根府川ライフ


<   2016年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧



「ひまりちゃんに心臓移植を! 2億9500万円」

8/29 桜木町駅前でピンクのシャツを着た30人ほどが、「ひまりちゃんに心臓移植を、2億9500万円」の募金活動をやっていた。

可愛い写真で、この赤ちゃんならと、珍しく善人になり、500円寄付した。

拡張型心筋症の1歳半の赤ちゃんで、人工補助心臓をつけて今に至っており、赤ちゃんに罪はないのに、可哀そうです。



ご両親の心痛と必死の苦労を思い、また、病院費用が賄えるそれなりに裕福な家庭かと、失礼ながら思いました。

3億円は大金で、1万円の食料、教育、医療費で、3万人の貧困国の子供が救えるのも事実で、どちらが生きた金か悩ましく、両方に寄付するのが良さそうです。

パラリンピックが始まるが、これこそ貧乏国には余裕もなく、浮かれるだけの風潮には、嫌気がさす。金満、福祉国家にした、先人の努力を忘れるなと、若者に言いたい。

平成8年に優生保護法が、母体保護法なったが、優性学の見地は消滅し、人権・母体保護と称した中絶推奨になったのが、嘆かわしい。

先天性の五体不満足の乙武は、子供を3人作り、不倫し精力絶倫だが、劣性遺伝子を持った子孫は苦労する。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-29 19:00 | その他 | Comments(2)


根府川のカボチャの収穫

8/27 雨の根府川で、草抜き、畑仕事をしました。

今年の夏は雨が多く、雑草には一番いい気候で、2週間出掛けないと、草抜きが大変です。

今年は猿との共存を考えて、5種類のカボチャを20株植えて、いっぱい実を生らして、猿が食べきれないように工夫した。

それでも、足らなかったようで、食べ残しもなく、収穫できたのは、草陰に隠れて育った2個だけだった。

来年は、ゴルフ練習場のような大きな網で囲って、育てるかと思案中。

秋冬野菜の種播き、苗植えの時期が近付いており、雨の中を草抜き、耕作をして、疲れ切りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-27 19:10 | 根府川とミカン | Comments(4)


M社大先輩との懇親会

8/25 M社大先輩と横浜の居酒屋“和民”でご一緒しました。

倉敷/仙台の工場、本社でお世話になった先輩方で、それなりの年だが、お元気なのが何よりです。

STさんは、歯を11本抜き息が抜けて話し難いはずだが、絶好調で話しまくり、柔らかいものしか食えないと、焼酎を飲み続ける。

TSさんは、相変わらず穏やかで、公平な調整役の姿は、これもお変わりない。

リオ・オリンピックでは、400mリレーに一番燃えたとの評価だった。小生の推す、女子バスケと卓球は、マイナーで関心もなさそう。

「俺は、早く死にたいよ」とSTさんは言うが、高額年金受給者は、死にたくともミイラで150歳まで生き続けるか、また、呆けて長生きして、奥様に嫌がられそうな雰囲気です。

年金、海外勤務、仕事仲間の消息など、共通の話題が多く話は尽きない。

2次会に誘われたが、すでに限界でお断りしたが、お元気な先輩方で、長寿日本の典型です。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-25 21:22 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


親しき友との蓼科周辺ツアー

8/21-22 学生時代の仲間5人で、蓼科周辺ツアーに出掛けました。

<第1日目 8/21>
甲斐小泉の食堂「自然屋」で、HMと合流してから、入笠山(1955m)に向かった。

(「自然屋」の天ぷら、イワナ刺身定食、  八ヶ岳の遠望)


ゴンドラ(1780m)を降りて馬鹿話で大笑いしていると、案内人から 「初めから、気合が入っていませんネ」と言われ、更に大笑い。

湿原は人工植栽の気配はするが、山野草が咲き乱れ美しく、歩くのが嫌いな写真家KHも、俄然元気になる。



(KHの芸術写真, マツムシソウ)


仲間の中で名を成したのは、元NHK会長のHMだが、世俗から離れて北杜の田舎に移住し、無給で母校の教育改革を支援する姿は、爽やかです。
また、学校が、旅費、学費、生活費を支援し、海外留学をさせて、国際人を育てる取り組みには感心した。

帰ってから、「死んだら遺産の半分を母校に寄付してくれ!」と宣言したが、一蹴された。

<第2日目 8/22>
関東は台風で大雨だったが、長野方面は快晴で、上田・別所温泉の安楽寺・三重塔と常楽寺・北向観音まで遠征した。

鎌倉時代建設の国宝・三重塔は八角の姿が珍しく、杉林の中で優美に立つ。また、北向観音のお清めの手水舎は温泉で暖かく、温泉地らしく面白い。



”お互い元気なうちに、顔を合わせて、飲み、出歩き、遊ぶべし”が、一同の合意でした。

帰ってから、「金は残さず、仲間との付き合いに使いきる!」と宣言したが、これも一蹴された。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-22 20:41 | | Comments(0)


月誕生日を同じとする集まり「21会」

8/19 同期で月誕生21日を同じとする「21会」が中目黒のイタリアン "Oti" であり、4人で盛り上がりました。

先ずは、8/5に逝った同期UDさんに献杯。

奥様が、28年間もの難病との戦いで明るく献身的に、尽くした話に涙が出た。

UDの遺志に従い、葬儀を質素に執った日本婦道の鏡です。

主な話題は、オリンピックで、卓球、女子バドミントン、女子レスリングの頑張りは、一同異論はなかった。

ゴルフについては、MDの「日本のレベルは低く、当然の結果だ。」との話には、ツキ、運もあるかとも思ったが、最近、エイジシュートに4つ足らずに相模CCを回った名手なので説得力はある。

KMが奥様から「男同士で、よく話すことがあるのネ。」と言われたそうで、「Tだけは、寡黙だった。」と伝えてくれと頼んだ。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-19 23:48 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


リオ・オリンピックの中間評価

8/17 横浜MM21の「京料理・美濃吉」で家内と昼を食しました。

ドリンク券が届いたので、ビールを楽しみに行き、オリンピックの話題で穏やかだった。

水泳、体操、柔道、卓球、バドミントンは、成果があったが、メダルは無くても、女子バスケ、男子6人ラグビーは体力差を気力で補いよくやった。



特に、女子卓球の福原は、石川、伊藤を励まし、ダブルスでは伊藤のミスを補い、キャプテンとして実に立派だった。

一方、100m桐生、女子ラグビーは、口だけで真面目さがなく、遊びに来たのかと不快。

今(深夜2時)、女子レスリングを見ているが、伊調を含め3人とも決勝進出を決めたのは、練習の賜物で、後半のオリンピックが楽しみ。

48kg級女子の152cm登坂絵莉なら、いい勝負になりそうで試したく、一度戦ってみたいものです。

深夜の女子卓球応援での睡眠不足とビールの効果で、午後からの仕事は眠たくて、何度もトイレに通い、顔を洗った。今日も心配です。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-18 02:01 | その他 | Comments(2)


お盆の出勤

8/12 お盆で休暇の多い中を出勤しました。

電車はガラガラで、若き頃の石油プラントでは、徹夜工事ばかりだったが、今は工事現場も休業となり時代が変わった。

「次第に進む呆けを考えるとき、これまでのように誤魔化しながら仕事をするのが、難しくなる」と案じている。(天皇陛下の譲位のお気持ちと品格が違う)

「大方、万のしわざは止めて、暇あるこそ、めやすく、あらまほしけれ。(徒然草151段)」の通りで、老人は密やかに暮らすべきだ。

家内からは、「技術を評価されているのよ」、「罪滅ぼしに働き続けよ」と、おだてられ、脅されながらズルズルきている。

同期のUDの訃報があり、残念至極で、穏やかな良き人格者が先に逝く理不尽で不公平な運命を、シミジミ考えました。

「俺も家族葬で密やかにやるのが遺志だ!」と言ったら、「家族葬もなく、火葬場直行よ!」が家族の意思でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-12 21:47 | その他 | Comments(2)


戸塚のタイ・インド料理店

8/8 戸塚のタイ・インド料理「ハローキッチン」で、インド料理を食べました。

戸塚駅で、”タイ・インド料理 開店・生ビール100円”のチラシをもらい、久し振りにタイ料理をと入店した。

タイの春雨サラダ、海老の春雨煮込みを注文したら、今日はインド人シェフなので、インド料理しかできませんと言う。
ムッとしたが、お勧めのインド風サラダと魚の炭火焼きを頼んだ。



開店サービスなのに客はゼロ、店員4人がインド人で、愛想のよいグラマーな女性がいて、ボッタクリかと心配した。

聞くと全員が就業ビザの真面目なネパール人で、ネパールもインドも料理は似ているらしい。

2時間いて客一人で帰り辛かったが、アベックが入ってきたくれたので、清算した。

ビール4杯の会計が、1杯目だけが100円なのにムカッとしたが、1杯分をつけ忘れていたので、ニマッとして帰りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-08 20:30 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


南アルプス・仙丈ケ岳(3033m)登山

8/5-6 穏やかな山容とお花畑の“南アルプスの女王・仙丈ケ岳(3033m)” に ”みどりの会”の仲間8人で登山しました。

<第1日目、8/5>
FIさんの車で芦安温泉9:00到着し、広河原からバス乗り継いで北沢峠を10:00にスタートした。



バス車掌の案内が上手で、炭焼きが盛んなころに、炭焼きの奥さんが毎日11kmの山道を登り食料を届けた婦道話しを、家内に聞かせたかった。

渓流沿いの登山道は、雪渓が残り、お花畑が美しく、気持ちよく登れた。



左膝が不調で心配したが、アリナミン・ツムラ68を飲み、バンテリンを塗って、なんとか14:30に千丈小屋(2985m)にたどり着いた。

山小屋の楽しみは、持ち寄ったアルコール、つまみで山を見ながら歓談することです。飲み食べ過ぎて酔ってしまい、夕食後6時に寝たので、11時に目が覚めて朝まで困った。

<第2日目、8/6>
快晴、微風、雲なしの登山日和で、仙丈ケ岳山頂の360°の大パノラマは、富士山、南・北・中央アルプス、八ヶ岳、秩父、浅間の山々を見渡せる。

(朝日に輝く雲海と八ヶ岳、 千丈小屋裏の藪沢カール)




氷河期に氷河が流れて山が削られ馬蹄形の“カール”は見事で、悠久の地球の歴史を思い浮かべた。(下:大仙丈カール)



仙丈ケ岳~小仙丈ケ岳の稜線道は特に素晴らしい眺めで、日本の1~3位の高さの山(富士山、北岳、間ノ岳)を並んで見られるのは、ここだけです。(左下:富士山は小さいが左から1,2,3位)



若い山ガール、学生の登山者が多いのも好印象で、近くに見える迫力ある甲斐駒ケ岳を見て、体が動くうちにチャレンジするかと考えた。

北沢峠に下山後、芦安温泉で汗を流し、運転者には申し訳ないがビールを飲んで、気持ち良く帰途につきました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-07 16:38 | Comments(2)


横浜ユーラシア文化館「シュリーマン特別展」

8/3 横浜ユーラシア文化館の「特別展ギリシア考古学の父 シュリーマン―初公開!ティリンス遺跡原画の全貌―」に出掛けました。

抒情詩ホメロスの「紀元前12世紀のトロイ戦争」の絵本に感動し、語学の才能を生かして商売で蓄財して、トルコの丘をトロイの地と特定し、40年後に発掘した執念が立派。

味を占めて、エジプト、ギリシャでも掘ったところ、柳の下にドジョウがいて、遺跡を掘り当て大儲けした。



シュリーマンが江戸末期(1865年)に江戸、横浜を訪れたのは初めて知り、色々記録した日記とともに、写真、絵が多く展示されているのが面白い。

ジックリ見たので、帰社が昼休みを大幅に過ぎたが、外で調べものをしたと言って席に戻りました。

日本の神話も嘘ばかりとは言えず、八岐のオロチ、因幡の白ウサギの化石があるかも・・

皇室の御陵は立ち入り禁止だが、宮内庁も宝物が朽ちる前に発掘させて、日本の歴史の検証をしてほしいものです。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-03 22:05 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31