根府川ライフ


<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧



2012年 根府川の畑作業の仕事納め

12/31大晦日、根府川の畑作業の仕事納めをしました。

畑土の表層と深層を入れ替え寒気に晒す天地返しをした。
天地返しで➀肥料濃度の均一化 ②霜や凍結により土がほぐれ土壌の改良 ➂土壌の害虫の卵や幼虫、病原菌を寒さに晒し死滅 ➃連作障害に効果があるそうです。

スコップで40cm位掘り、土を返すので、なかなかの重労働。

(海と畑を見ながら、一人静かに飲むのは、心休まる。 健康野菜鍋)


午前中に終わり、昼から畑の白菜、大根、ネギ、ブロッコリを切って醤油と柚子で味付けして鍋を作り、ビール・焼酎を飲みながら一人で慰労会をした。

見慣れた風景だが、海は見飽きず、心穏やかになるのが不思議です。

2012年の終わりにあたり、ご訪問者様に御礼申し上げますとともに、来年が良き年でありますことをお祈り申し上げます。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-31 19:07 | 根府川とミカン | Comments(3)


2012年の仕事納め

12/28 C社の仕事納めとバイオ燃料研究会の懇親会で、5.5時間飲み続けました。

納会は、1時から同じフロアで働く250人程度が集まり、乾杯から始まった。ワイワイ騒ぎながら飲めるのは、運転現場を持つ工場とは異なる。



親しいのもいないので本来なら乾杯して帰るが、夕方5時からバイオ燃料研究会の集まりがあるので、4時まで付き合った。

40代を含め最近の若い人は、知識経験も少ないのに、派遣社員とは言え人生の先輩に対して敬意不足だとつい本音を言った。

5時からのバイオ燃料仲間は、品川駅の新しいイーストワンタワーの小洒落た”美食米門”に集まった。

これがまた同年代の我が侭人間ばかりで、チームワークもなく好き放題を言いながら飲み続けた。(右端は触媒の権威FM先生)

それでも、気の知れた仲間とは違うので、ヘベレケ大酔いする雰囲気でなく、電車で乗り過ごすこともなく、8時半に無事帰りました。
久しぶりにかなり飲んだが、自制心が残るところが立派と自画自賛!
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-28 21:42 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


「レ・ミゼラブル」の鑑賞

12/27 109シネマMM21横浜の大型シネマコンプレックスで「レ・ミゼラブル」を鑑賞した。

C社の正社員は、本部長・部長を除き多くが年末年始の長期休暇で、仕事もないので、昼休みに出掛けた。入場料は、もちろん敬老割引で1000円。

映画は5年振りで、200-450の座席がある11スクリーンの大規模システムに驚いた。

子供のころ「レ・ミゼラブル」を読んだことを思い出し、入館した。

貧しさからパンを盗み19年投獄され仮釈放されたあと、銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心するジャン・バルジャンの波乱に満ちた生涯で面白く、家族愛・慈愛・友愛・恋心の場面に、久し振りに泣けた。(鬼の目のも涙)

(受付:すべて座席指定、   フランス革命の10年前の学生たち)


フランス革命の前は、寒さと飢えで民衆が苦しんでいた。明治29年三陸大津波では仮設住宅もなく、間引きされた赤ちゃんや、女郎屋に売られた子女もいたが、生活保護でも優雅に遊んで暮らせる良き国になった。

「抑圧の鎖から解放に立ち上がる」「苦しみの夜明けは近い」などの字幕を見ながら、未だに生き地獄の毎日の苦労を実感した。

昼休みの時間を少し超過したが、偶には映画も良いものです。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-27 21:31 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


上野・東京都美術館、国立科学博物館巡り

12/24 東京都美術館のニューヨーク・メトロポリタン美術館展の優待券を手に入れたが、終了近いので出掛けました。

レンブラント、ゴッホ、ルノアール、ミレー、モネ、セザンヌなどの絵画を含め150点展示されて充実しているが、入場者は少なくゆっくり鑑賞できた。ゴッホの代表作”糸杉” は立体的で迫力あり素晴らしい。

国立科学博物館の前を通ると、牧野富太郎企画展が開催されていた。子供のときは、昆虫・植物採集が好きだったので、懐かしくなり入った。



切符を買おうとしたら、老人は無料ですとの案内があり、免許証を見せてタダで入館できた。
昔の国立科学博物館は、古臭く如何にも国立だとの感じだったが、展示が新しく工夫され変貌しているのに感心した。

上野公園から東京スカイツリーが見える、 コンクリート柱がレトロな感じの御徒町ガード下ラーメン店


国立博物館で中国王朝至宝展をやっているので、これもタダかと思い行ったが、無料は70歳以上なので止めた。

電車賃とラーメン代だけで、久しぶりに文化的で知的な充実した1日が過ごせた。

フリーになったら毎日、科学博物館と動物園(65歳以上300円)、70になったら国立博物館を追加して巡るのも、足の鍛錬、ボケ防止に良いかと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-24 20:38 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


横浜みなとみらい地区ライトアップ「TOWERS Milight」

12/21 横浜みなとみらい地区で高層ビルを全館ライトアップする「TOWERS Milight」に出掛けました。


  (写真:公式ウェブサイトより)

6月から横浜みなとみらいで働いているが、街を歩くのは初めてで、汽車道を通り赤レンガ倉庫まで一人で歩いた。

全てのオフィスビルが明るく輝くのは、綺麗で見事ですが、ホテル客室の窓が暗いのが残念。

23,000kWh(原発1基の2-3%相当)の電力消費は、1晩(5時間)で400万円程度の電気代で、ライトアップが好きなのは後進国か、景気対策か、無駄遣いか、海外の貧困の子供に寄付すべきかなど考えた。

帆船日本丸もライトアップ、    ランドマーク・クイーンズククエアなど


みなとみらい地区も15年前は、淋しかったが、オフィス・マンション・商業ビルがドンドン建設されて昼夜人出が多くなり、大成功の良き街つくり。

大方は、アベック、家族連れ、職場仲間で歩いており、馬鹿馬鹿しくなり30分ほど歩いて帰った。家族からも孤立している身では、死ぬまで孤独で、3年後も一人でヨボヨボ歩く姿を思い浮かべました。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-22 01:22 | その他 | Comments(3)


伊豆の山(沼津近郊)の忘年登山

12/15-16 M山の会の仲間6人で、伊豆の山に忘年登山をしました。

<第一日目、12/15>
冬の雨天の登山は嫌いで止めたいが、民宿の温泉と活魚料理が楽しみで参加した。

駿豆線の大仁駅を10:00に出発し、城山342m、発端丈山408m経由で、沼津内浦の民宿「美晴荘」に辿り着いた。

(城山山頂)


終日雨で、視界は無く、昼も立食いで、登山道も滑り難路だったが、暖かく印象深いコースでした。

最高峰発端丈山頂342m、   民宿の豪華料理を前に乾杯


民宿では、豪華船盛りに加え、金目の煮付け、車海老の踊り、オコゼの唐揚げなど豪華海鮮料理に一同満足。

金目の煮付け、 車海老の踊り、 オコゼの唐揚げ


<第二日目、12/16>
朝から快晴の中を、沼津アルプスを歩いた。

駿河湾と富士山を望みながらの山歩きは、実に爽快で、大平山356m、鷲頭山392mを走破して、沼津市街に下りた。

(富士山と駿河湾、沼津の眺望は素晴らしく、遠く南アルプスも見える)


沼津アルプス:景色は抜群だが難コース


民宿では、朝から鯵干物・イカの塩辛など豪華料理とビール、昼は沼津の食堂で、桜エビのかき揚げ・太刀魚天ぷら・蕎麦とビール・焼酎、帰りの電車では、節分豆と焼酎で賑やかで、久しぶりにストレス発散が出来ました。

沼津の食堂で乾杯、  JR東海道で乾杯


ご興味あれば、picasaweb写真をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-16 19:15 | | Comments(2)


C社忘年会

12/13 横浜関内の豪華ホテルで、派遣先C社P部の忘年会がありました。

知ったのも殆んどなく、行っても面白くもないので、今まで行ったことはなかったが、家内が留守で食事も無く、会費も安いので初めて参加した。

所属部90人が参加する大忘年会で、一度も話したことの無い若い人たちと話ができ、それなりに賑やかに過ごした。

これも、顧客の安易な外注と甘い査定のお蔭です。



Jエンジ社から若手4人を受け入れているのを知り、顧客と良き関係を繋いで、随契で仕事をもらう企業努力・戦略に感心した。

「来て頂いて感謝しています。体が動くうちは残ってください。」と言われ、リップサービスとは知りながら、その気になる単純な人間です。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-14 06:32 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


Miniエネルギー情報(No.18) GDPと発電量推移

日本は世界3位の電力消費国です。

選挙で、脱原発だ、自然エネルギーで発電は賄える、ロシアからのLNG火力発電で可能だなどと、大衆向けの無責任発言が目立つ。

最近は、GDPの伸びに対して、エネルギー消費量は少ないが、発電量については、民生の電気の伸びが大きいため上回っている。 (下図:比較するため単位を無理して合せた)



中国、インド、ブラジル、アフリカ諸国は、急激な電力消費の伸びを化石燃料、自然エネルギーで賄うのは現実的でなく、原発の建設が加速するのは明らか。



選挙は、「原発ゼロで生まれ変わる日本」と綺麗ごとでなく、科学的で、現実を見据えたエネルギー政策を進める政党が好ましい。

*仕事が暇なのでBPエネルギー統計(http://www.bp.com/)を開いて、 日本のエネルギー状況を開発途上国と比較して整理しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-11 06:02 | エネルギーと環境 | Comments(3)


倉敷の街

12/5-6 倉敷のJ社工場に出張がありました。

余裕のある日程だったので、旧社の後輩に、一杯をとメールを送ったが返信がなく、親しかったつもりでも煙たがられていたかと、失望と少し反省。

午前中に仕事が済んだが、予約変更のきかない航空券なので、長い待ち時間となった。

(大原美術館)


時間つぶしに行った倉敷駅北口のチボリ公園跡地には、巨大なショッピングモール、アウトレットショップ(ARIO)に変身して大賑わいなのに驚いた。
一方、南口の旧商店街はガラガラでシャッター通りになるのも近い。

倉敷駅北口のショッピングモール、  広い食堂も混雑、   ガラガラの南口旧商店街


旧商店街に昔からある“かっぱ”でビール、豚カツ、サラダで2時間つぶしたが、まだ時間がある。
大原美術館(1300円)に入ったが、直ぐに鑑賞は終わり、仕方なく岡山空港に移動した。

倉敷川河畔も寂しい、        喫茶エルグレコと大原美術館


空港レストランでビール・焼酎、鶏焼きで1.5時間粘ったので、可なり酔っ払い、飛行機でトイレに3回も通う羽目になり散々でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-06 21:06 | | Comments(4)


鹿児島・指宿の公衆温泉めぐり

12/1-2 鹿児島出身の友人UDと指宿の公衆温泉巡りをしました。

泊りは、カツオ水揚げ基地の山川港に面した温泉宿で、カツオのたたき、カンパチ刺身、イカナゴ天ぷらなどに満腹した。

山川砂蒸し温泉での、錦江湾に沈む夕日に輝く開聞岳を眺めながら砂に埋もれる砂風呂は格別です。


指宿には20軒の公衆浴場があり、入浴料は300円。明治25年開業の弥次ヶ湯温泉は、本館、湯殿とも歴史を感じさせる。

山川砂蒸し風呂、  弥次ヶ湯温泉:正面が湯治部屋、右が湯殿


湯船から溢れる暖かい湯を背に感じながら、洗い場で寝転がり休むのは、実に気持ちが良い。

薩摩きんつば(菓子)を何処で買うかと話していたら、隣の女湯から「指宿には無いよ。鹿児島の山形屋デパートよ!」と声が掛かるのが大衆浴場で庶民的。

 弥次ヶ湯温泉、   河原の湯温泉:奥の湯船はリハビリのために歩ける立ち湯


5つの湯を堪能し、体がフニャフニャになった温泉めぐりでした。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-03 00:15 | | Comments(5)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31