根府川ライフ


<   2015年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧



シルバーウィーク(その3):”空き家率増加”の日本の縮図

9/19~24 岡山、奈良に行ったのは、空き家の草抜きと空気入替えが目的でした。

岡山・金光には、煙草葉の作業をしていた趣のある屋根裏部屋があり、隠者生活の場にしようと掃除をした。

冬は寒そうだが、座禅三昧の懺悔生活には、丁度良い。

(屋根裏部屋からの朝景色、   隠者生活の場)
 

小生、家内とも実家は、無人の空き家で、都市への人口集中、少子高齢化、核家族化、過疎化の農業離れの日本の縮図です。

横浜(自宅):岡山(家内):奈良(小生)に、2:4:4の割合で住むのも、選択肢かとも考える。

魚は安くて魅力的だが、家内から「自分勝手なのが住んでは、真面目に生きた両親が泣く。」と、村への、1人での立ち入りを禁止された。

(寄島”海賊亭”の定食は豪華、煮魚定食1280円、漬け・刺身定食2100円)
 

総走行距離2,150km、深夜走行の大ドライブで、大渋滞もあり、体力の限界に近く、車ではこれが最後です。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-27 07:24 | Comments(4)


旧M社仲間のIYさん送別会

9/25 C社勤務の旧M社仲間8人で、IY先輩の送別会を、桜木町の割烹“叶屋”で賑やかに催しました。

IYさんとは、高校/大学が同じで、駅も中央線阿佐ヶ谷で同じだった。また、倉敷の工場でも同じ職場でお世話になり、深くて永い縁です。

スポーツ万能で、岡山霞橋CCでの初めてのゴルフで、90を切るスコアをだし、大負けしたのを思い出す。

これからは、朝から晩まで錦織レベルのテニスと、海外旅行に、明け暮れる。

亭主関白で、小遣いを自由に使い、単独行動できる家庭での指導力が、羨ましい。

C社では、原油安、景気低迷で、プラント受注が半減し、年寄りの派遣社員からクビを切り始めているそうだ。

そう云えば、周りは忙しいが、仕事が無く、毎日無為に過ごしているのは、その予兆だと気付いた。

旧M社仲間の中心が消えるのは、寂しく、定期に集まることにして散会しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-26 03:19 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


シルバーウィーク(その2):松江、美保が関、境港

9/21 松江、美保が関、境港にドライブをしました。

(松江と境港間の境水道,中海/日本海,を跨ぐ"境水道大橋"の夕景色)


① 国宝・松江城
松江は、堀、水路の水景が美しい、落ち着いた好きな町だが、松江城に登ったことはなかった。

慶長11年に築城の大きな城で、内部の構造も面白く、天守から宍道湖を眺めた。

(松江城、  お堀と武家屋敷風景)
 

② 美保が関灯台
松江半島東端の美保が関には、明治31年初点の美保関灯台(日本近代化遺産)がある。
“世界歴史的灯台100選”に選ばれた石造白亜の灯台と、日本海の眺めは素晴らしい。

8世紀"出雲国風土記"にある美保神社(ゑびす様の総本社)の大社造り本殿は、独特で、神代からの歴史を偲ばせる。

(美保が関灯台、   美保神社の大社造り2棟並び"比翼大社造")
 

③ 境港さかなセンター
城、灯台、神社より、魚貝を食べる方が、楽しい。

10年ぶりにズワイガニを食べたが、禁漁期なので解凍もので、水っぽくベタベタしていたのがイマイチで、残念。

(魚市場のズワイガニと海鮮丼、 中海・大根島の朝鮮人参畑と蕎麦畑)
 
(伯耆大山と黄金の稲穂)


伯耆大山を見て、中の原スキー場から弓ヶ浜半島を眺めた若き良き時代を、懐かしく思い出しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-25 07:58 | | Comments(2)


シルバーウィーク(その1) 岡山・井原市青野のブドウ直売所と笠岡市神島の魚直売所

9/20、22 岡山・井原のブドウ直売所と笠岡の魚直売所に出掛けました。

① 井原・青野のブドウ直売所
この3年、青野のブドウ直売所(葡萄浪漫館)に行くのが、行事になった。

巨峰、ピオーネだけでなく、瀬戸ジャイアンツ、安芸クイーン、翠峰、シャインマスカットなど新種が溢れており、種が無いのは当たり前で、皮ごと食べれるのもあり、美味しい。

東京では、一房1000~2500円だが、産地直売所では比較的安く、また、試食用のブドウを食べるのを楽しみにしている。

(ブドウ畑の風景、   大混雑の直売所の買い物客光景)
 

お世話になった知人に送ると言うものの、3.5万円も買うのは如何なものか。

② 笠岡・神島の魚直売所
神島へは、本土とは神島大橋だけだったが、干拓で地続きになった。独身寮の主人が神島出身で、船釣りによく行ってくれたのが、懐かしい。

最近できた“道の駅・笠岡ベイファーム”で、魚を見るのを、楽しみにしている。

(大混雑の笠岡ベイファーム風景、 サービス品にしても安い”このしろ”)
 

瀬戸内海に関係のない、ホタテの生干しが珍しいので、求めた。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-25 07:20 | | Comments(0)


山用のハンドフリー水飲み器

9/17 山用のハンドフリー水飲み器を作りました。

F山の会で横根山(9/5)に行った時に、同期のSKがリュックから細いホースを出して、洒落た道具で水を飲んでいた。

「何だ!」と言うと、「父の日の息子のプレゼントだ」 と返し、良き子供に育てたと感心した。

我が家でも15年前に、山用のチョッキ、コッヘルをもらったが、「気を遣わなくても良い」と言ったら、ソレッキリ何もなく、素直な子供に育ってくれた。

人の物が欲しくなる性格で、山の店モンベルに行ったところ、水飲みホースだけで2900円、容器は3000円と、高価なので諦めた。

帰宅して、金魚鉢の空気ホースを外し、ペットボトルのキャップに穴をあけて、自作した。
飲み口が、自動のキャップでなく、折り曲げて輪ゴムで止めるのが安っぽいが、充分に使える。

次回の山の会に持って行きたいが、仲間に馬鹿にされるかと、ためらいます。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-18 06:55 | | Comments(3)


“100分de名著”のダーウィン「種の起源」

9/13 “100分de名著(NHK, 毎水曜)” ダーウィン「種の起源」の録画をみた。

ガラパゴス諸島のトカゲだけで、進化論をまとめたと思っていたが、探究心による長期の実験、研究の結果だと知り、200年前の偉人、大科学者だと知った。

生命の多様性を何よりも尊重した、科学者としての人間観、生命観が、素晴らしい。

終戦後の昭和20年代は、傷痍軍人や乞食・浮浪児が大勢いて、白い箱を下げ、空き缶を置いて、金を無心していた。

小生の母は、弱肉強食、自然淘汰の世界では、遺伝の病気やツキも、本人/親の責任、宿命として、生存競争に勝ち残れと教えられた。

ナチスの ”優生主義” に近く、良き血を残すのが国のためで、また、“蟻とキリギリス”を例えに、貧しいのは、自業自得だの考えだった。

“孟母断機の教え”は、怠け者には無理で、その結果、嘘で狡賢く生き残る方法を選んで、今に至っている。

うるさかった母も、「勉強しろと、一度も言ったことは無い。」と言い、衰えた。
(読むかと取り出した昔の本)

生活保護者、今回の大洪水や東北地震の被災者は、気の毒だが、国/地方だけに頼らず、自立する心意気が必要です。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-13 08:17 | その他 | Comments(4)


認知症と毎日の生活

9/9 「認知症と毎日の生活(武田薬品)」を病院待合で読み、小生に当てはめた。

“加齢による物忘れ or 認知症” の違いは;
① 出来事の一部を忘れる or 全てを忘れる 
② 忘れたことを自覚する or 自覚しない 
③ ヒントを言われると気付く or 気付かない
⇒ 未だ、加齢による物忘れのステージ

認知症の“日常生活での変化” で、当てはまる行動と順位は;
① 失敗を指摘されると必要以上に怒る 
② ミスを隠そうとする 
③ 置き忘れが頻繁にある 
④ お金の管理ができない 
⑤ 無断外出する 
⑥ 場所に合わない服装をする
⇒ 若き頃から認知症の症状だった。

アルツハイマー型認知症を抑える薬(武田薬品「レミニール」)が開発されたそうで、大量に飲みたくなりました。

小冊子にある「家族から見れば、自分勝手に見えるが、本人は、誰にも言えない不安があるのを、理解してあげてください。」を、言いたくとも、怖くて言えないのが、更に悪化する原因です。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-09 20:06 | その他 | Comments(4)


物忘れ、紛失、物落としの常態化と対策

9/7 F山の会長の淡路町のH社を訪問し、昼食をご一緒しました。

環境ベンチャー企業で、事務所に入ると全員(20人ほど)が立ち上がり、「いらっしゃいませ」 と挨拶してくれるのに感動し、会社の立派な姿勢に、将来が楽しみです。

目的は、落としたと思っていた携帯電話が、土曜日の山行バスにあったとの連絡があり、引き取りに行った次第。

老いるに従い、物忘れが多いのは10年前からだが、物を無くす、落すことが多くなっている。

(味にうるさいFT氏のお勧め黒ラーメン、   紐だれけの貴重品)


この一週間で、財布が行方不明になり、見舞いの品を受付に置き忘れ、更に、今回のケイタイで、緊張感が無くなり、完全に老化したことが解った。

同期のSKが、スマホを首にかけているのを見て、財布、ケイタイ、定期に紐をつけることにした。

持っていくものは、思いついたら、小便を我慢してでも、その場でバッグに入れるようにしないと、トイレから出たら忘れているのが常態化し、完全な呆けがすぐそこです。

酒を飲んだ後に、今日は飲んでないと騒いだことが無いのは、未だ大丈夫だとも言えます。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-07 18:00 | その他 | Comments(4)


足尾/前日光の古峰ヶ原、横根山登山

9/5 足尾/前日光の古峰ヶ原、横根山(1373m)を、F山の会14人と歩きました。

体力に自信が無くなっているが、歩行時間3.5時間、高低差500mなら、付いて行けそうなので、久し振りに参加した。

秋の雨続きの中で、唯一の好天日だったのが、メンバーの善行の賜物です。

9:30 古峰原神社をスタートし、昼前には横根山に登頂して、昼飯、14:00には下山できた。

(信仰の三枚岩、    井戸湿原の木道)


WNさんの身欠きニシン/キュウリ/味噌セット、FTさんの焼き豚、MMのご母堂手作りイカナゴ釘煮、KMさんの糠漬けは、美味しく、昼食でのビールのつまみに最高です。

また、井戸湿原は、赤トンボが飛ぶ秋景色で、初夏なら山野草が咲き乱れて良さそうです。



F山の会も文化的になり、足尾銅山跡に、帰途立ち寄った。

総延長1200kmの坑道は、江戸期の鋳銭、日本の近代化に貢献したのが、坑内の展示でよく解り面白かった。

(美味しそうな日光黒毛和牛、    足尾銅山の銅溶解炉の職人たち)


恒例の大宴会の帰りのバスでは、山歩きの隊列の順番について、賑やかに盛り上がりました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-05 22:13 | | Comments(2)


旧M社後輩と横浜“海峡”での懇親

9/4 今の職場では一緒に飲んでくれる相手がいないので、旧M社後輩のIDに声を掛けて、横浜 “ザ海峡” で飲みました。

3年若いが、T工事会社の東京支社長で、頑張っているのが嬉しい。

(楽しく懇談、   フライドチキン、ポテトフライ各550円はお値打ち)


本当の目的は、M社大先輩の顧問/監査役を辞めてもらい、後がまに紹介しろと、言うつもりだったが、飲み放題(1500円)を頼んだので、飲むのに忙しく忘れた。

酔いながらも、大手工事会社の下請けでピンハネされないために、接待漬け、袖の下でも良いから、将来性のある顧客担当と仲良くなり、小工事会社の優位性を生かす提案営業をするのが良いと、経営指南した。

先輩らしく、ご馳走したたのは、安い店(5100円)にしたからです。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-04 22:13 | 仲間、飲み会 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30