根府川ライフ


<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧



目黒川の花見

3/31 MD主宰の21会を6人で目黒川の桜を愛でてから、懇親しました。

目黒川の桜は満開で素晴らしく、今や東京の桜の名所となった目黒川沿いは大混雑で、外人客も目立つ。



美食の店"Oti"では、政治家の品性、地方の活性化、子供の教育、電気小売など、高度な話題ばかりで、ついて行くのが難しい。

富山、東京の二重を生活するNJ氏の、地方の実態を踏まえた村おこしの努力、補助金のあり方の考えに感心した。

話題は多岐でバラバラだが、桜のBestのタイミングで良かったが、一同の合意。

「花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける(西行)」
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-31 23:19 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


電気小売り事業の申込み

3/30 4月からの電力自由化によるJ社電気の申込み手続きをしました。

J社が電気小売りに参入したので、M社OB会として協力したい案内がきた。

OB会に恩義はなく、J社社員にはノルマがあるかと思い、現役の山仲間KOに紹介者にしようかと連絡した。若い山男も、既に再雇用嘱託で、不要だと返事があった。

電力使用量が少ないとメリットはなく、電力支払いが、月5500円(200kWh)で年間1000円、また、月11,000円(400kWh)で年間1万円ほど安くなる仕組み。



我が家の電力料金を家内に聞くと、2月は3万円(1051kWh)で、オール電化住宅でもなく、今年は灯油暖房にしたのに、3人暮しでも10人家族並みの電気料金に驚き、電気の無駄が多いのに愕然とした。

J社にも恩義はないので、ガス、商社などの電気小売りと比較しても良いが、面倒なので申込むことにした。電力料金を試算すると、年間3.1万円も減るので、家内も大喜び。

年金だけの暮しになったら、蝋燭、水冷蔵、ラジオ、炬燵、団扇の生活に戻すが、便器のウォッシュレットだけは残したい。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-30 20:33 | エネルギーと環境 | Comments(2)


横浜MM21の掃部山公園の花見

3/29 横浜MM21を見下ろす桜の名所の掃部山公園に下見に行きました。
東京の開花宣言(3/21)から1週間だが、寒さのせいか蕾ばかりで1分咲き。

それでも、花見客が2組いて賑やかに宴会をしていた。上司の指示で仕事を早く終わらせた職場の仲間だろうが、嫌々参加する女性も多いかと思った。



一人寂しく桜の蕾を見ながら、タケノコの天ぷら、缶ビールを味わったが、これからの孤独な人生の訓練でもある。

若き頃に、倉敷の独身寮近くの公園で、寮仲間と花見をして大騒ぎし、桜の枝を折って独身寮のバケツに入れたのが懐かしい。

仙台の工場時代には、塩釜神社で夜桜を見ながら飲んだが、防寒着を着ても凍えて、直ぐに塩釜尾島町に移動したのも懐かしい。

明後日(3/31)に、目黒川の桜を愛でてから、同期仲間と飲むことになっているのが、楽しみです。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-29 21:11 | 仲間、飲み会 | Comments(0)


浄土真宗の往生即成仏

3/27 荻窪の兄の家で法事がありました。

浄土真宗の坊さんがきて読経したあと、講話があった。

親鸞の教義は”往生即成仏”で、三途の川を渡っても閻魔大王の裁きもなく、そのまま浄土で仏になる(往生即成仏)と嬉しい話があった。

小生も5年前に、京都西本願寺で帰敬式を受けて“釈明生”の法名をもらい、「南無阿弥陀仏」を唱えれば、悪人でも浄土に行ける(悪人正機)の約束で、極楽浄土への準備は整っている。

ピアスをつけた若い坊さんだが、読経が上手なので、「声が良いのに感心しました。カラオケでマイクを独り占めですか。」とつい言ってしまい、座が白けヒンシュクを買った。

一族が仲良くするのも教義なので、精進落としでは座を盛り上げようと酒も入り、喋り続けたので疲れました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-28 20:57 | その他 | Comments(0)


旧M社の技術仲間の送別会

3/22 旧M社の技術仲間FT氏が、岡山に移住するので、桜木町“七福”で送別会をしました。

後輩だが2兆円の予算を操る政府出資の旧公団の副理事長になり、元いた会社の社長に頭を下げさせる立場に5年もいたのだから、立派なものです。

田舎に落ち着いて暮らせる性格ではないが、気楽に余生を送る生き方に感心し、それに合意する奥様もそれ以上にご立派。

FTはいくら飲んでも酔わない酒豪、同期のKMも胃を切ったものの九州男児の底なしなので、飲み負けないように頑張ったが、とても敵わない。

工場(岡山)、本社(東京)、海外業務(バンコク、韓国)の若き頃の話に盛り上がり、楽しき夜でした。

この歳では、これが今生の別れかとも考えて、来世での再会を祈念して乾杯しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-22 22:41 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


学生時代の友人FMの絵の展覧会

3/19 学生時代の茶道仲間 FMが出品する絵の展覧会に、京橋の“ギャラリーくぼた” へ出かけました。

FMは、電子工学専攻*だが、コンピューター、メーカーでなくS銀行に就職し、T情報システム社の設立とともに異動した優秀で才能ある人物。
(* 昭和30年代後半の電子工学は人気学科で、真面目で優秀なのが集まった)

(作品の前で、    FMの3作品:裸婦、静物、自画像)
 

小生がM社で係長レベル(30代)の頃には既に部長職で、赤坂で集まりがあったときに、可愛い秘書と嬉しそうに社用車で同伴し、銀座でご馳走になったのが懐かしい。

一部上場企業に育て、若くして常務になり社長も直ぐだったが、難病を患い、歩くのが困難となり、早くに第一線を外れたのが惜しまれるが、退きぎわは見事。

寝たきりで呆けたと思っていたが、病の進行は止まり、頭脳明晰のまま、趣味の絵を楽しむ生き方に感心した。学生時代のバカ話に花を咲かせて、旧交を温めた。

水彩画くらいはやりたいが、無才能では、いくら努力しても無理で、力仕事しかできないのが残念。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-19 15:06 | 仲間、飲み会 | Comments(3)


“道(TAO)”

3/16 老子の”無為自然”の言葉が好きで、訳本「老子」は愛読書だが、英文学者・加島祥造の老子全81章創造詩「タオ」を読み感心した。

創造詩は、原作の本質を理解しつつ自由に詩にしたもので、老子の英訳をベースにしている。

これが優れもので、大宇宙・大自然の“道(TAO)”なるものが、少し理解できた。

老子は、弟子もおらずに、僅か5000字、81章の「老子」だけで、道教の始祖になったのは、如何に老子の教え“道(TAO)”が、不変の真理を説いているかが解る。

“無為自然”とは、何もしない怠け者、世捨て人の生き方かと思っていたが、“余計なことをしない”、“足るを知り、執着を持たず、無理をしないで、あるがままに生きる”ことかと感じ、TAOで余生を送ることにした。

“焚くだけは風が持てくる落ち葉かな”の良寛、 “欲はなく決して怒らず” の宮沢賢治の生き方に通じる。

とは言うものの、欲と執着で生きてきた者には、“まだ足らぬ 稼ぎ稼いで 墓場まで”が、続きそう。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-16 20:56 | その他 | Comments(2)


金光(岡山)大光院での義父の33回忌

3/12-14 義父の33回忌が、金光(岡山)の大光院であり、出掛けました。

839年に慈覚大師開山・大光院の本尊阿弥陀如来像(藤原時代)は、良きお顔、お姿の仏さまです。

墓参りし、墓石を清め、草抜きし、生前の不孝を詫びたが、30年経てば殺人でも時効です。

(大光院の阿弥陀如来本尊、   眺めの良い墓地)
 

金光の楽しみは、寄島町の海鮮食堂”海賊亭”で、昼食、夕食とも利用した。

体を養生しても、呆けて長寿では意味がないので、痛風治療中だが、プリン体の塊の牡蠣とビールを注文した。

(蒸し牡蠣¥1100、ゲタ煮定食¥1300、カンパチの兜煮定食¥1300、海鮮漬け丼¥850)


我慢と無理をせずに、”心の欲する所に従えども矩を踰えず”が、孔子の教えでもあり、自然体が一番です。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-14 18:13 | | Comments(2)


旧M社の技術仲間10人との懇親

3/11 大震災の記念日に、旧M社の技術仲間10人と渋谷の中華“白鳳”で懇親しました。

渋谷駅前スクランブル交差点は、4時過ぎでも若者で大混雑で、閑なのが多く、日本は大丈夫かと心配した。

色々な場で親しかったメンバーで、会社、リタイヤ後の生活などに話は尽きない。

 

ODさんは、自宅を処分して、ご夫婦で老人用ホームに入ったと聞き、狭い部屋で奥さんと二人では、針の筵で苦痛だろうと思っていた。良く聞くと、駅前の看護婦常駐の広い専用マンションだそうで、優雅な生活です。

それなりの年代なので、心臓、腎臓、前立腺、花粉症で、アルコール、塩分の制約がある3人は気の毒。

皆、それなりに体調管理に努めているが、体は動いてもボケは大丈夫かと気になるところ。老人には、 延命治療の廃止や安楽死の容認だけでなく、楢山行きを制度化するのも良い。

KBさんが心配した通り、支払いが無いと携帯があり、武蔵小杉から引き返し、更に、茅ヶ崎まで乗り過ごしたので、帰宅は11時を過ぎたのが失敗。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-12 06:39 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


電動石臼で抹茶を作る風流人

3/4 2月堂・お水取りに行ったUDは、茶を嗜む風流人で、お点前セットを備えて旅する。

抹茶は、味が落ちるのが早いので、電動の石臼を使い、煎茶を抹茶にして茶を嗜むのはさすが。茶を点ててもらったが、美味しく、風情があり欲しくなった。

 

大手のK建設会社にいたが、現場事務所でも下請業者に茶を点てて、飲ましたそうです。
「和敬の精神だ!」と調子の良いことを言って、有無を言わせぬ厳しい見積査定をしたかと想像した。

年老いても、風雅の心を残す良き友人です。

「茶はさびて心はあつくもてなせよ 道具はいつも有合せにせよ」(利休百首)
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-08 21:02 | 仲間、飲み会 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31