根府川ライフ


<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧



台風被害のミカン畑

9/24,25 根府川のミカン畑で台風で倒れたミカンの樹を泣く泣く処分しました。

9/21に台風15号が日本列島を縦断したが、小田原は大した事はないと、気楽に出かけたが、ミカン樹が倒されがているのに驚いた。

ミカン畑オーナーも、小田原では珍しいと言いながら、倒れたミカン樹を鋸で切っている。

小生の持分では、完全に折れたのが3本、倒れたのが3本で、果実が大きくなり重くなった樹を起こすのはぎっくり腰になりそうで重労働。また、折れた樹を細かく切るのも大変。

それでも生き残っているのがあるので、年末の収穫が楽しみです。今年は、紀州のミカンもやられている筈なので、ミカンの価値が上がるかと皮算用するのも品が無い性格です。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-09-26 07:20 | 根府川とミカン | Comments(5)


山口、島根のドライブでのグルメ

9/18-21 山口、島根の790kmドライブで、美味しかったものをご紹介;

1.萩の剣先イカのお造り
2食付のホテル(萩ロイヤルインテリジェント、5300円)の夕食(右)に満足したので、得した気分になり、生簀に泳ぐイカを注文した。
グラム単位の値段だと言うので、逃げ回る小さいイカを指定したところが、けち臭い。

足が動き、黒い血が流れるのを見ながらの味わいは格別(2700円)。

(左より1.2.3.)


2.浜田の海鮮丼
道の駅”ゆうひパーク三隅”での海鮮丼(1000円)は、豪華とはいえないが、少し甘いタレと新鮮な具が調和して美味しい。

ご飯の上に海鮮が溢れるほどのるのも悪くはないが、適度な量と新鮮さが大切と知った。

3.美郷の山くじらラーメン
中国山地の山道では、道の駅”グリーンロード大和”でも食堂は無く、仕方なく近くの食堂"大和食堂"を紹介してもらった。
山菜かと思って、"山くじらラーメン(750円)"を注文した。山くじらとは、猪のことで、猪肉ののったラーメンが出てきた。

肉は柔らかく、匂いも無く、スープも上出来でした。


9/23 お彼岸中日の父の墓参りの帰りに、近鉄桜井駅からみた二上山に沈む夕日が綺麗だった。

久しぶりに親孝行をした気分で、よき休暇でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-09-23 23:49 | 趣味(グルメ) | Comments(5)


津和野のキリシタン弾圧跡地と石見銀山の坑道跡

<第4日目 9/20>
台風による豪雨の中を津和野~浜田をドライブした。

津和野は、35年前に職場旅行で行ったが、鯉以外に記憶がないのは寂しい。歴代城主の菩提寺”永明寺”は、茅葺き屋根の名刹。

乙女峠の”マリア聖堂”に登った。明治元年から5年に長崎からのキリシタン153人が、乙女峠の廃寺に送られて、改宗の拷問を受けて36人が殉教したらしい。明治維新になってもこんなことがあったかと、初めて知り驚いた。

(津和野の鯉、   永明寺の森鴎外墓、  マリア聖堂)


浜田近くの室屋地区には、山奥に1000枚もの棚田が残り、刈り取り後の棚田の眺めは美しかったが、ずぶ濡れ。


道の駅”ゆうひパーク三隅”の海鮮丼は、美味で好印象。

<第5日目 9/21>
主目的の世界遺産・石見銀山地区を歩きました。

銀山坑道まで観光客の車の乗り入れは制限されて、駐車場から2.4kmを台風の大雨の中を歩いた。(人力自転車は2100円/人で老人、貧乏人、弱者には無理なシステム)

地区には600ヶ所以上の間歩(マブ、採鉱穴)があり、遊歩道脇に小さい穴がいくつか見える。
入坑できる龍源寺間歩は、長さ400m程の坑道で、細い脇穴が枝のように上下左右にあるのが面白い。

(龍源寺間歩、   遊歩道脇の坑道、  羅漢寺の五百羅漢洞窟)


駐車場近くの黄色の石州瓦の街並みと五百羅漢のある羅漢寺を濡れながら見学した。

帰路で尾道近くの段々畑の畦と畑の石垣が見事なのに気付いた。

調べると、この地域は城の石垣職人(石工)の郷だそうで、観察力の鋭さに自己満足。

奈良・京都に立ち寄って帰る予定です。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-09-22 23:35 | | Comments(0)


秋芳洞と松下村塾

9/17-23 連休を利用して岡山、山陰方面に出掛けています。

<第1,2日目 9/17,18>
岡山・金光の家内の実家(空家)に、草抜き、垣根の剪定に出かけたが、生憎の雨で終日ブラブラ。

翌日天気が回復したので、井原のブドウ直売場で買い物の後、鷲羽山の夕日を見に行った。瀬戸大橋の向こうに沈む夕日は素晴らしい。



<第3日目 9/19>
JH深夜割引のため深夜3:45に金光を出発し、山口秋芳洞を目指した。

岩石や地質は好きですが、秋芳洞、秋吉台は初めてです。秋芳洞の規模の大きさと地下水の迫力に驚き、正に日本一です。

(秋芳洞の棚田、  右下:秋吉台の石灰石高原)


12:00には、萩に到着し、毛利の居城”萩城、指月山”、高杉晋作生家、木戸孝充居住跡のある、城下町を歩いた。

松陰神社にある吉田松陰の松下村塾建屋、松陰幽閉の間を見ながら、幕末に29歳で逝った松陰の才能に改めて感じ入った次第です。

(萩城跡、   松下村塾建屋、  松陰幽因の間)


60過ぎても、何ら世のために益のあることのない我が身を振り返ると、恥しいばかりです。
”仁とは人なり 人に非ざれば仁なし 禽獣是なり、松陰”(自分が人でないような気がしました)
[PR]
by akiotakahashi | 2011-09-19 21:07 | | Comments(4)


「難民を助ける会」チャリティーショー

9/7 新宿・初台のオペラシティーに、「NPO難民を助ける会」チャリティーショー(¥6500-)に、出かけました。

落語(三遊亭円楽・金八、古今亭志ん輔)、歌舞伎舞踊(中村梅玉・梅丸)の出演で、面白い。

落語家の話は、導入から本題への流れが実に上手いと感心した。また、梅丸も未だ14歳だが、イケメンとメリハリのある踊りに、将来が楽しみです。



単なる募金箱への寄付は、積極的ではないが、コスト見合いに楽しめて、世界の子供達への支援ができれるなら、何時でも協力するのが信条です。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-09-07 23:31 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)


横浜市大病院の診察

9/2夜 右眼の視界が、急に真っ暗になり、驚いて横浜市大病院 に行きました。(休日明けの9/5の診察)

網膜前の硝子体の毛細血管が切れて、硝子体が濁ったのが原因(病名:硝子体出血, 老人病)。

硝子体に入った血が拡散されて明るさは少し戻ったが、右眼は霧の中にいるみたいで、霧とは死ぬまでお付き合いです。

医者が、「すぐに慣れますよ」と気楽に話すので少しカッとし、視力検査の時に、見えるが「見えない」と言ったら、首を傾げていた。

電車のホームと繋がっている近代病院、  金沢八景シーパラダイス方面

前日に、「焼肉牛角」の飲み食べ放題(¥3000-)で、無理して馬鹿飲みしたのが悪かったかとも反省。

脳の血管が切れるよりは良かったかと考え、家内に「怒らせて、頭に血が上らないようにしてくれ!」と、頼みました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-09-05 18:59 | その他 | Comments(5)


「藤島武二・岡田三郎助展、女性美の競演」

9/4 横浜そごう美術館「藤島武二・岡田三郎助展、女性美の競演」に出かけました。

藤島と岡田は、明治初期の九州(鹿児島、佐賀)生まれ、東京美術学校教授、婦人像が好き、第一回文化勲章受賞と共通点が多いが、(説明できないが・・)画風が違うのが面白い。

(左:岡田三郎助、あやめの衣  右:藤島武二、婦人と朝顔)


三越の宣伝ポスター、婦人雑誌の表紙絵なども画き、個人所蔵が多いのは、若き頃は金が無かったかと思われる。

無料入場券が手に入り閉展(9/5)が近いので行ったが、入場料1000円を払って入場する人も多く、日本も豊かで文化的になったなと改めて思った次第です。

昼は駅ビルの「つばめグリル」で和風ハンブルグステーキ(¥1310)を食べた。

丸ごとのトマト、ジャガイモの付け合せとカロリーたっぷりのハンバーガーだが、美味しく食べ尽くし、まだまだ一汁一菜の仏門の世界には遠いなと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-09-03 19:04 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30