根府川ライフ


<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧



目黒川の花見

3/31 渋谷地区同期会「21会」メンバー4人と、目黒川の花見をしました。

都心の花見の名所「目黒川」土手の満開の桜は、川を覆い尽くして素晴らしい。

集合時間6:30を5:00に着いたので、花を愛でながら目黒川添いに中目黒~山手通り橋を1.5往復し、最高の花見ができました。



超混雑の中を、ゴザを敷いて大騒ぎする輩もおらず、民度の高い人種の街に感心した。

MDの馴染みイタリアン「Oti」の飲み放題での、アッと言う間の3時間でした。



帰りの東横線で1歳くらいの赤子を抱いた若婦人と隣り合わせた。子供が可愛いので、ついチョッカイをだし、相手をした。

今の我が家を思い出し、「今は可愛いが、どうなるか解りません!」と、つい言ってしまったのが悔やまれる。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-31 23:49 | 仲間、飲み会 | Comments(3)


宇都宮の古賀志山(583m)の山歩き

3/28 宇都宮北西の古賀志山(583m)にF山の会メンバー14人で登りました。

500mの山を計画して馬鹿にするなと思ったが、恐竜の背と言われる10kmの行路は、急な凹凸のある岩場の繰り返しで、疲れ切った。

(雪の日光の連山を望んで、   岩場の登攀)


(古賀志山の山頂にて)


雪の日光、那須連山を望める快晴、無風、温暖の好条件。

傾斜を使ったハンググライダーの基地があり、空には多くのパラグライダーが飛んでおり、面白そうです。

(昼食風景、   宇都宮市街地を見下ろすパラググライダー)


途中で横ルートに逃げてくれたので、4.5時間の歩行で済んだが、メンバーも衰えたものです。

山麓の湯で疲れを癒やし、バスの車窓から梅・辛夷・桜の花で春を楽み、帰りのマイクロバスで恒例の大宴会ができた、良き一日でした。

ご興味あればpicasaweb写真をお開き下さい。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-29 04:22 | | Comments(2)


戸塚の“開かずの大踏切”のバイパストンネルの開通

3/24 JR戸塚踏切 “開かずの大踏切” のバイパストンネルの開通前に、歩行者渡り初めがありました。

ラッシュ時には、1時間のうち50分以上も閉まるため、“開かずの大踏切”の名がついた。

箱根駅伝のランナーが、ここで足踏みしながら2分待ち、また、遮断機を掻い潜ったこともあった悪名高い踏切。

(車専用のトンネル     歩行者は跨線橋で、踏切の光景も最後)
 

このようなトンネルに60年以上かかるのが、問題だと考えた。

沖縄、北海道などに同じルートの道路を幾つも造るのに、経済効果の大きい都心の山手通り・環7・環8、圏央道、首都高・東名複線化などに、金を回さない税金の使い方が悪い。

選挙対策、地方振興、基地負担の名目で、首都圏で集めた税金が地方に流れる悪い仕組みです。

選挙の1票の格差で騒ぐより、税金配分の格差(税金の不公平配分)に、首都圏の人、企業は声を上げるべきだと思いました。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-24 22:44 | その他 | Comments(4)


蓼科の春

3/21-22 蓼科のJ社保養所に行きました。

食事、風呂、景色が好きで、年に2-3回、利用している。

小生は、途中の道の駅で野菜の苗を、家内は御殿場アウトレットでの買い物を楽しみにしている。

(保養所部屋からの雪景色、   豪華夕食の前菜、馬刺し、鹿竜田揚げ)
 

帰途、茅野の尖石(トガリイシ)縄文遺跡考古館に、立ち寄った。

5000年前縄文時代の国宝土偶 “縄文のビーナス、仮面の女神”を見ると、縄文人の芸術的な感覚の良さがよく解る。

(与助尾根遺跡の縄文住居、  国宝“縄文のビーナス、仮面の女神”)

 

蓼科イングリッシュガーデンの無料入場券が届いたので、入園した。
無料を餌に呼び込み、高い衣服を買わせる作戦に嵌まるのを、言えない弱さに、ストレスが溜まる。

庭では、花の芽が多く出ているのを見て、春が真近なのが解る。

(バラクラ・イングリッシュガーデンも春が近い、  夏野菜の苗)
 

レタス、キャベツ、ブロッコリーの苗を、大量に買ったので、今年の夏の収穫が楽しみです。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-22 20:34 | | Comments(4)


日本の世界に通じる3大発明

3/18 新子安駅でトイレに入ったが、ウォッシュレットが無いので、必死に我慢して横浜駅まで移動した。

昔は、洋式タイプに慣れず、便座の上にしゃがんだこともあったが、今は、ウォッシュレットが無ければ、不潔で気持ち悪くなる文明人になった。

坐りながら現代の「日本の世界に通じる3大発明」が、何かを考えた。

第1位:カップラーメン
中国、韓国は勿論、アジア・中東の食文化を変えた。

チキンラーメン開発した日清食品の故安藤は偉い。

第2位:ウォッシュレット
欧米への普及が遅れているのは、不思議だが、衛生、痔予防へのTOTOの貢献は大きい。

35年前に、故HWさんの新家屋で初めて見て、顔にかかったのを思い出す。

第3位:カラオケ
アジアを中心に広がり、世界の共通語になった。

声を出すのは、ボケ防止に効果があり、長寿社会の医療費削減に貢献する。(この10年カラオケに縁が無く、ボケ進行中)

番外: LED(発光ダイオード)
本当の発明は、GEのニック・ホロニアックだが、省エネによる地球環境への貢献が、大きく期待される。

大量生産で安くなって、太陽光PVと組み合せて、世界の無電化村の子供たちの教育環境改善が楽しみ。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-19 05:00 | その他 | Comments(4)


大阪・道頓堀のグリコ看板

3/14 倉敷の帰途に、大阪で下車して、昨年10月に新しくなった道頓堀川のグリコの看板を見に行きました。 (右:新幹線車窓から見る伊吹山は巨大)

グリコの6代目看板は、LEDライト14万個の省エネ看板で、ランナーも若返ったように見える。

大人気で、戎橋上でグリコを背景に写真を撮るカップルが多い。

大阪市を5特別区にする大阪都構想は、3/13大阪市議会で可決され、住民投票に向けて一歩づつ進んでいる。

(心斎橋通りは大混雑で、グリコ看板は大人気、  名物看板”かに道楽”も大行列)
 

大阪も金回りも良くなり、阿倍野橋の高さ300m近鉄ビルや梅田スカイビルなどの高層商業ビルが立ち並び、人出も多く、ようやく立ち直ってきている。

金回りで言えば、福島原発の避難での補償金が、持ち家4人家族で1億4千万円以上をもらうのが600~700人いるとの"週刊新潮"を読んだ。

4年間で年収50年分を手にして、毎日ピンクサロン通いの仮設住宅住人が多く、金遣いが荒いので、歓楽街は潤っている。

「沖縄と同じで、ゆすり・たかりのハイエナ県になった!」と言われない中庸と妥協が必要です。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-14 22:02 | | Comments(2)


高級中華料理での懇親会

3/12 横浜中華街で、派遣先の仕事のメンバー14人と高級中華料理を賞味できました。

プロジェクトメンバーの懇親会なので、また、久し振りに中華料理を食せるので、参加した。

小生が最高齢で、2番目が旧M社で一緒だったSW、3番目がプロマネのSTさん52歳、残りは20~30代で若い。

毎年、C社は50人規模で新規採用しており、入社早々、海外現場で研修させている羨ましい教育システムなのが優れる。



鹿児島、大船渡、札幌、青森出身の若手の故郷の話を穏やかに聞いていた。、何時も自制し寡黙で通しているが、次第に調子が上がり、自分のペースになった。

飲食は、プロジェクトの経費で処理していただき、これも顧客J社のお蔭かと感謝しました。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-12 22:50 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


冬の東北6県のグルメツアー, 3/7-3/10 (その2、仙台、山形、福島)

<仙台>  (仙台駅前は30年前と変わらない)

稲荷小路の牛タン発祥の店「味太助」で、仙台名物牛タン焼き(¥1900-)を食した。

美味しいが、舌1切れ300円では美味しいのは当たり前で、牛テールスープに値打ちがある。

(旨味太助と味太助が、本家争いをしているらしい)
 

30年前に仙台にいた頃は、稲荷小路では「おでん三吉」、馬肉「きふく?」に行ったが、牛タンの印象はない。

グループの学生が食べているのを見て、豊かな国になったと改めて思いました。

3/11は、東日本大地震の4周年です。
お世話になった塩釜・尾島町、多賀城・チロリン村の飲食街に行きたかったが、面白半分の視察は駄目だと厳しく諭され、断念したのが悔やまれる。

<山形>

山形と言えば山形牛、米沢牛だが、高いので我慢して、創業80年の老舗「三津屋」で板ソバを食べた。

蕎麦処山形の蕎麦の味は逸品です。

 

山形は吹雪の雪景色で、寒いので、街は歩かずに駅ビルだけで済ませた。山形の春は遠い。

<福島>

福島は、喜多方ラーメンと白石温麺だが、山形で食べたばかりなので困っていたら、福島名物・円盤餃子の看板が目に入った。

餃子具材のお好み焼きかと思ったが、餃子10ヶを丸く並べて薄皮で繋がっているだけだった。
満腹で、ビールが無くても美味しく食べれた。

 

<まとめ>

5年ぶりの東北で、山形・秋田・青森新幹線に初めて乗った。

新幹線はどれも満席、飲食街・商店街も人出は多く、新幹線効果と東北地震を期に仕事・補助金が増え、金が回っているかと思いました。

女性の化粧、酒・料理の値段、街の造りなど、地方と首都圏の差がなくなったのは、良いような、寂しいような複雑な気持ちです。

東北6県, 1900kmのグルメツアーと言うより、新幹線の車窓を楽しめ、それなりに充実した4日間でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-11 22:10 | | Comments(2)


冬の東北6県のグルメツアー (その1、 秋田、盛岡、八戸/青森)

3/7-10 冬の東北6県のグルメツアーに出掛けました。

JR大人の休日クラブ10周年記念“4日間乗り放題パス,¥15000”を買い、欲で最大限新幹線に乗った。

<秋田> (右:秋田新幹線車窓より)

川反(かわばた)飲食街の居酒屋「秋田杉」で、きりたんぽ鍋と比内地鶏の焼鳥を頼んだ。  

きりたんぽ鍋は、比内地鶏の身、モツ、玉子と地の野菜が入って、良きスープ味で美味しい。

比内地鶏は地飼なので、身が締まりあっさりしているのが売りだが、皮焼きは皮が締まり過ぎてポテトチップみたいだった。

(「秋田杉」のれん、きりたんぽ鍋と焼き鳥, 居酒屋で酒1杯800円は高い)
 

しょっつる鍋を楽しみにしたが、鰰(ハタハタ)が不漁なので、メニューになくて残念。

秋田は地酒も多く旨いが、地方の居酒屋で一杯800~1200円とは、高過ぎる。

<岩手・盛岡>

盛岡冷麺のルーツは平壌で、焼肉と一緒に食べるのが盛岡流みたいです。 (右:岩手山)

駅前の「ぴょんぴょん舎」に入ったが、満席で15分も待つ大繁盛。

盛岡冷麺(¥680)は、家内が気に入って、誰が運ぶかを忘れて土産パックを3セットも買うので、荷物が重くなった。

(「ぴょんぴょん舎」は3階建てだが、超満員、   盛岡冷麺とピビン冷麺)
 

<八戸、青森>

八戸は鮮魚の街で、観光用魚市場・八食センターに行った。

大規模市場で、欲しいものばかりだが、冷蔵できないので干物だけなのが残念。

干しイカ、ほや干し、身欠きニシン、鮭トバ、燻製ニシンを買って、荷物を増やしてしまった。

寿司、海鮮丼は、豪華で美味しそうだが、¥2000~3500-では、水揚げ地の値打ちはない。

(八戸三社大祭の天長地久七福神山車、八食センターの魚は豊富で安い)
 

青森の古川魚市場では、「のっけ丼(¥1080-)」と称して、買い物券を手に市場の店を巡り、好みの魚介を少しづつご飯にのせて味わえる。

ホッキ、ホタテ、赤貝、サーモン、マグロ、鯛、エンガワ、甘エビ、シャコをのせたが、ボリュームがあり美味しく価値がある。

ねぶたセンターで、お祭りのねぶたを見た。大規模で華やかなのに驚き、実物を見なければ解らない。

(古川魚市場の美人店員、 右の具を選んで乗せる「のっけ丼」)
 

(青函連絡船のあった港、黄色が十和田丸で遠くに下北半島、 2014年最優秀賞の”ねぶた”)
 

リンゴほっぺで大根足、もち肌の秋田美人、青森美人を期待していたが、厚化粧、ミニスカート・ホットパンツで、東京と同じなのには趣きが無くて残念。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-10 21:13 | | Comments(2)


沖縄首里城の世界遺産「守礼の門」

(3/5) 骨董が好きだが、残念ながら高価なものはなく、馬鹿馬鹿しいものが多い。

3年前、沖縄に行った時に、再建された首里城(1992年)、守礼の門(1958年)に立ち寄った。

守礼の門の柱の下は、漆は残っているが柱木は風雨に朽ちてボロボロで、触ると剥がれたので持ち帰った。

その後、テレビで守礼の門を見るたびに、倒壊しないかと心配している。

(守礼の門 、     中央右柱下の残骸)
 

25年前に沖縄の石油基地に行き、タンク、消火栓の南側の塗装が剥げているのに気付いた。

沖縄の台風は、もの凄く、風が砂を巻き上げ吹き付けるので、やすりで削ったように塗装が剥がれると聞き驚いたのを思い出す。

沖縄の世界遺産も、風雨と悪い観光客に耐えるのは厳しいそうです。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-05 04:45 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31