根府川ライフ


<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧



関東大震災での根府川の山崩壊

7/27 根府川のミカン畑でスイカの収穫と草取りをしました。

根府川は大正12年関東大震災で、山崩れにより海抜55mの駅舎と停車していた客車が海に流され112人が死亡し、近くの鉄橋も土石流により破壊された(村落埋没406人死亡)悲劇の地です。

往時の写真を見つけたので、駅と畑に行く道から比較の写真を撮った。海岸線、半島、山の形状が変わっていないのが面白く、地球悠久の歴史の中では、90年も一瞬です。

(山崩れで埋まった根府川駅、   今の景色、海丘の悠久の風景は変わらない)

(白糸川の土石流で埋まった村落と流された根府川鉄橋、  今の景色、危険は変わらないが住宅が密集)

(写真:日本鉄道旅行地図帳フォトライブラリーより)

「・・・ 昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなむ この命なにを齷齪 明日をのみ思ひわづらふ・・・百年もきのふのごとし・・(藤村・千曲川旅情の歌)」

更に短い人生は儚く、富貴栄華もつまらないもので、あくせく働くのも意味がなく、何時死んでも良いかと思いました。

それでも、今地震があったら、津波は大丈夫だが、山崩れはどうしたら助かるか、家族は泣くかなどを考えるのが俗人です。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-27 17:18 | 根府川とミカン | Comments(4)


東京地方裁判所からの封書

7月初めに東京地方裁判所から封書が届いた。

今までの悪事がバレたかと恐る恐る開封したら、破産通知で更に驚いた。

自己破産でなく、アルバイトしていたW社の破産手続開始通知と債権者集会の案内で安心。

ベンチャー企業の手伝いを1.5年続けて3月に終了したが、半年ほど給与が遅滞していた。社長からの遅滞の連絡に、"何時でもいいです。事業の成功を祈っています。"と調子よく答えていた。

片手間のアルバイトで、給与見合いの仕事もせず60万円程度なので諦めていたが、家内から" 少しでも回収できるなら頑張れ!"と指示があり債権回収の申し込みをした。

一緒に仕事をした仲間に電話したら、契約通りに給与を払えと怒鳴りこみ、4月に支給してもらったと言う。

脅しに屈して不公平に支払う経営者も問題だが、脅せば支払ってもらえたと家内には言えないのが悩みです。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-23 06:26 | その他 | Comments(4)


尾瀬沼散策と大江湿原のニッコウキスゲ

7/19-20 尾瀬も花の季節でニッコウキスゲを期待して、夜行日帰りバスを使って尾瀬沼を一周歩きました。

(大江湿原のニッコウキスゲ, 一つの花は1日しかもたない儚さよ・)


朝5時に大清水に到着し尾瀬沼に向かった。人気のないルートなので、人も少なく、曇り気味で涼しくて爽快。
自由時間が10時間あるので、燧ヶ岳に登るかと沼尻平まで急いだが、無理がありそうなのが解り諦めた。

ニッコウキスゲは沼尻平ではチラホラだったが、大江湿原は5年ぶりの大開花で燧ヶ岳を背景に実に見事でした。

(尾瀬沼の朝、    逆さ燧ケ岳)

(沼尻平にて、    茶店のイワナ塩焼き)


快調で11時半には、大清水に早く戻ってしまい、茶店で3時間以上粘ったので、ビールと持参のウイスキーでかなり酔っ払った。

ワタスゲ、トキソウ、カキツバタ、ヒツジクサなどの花々も楽しめ、家庭、会社でのストレス発散が出来ました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-20 23:38 | | Comments(5)


野菜畑での猿の見張りと座禅

7/13-14 根府川野菜畑で猿の監視のために泊まり込みました。

この4年スイカを植えているが、猿に完熟待ちを食べられ一度も収穫したことがない。小玉スイカが順調に育ち、センサー警報をつけてはいるが、念のため猿の見張りに行き、簡易テントと蚊除けネットを設営した。

日が暮れるまでに焼肉とビールで腹を満たしたあと、ロウソクの灯の下で焼酎を飲んで時間をつぶした。



それでも8時半なので座禅をするかと思い立ち、海に向かって座ったが、酒が入りふらふら揺れるのが気持良く、心落ち着くことを発見した。

日本の座禅は結跏趺坐して背筋を伸ばし、動かないが、中国では坐りはするが自由に体を動かしているのを思い出した。

(相模湾の日の出、4時50分)


凡人には無念無想は難しく、今までの恨みつらみ・悪行が次々に湧きだし、達磨祖師が9年間洞窟で壁に向かったと云うが、気を抜くときもあったかと考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-14 22:14 | 根府川とミカン | Comments(4)


7/4-6 釜山ツアー(その2)  番外編

食べるだけでなく釜山の寺や、街の雰囲気を・・

1.釜山郊外の梵魚寺(プサム)
678年創建の禅寺総本山だが、秀吉の朝鮮征伐で伽藍が放火されたが、再建され多くの文化財が残る。
禅寺らしく山中にあり荘厳で、仏殿の構造、彫刻、装飾も優れる。多くの信者が、堂内で三拝し経を読んでいる姿は、日本と真面目さが違う。

(梵魚寺(プサム)、  多くの塔頭に籠り経をあげる信者が多い)


2.日本の侵略
ソウル日本大使館前に従軍慰安婦像が置かれ、容認している韓国政府もレベルが低い。
秀吉の朝鮮征伐、日本軍侵略で破壊略奪をしたのも事実だが、釜山でも記念碑、記念館が多い。
①破壊略奪したもの:梵魚寺(秀吉の朝鮮征伐で放火)、金井山城(日本陸軍が城門破壊)
②記念碑館:釜山近代歴史館(日本侵略がテーマ)、龍頭山公園李舜臣像(秀吉水軍撃退:右)、三・一独立運動記念碑(1919.3.1の日本統治の独立運動)、烈士祠(朝鮮征伐の無名戦士の記念祠)

こんなのを残していては反日感情が続くのは当たり前だと思った。既に時効だ!

3.韓国人
街の若者はおしゃれで、食堂でも豪華に注文しており、豊かな国になっている。
地下鉄の優先席は混んでいても席は空いており、当然の顔をして座った。老人がいると必ず若者は席を譲る儒教文化に感心した。整形率が60%だと聞いたが、技術レベルが高く識別できない。

日本は、先人の努力で豊かなだけで、安易で利己的な生活に浸っているが、韓国、中国、タイなどに追いつかれるのは時間の問題です。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-07 18:38 | | Comments(4)


韓国釜山のグルメツアー (その1)

7/4-6 韓国釜山に友人とグルメツアーをしました。

3年前に韓国一周ツアーに参加したが、釜山の魚市場チャガルチ市場での自由時間が短く残念でリベンジ。

(未だ客の少ない場外市場、 朝からチャガルチ市場での宴、さんま焼き、チジミをサービスしてくれた)
 

①焼肉(プルコギ)
焼肉店に入り、骨付き牛カルビ、骨付き豚カルビ、サムギョブサル(豚3枚肉)を注文した。韓国人の客ばかりの店だが、肉ごとに網、鉄板を変える気配りに感心し、美味しく満足した。
牛さし(ユッケ)を食べたかったが、言葉が通じず残念。

②刺身
20年前のチャガルチ市場では、生け簀にいる魚を指して、アレコレ注文して、横の机で食べていたが、2階の食堂で食べるシステムに変わっていた。刺身盛りに加えて韓国でも高価なアワビを頼んだ。朝9時で客もおらずに、食堂を独占して、ビール・焼酎での宴を大満喫。
調理魚のあら汁がまた素晴らしく美味しい。量が多すぎて、活けタコ刺身、蟹まで回らずに残念。

(骨付き牛カルビの切り分けサービス、  刺身盛りとあら汁、  アワビ刺し)


③魚の寄せ鍋
魚の寄せ鍋(ヘムルタン)は、魚だけでなく、活けタコとアワビも入る豪華鍋で美味しい。タコの頭を別けて何か言っていたが、鍋でハサミで切ると、墨がでて汁が黒く濁ったのは語学力不足。
また、食べた後に、ご飯と卵を入れて雑炊にしたかったが、言葉が通じずに残念。

④冷麺
口直しに氷の浮かんだ冷麺を2回食べた。素麺みたいな細麺で長いので、ハサミで切って食べるのが面白い。海外では生水は飲まないことにしているが、氷なら食中毒の菌も凍えて弱っているかと自分で納得させた。

(活けタコの入る海鮮鍋、  ハサミのついた冷麺、  街の果物屋でウリを切ってもらう)


次回は、呆けないうちに屋台主体のツアーとし、それまでに韓国語会話を研究して再リベンジを誓いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-06 18:06 | | Comments(4)


川崎の蕎麦屋「そじ坊」

7/3 川崎駅前地下の蕎麦屋「そじ坊」で飲みました。

「そじ坊」は虎の門琴平ビルにあり会社同僚とよく飲みに行ったが、看板が崩した平仮名で読めず、「そば坊」だと、30年間信じていた。

サービスメニューおつまみ2点つき980円は、つまみの質が良く 、身欠きニシン甘露煮と小田原カマボコの2品を注文する。また、仕上げの蕎麦が200円で気に入り、最近はよく行っている。
 

(良く見るとそのまま"そじ坊"だが・・、   サービスセット)


アルコールは、生ビールとそば焼酎のお湯割りを交互に2~3廻りが慣習。それでも3000円程度で質量ともに優れる。

にしん蕎麦は大好きで、蕎麦屋では必ず注文し、京都に行ったときは新幹線駅構内の"総本家にしんそば松葉"で食べるのが楽しみです。

派遣先C社で親しい友人がないので、ほぼ毎日直帰の生活なので小遣いを使うこともなく、これが現役時代なら随分蓄財できたかと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-04 04:49 | 仲間、飲み会 | Comments(3)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31