根府川ライフ


<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧



ハヤトウリ(隼人瓜)の収穫

10/29 根府川の畑で、ハヤトウリ(隼人瓜)を収穫した。

今年も、カボチャ、メロン、スイカを植えたが、猿に盗られ、小さいカボチャが2個だけの収穫だった。

今は、隼人瓜が畑の裏の斜面まで広がる大成長で、実がいっぱい成るので千成瓜とも呼ばれる通り、大量に実が付き始めた。

(1本でこれだけ広がる隼人瓜、  冬瓜と隼人瓜)


先週、大きいトウガン(冬瓜)を3ケ持ち帰ったが、「誰が食べるのよ。もう持って帰るな!」と嫌がられ、また、同じ様な瓜では、更に不評を買うので、小屋に置いて帰った。

猿も食べない隼人瓜でも、浅漬けにすると、歯ごたえと、アッサリ感が美味しく、また、炒め、吸い物が良いのに残念です。

なぜ、毎日、気を遣って、遠慮して生きねばならないかと、静かに怒りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-29 20:01 | 根府川とミカン | Comments(2)


電気小売り事業の自由化

10/28 ”ENEOSでんき”から、10月分の電力使用量の連絡がきた。

今年の4月から電気小売り事業が面自由化され、東ガス、ENEOS、東急、丸紅、auなど50社が参入した。

送電線、電気メーターの負担システムを含めると、電力会社に損なシステムと思うが、時代の流れです。

電気代が安くなるのを期待して、ENEOSに申し込み、半年過ぎた。


電気料金(去年/今年)は、6月:2.9万円/1.6万円、8月:2.3万円/1.9万円、10月:2.1万円/1.4万円と、3割程安くなった。

老人家庭の電気料金は8000円程度だと聞いているが、広い家でもなく、オール電化住宅でもないのに、電気使用量が多過ぎる。

テレビ/エアコン点けっ放し、冷蔵庫2台、LED照明なしが主原因だが、ケチでも節約をしないのが暮らしているのが問題。

エネルギー企業にいた省エネのプロが一人頑張っても、駄目だとの良き事例です。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-28 21:48 | エネルギーと環境 | Comments(3)


東丹沢 “仏果山、高取山” の登山

10/22 みどりの会仲間と東丹沢の“仏果山(747m)、高取山(705m)”に、久し振りの登山をしました。

直前の山ヒルが多いとの情報で、血の美味しい若い4人が止めて、不味く無神経な5人が集まった。

快晴ではなかったが、初秋らしい山道で、宮ケ瀬湖の眺望も美しく、良き山歩きでした。

室町時代からの信仰の山らしく、仏果上人が座禅修行した仏果山、お経を奉納した経ヶ岳などの名前が、歴史を伝える。



下山して本厚木に着いたのが、2時半で、駅前の海鮮居酒屋で〆た。

韓国中国への戦争責任、高齢化村落、不正経理問題など、知的な話が弾むのが良い。

居酒屋は24時間営業で、昼間から若い客が多いのに驚き、こんな怠惰な若者頼りの日本の年金は、大丈夫かと心配した。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-22 19:17 | | Comments(2)


NHK “ためしてガッテン”「快尿!おしっこトラブル」

10/19  NHK “ためしてガッテン”のテーマは、「快尿!おしっこトラブル」だった。

頻尿・尿漏れ・残尿感の三大不快尿の原因は、老化で膀胱に弾力性が無くなることによる。

そこで、お尻の穴を絞める “快尿体操、骨盤底筋肉体操”を5秒間、一日20回すると改善される。

旭川の老人施設で、3カ月の体操で夢のように良くなり、トイレが心配でバス旅行を止めることもなくなったと体験話をしていた。

早速、布団で快尿体操をしながら眠りにつき、仕事をしながら、穴を絞めを繰り返した。

また、小便を我慢して、トイレに行き回数を減らす“膀胱訓練”をすると、膀胱に溜まる尿の量が増える。

尿意を催したらすぐに出し、1時間に1~2回はトイレに行っていたが、足踏みしながら我慢し、仕事どころではなかったものの、3回だけで済ました。

規定の4倍以上の時間で訓練を始めたので、来週には効果が表れるかと期待している。

なお、NHK調査では、2000人の排尿平均時間は20秒 (60歳台:25秒、30歳以下:17秒)だそうで、測定すると22秒だった。まだ若い!
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-20 20:15 | その他 | Comments(2)


M社横浜地区同期会(mini43会)

10/12 M社横浜地区同期会(mini43会)に、8人も集まり、にぎやかでした。

今回、大宮から参加したIBは、横浜に30年振りに来たそうで、横浜も変わったと言う未開人がいるのには驚いた。



知的メンバーなので、エネルギー、株式、葬式、ブドウの品種改良など、多岐な話題が面白い。

同期のUDが逝ったのを偲び、同期仲間も平均年齢では、後10年で1/3 減る。

皆、俺はすぐに死ぬと言っているが、苦労のない気儘なメンバーでは、まだまだ、20年以上の付き合いが要りそうで、日本の将来に問題。

KBさんは、面倒なので定期健康診断を受けないそうだが、呆けて、寝たきり長寿で終わるかと心配し、ピンコロの巣鴨地蔵がお勧めです。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-12 22:12 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


コンニャクイモの調理(その2)

10/10 早朝、昨日収穫したコンニャクイモを茹でて、コンニャクを作りました。

コンニャクを固めるのに炭酸ナトリウムが必要だが、重曹(炭酸水素ナトリウム)を熱湯で混ぜれば生成するのを知り、30年前の料理用ふくらし粉があったので材料は揃った。

コンニャクの作り方の処方に従い、イモの皮をむき、角切りし、茹で、ミキサーで湯と混ぜ、重曹を入れた。



型に入れ冷やし、切って茹でると出来上がりだが、先ずはプーンですくって茹でてみた。

色は少し薄いが、刺身コンニャクのような歯触で美味しく、朝からワインと一緒に賞味して大成功。

大量に作ったので、しばらくは、コンニャク料理ばかりかと、不安になります。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-10 08:25 | 根府川とミカン | Comments(3)


コンニャクイモの収穫(その1)

10/9 雨の中を根府川のミカン畑で畑仕事をしました。

朝、晴天だったので、久し振りに出掛けたが、根府川駅から少し歩いたところで、激しく雨が降り始めた。ずぶ濡れで畑に着いて、濡れついでに草抜きと畑仕事をした。

ミカンは青いが、これから甘みを蓄え、色付くのが、楽しみです。



畑に収穫できる野菜はないが、よく見るとコンニャクイモの葉が枯れているのに気付き、掘り返すと大きなイモの塊が出てきた。

家内に「コンニャクを作ってくれ」と頼んだが、「何で面倒なものを持ち帰るか」と罵られ、全くやる気がない。

コンニャクの作り方をネットで調べ、炭酸ナトリウムが固めるのに要ることが解り、可なり面倒そう。

“男子厨房に入らず”が家訓で、父が台所に立つのを見たことがなかったが、家訓より家内の方が強いのに、先祖が泣いている。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-09 18:27 | 根府川とミカン | Comments(0)


Nエネルギー経済研究所のOB懇親会

10/7 Nエネルギー経済研究所のOB懇親会(at 勝鬨橋、出席60人・会員1100人)に初めて出席しました。

人事から「経産省の関連法人で、定年は無いみたいなもので、気楽ですよ。」と言われて出向したが、60歳、3年在籍でクビになった。

年に2回は、エネルギー政策調査と称して、北欧、オランダ、ベルギー、ドイツ、オセアニアのなどの美術館巡りをし、また、インド、インドネシアのスラム街にも行け、もっと居たかった。

(勝鬨も高層商業施設が建ち様変わり、元M社SMさん右、同期IB左)
 

中国語が得意(嘘!ラジオ講座初級)と言ったので、中国担当となり、再生可能エネルギー調査に12回行き、特に酒泉,敦煌,玉門関など西域への、2週間の無電化村バスツアーは、印象深い。

広東省で、"豚の糞尿からメタンガスを発生させ、水素に改質し、燃料電池で発電する実証プロジェクト"に加わったが、設備とノウハウを無償提供するNEDOは、お人好しで国税の無駄遣い。

「世界一のエネルギー研究所に認定された。」との理事長の挨拶があり、本当かと疑った。

また、「原発反対は、年配者に多いが、学生は、現実的で容認している。」との、TI顧問・大学教授の講演があり、これも本当かと疑った。

現役の女性研究員から、「料理では、寿司に一番金をかけています。」と聞き、寿司を主体に食べた選択に、経済研究員だった片鱗が残る。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-08 02:49 | その他 | Comments(2)


吉川英治”親鸞“

10/5 通勤の横浜市営地下鉄MM線では、ほぼ座れるので、本を26分読めるようになり、“親鸞(吉川英治)”を読み終えた。

吉川英治は両親が好きで本棚に並べてあったので、高校時代に受験勉強しているふりをして、“宮本武蔵”を読んだのが懐かしい。

宮本武蔵のお通や、親鸞の玉日姫との愛など、創作を加えた筋書きが面白く、吉川英治の史実に基づく執筆に驚く。

 

小学校卒ながら歴史の造詣が深く、パソコンもない時代に、どんな勉強をしたか不思議で、整理の名人、且つ、記憶力抜群の天才だった。

今の作家はパソコンで検索すれば、何でも書けるが、昔の詩人、作家、坊主、思想家の頭脳は、凄かった。

独身寮時代に週刊朝日別冊”新平家物語(全12巻, 290円)”を買ったが、毎晩飲むのに忙しくて、読まずに忘れていた。紙が変色し、活字が小さくて読み辛いが、暇に任せて読破するか思案中。

夕飯でビールを飲み、食後はすぐ寝るので、通勤でしか読まない習性です。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-06 05:29 | その他 | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30