根府川ライフ


<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧



根府川でのミカン樹の剪定

1/31 根府川でミカン樹の剪定をしました。

枝を落とすとミカンの収穫量が減りそうで、3年ほどやっていなかったが、繁り過ぎたので剪定することにした。
“小さな枝より大きな枝にこだわり、大胆に枝を落とせ” と言うが、ケチな性格なので難しい。

前日の雨が葉に残っており、作業着もびしょ濡れになり寒く、風邪をひきそうなので、1本だけ仕上げて止めにした。

(剪定前: 枝葉が密集している、         剪定後: 適度な空間がある)


剪定も上手になり、プロと変わらないかと自画自賛。
ミカン栽培を始めたころに木を丸裸にする剪定をして、2本を枯らしたのも昔話になった。

(ミカン栽培を始めたころの剪定, 2008.10: 丸裸、   ご褒美のダイコン鍋)


自分へのご褒美に、仕事は午前で止めて、畑の野菜(白菜、大根、ブロッコリ)で鍋をして海を見ながら過ごした。

大根を、薄く切ってシャブシャブのようにして食べるのが、適度な歯応えがあり美味しい。*
(* 大根を作り過ぎたため、我が家では毎日が大根料理で、研究している。)

日当り、風通しが良くなり、来年は、大粒の甘いミカンが期待できそうです。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-31 16:27 | 根府川とミカン | Comments(2)


上野国立博物館“みちのくの仏像展”と横浜そごう美術館“後藤美術館絵画展”

1/25 上野国立博物館“みちのくの仏像展”と横浜そごう美術館“バロックからバルビゾンまで後藤美術館コレクション展”のハシゴをしました。

1.“みちのくの仏像展”は期待通りの仏像群で、良き展示です。

東北は蝦夷の国で平泉以外は何もないと思っていたが、一木造の落ち着いた表情の素晴らしい仏像が作られたのに驚いた。
平安・鎌倉時代に仏教が陸奥の奥までに布教され、有力者が雪の中を、懺悔し繁栄を祈る姿を思い浮かべた。

(国立博物館“みちのくの仏像展”、 三大薬師如来、11面観音など, パンフレットより)


24体の仏像(国宝1、重要文化財8)だけで、拝観者も少なかったので、ゆっくりと鑑賞できた。

1/18のNHK日曜美術館「みちのくの仏像」で、庶民が厳しい自然の中で飢え凍えながら、信心する素朴な仏像が面白く、1人静かに巡るのも良いかと思いました。

(中国が返せと騒ぎそうな東洋館・唐時代の石仏・壁仏は見事、  上野公園スプレー絵描きのパーフォーマンスも見事)


2. “バロックからバルビゾンまで山寺・後藤美術館展”

ヨーロッパの絵画(聖書の物語、肖像画から自然派、16-18世紀)の97点は、画風の流れが解り、それなりに面白い。

知っているのはコロー、ミレイ?、クールベだけで、知らない画家が世界に多いのを悟った。

聖書、肖像、静物画より田園、風景画のほうが解り易く好み。

後藤美術館は、山形の実業家・後藤季次郎が、山形・山寺の近くに平成6年開館したそうだが、これだけのお宝を何で儲けて集めたか、解らなかった。(少し怪しい?)

3. 欧米の美術館の入場料は、無料または安いが、日本は1000~1600円でも、混んでいるのが不思議です。
特別展も敬老無料、割引を設定して欲しいが、割引が無くても入場者の殆んどが老人の優雅な国になりました。似非文化人?


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-25 21:06 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)


生麦の立飲み居酒屋「大番」

1/15 生麦の立飲み居酒屋「大番」で、4年ぶりに飲みました。

闇市から発展した魚河岸が近いので、京急生麦、花月園周りには、労働者向けの鮮魚居酒屋が残る。

一品が300円程度なので、ウニ、岩牡蠣(500円)を注文すると、周りの客が羨ましそうに一斉に目を向ける。

鮪中おち、アコウタイ塩焼などをドンドン頼んだ。

(岩牡蠣、マグロブツ、ブリ刺身、ブリ大根、ブリカマ焼)


派遣先の若者と一緒で、これに負けじとビール、日本酒も頑張って飲んだが、立飲みなので酔いの進みが遅い。

人生の大先輩の顔をして顧客への接し方などを諭し、ストレス発散できたので、ご馳走した。それでも、酒も安くて 6000円。

また来ようと言ったら、「是非お願いします!」と答えたが、本当か疑問です。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-16 05:31 | 仲間、飲み会 | Comments(6)


下関、長府、防府の歴史探索

1/9-11 下関のフグに合わせて、長府、防府、柳井の歴史探索をしました。

関門海峡に面する唐古市場は、海の幸が溢れて見るのが楽しく、時間の立つのを忘れる。朝から豪華海鮮セット(¥2000)を食べて、先づはご機嫌。

(唐古市場、   唐古市場の豪華海鮮セット)
 

下関は日清戦争の下関条約講和の場など明治の建物が残り、往時の繁栄が偲ばれる。

(平家が滅んだ壇ノ浦関門海峡の流れは速い、伊東博文/李鴻章の下関条約締結の場)
 

また、下関、長府、防府には、明治維新に散った志士400人の招魂場(桜山神社)、奇兵隊挙兵の寺・功山寺、鋳銭司の大村益次郎の墓、高杉晋作・奇兵隊の墓などがあり、維新の中心の場だとよく解る。

(維新に散った吉田松陰など志士400柱の招魂場、 東行庵の高杉晋作の墓)
 

(岩国の錦帯橋の木組みは見事、 柳井の明治創業・佐川醤油屋の木組みも見事)
 

武家政権の始まりと終わりの歴史の場である、壇ノ浦の戦い、馬関戦争を見守った関門海峡を感慨深く眺めた良き旅でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-12 21:42 | | Comments(4)


下関の本場ふぐ料理

1/9 下関に本場のふぐを食べに行きました。

テレビで下関唐古市場のふぐ刺身丼がおいしそうだったと家内の話で、下関まで出掛けた。

ふぐ丼だけでは寂しく、偶々ホテルに格安のふぐコース(*ふぐ8種料理, ¥4500)があったので、注文した。
*刺身、煮こごり、明太子あえ、唐揚げ、西京焼、ふぐちり、茶碗蒸し、雑炊

テッサ(刺身)も皿に分けて供されるので、奪い合いがなくてよい。
”ひれ酒”も飲むことができて、久しぶりに穏やかに満足した食事が出来ました。

 

ふぐといえば、長崎上五島で船の仕事があったときに、すし屋”すし徳”で食べた刺身と箱ふぐ1匹の味噌焼き”カトッポ”が、安くて美味しかったのが忘れられない。

機会があれば、ぐるめ旅行で行きたいが、島の石油基地の人も世代代りなのが残念。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-10 06:02 | | Comments(2)


箱根の浅間山と鷹巣山の初歩きと箱根駅伝

1/3 箱根新期外輪山の浅間山(802m)と鷹巣山(834m)を初歩きしました。

箱根登山鉄道・小涌谷~千条の滝~鷹巣山~浅間山~鎌倉古道(湯坂道)~箱根湯本の3.5時間コース。

遭難しても静かに逝きたいので、丹沢に行くと言って家を出た。
山道は、元旦の雪が残り、極寒で、道を間違えたら夜は凍え死にそうなので、意に反してグチャグチャ雪道を慎重に歩いた。

山頂で奈良の銘酒「鬼ごのみ」をお燗し、餅を焼き海苔餅にして、静かに新年を祝った。

(奈良・三輪のしぼりたて原酒「鬼ごのみ」、 浅間山頂上にて)


眺望が無いのが残念だが、鎌倉古道の石畳は風情があり、霜柱をサクサク歩くのは気持ちよく、適度な初歩きでした。

箱根湯本そば屋"はつ花"のとろろ蕎麦と生ビールを楽しみにして行ったが満席で入れず、JR小田原駅ホーム”小竹林”の小田原梅そばと缶ビールにしたものの美味しい。

(大繁盛のそば屋”名代はつ花”、 曽我の梅5年物付き小田原梅そば,¥350 、かき揚げのお年玉付きで更にお値打ち)


(箱根駅伝復路の駒大・西沢の力走、  ”箱根のお月さま” 菜の花の美人売り子の応援)


朝は、箱根湯本駅前で箱根駅伝復路のランナーの応援ができてラッキーで、また、蕎麦も安上がり(ビール込み; 2000円⇒481円)に済んで、新年は金運にも恵まれそうです。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-03 15:17 | | Comments(2)


鎌倉・円覚寺の初詣と今年の運勢

1/1 鎌倉・円覚寺に初詣をしました。

鶴岡八幡宮は人で溢れるが、円覚寺は人も疎らでユックリお参りができました。

臨済宗の禅寺なので、早朝から極寒の中を修行僧が掃除をし、静寂な雰囲気がすこぶる良い。

暁天座禅会が毎日あるので、今年は月に一回は参禅するかと思ったが、朝6時は寒くて厳しそうなので、暖かくなってからにするかと安易に考えた。

(朝日に輝く円覚寺、   仏殿の宝冠釈迦如来,弘安5年と龍の天井画)


山から登る朝日を拝み、梵鐘楼からは富士山が眺められ、新年早々縁起が良い。

正月の円覚寺は参拝料(¥300)が無料で、また、おみくじを引いたら大吉で “争いごと:思いのまま勝つ”が嬉しく、縁起の良い元旦です。

今年は、思いのまま運がつく1年かと期待しました。

(北条貞時の寄進の国宝梵鐘,1301年、  大吉おみくじ;ひそみ居し淵の龍らも時を得て雲井に登るかげのめでたさ ⇒ 既に遅い!)
<

ご訪問者の皆様へ
ご訪問の皆さまが、ご家族ご友人を含めて幸せで健康な良き1年でありますことを祈念いたします。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-01 10:09 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31