根府川ライフ


<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧



倉敷の秋景色と稲田 (倉敷その2)

9/27-28 倉敷郊外をドライブして秋の風景を楽しみました。

萩、彼岸花が咲き、稲田の穂が垂れるのを見ると、秋深しです。(右:倉敷・萩の花と大原美術館)

稲田は、所々に雑草が稲より高く茂っているのが目立ち、高齢化で、田の手入れも出来ないと思った。(右下)

 
ところが、稲粒、雑草種、藁を比重差で選り分ける最新の技術を使い脱穀すると聞いて驚いた。
雑草枯らし剤、農薬を使わない自然栽培と称して流行っているそうです。

昔の農家は「朝は朝星 夜は夜星」で働いていたが、昔の相撲取りの「1年を20日で 過ごすいい男」に、米作り農家が近くなってきた。

(穂が垂れはじめた豊作の稲田、   雑草が一杯の稲田)


米作は、主食の自給率などの名目でのJAの政治力で、定年無しの兼業で充分な生涯収入があり、過剰に保護されている。米の備蓄を広げて、凶作の時は3年古米も食べれば、生きていける。

主食が、パン、うどん、素麺より高いのは異常で、我が家ではコシヒカリ、ササニシキなどの高級米は供されたことが無い。

過大な保護政策を改めて、競争原理で経営させる必要がある。減反補助など即やめて、麦、ソバをつくればよいと考えました。


[PR]
by akiotakahashi | 2014-09-30 21:33 | | Comments(4)


倉敷方面の日本近代化産業遺産(高梁川取水門、金光駅、吹屋銅山坑道、井原日本綿布)

9/27-28 倉敷方面の日本近代化産業遺産4件を巡りました。

1. 倉敷市・酒津の高梁川取水樋門
干拓地の洪水・旱魃対策用水、工業用水に高梁川の水と取り入れて各地区に送る水路は、大正14年に完成した。運河用水の土木遺産は、永久に利用できて社会に役立つのが良い。
40年前は、酒津は桜の名所だったが、樹が古くなり落ちぶれたのは残念です。

(酒津の高梁川取水樋門と用水路)


2. 浅口市・JR 金光駅
外見は今風の駅だが、プラットホーム、渡り跨線橋のギリシャ風の門柱、ホーム屋根鉄骨が大正の建築のまま。
構外からフェンスに登って写していたら、駅員に咎められた。目的を話すと、親切に駅構内を案内してくれた。

(金光駅、  大正四年鐵道院の鋳型刻印がある跨線橋門)


3. 高梁市・吉岡(吹屋)銅山の笹畝坑道
江戸時代からの銅山で、明治以降は三菱金属が継ぎ、昭和41年に閉山したが、日本の近代化に大きく貢献した。
300mの坑道見学通路があり、掘削坑道、穴は広大で、斜坑、縦穴も残り大規模な鉱山だったのが解る。鉱山で栄えたベンガラ(Fe2O3)で塗った朱色の吹屋の街並みも美しい。

明治33年できた吹屋小学校は見事な木造校舎です。吹屋は、世界遺産の資格がありそう。

(今も作業している吹屋銅山笹畝坑道、  ベンガラで塗った朱色の吹屋町並み

(左右対称の吹屋小学校校舎、2年前に廃校となった


4. 井原市・日本綿布の紡織工場
大正6年創業の綿織物の工場で、染色から織布までの生産を続けている。(今はジーンズ)
事務棟を含めた産業遺産の工場に入れないのが残念だが、煉瓦の煙突と古い工場建屋が長い歴史を物語る。



8年前から経産省は、近代化産業遺産を認定しており、既に1000件を超えている。
エネルギー産業で食べさせてもらった縁もあり、日本の産業遺産を巡るのも面白いかと考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-09-28 21:29 | | Comments(2)


甲斐大泉「自然屋」の田舎料理と秋の風景

9/22-23 甲斐大泉「自然屋」に山菜などの田舎料理を食べに行きました。

山菜の天ぷらが山盛りの噂の店で、一度は試さねばと思っていた。

(八ヶ岳を背景にした黄金の稲田)



朝7時に出発して11時に着いたが、既に外で並んでいる人気の店。初めてなので、アマゴの刺身のついた自然屋八ヶ岳定食(2500円)を注文した。

キノコ汁が特に美味しく、茸・山菜の天ぷら、茸おろしなど豪華メニューに大満足で、奥さんも明るく気持ちの良い店でした。

豊作の黄金色の稲田が、八ヶ岳を背景に美しい。


(11時でも自然屋と仙人小屋まえは席待ちの混雑、 自然屋の定食)



翌日(9/23)も快晴だったので、入笠山ゴンドラで1780mまで上がり、入笠山湿原を散策した。
湿原は草紅葉で、リンドウの花が一面に咲き誇り、既に秋は深い。

(八ヶ岳を望む入笠山ゴンドラ、      入笠山湿原のリンドウと草紅葉)



泊りの蓼科の保養所で、仙台で一緒だったSHに22年振りに遭遇した。
少し太り、昔の鋭さは無くなったものの、相変わらず元気で、昔の楽しい良き時代を思い出させてくれました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-09-23 21:47 | 趣味(グルメ) | Comments(4)


江の島の裸弁財天と歌碑

9/14 江の島に曽祖父の歌碑があると、母が言っていたのを思い出し、バイクで確かめに行った。

江の島の参道は、年末のアメ横みたいに人人人の大混雑なのに驚いた。

折角なので、江の島最奥部にある日蓮も修行した岩屋洞窟まで散策した。(波の浸食でできた洞窟が隆起した奥行き208mの岩屋で、富士の氷穴に続いている云い伝え。500円)

(雲で富士山が見えずに残念,  稚児ケ淵より)


(大混雑の江の島、   観光地にしても天然岩牡蠣2000円、蛤2ヶ 800円は高すぎるが、売れるのが不思議)



江島神社に裸弁財天を詠った碑の説明看板があった。

「さながらに生けるが如く身まつりぬ 御神ながらも肌ゆたかなり(沼田頼輔)」

拝観料が安かった(150円)ので、裸弁財天を拝んだが、確かに素っ裸の生けるが如くの弁天さまでした。

(日本三大弁天、江島神社の裸弁財天, 江島神社ホームページより、   沼田頼輔歌碑の説明)



沼田頼輔を調べると、歌人でなく、紋章学、日本古代などの研究をした歴史学者で、昭和9年に没しているので面識はない。
生まれ(慶応3年)は、神奈川宮ヶ瀬村の農家なので、かなりの努力家と推測し、この血が曾孫で途切れたのが残念。

バイクで来たのを忘れて、ビールに鯵のたたきとサザエ壷焼きを食べようと思ったが、大混雑で食堂にも入れなかった。

飲酒運転をしなくて済んだのは、弁天さまのご利益でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-09-14 15:11 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)


倉敷の工場に出張

9/9-10 倉敷の工場に出張がありました。

飛行機に乗るのは2年ぶりで、窓から下界を見下ろしました。先月登った南ア地蔵岳のオベリスクを探したが、判らずに残念。

それでも、南北アルプスの山々、琵琶湖、敦賀湾の景色を楽しみました。

(エンジンの上あたりが赤石山脈の地蔵岳オベリスク、   岡山駅の700系新幹線、早朝なので人も少ない)


J社社員クラブの懇親会に出席したが、旧M社の元若者がそれなりの立場になっているのを見るのは嬉しく、業者の立場でも、先輩を立ててくれる気遣いも有り難い。

帰りは、5時半倉敷駅を発ち、車窓からの眺めを楽しみながら、朝からビールを飲んだ良き出張でした。

(夜の懇親会、        朝のビールと三好野の季節弁当、      昼のご褒美の焼肉とビール)



久し振りに仕事をしたので、自分へのご褒美として高級焼肉店で焼き肉/ビールの昼飯にしました。


[PR]
by akiotakahashi | 2014-09-10 19:32 | | Comments(4)


山の映画「クライマー パタゴニアの彼方へ」

9/4 MM21の映画館で「クライマー パタゴニアの彼方へ」を鑑賞しました。

南米パタゴニアの絶壁のセロトーレ山(3128M)に若い2人が、フリークライミング(ボルトを埋め込まないで手足だけで登る)で登攀する物語だが、単調で半分寝てしまったのが残念。

ボルト、ハーケンもないのに、命綱の支えをどうしてセットしたのか不思議だが、素手で岩をつかみ、ピッケルで支える危険な岩登りです。

(この絶壁を道具を使わずに登攀するのがスゴイ、 中央の尖塔がセロトーレ山、           ガラガラの館内)


ヘルメットにカメラをつけて撮影しているのは素人っぽいが、迫力があり、ヘリコブターから撮影した山と雪と湖などの映像が素晴らしい。

入社当時、山男のKYから岩の隙間に拳を作って支えにして血だらけで登ると聞き、本当かと驚いたことを思い出した。酒だらけでなくて山に打ち込んでいたら、それなりの山男になれたかと少し残念。

300の座席に20人ほどの入館で、109シネマMM21も倒産しないか心配してあげました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-09-04 21:45 | | Comments(3)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30