根府川ライフ


<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧



旧M社仲間の送別会

6/29 派遣先C社で一緒のAM氏が辞めるので、旧M社仲間9人と送別会をしました。

MM21のスペイン料理の洒落た店で、平均年齢66歳のメンバーには、相応しさに欠ける。

AMは、プラント付帯設備が得意分野だったが、プロセス設計/プラント計画のプロとなり、慰留され惜しまれながら辞めるのが、旧M社技術屋として嬉しい。

「お金より閑を」の考えが、老子の“道(タオ)”と同じで、「未だ足らぬ」の我が身と比べて見事です。



昔の事件、先輩の老い、健康の話が尽きない、久し振りに楽しい2.5時間でした。

「貴方の死に場は、工事現場か、机の前よ!」と、言われ続けるのでは、老子の道も遥かに遠い。

”老いぬと知らば、何ぞ、閑かに居て、身を安くせざる” (徒然草、134段)
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-30 01:14 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


大阪・通天閣と釜ヶ崎のホルモン

6/27 通天閣に、子供の頃、父と上がったのを思い出し、どうなっているか見に行きました。

8時半では、通天閣も開業前で、夜の新世界は賑やかだが、酒屋も開いていない。

仕方なく、食堂を探しに、近くの釜ヶ崎に向かった。

簡易ホテル、浴場、コインランドリー、コインロッカーが多く、また、住所不定者の多い寄せ場の街にしては、清掃している人が多くて綺麗。

大阪市が雇用対策に、日雇いを集めて、清掃してもらっているようです。

”ホルモンきらく”の看板が目に入り、入店した。10人ほどの店だが、朝から賑やかに飲んでいる。

顔見知り客同士なので、仲間には入れないが、くだけた会話を聞くのも楽しい。

(ホルモンの乗ったラーメン/うどん 300円も値打ち、 カップ酒のコップを使う企業努力)


ビールとホルモン(¥120)を頼んだが、少し甘みのあるホルモン煮付けは、絶品でお値打ち。
ホルモンが美味しいので、冷酒を2杯追加したが、1020円で済んだ。

月42000円でシャワー付きの簡易ホテルに泊まれ、飲食費が安いので、釜ヶ崎での年金暮しも選択肢かと、考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-27 21:28 | | Comments(2)


根府川の畑での横浜地区の拡大同期会

6/20 根府川の畑で、梅雨の谷間の快晴の下、横浜地区の同期会を催しました。

横浜地区に同期10人いるが、怠惰なのが多いので、屋外となると参加するのは3人で、SKのヨット仲間2人も加わった。

ビワを収獲し、掘ったばかりのタマネギ/タケノコ/ジャガイモも一緒に、焼肉をした。

伊豆大島を望める相模湾を眺めながら、親しき仲間で飲むのは楽しく、健康的。

タマネギ、ジャガイモ、大根、サマーオレンジ(小夏)を土産に、一同満足(?)して帰った。



海には釣り船、波止場には釣り人の光景を見下ろすと、この5年は釣りをしていないのに気付き、釣りを再開するかと考えた。

畑は、草抜きした草を積み上げて腐葉土を作っており栄養満点なので、掘れば巨大ミミズがウヨウヨでてくる。

ミミズを餌に釣針につけると、塩水に驚き動き回るので、魚が食らいつきそうで、ゴムボートを浮かべて釣りをするかと思案中。

巨大な魚を釣り上げて、船が沈んだら、社会また家族に、ようやく貢献できそうです。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-20 22:56 | 根府川とミカン | Comments(6)


食事代月7万円の一人暮らし

6/18 家内が1週間留守なので、バーミヤンの生ビール200円を思い出して、終業すぐ(4時40分)に入店した。

ビールと餃子を頼んだら、5時まで日替りランチ(599円)があると言うので、追加した。

老人ながら少し油っぽいのが好きだが、油だらけのフライ料理が来た。店はガラガラなので、ビールで油を流しながらユックリ完食しても、5時20分には終わった。



ビール3杯含んで1553円には満足だが、飲み放題スープを3杯も飲んだので、お腹はダブダブ、食べ過ぎ、高カロリーで糖尿、高血圧、動脈硬化には最悪。

離縁され、蓄えの全てを持ち去られても、年金の半分をもらえば、月7万円(朝:パン200円+昼:缶ビール付き弁当550円+夜バーミヤン:1553円=2300円/日)の食費で、生きていけると安心しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-18 18:58 | 趣味(グルメ) | Comments(4)


スポーツクラブ“NAS戸塚”と老人

6/17 JR戸塚駅前のスポーツジム“NAS戸塚”に入会して、早や2年過ぎました。

美人のインストラクターが、エアロビックス、ヨガ、ダンスなどを指導してくれるが、動きが早くついて行けない。

泳ぎが好きなので、主にプールだが、2年前は500m泳げたのに、25mづつ休みながらの200mまでに、体力が落ちたのが、情けない。


(スポーツクラブ内は撮影禁止なので、NASの案内より)

夜でも、老人が6割を占める光景は、日本社会の縮図です。

モラルのない老人も多く、① サウナ室でオナラをする ② 洗面所で陰毛をヘアドライアーで乾かす ③ ロッカーで素っ裸で椅子に座る など、困ったものです。

偶に、「不審物が浮いているので、風呂の水を替えます。」と放送がある。糞が浮いていたのだ!

老人自らが健康維持に努めるのだから、膨大な老人医療費の財政負担軽減に貢献しているとも言える。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-18 04:07 | その他 | Comments(3)


金沢文庫博物館の「日向薬師―秘仏鉈彫本尊開帳―」展

6/14 金沢文庫博物館の「平成大修理記念、日向薬師―秘仏鉈彫本尊開帳」展に出掛けました。

新聞の美術案内で、「日向薬師―本尊開帳」が、最終日だと気付いた。

伊勢原の日向薬師・宝城坊が解体修理中で、鉈彫(ノミ目を残した彫かた)の秘仏・日向薬師如来と日光/月光菩薩が開帳されていて、拝観できる最後のチャンス。

敬老100円の入館料なので、見学者は老人ばかりで、大きな声で話すのが不快だが、薬師如来仏のキリリとした顔立ちと、鉈彫の納衣が素晴らしい。

(神奈川県立金沢文庫、      称名寺庭園)


金沢文庫は、鎌倉時代に北条実時が六浦荘金沢の邸宅内に造った武家の文庫で、東の正倉院と言われる。

隣接する金沢北条氏菩提寺の称名寺は、金堂前の木造アーチ橋で大きな池を渡る浄土庭園が、洒落ている。
池の畔には、絵を描く老人が多く、良き趣味を持つ人が羨ましい。

芸術的センスと運動センスは、いくら努力しても意味が無いのが、残念です。今さら努力しても意味はないが・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-14 13:32 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


神奈川歴史博物館「中世東国の茶」展

6/12 神奈川歴史博物館(関内)「中世東国の茶-鎌倉における茶の文化」(敬老100円)に行きました。

武家の都・鎌倉で華開いた中世東国の喫茶文化をテーマとした特別展で、鎌倉にちなむ、また、御家人や寺院にゆかりの品々の展示が、面白い。



平安時代に、茶を飲む習慣と茶の製法は遣唐使により導入され、鎌倉時代に、栄西が薬として茶を持込み、寺の儀式、禅の修養として、また、武士・公家の遊戯として広がった。

千利休が京都で、「茶の湯」を完成させたが、鎌倉は、茶道の発祥の地だと、良く解る。

若き頃は茶道に打ち込んだが、女子大との合ハイ、合同茶会が目的で、不純な動機だった。

それでも、“和敬清寂”(客が主体、おもてなし、修養)、“一期一会”(客に誠心誠意)の心は、今でも残っているかと自己評価する。

とは言うものの、職場では「自分だけが正しいと過信する。」、家庭では「自分だけの事しか考ない。」と言われ続けるのが不思議です。

[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-13 05:02 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


朝の習慣

6/11 今日も、朝4時に起きてウロウロしました。

一緒に飲む友人もおらず、スポーツジムで200m泳いでサウナに入り、6時半に帰宅して、夕食、8時半に就寝の繰り返しです。

本を読めば良いのだが、酒を飲んで寝転びながらテレビを見るとすぐ寝てしまう。

友人に夜はどうやっているのか聞くと、「結構忙しく、寝るのは0時だ」というのが、不思議。

トイレに3回行くので8時間熟睡はしていないが、3時頃には目が覚める。

家内は爆睡なので、朝食は、自分で食材を揃えて、5時には2階のべランダで、ラジオを聴き、新聞を読みながら食べるのが習慣になった。

今日の読売新聞・人生相談記事で「一人暮らしの79歳の父親が、毎日何もせずに寝てばかり。呆けるのではないか。」との相談があり、「一人で生きているから、充分でないか!」とのコメントを読んだ。

同じようなのが多いかと安心しました。手のかからない人間になったものです。

[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-11 05:55 | その他 | Comments(2)


根府川ミカン畑で枇杷の収獲

6/7 根府川の畑で、枇杷の実を収獲しました。

隣のミカン畑のオーナーは、ミカンだけでなく枇杷も栽培しており、大樹1本を借りている。

去年は、猿に食べられて全滅だったので馬鹿馬鹿しくなり、摘果、袋掛けの手入れをしなかった。
今年は、猿被害はなく鈴生りだが、摘果をしなかったので小さいのが残念。

人生と同じで、予定通りに回らないものです。

(小粒だが、美味しい枇杷、  ミカンの花も終わり蜜を回収する養蜂家)


枇杷も、昔は多くの家に植えていたので、よく食べたものだが、最近は庭木としては嫌われて珍しくなった。

傷が付きやすく、手入れが大変なので高級果物店で長崎産は、1ヶ600円もするのに、ふんだんに食べれるのは夢のようです。

痔で苦労していたころに、枇杷の葉を煎じて患部に塗ると良いと聞いた。
その頃は家内も優しく、枇杷の葉を探し、治療してくれたのも夢のようです。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-07 17:05 | 根府川とミカン | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30