼休みに行った。

何時も利用する中古Book-offは2階、新本の売り場は1階で、Starbucksコーヒー店(100席)が同居している。

窓際にも60席ほどあり、コーヒーを飲みながらパソコンで仕事をし、会話し、本を読んで大賑わいです。

ここは、新本を座席に持ち込んで読めるシステム(座り読み)。

昔の本屋は、立ち読みすると、ハタキで埃を払っていたものだが、大らかになった社会の変貌です。

売れ残りは返品するので損はなく、客が増えれば売れる機会が増えるので、客寄せのアイディアが、今の商売の鉄則になっている。

クビになったら、敬老パスで桜木町まで出掛けて、水を飲みながら新しい本を読むのも、選択肢かと考えた。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-18 06:43 | Comments(3)


国立科学博物館「ラスコー展、クロマニョン人の洞窟壁画」

11/13 上野の国立科学博物館の” 「世界遺産 ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画」に出掛けました。

フランスのラスコー洞窟壁画は聞いてはいたが、総延長200mの洞窟に、高さ3m*幅8mの大型壁画がいくつもあると初めて知った。

実物大の凸凹のある洞窟レプリカに、躍動感ある大きな牛、馬、鹿が彩色で描かれ、2万年前のクロマニヨン人の豊かな創造性、芸術的センスは素晴らしい。

(迫力の彩色バッファロー、1940年発見当時はもっと色鮮やか)


何の目的で、暗黒の洞窟でランプを使って描いたのか不思議だが、これこそが、人類ならではの創造性、芸術性です。

細かい彫りをした鹿角の道具なども多く展示され、2万年前の芸術レベルの高さに驚いた。

科学博物館は老人無料だと免許証を見せたが、特別展は有料1600円だった。
仕方ないので、常設展を含めて、3時間もウロウロした。

15m球の内側すべてがスクリーンの”シアター360"「138億年前の地球の歴史」も面白い。

銀杏を拾うかとゴム手袋を持参したが、イチョウは未だ緑で残念。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-13 18:49 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)


独身寮時代の友人との懇親

11/9 M社倉敷工場の独身寮で親しかったNM,SKさんと15年ぶりに横浜で懇親しました。

・飲酒運転で八間川に落ちた
・酔っぱらって病院に運ばれても看護婦の尻を触った
・寮で飼っていた雷魚に咬まれた
・寮の2階から飛び降りた
など、面白い住人ばかりだった。

そんな滅茶な生活をしながらクビにもならなかったのも、良き時代だった。

当時のメンバーで、黄泉の国にいる先輩・同期・後輩の4人は、酒飲みでも穏やかな人格者だったのが残念至極。

昔の思い出話だけでなく、膀胱癌、葬式の様式、介護、米国トランプ勝利など、話題も高級でそれなりの歳になったのが解る。

関東県在住の当時の仲間との懇親会も面白いかとの話になり、SKが代表幹事、小生が小間使いで10人位でやろうと決めたので、どのように計画するかが楽しみです。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-09 22:49 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


“3つの忘れ“ のボケ進行

11/6 熱海駅に忘れ物を受け取りに行きました。

先日、東海道線・横浜で乗り換え、京都に向かう新横浜駅で、リュックがないのに気付いた。

戸塚6時頃の宇都宮行きで置き忘れたとの手続きをして、新幹線に乗った。

JR忘れ物センターに電話すると、宇都宮には無かったが、電車が戻る熱海駅で見付かったと教えてくれた。(右:伊豆急の豪華特急のクレイル)

リュックの中は、手帳、携帯、デジカメ、缶ビールだけで金目のものはないが、手帳の㊙、携帯の電話帳は、金で買えない貴重品で助かった。

老化(ボケ)の進行は“3つの忘れ“で解ると考えた。
① 記憶忘れ(記憶力の衰え)・・・・既に重篤
② 持ち忘れ(財布、携帯など)・・・頻繁
③ 置き忘れ ・・・・・・・・・・・あまり無かった

去年も、岡山でリュックを、また、京都でタクシーの中に財布を置き忘れて、ボケ3条件が完全に揃ってしまった。

置き忘れは、一つだけに集中するのに起因し、気を遣って家内のキャリーバックを運ぶことだけしか考えなかった。

「お前のせいで忘れた。」と怒ったが、少し無理があったかも。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-11-06 20:29 | その他 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31