根府川ライフ


<   2015年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧



根府川ミカン畑の雑草と夏野菜の植え付け

4/26 根府川の畑の草抜きをしました。

暖かい雨の多い季節になったので、雑草の成長がものすごいので、朝一番の電車で出掛けた。

キュウリ、ズッキーニ、ナス、トマト、シシトウ、オクラの夏野菜も植えたので、盛夏の収穫が楽しみです。

(一週間で30cm伸びる逞しき雑草、   蓼科のレタスは順調で大成功)


100円ショップで買った種を見て、畑のオーナーIGさんが、「自分が食べる野菜なのだから、良いのを買うものだ。」と教えてくれた。

それもそうだと、園芸ショップでは、一番高い苗・種を買うことにしている。

昨年9月に植えた高価な青森大ニンニクの葉が枯れたので、収穫したが、植えた球根より小さいラッキョみたいなニンニクだった。

高いだけでは駄目で、土の酸度の管理、肥料もチャンとやらねばならないことが、漸く解った。

(猿対策のタマネギの網掛け、   空き缶でのニンニク焼きは美味)


家に持ち帰ると馬鹿にされるので、ビールを飲みながら、ニンニク焼きをした。
小さいだけに旨味が濃縮されており、海を見ながら、美味しく食べました。

今さら精力をつけても意味もなく、周りに臭い息を吹きかけて嫌がられるだけです。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-26 16:23 | 根府川とミカン | Comments(2)


病院考 と ファミレスの200円ビール

4/22 鶴見のS病院で、定期検査を受診しました。

5年前の前立腺治療後、経過が順調なので、検査周期が1ヵ月、3ヵ月、半年と延びてきて、次回は1年後の4/22となった。(生存しているか・・・)

予約していても、待ち時間1.5時間、診療時間3分でも、誰も怒らないのが不思議です。

暇そうな老人が多いので、“特急診察料金1000円”を設ければよいと思いました。

S病院では、生年月日を言わせて、診察券の引き渡しを確実にしている。

隣席にいた棺桶に半分入っていそうな、人相の悪い、痩せた、半死の白頭翁が、生年月日を名乗り、小生より若いのに驚き、 外から見れば、同じに見られているかと愕然とした。

バーミヤンなどのファミレスが、居酒屋の客を取り込むために、ビールを200円にして成功しているニュースを見た。

全快祝いと気分直しに、午後からの仕事は無視して、ビールを頼んだ。

200円の生ビールは、夕方4時からで、残念至極。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-22 21:14 | その他 | Comments(4)


井原市の平櫛田中美術館

4/19 岡山・井原市の平櫛田中美術館に行きました。

平櫛田中(1872-1979)は井原出身で、国立劇場のロビーにある極彩色の六代目尾上菊五郎 “鏡獅子”(S30年、83歳)が、特に知られる。

岡倉天心に師事し、美術館前の“五浦釣人(90歳)” 像の天心の表情と釣り竿姿は、素晴らしい。

(五浦釣人、 鏡獅子、 鏡獅子モデル菊五郎の裸像から制作)


107歳まで彫り続けたが、「六十、七十は鼻たれ小僧 男盛りは百から百から わしもこれからこれから」と言って、100歳になって30年分の彫刻に使う木を準備した意欲、熱意、パワーは凄い。

家内から「昔の罪滅ぼしに、100まで働くべし」と、冤罪で言われ続けているのには、"男盛りは100から"としても、困ったものです。 

「人間いたずらに多事、人生いたずらに年をとる、今やらねば何時できる、 わしがやらねば誰がやる」, 田中の言葉が、虚しく流れる。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-20 22:11 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


満開の桜と奇岩の妙義山

4/18 群馬・妙義山(自然探索路:850m)にM山の会メンバー16人で、満開の桜を愛でながら登りました。

日本武尊が祀られ、見事な彫刻のある妙義神社からスタートした。

久し振りの好天に恵まれ、温暖で、新緑と満開の桜を眺める絶好の登山日和。



上越道を走ると、西遊記にでてくる怪物の住みそうな奇怪なかたちの凸凹の山が見え、一度登ってみたいと思っていた。

隆起した火山の堆積物が風雨により浸食されて、絶壁、尖峰、石門、石アーチが成形されたそうです。




初めは眺めもイマイチの単調な登山道だったが、鎖場のある岩壁を登り、奇石、怪石が林立する石門入口からは、怖さにしびれ、見事な地形に圧倒される。





手すりの無い両側が谷の岩場もあり、この5年で、3回もヘリコブターの世話になったメンバーなので、そろそろ4回目で、次は誰かと思っていたが、無事に下山できたのは幸い。

下山した “桜の里”は、 5000本の桜が満開で、花を愛でながら祝杯をあげた。





帰りは、3月に開通したJR上野東京ラインで、高崎駅から2時間大宴会もできた良き登山でした。

「散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛)」

ご興味あればpicasaweb写真をお開き下さい。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-19 03:50 | | Comments(2)


横浜中央卸売市場・厚生食堂の海鮮丼

4/16 MM21に隣接する横浜中央卸売市場で、昼休みに海鮮丼を食しました。

“魚市場卸協同組合の厚生食堂“があるのに気付き、汚いが入店した。

カウンターでの立ち食い、屋外テントのテーブル席と、如何にも市場関係者の食堂です。

 

白魚ほか6種の刺身の入った海鮮丼(¥800)を注文したが、刺身の量が多く、ビールが欲しくなった。

隣席でワンカップ大関を飲んでいたので、生ビールを頼んだら、酒は持込みだと言う。

近くに、自動販売機・売店が無く、ビールは諦めた。

これから暑い季節を迎え、缶ビールの持ち込みができる店を発掘したのが、大収穫でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-16 17:42 | 趣味(グルメ) | Comments(2)


桜木町での横浜地区同期会“mini43会”

4/13 桜木町での横浜地区同期会“mini43会”に、雨の中を6人が集まりました。

それなりの年代の集まりなので、健康の話題が多い。

皆、自分は呆けないと、甘く思っているのに気付いた。

長生きすればするほど、ボケる危険性高いことを忘れている。

若年性認知症の兆候は、怪しい行動(記憶力、理解力、判断力、妄想、徘徊)の「①頻度 ②程度 ③広がり」だと、”NHKおはよう日本”で言ってていた。こんなのは、10年以上前から始まっており、加速している。



風呂で心筋梗塞で倒れるのが多く、ユックリ浸かるのが良いと聞き、俺は早くコロッと逝きたいと言った。

帰りにスポーツジムに立ち寄ったが、注意しながらサウナに入るのでは、この世にまだまだ未練のある証拠です。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-13 22:34 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


練馬美術館「最後の浮世絵師・小林清親 没後100年展」

4/11 練馬美術館「小林清親(1847-1915)没100年展」に出掛けました。

3月のNHK日曜美術館が面白かったので行ったが、小林清親の名前は初めて聞いた。
 (右:「川口善光寺雨晴, 1879年」)

江戸生まれで、伏見の戦いで負けて幕臣から変身した、最後の浮世絵師(錦絵)です。

新東京の名所風景、両国火事、日清戦争、静物、動物、風刺画を、最大35枚刷りの木版で、生き生きした描写、光、色彩、遠近法などに多彩な才能がある。

日本橋、新橋、愛宕山、箱根、薩田峠などの風景を、今と思い較べるのが面白く、150点もの展示だが、飽きない。

 

高校は荻窪にあったので、井荻、石神井の友人がいて石神井公園にも行ったが、当時は練馬大根の畑が多かった。

中村橋の練馬美術館は立派で、広場は子供が楽しめる工夫がされており、練馬も豊かになりました。

西武池袋線は今年開通100年で、高架線になっており、50年前と変わっているのに驚きました。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-11 18:24 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


朝の蕗(フキ)うどん

4/6 採りたてのフキを入れたフキうどんを食しました。

隣家のMさんは、ご立派な教育者だったが、7年前に奥さまが亡くなって直ぐに他界される愛妻家でもあった。

以来空き家で庭一面に、蕗が群生するようになり、早春にはフキノトウが楽しめ、今は鮮やかな新緑の葉が覆っている。

 

夜はビールを飲んで食事をするとやることが無く、8時過ぎに寝るので、朝4時には起床する。
家内は熟睡なので、朝食を自分で拵えて6時には食べるのが日課になった。

今の楽しみは、新聞をとるついでにフキを摘み、フキとキノコを入れたフキうどん。葉が少し苦いが、春の味にハマっている。

朝食は自分で作り、7時過ぎには静かに仕事に出てくれる、遅ればせながら、手のかからない人間になりました。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-06 06:09 | 趣味(グルメ) | Comments(4)


桜木町・掃部山公園の満開の桜

4/3 桜木町の掃部山公園 で、満開の桜を愛でました。

掃部山公園は、横浜港開港に功績のあった井伊掃部頭直弼の巨大な像が、横浜港を見下ろしている公園で、桜の名所として名高い。

 

前日(4/2)、派遣先の職場メンバー4人で花見を計画し道具を準備したが、生憎の雨で中止となり、屋内の花見(姥桜)に切り替えた。

コンロ・鉄板、コップ・皿を揃えていたので、ビール、肉、サラダを買って、1人で掃部山公園に出掛けた。

焼肉の準備していると、監視人がやってきて、火気は禁止だと言う。

そんなの聞いた事はないと言ったが、火気厳禁の看板を示された。

1人では寂しく、これが数年後の己の姿かと思いながら、未来都市MM21のビル群を背景にした200本の満開の桜を楽しんだ。

暖かい飲み物、食べ物が無く、老人には寒さが身に染みるので、1時間で引き揚げました。

30年前の仙台時代に、塩釜神社の枝垂れ桜の下で花見をしたが、寒くて早々に引き揚げて、塩釜の尾島町に繰り出した元気なころが、懐かしい。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-04-02 20:38 | 仲間、飲み会 | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30