根府川ライフ


<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧



昭和43年入社の43年記念の同期会

6/18 昭和43年入社の43年記念の同期会(43会)が築地の老舗料亭"つきぢ田村"でありました。倉敷からUM、OKも参加してくれたのが嬉しい。

東京スカイツリー見学、隅田川豪華観光船川下り、お台場歩きを企画してくれるNBは、名幹事です。

(東京スカイツリーを直下から  隅田川クルーズ船)


元ピチピチの女性群も、6人が集まる仲良し同期です。

本大会の”田村”では、幹事の企画で昭和43年の出来事のクイズがあった。10問中、最高点は4点のSN、0点が6人とは、既に老化人類の集まりになった。SYは、集まりがあるのを忘れる重症レベルで欠席。

同期33人のうち、亡くなったのは、IS、TJの僅か2人だけで、ストレスの無く会社生活を過ごした集まりです。(下:船内にて)



これから皆元気で集まれるのは、あと5-10年。時間が惜しいので、年に2回は集まるべしと、幹事にお願いした。
f0193510_22104373.jpg

動きが危なそうなのもいるが、仲良し同期会に万歳!!

ご興味あれば、「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-06-18 22:19 | 仲間、飲み会 | Comments(7)


学生時代友人との蓼科山登山

6/10-11 学生時代の友人5人と蓼科山(2530m)に登りました。

現役時代は仕事一途で(これは嘘!)、会うことも無かったが、3年前から年に1-2回小旅行をしており、気楽な仲間なので楽しい。

7合目(1905m)からの安易な登山だが、将軍平(あと200m)でHM、KHは脱落。山頂付近の雪の残る大きな岩塊の難コースを踏破登頂したが、霧で視界は不良で残念でした。

(霧の蓼科山頂上     山頂付近の岩場の難コース)


(蓼科山7合目登山口)


下山して、素晴らしい眺望だったとHM/KHに話し、日頃の体力維持、訓練の大切さを得意になって教えた。

女神湖近く食堂の岩魚の唐揚げ(2200円)は珍しく、キャベツに浸みた甘めのたれと調和した味に皆満足。



朝は、風流人のUDが持ち込んだ茶のお手前セットで、40年ぶりにお茶を点てることができ、充実した休日でした。

“茶はさびて心はあつくもてなせよ 道具はいつもあり合わせにせよ(利休百首)

「仲間用写真はここ」
[PR]
by akiotakahashi | 2011-06-11 16:47 | | Comments(4)


大先輩のお通夜

6/8 会社の大先輩NWさんのお通夜に参列し、受付をさせてもらいました。

穏やかでお酒の好きな大先輩で、入社以来可愛がっていただいた。

出世欲の無い、ユーモア溢れ、後輩/女性に温かい人格者。

現役時代の女性に囲まれた写真や、趣味の一眼レフカメラ、永年勤続の時計、徳利などが並べられ、また友人、先輩の弔辞もあり良きお通夜(神式なので通夜祭)でした。

独身時代にご自宅に招かれて、大騒ぎしながら、焼き松茸を飽きるくらいご馳走になったのは、忘れられない。

ご参列の大先輩は、皆さまお元気で、よく飲み食べ喋るお化けみたいな体力には、感心しました。あの世でも、頭を下げっぱなしの関係は続くかと、複雑な気持ち。



3年前に六本木で牛シャブを家内共々ご馳走になったのが、お目にかかった最後。それでも、今年の2月に、根府川のミカンをお送りして食べていただいたのが、救いです。

追記:今日(6/9)も葬場祭の受付に出掛けたが、参列された大先輩3人は可也弱っておられるようにお見受けしました。夜歩きも出来る元気な方はお通夜、夜の外出が危ない方は昼間の葬儀と、分かれるかと解析した。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-06-09 04:29 | その他 | Comments(4)


福島復興支援の東吾妻山登山

6/3-4 半年振りにF山の会の仲間15人と、梅雨の谷間の絶好の好天の下、東吾妻山(1975m)、一切経山(1948m)登山をしました。

夏山かと思っていたが、登山道は雪が残り、雪解け水が流れる難コースです。残雪の山を背景の湿原の池(池溏)は美しい。

(東吾妻山を振り返る)


運動不足で遅れをとるかと心配していたが、何とか皆に付いて行けて自信を回復した。

原発の影響で、川の水は止めたほうが良いと言われたが、下山場所での渓流の冷水の味は絶品。体の中からボケの癌細胞を殺してくれそうです。

(時間、場所で色が変わる五色沼を背景に)


(雪中行軍    一切経山と五色沼)


吾妻小富士も噴煙を上げ、近くの五色沼も綺麗で、久し振りの山を楽しめました。昼は、雪で冷やしたビールと焼きソバで満足。

焼きソバ  風評被害に負けるな!,農産物販売所で


福島復興支援が名目の登山だが、温泉250円、激辛味噌/キムチ/鳥唐揚げで、1600円だけでは申し訳ない気持ちです。

ご興味あれば、「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-06-04 22:06 | | Comments(7)


Miniエネルギー情報(No.16) 日本の原発とエネルギー消費

福島原発の事故のために、世間の原子力アレルギーが再発して、定期点検後の再稼働も厳しい状況にあります。

6/1 仕事が暇でやることがないので、日本の原発、エネルギーについて整理して、時間をつぶした。

現状は;
1. 世界第5位のエネルギー消費大国の日本だが、エネルギー自給率(原子力含む/原子力除く)は、18%/4%で最低
(参考 米国:71%/62%、中国:92%/91%、ドイツ:41%/30%)
f0193510_20521346.jpg
2. 日本のエネルギー源構成(2008年)は、石油が44%で最大だが、1973年の76%をピークに減少し、原子力(1%→10%)、天然ガス(2%→16%)が増加

3. 1973年から2007年の35年間でGDPは2.3倍に増加したが、エネルギー消費は、産業:横ばい、運輸2倍、 業務家庭2.5倍と、産業部門の省エネ努力が光る。
f0193510_20525149.jpg
4. 電力消費割合は、産業*31%: 業務(オフィス、店舗):37% 家庭:30%
(* 産業部門が以外と少ないのは、自家発電が寄与している!)

5. 発電コストは、原子力4.8~6.2¥/kW 天然ガス5.8~7.1¥/kW 太陽光49¥/kW

結論は;
① 無資源国の日本が、国際競争に打勝つには、原発は必要
② 原発のあらゆる事故の可能性を検証して、適度な対策実施
③ 省エネ目標は、産業5%、運輸10%、業務25%、家庭15%削減
④ 家庭は、太陽光発電を含む省エネ器具に、エコポイントを拡大
⑤ ビル/商店は2倍、家庭は1.5倍に電気料金値上げして電力消費抑制

まあ、仕事もせずに、こんなことを考えているのが、一番のエネルギーの無駄でしょうか。

(データベースと図:「日本のエネルギー2010、エネ庁」、「図表で語るエネルギーの基礎2010-2011、電気事業連合会」)
[PR]
by akiotakahashi | 2011-06-01 19:29 | エネルギーと環境 | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30