根府川ライフ


<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧



根府川駅ツバメの子育て、白楽天の「燕詩」

6/24 横浜でも台風の風が強烈だったので、根府川のミカンが仕事中も心配で、朝一で出掛けた。
大樹が2本倒れ一人で起こすのに半日かかりました。小生同様老木なので、回復できるか難しいところです。

2週間前に根府川駅で、雛が巣立ちし親ツバメが寂しそうだったが、雛がピーピー騒いでいるのに驚いた。
観察していると、1、2分毎に夫婦ツバメが餌をくわえて出入りしていた。

(左:6月24日、  右:6月30日、1週間で可なり育った)


10時間労働しているとすると、夫婦で一日600匹の虫を苦労して捕えている親の愛に感動するとともに、都会では虫が少なくツバメがいなくなるのは当たり前かと思いました。

前に見たのは、卵を温めている親ツバメでした。(得意の早とちり)

親心に泣かされる白楽天の「燕詩」の前半を;

梁上有雙燕  梁上(りゃうじょう)に雙燕(そうえん)有り
翩翩雄與雌  翩翩(へんぺん)たり雄と雌と
銜泥兩椽間  泥を銜(ふく)む兩椽(りょうてん)の間
一巣生四兒  一巣に四兒(しじ)生む
四兒日夜長  四兒日夜長じ
索食聲孜孜  食を索(もと)めて聲は孜孜(しし)たり
青蟲不易捕  青蟲(せいちゅう)捕え易(や)すからざるも
黄口無飽期  黄口飽く期(とき)無し
觜爪雖欲弊  觜爪(しさう)弊(つか)れんと欲(ほっ)すと雖(いへど)も
心力不知疲  心力疲るるを知らず
須臾千來往  須臾(しゅゆ)に千たび 來往し
猶恐巣中飢  猶ほ巣中の飢を恐るるがごとし
辛勤三十日  辛勤三十日
母痩雛漸肥  母痩せて雛漸(ようや)く肥ゆ
喃喃敎言語  喃喃(なんなん)として言語を敎え
一一刷毛衣  一一毛衣を刷(ぬぐ)ふ
一旦羽翼成  一旦羽翼 成りて
引上庭樹枝  引(ひき)ゐて庭樹の枝に上る
舉翅不回顧  翅(つばさ)を舉(あ)げ回顧せずして
隨風四散飛  風に隨(したが)ひ四散して飛ぶ

[PR]
by akiotakahashi | 2012-06-25 07:08 | 根府川とミカン | Comments(4)


久留米の朝

6/22-23 久留米での月例行事の技術応援に出掛けました。

夜の久留米も過食気味ではあるが、馬刺し、馬スジ煮込み、カンパチ煮つけが気に入り、連荘で馬刺し店に入った。

朝は、ホテルの1階のレストランで食べるが、外にテーブルがあり洒落ているので座った。

海外のホテルにありそうな海や川に面した花の溢れたテラスでの食事でないのが淋しいが、西鉄高架の下の道路沿いで通行人を観察しながら食べるのも風情がある。

田舎の女子高校生、若き女性もスタイル、化粧は都会と同じで、大都市、地方都市、村の生活レベルが平均化されたかとシミジミ思いました。

車もハイブリッド車が多いのを見ても、地方の方が物価も安く、豊かな生活には断然優位です。
単に生活設計をせずに生きてきたものの僻みですが・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2012-06-24 00:15 | | Comments(3)


高齢者グループの桜木町での集まり

6/12 横浜地区同期会で桜木町みなとみらいに6人が集まりました。

メンバー11人のうち9人参加予定が、今週になり老人病(ギックリ腰、肺炎)で欠けたので6人の参加だったが、これからは一人欠け二人欠けてきそうで、意外と最後まで生き残るかとも思った。

偶々大先輩のKI、KJさんがおられて、同席していたAN嬢も含めて親しく飲めたのが、最大の収穫。



先輩方は優雅な生活ですが、残った若き旧M社メンバーの苦労を意外と解っていないかとも思いました。

来年末には同期全員が65才を超え、心斎橋で刺されていなくなるのが社会の為でもありそうです。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-06-12 22:30 | 仲間、飲み会 | Comments(8)


根府川のミツバチとツバメ, 白楽天「燕詩」

6/10 根府川に3週間ぶりに草抜きに出掛けました。

ミカンの花は既に散って5mmほどの果実が育ちつつある。受粉のために置いた蜂蜜箱のミツバチも、花が少なくなり可哀そうに見える。



暖かい雨の多い季節は、雑草の成長がもの凄いのに驚きます。キュウリはバットのように巨大になり美味しそうではないが、持ち帰った。

根府川駅の監視カメラの上でツバメが子育てをしていたが、子ツバメが巣立ちして淋しそうに籠った親ツバメの頭が見えた。

親心に泣かされる白楽天の「燕詩」を思い出しました。
(4羽の子ツバメを、嘴、爪破れながら育てたあと、子は親を振り返りもせず飛び去り悲しむが、自分も同じことをしたのだ・・)

漢詩の一部を:

雌雄空中鳴 (雌雄空中に 鳴き)
聲盡呼不歸 (聲盡(つ)くるまで呼べども 歸らず)
却入空巣裏 (しりぞきて 空巣の裏に入り)
啁啾終夜悲 (ちょうしゅうして終夜 悲しむ)
燕燕爾勿悲 (燕よ燕 なんじ 悲しむことなかれ)
爾当返自思 (なんじ まさに返って自ら思うべし)
思爾為雛日 (思え なんじ 雛たりし日)
高飛背母時 (高く飛びて母に背きし時を)
当時父母念 (当時の父母のおもいを)
今日爾応知 (今日 なんじ まさに知るべし)

[PR]
by akiotakahashi | 2012-06-10 20:54 | 根府川とミカン | Comments(4)


横浜みなとみらい(桜木町)の勤務

6/8 鶴見から横浜みなとみらいにC社本店が移転したので、横浜美術館横の新築30階ビル勤務になりました。

3000人が移動するので、鶴見の飲み屋の影響も少なからずありそうです。

長く会社勤めをしたが、新築ビルで働くのは初めてで、超近代的な設備と眺めの良さが気に入り、クビになるまで暫く働くかと考えた。

眺めは良いが、座席近くに担当役員室があるので席の後ろの人通りが多く、今までのようにBlogやNet新聞を見たり居眠りは出来ない。

JG社、MH社、JE社などのエンジ会社ビル, 12Fからの眺め、  1フロアに300人)


便座の具合をチェックするために少し我慢して家を出たが、横浜駅で堪えきれなくなり、汚いしゃがみ型のトイレで放出したのが悔やまれる。

また、登山の体力維持のために非常階段を12階まで上がったが、扉が閉まっていて入れず、仕方なく下りた。初日から15分の遅刻でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-06-08 21:31 | その他 | Comments(5)


山形・祝瓶山(1417m)登山

6/1-2 夜行日帰りバスで山形大朝日岳南西の祝瓶山(1417m)に、F山の会メンバー13人で登山しました。

(祝瓶山頂からの180°パノラマ、  蔵王- 磐梯山 - 磐梯山 - 飯豊山- 朝日岳連峰)


朝4時半、登山口には雪が残り、気温は5℃と寒く、どうなるかと心配しながらスタートしたが、太陽が上がるにつれ快適な登山となった。

登り始めの高さ5m、板幅30cm吊り橋は、寝惚けながらにもビビる。雪の残る大朝日岳連峰を見ながら、シラネアオイ、カタクリなどの花も美しい。

(恐怖の吊り橋、  カタクリと朝日岳)


9時に到達した山頂は、磐梯山、安達太良山、磐梯山、飯豊山も望める360°の大パノラマには一同感激。



山頂での昼飯には早すぎるので、11時には下山して河原で昼飯となった。

MM氏が、家庭菜園で採ったレタス、キュウリ、絹サヤ、アスパラ、タマネギのサラダを振舞ってくれ、何故か知らねどライバル意識を感じた。

(雪の飯豊山連峰、   河原での昼食光景)


山形までの道程は遠く7時間掛かって赤羽駅で解散となった。陸援隊ツアーバス事故を配慮して運転手2人での運転は安心ではあるが、それほどまでするメンバーでは無いかとも思いました。

ご興味あれば、「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-06-02 22:49 | | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30