根府川ライフ


<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧



100名山達成「八ヶ岳・赤岳」の記念登山

9/28-29 みどりの会FI氏の日本100名山達成の「八ヶ岳・赤岳(2899m)」の記念登山に参加しました。
仕事を持ちながらも9年の短期間で制覇する気力と執念が素晴らしい。

(100名山達成記念写真)


赤岳山頂では13人が集まり、記念写真、記念品贈呈、ワインで乾杯とお祝いし、山頂にいた若者達も褒めたたえてくれた。

稀にみる好天で、山頂からの360°の大パノラマは、富士山、南アルプスは勿論、中・北アルプス、越後駒ヶ岳、妙高山、浅間山などが見られる眺望も花を添える。

(赤岳山頂の眺望、   祝賀のワインで乾杯、事故防止に一人100mlに制限)


八ヶ岳は中央高速を走るたびに鋭い岩壁をみて、登りたいと思っていた。

美濃戸口から行者小屋(宿泊1500m)、翌朝の赤岳頂上(2899m)までは気楽だったが、下山の赤岳~阿弥陀岳(2806m)~御小屋山(2137m)~美濃戸口は、急斜面と長行程の歩行で厳しかった。
それでも、何とかついて行けたのはスポーツジム皆勤の効果で自画自賛。

(行者小屋での生ビールでの宴、   転倒防止に慎重なSM氏の岩場での険しき登山)


帰りは酒好きのKBさん運転の車に乗せてもらうので、山を降りて温泉”もみの湯”から出ても生ビールを我慢した精神力に自画自賛。

八ヶ岳は、都心から近い人気の山で、若い山ガールも多く、他の連山もやってみるかと思いました。

(芸術写真のつもり)


ご興味あれば、picasaweb写真をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-30 03:56 | | Comments(5)


地方の豊かな生活と生活保護 “アリとキリギリス”

9/14-23 奈良、岡山、高知をドライブし、地方の方が生活は豊かだと実感しました。



岡山・井原のブドウ直売店は近隣から買い物に来るが、900円のブドウ房、3000円の箱入りをいくつも買うのに驚いた。(我が家は、ささやかに380円パック入りバラ粒)

笠岡のベイファームでも、2000円の鯛やワタリガニを地元の人がドンドン買う。(我が家は、ささやかにメバル4匹1200円)

岡山・井原のブドウ畑とブドウ直売店、  笠岡道の駅”ベイファーム”の鮮魚


考えてみれば、公務員給与、最低賃金、生活保護の支給が同じで、農業補助があり、野菜などが自給できるのでは地方生活に余裕があるのは当たり前。

一方、朝日新聞(3/6大阪版)によると;
子供2人シングルマザーの生活保護支給額は29.3万円だそうです。
(内訳: 生活扶助 22.0万円、住宅扶助 5.4万円、教育扶助 1.9万円)

アサヒ得意の、生活保護費減額の批判記事だが、携帯電話代2.6万円、娯楽・交際費5.1万円、貯金1.5万円で、エンゲル係数も20%以下なのがお笑い!(日本平均23%、我が家25%)
 (右:朝日新聞切り抜き、netより)

更に、医療費がタダ、税金もタダでは自立する気にならない。

“アリとキリギリス”を聞かされて育ったが、一番恵まれているのは、地方の怠け者の生活保護者かと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-25 21:40 | その他 | Comments(4)


室戸岬の室戸ジオパークと海洋深層水風呂

9/22-23 室戸岬に倉敷から徳島、日和佐海岸を通りドライブをしました。

室戸半島は、地殻プレートが動くために地盤が隆起・沈下して形成された地質、地形が特異で世界ジオパークとなっており、化石の入った石や隆起した様々な岩石が興味深く面白い。

家内にとっては、海岸線の風景もジオパークも興味はなく、また、海岸に近いホテルの13Fの部屋はオーシャンビューでなく更に不興。



砂岩/泥岩層の岩脈と室戸岬灯台、   弘法大師空海が修業し悟りを開いた海蝕洞”御厨人窟”


室戸沖では数千年かけて深海を巡る深層水が湧昇しており、20mの深さから産業用にパワー水としてくみ上げている。ホテルには、よさこい温泉のほかに海洋深層水風呂があり、パワーをもらった。

白装束のお遍路さんが沢山歩いており、落ち着いたら懺悔の88ヵ所巡りも良いかと思いました。
9/14-23まで連休だったので、明日から暫くは半ボケで時間を潰すことになりそうです。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-23 23:54 | | Comments(4)


備中の歴史探索(備中国分寺五重塔、古代山城・鬼ノ城、矢掛)

9/20 備中岡山の歴史探索をしました。
岡山西部は、古代吉備国の中心で、古墳、寺社遺跡などの文化財が多く残る。

1. 黄金の稲田と備中国分寺五重塔
聖武天皇の勅命により建立された国分寺で、高さ34mの五重塔が吉備路の田園風景と調和して美しい。
45年まえは寂れていて、鍵を壊して中に入ろうとして失敗したのを思い出した。

備中国分寺五重塔(江戸時代再建)と黄金の稲田


2. 古代山城・鬼ノ城
西日本には30の古代山城が残り、吉備平野を見下ろす400m山頂に周囲2.7kmの鬼ノ城がある。
唐・新羅との白村江の海戦(663年)で大敗し、国土防衛のために築かれた。
こんな所に城を作っても役に立つか疑問だが、古代ロマンがある。

鬼ノ城西門(遠く瀬戸内海・四国も望めるそうです)、  排水用水門


3. 井山・宝福寺
鎌倉時代建立の名刹禅寺で、総社終身の画聖雪舟が少年時代に縛られたまま、足を使い涙でネズミを描いて和尚を驚かしたので有名。
ここの湯豆腐が美味しかったのを思い出す。

雪舟がネズミを描いた宝福寺方丈、  1376年建立3重塔


4. 矢掛町の歴史町並み
旧山陽道の宿場町で、本陣、商家などの町並みが残り、旧脇本陣高草家は両替商、庄屋で立派な数奇屋屋敷が立派です。

矢掛出身の同姓の先輩がおられたのを思い出し、意外と良き家系だったかと見直しました。(右:矢掛脇本陣高草家)

備中には、石器・縄文・弥生時代の遺跡も多くあり、家内の実家で自給自足の原始生活をするのも面白いかと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-21 14:24 | | Comments(3)


東大寺大仏殿の原型”喜光寺”本堂

9/18 大和西大寺の”喜光寺”に参拝しました。

ここは行基が創建し、入寂した寺で、東大寺大仏殿の原型として”試みの大仏殿”として知られるそうです。

ご本尊の阿弥陀如来(平安時代、1丈6尺)の容姿は穏やかな中々の仏様です。

撮影禁止の表示がなく参拝者もいないので、遠慮なくシャッターを切った。

(ご本尊の阿弥陀如来、  行基菩薩像、  財宝の神”宇賀神”,パンフレットより)


ここには人頭蛇身の神”宇賀神”が秘仏され、財宝の神様と聞き念入りにお祈りをしました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-20 16:13 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)


名張の香落渓温泉

9/16-17 台風18号の大雨の中を、伊賀名張の青蓮寺湖の香落渓温泉に浸りました。
母も衰えて一緒に温泉に行くのも最後かと手配した。

伊賀山中の稲田は、黄金色に染まり、畔の彼岸花が映えて美しい。
台風の大雨で田畑が水没し、収穫前の米、野菜が全滅になったら気の毒です。

棚田風景が美しい


鈴鹿の山々からの日の出見ながらの朝風呂、   松茸料理


土瓶蒸し、茶碗蒸し、松茸ご飯が供され、松茸を数年ぶりに食せた。
湖を見下ろし、鈴鹿の山々を眺めながらの露天風呂は気持ちよく、ストレス発散ができました。

親の年金を当てにした温泉に気が引けるが、墓に持って行けない金を使うのも親孝行かと・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-18 17:13 | | Comments(3)


神奈川歴史博物館「神奈川県庁本庁舎(キングの塔)とかながわの近代化遺産」特別展

9/11 横浜馬車道の神奈川県立歴史博物館での特別展「神奈川県庁本庁舎とかながわの近代化遺産」(シニア料金100円)を見に行きました。

横浜には明治、大正、昭和初期の近代化建築があまた残るが、横浜のシンボルでもある神奈川県庁は、昭和3年竣工の4代目庁舎です。

(パンフレット、  神奈川県庁本庁舎・キングの塔、     建設中, 鉄筋コンクリート構造  ・・・netより)


1923年関東大震災で壊れた県庁再建を設計競技(コンペ)でおこない、小尾嘉郎(26)の五重塔をモチーフにした設計図が採用され、戦時の空襲にも耐えて残り、85年経ても現役の近代化遺産。
当時のコンペ提案作品、設計図、写真、飾り、調度品、錦絵などが展示されて興味深い。

県立歴史博物館自体も、明治32年竣工の旧正金銀行本店で、重要文化財の見事な建物です。 
(右:県立歴史博物館, 補強レンガ・石構造)

神奈川の近代化遺産建築のパンフレットによると、横浜には38棟の近代化建築が残っており、これらを制覇するのも面白いかと思いました。

昼休みに出掛け昼食を逸したが、暇で頭も体も使わず、新陳代謝も衰えたシニアなので、全く支障はありませんでした。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-12 04:08 | 趣味(骨董、美術) | Comments(6)


リンゴの回転式皮むき器

9/8 リンゴの回転式皮むき器(1250円)をホームセンターで見付け、梨で試しました。

セットした果物の回転に合わせて、刃をスプリングで抑えながら連続式にむく仕掛けで、皮が途切れることなく繋がるのが優れる。

左:高性能果物の手動回転式皮むき器
右:7年前に中国で買った電池式皮むき器(刃が振動してスムースに切れる)と最近買った刃が曲がった皮むき器(野菜向き)



手先が不器用なので皮むきが苦手で、好物の梨の皮むきを家内に頭を下げて頼むのも嫌で、食べたいのを我慢していた。
これから美味しい梨・リンゴは大丈夫だが、柿、トマト、ジャガイモにも使えれば言うことはない。

これで一人になっても十分に生きていけそうな気になりました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-08 19:57 | 趣味(グルメ) | Comments(2)


渋谷での集まり

9/6 渋谷のインドネシア料理店「アユンテラス」で同期仲間5人の集まりがありました。
5月に集まって料理が美味で珍しく好評だったので、幹事MDが同じ場所に設定してくれた。

早く渋谷に着いたので、渋谷センター街から少し入った路地のカエル、蛇などを食わせるゲテモノ中華店に通ったのを思い出し探した。路地は大変わりで、不潔な店も消え50年近い時の流れを感じた。


9/4最高裁で憲法違反判決があった婚外子の相続についての話もあった。
“親の介護は無縁で相続だけ平等なのは問題。不倫・重婚の奨励だ。少子高齢化には良いが騙されるシニアが増える。そもそも最高裁裁判官が大衆迎合だ。“ など概ね否定的。また、本件で奥様と争っているのはいないのは幸いでした。

水島・本社でお世話になったOGさんが亡くなったと聞きご冥福を祈るとともに、残る時間の使い方が大切だと思いつつも、浮世・現金に執着のあるのに自己嫌悪です。

「おほかたよろずの仕事はやめて、いとまあるこそ、めやすく、あらまほしけれ (徒然草)」

最近は一緒に飲んでくれる相手もなく、久し振りに楽しく過ごせた夜でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-07 04:19 | 仲間、飲み会 | Comments(3)


石橋の合戦「石橋山古戦場」跡地と佐奈田霊社

9/1 源頼朝が挙兵した初戦で大敗した「石橋山の合戦(1180年)」の跡地を訪ねました。

小田原と根府川間の崖上にあり、頼朝以下300名と大庭景親の軍勢3000名との戦いで、頼みの三浦の軍勢は増水した酒匂川で川を越えらずに大敗した。

25歳の若武者佐奈田与一は敵将をねじ伏せたが、血で固まって抜けなくなった小刀を必死に抜こうとしている間に別の武士によって殺された。

(与一塚と佐奈田霊社、   真田与一と俣野五郎・武勇高名組討錦絵, 歌川芳艶


佐奈田霊社は、“与一がのどに痰が詰って声が出ず、味方を呼ぶ声が出なくなった“伝えから、たん、咳、ぜんそく、声に霊験があるとして知られ、霊薬(のど飴)が売られているのも面白い。

伊豆から出てきて、何故こんなところで戦をしたか解らないが、相模湾を見下ろす風光明媚な崖の上の古戦場跡でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-01 19:35 | 根府川とミカン | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30