根府川ライフ


<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



荻窪の大正13年創業蕎麦屋 "本むら庵"

2/28 荻窪の兄の家に行き、大正13年創業蕎麦屋“本むら庵”で、久し振りに日本蕎麦を食しました。

麺類、特に日本蕎麦は好きだが、ラーメン、うどんに比べて割安感が無いので、大抵はラーメンにしている。

支払の心配がなく、また、そばの量が少ないので、天ぷらそば(¥2400)と、せいろ(¥780)を注文した。海老1匹が¥800相当とは驚きだが、久し振りのソバに大満足。

 

高級ソバ屋なのに、駐車場は満杯、席待ち行列なのに驚き、豊かな日本になったものです。

車の運転があったので、ビールを飲めなかったのが悔やまれる。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-28 21:10 | 趣味(グルメ) | Comments(4)


根府川の春の訪れ

2/27 久し振りに根府川のミカン園に出掛け、穏やかな日差しの下で、畑仕事をしました。

今年は、ジャガイモを大量に収穫するために、広い範囲を耕作して、石灰をまき、肥料を入れて、種イモを植える準備をした。

3月から、春野菜の種蒔きと野菜苗の植付けが始まるので、草抜きを加えて疲れ切った。

(相模湾を望む菜の花、        根府川駅前のおかめ桜)
 

ミカンの木の剪定をする時期だが、ケチな性格で剪るのが勿体なく何もできずに、早く終わらせて、ビールとワインを飲みながら、海を眺めて過ごしました。

ミカン畑までの道には、早咲き桜(おかめ桜)、菜の花が咲き、春の訪れが近い。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-27 18:25 | 根府川とミカン | Comments(2)


旧M社先輩との懇親 at 横浜

2/23 旧M社の先輩諸氏と横浜駅前 ”和民” で懇親させていただきました。

STさんから定例の仲間(横浜地区生産部)の集まりに来ないかと、電話をいただいた。

最近は、先輩の訃報が多く、これを逃すとお目に掛かれないかとも考えて、身内の葬式の後だったが、厄落としに参加した。

口から生まれた3人(ST, AB,YJさん)の賑やかな会話は楽しい。

後期高齢者年齢を超えても、健康で悩みの無い年金生活が羨ましい限りです。高度成長の活気のあった時代に、仕事と遊びに充実した良き会社生活をされた先輩諸氏。

"死んだ仲間の話、健康、ボケ” の暗い話題の厳禁ルールに感心した。

メンバーの資格試験にパスさせてもらい、次回(5/26)の集まりが楽しみです。
横浜南火葬場(朝比奈)で骨を拾いましたが、焼き炉の中で再会しないように祈るばかりです。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-23 21:52 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


横浜地区のM社隔月同期会”mini43会”

2/15 隔月の横浜地区のM社同期会が、 桜木町でありました。

育児休暇議員の不倫辞職など、政治家のレベルが落ちているのを嘆いた。

”原発廃止か、地球温暖化抑制か” の地球レベルの熱い議論をした。

“原発建設は世界の流れで、CO2削減に有効で、日本だけ廃止しても意味はなく、経済戦争に負ける” が、小生の持論。

11人のメンバーのうち4人参加だが、残りも忙しく、また、変わりないのが何より。
お世話になった先輩(US、TSさん)が亡くなったと聞き、残念至極で、ご冥福をお祈りするばかりです。

好き放題を言いながら仲間と飲めることは、尻に火のついた衰えを考えると、これ以上の幸せはありません。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-16 03:57 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


小布施・岩松院の葛飾北斎・天井画「八方睨みの鳳凰図」

2/12-14 蓼科のJ社保養所“サンライズ蓼科”を利用しました。

"みどりの会"で富士見町・入笠山でスノーシューがあるので、前日に保養所に泊り、家内に送ってもらう目論見だった。

天気予報は大雨で中止となり、3日間、家内と一緒で疲れ果てた。

小布施は、葛飾北斎が豪商・高井鴻山に招かれた街で、古い町並みは文化の薫りを残す。

岩松院本堂の天井画「八方睨みの鳳凰図」は、色鮮やかで、6m×6mの大きさは迫力満点。死ぬ前年89歳の大作に驚き、死ぬまでボケない頭脳が羨ましい。

(岩松院山門からの雪景色   八方睨みの鳳凰図)
 

何カ所回っても忘れるだけなので、観光は岩松院だけにして、グルメを楽しんだ。

・ 甲斐大泉「仙人小屋」: 超大盛りの天ぷら、冬の山菜盛合せ、鹿肉のマタギ汁
・ 小布施「竹風堂」: ニジマス甘露煮つき栗おこわ膳
・ J社保養所「サンライズ蓼科」: 洒落たオードブルと馬刺
  

今朝(2/14)のNHK “こころの時代”で、ノートルダム清心女子大・渡辺和子の「どんなに不幸、恨みを吸っても、吐く息は感謝です。」の言葉を知り、家内に昔のことをクドクドうるさいと言った。

「あなたの吸う息も、吐く息も、毒だ」と、全く通じないのには困ったものです。

[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-14 18:25 | | Comments(2)


千葉・五井の工場への出張

2/8-9 千葉・五井のC社工場に宿泊出張がありました。

早朝8時から入構者安全教育があるので、千葉駅前に前泊して、串カツ屋で飲むことができた。

教育は1.5時間で終わり、午前2.5時間、午後3時間を現場調査で歩き回った。

 
入構者教育では、構内写真は禁止なので、工場の外から撮影

工事の職人は年寄りばかりで、3K(きつい/汚い/危険)の仕事には、若者がいない実態が解った。

現場事務所で、「工事現場は年寄りばかりだ。」と話したところ、「Tさんも同じですよ!」と言われ、職人の年代構成と日本の将来に無関心のバカにムカッとした。

工場の工事現場にも、ベトナム、ビルマなどから職人を集めないと工事が出来ない時代は、直ぐそこです。

今の勤務先がクビになったら、広い工場の中を歩くのは良き運動になるので、2年間の工場立入りパスポートでスポーツジム代わりに使うのも選択肢かと考えた。


[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-09 22:41 | その他 | Comments(2)


プリンシプルのない男

2/5 横浜市営地下鉄で戸塚~桜木町を通勤しました。

定期が切れたため、JRより時間はかかるが無料なので、どんなものか、“敬老パス”を初めて使った。パスを見せると、駅員は、”有難うございます”と、気持ちよく挨拶してくれる。

25分の地下鉄は景色がなく圧迫感が不快で、トンネルばかりのリニア新幹線は面白くもないだろう。

歩行を含めて通勤時間は15分増えるが、戸塚駅から座れて、本が読めることが解った。

 

桜木町駅からはMM21の中心を歩くので、いかにも近代化されたオフィス街で勤務している雰囲気は悪くない。また、駅の裏が、野毛歓楽街に近いのも良い。

"Time is money."を改めて、暫らくは敬老パスで通うかと、"Money than time." に変えることにした。

「プリンシプルのない日本」を嘆いたばかりだが、直ぐに考えを変えるのも “君子は豹変す” だと自己弁護。


[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-05 23:59 | その他 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29