根府川ライフ


<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧



目黒川の桜

3/31 目黒川の桜を楽しみに同期仲間6人が集まりました。

開花宣言はあったが、桜は咲き初めで、夜は寒く、部分的な桜を楽しんだ。

奥様が福島出身のMD、茨城から参加のFS、現役時代に仙台勤務の3人がいたので、話題は3/11の大地震と福島原発の話題が主体。



「昔の仲間、現地の方々が苦労しているときに、飲むのは不謹慎と言うのもいるが、自粛自粛では日本の経済が縮小するばかりだ!」

こんな言い訳をしながら、飲み放題のイタリアレストランで、日頃のストレスを発散させてもらいました。

我々ができることは、買い溜めをやめて被災地に出来るだけ多く生活物資が届くようにする、募金をする、いっぱい飲んで日本の経済を活性化することかと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-31 23:03 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


「サヨナラ」ダケガ人生ダ

3/26 花見茶会に学生時代の友人7人が集まりました。

学生時代に茶道部におり、合ハイ、禅・侘びの世界に打ち込んだ時代があった。

桜の多い学校だったので、学生時代は花見茶会を楽しみにしていた。

桜の開花の時期を研究して茶会の日を設定し、茶席で鮮緑の茶碗の中に、ピンクの桜の花びらがヒラヒラと落ちるのを美とした。

今年の花見茶会は、寒波が続き、桜の蕾も硬く、強風の中を震えながら野点を味わいました。



終わると同時にトイレに全員駆け込むのは、すべてが前立腺欠陥の老人病です。

茶のあとに昔の仲間と、馬鹿話をしながら飲む酒は実に楽しく、あっと言う間の2.5時間で、早目の再開を約束した。

「花発多風雨 人生足別離(花ひらけば風雨多く 人生別離足る)」:于武陵

ハナニアラシノタトエモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ:井伏鱒二訳詩
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-26 21:42 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


我が家の緊急用照明

小生の住いは原発事故計画停電の5グループで、今晩(3/23) 18:20-21:20 停電の予定があります。

20年ほど前に、東海大地震、富士山大噴火が話題になった頃から、防災に留意しながら、水、燃料、照明などを備えてきた。

非常用照明器具を集めると、登山用を含め小家族では使いきれないくらい30点以上あります。



エンジン発電機もあるので、今夜は真っ暗な街の中を我が家だけ煌々と明かりがともり、テレビを見ながら過ごせそうなのが、被災地の方々には申し訳ありませんが、楽しみです。

台所を見ると、家内が保温水筒10本にお湯を溜めている。

こんなに保温瓶を揃えているとは知らず、そもそも意味があるかと複雑な気持。

無駄な買い物も消費拡大には、大切ですが、実に無駄の多い家庭です。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-23 07:26 | その他 | Comments(3)


根府川駅前の”おかめ桜”

3/20 根府川にジャガイモの植付けに行きました。

根府川駅前に”おかめ桜祭り”のピンクぼりがあり、ロータリーの紅色のおかめ桜が満開で見事で一足速い春を実感した。

豆桜と寒緋桜の交配種で、花は紅色一重、2cm程の大きさの可憐ながら見事な開花です。

3週間ぶりの畑で、温暖なために雑草が育ち、ジャガイモ植え付けのあとに夕方まで草抜きをしました。



ガソリン節約のためにJRで出かけましたが、車内はガラガラで、震災のために不要不急の外出を避けるモラルの高さに感心しました。(ジャガイモ植付けは緊急案件)

今日(3/21)、近くのスーパーマーケットを開店にあわせて視察をしました。トイレットペーパー、カップ緬、食パンは皆無、また、米は5kg入り30袋限定でした。

東北の被災者に優先的に送られるなら、我慢すべきかと・・・
一方、緊急事態だからと、家内が料理の手を抜くのは問題ですが・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-21 11:47 | 根府川とミカン | Comments(3)


早朝のホテル

3/20 3月初めから倉敷の石油プラント運転準備の応援に来ていましたが、帰ることになりました。

宿は「スーパーホテル倉敷」で、安いので小生を含む労働者、職人で満室です。

6:15から朝食ですが、すぐに食堂はあふれ、これらの人々の支えがあってコンビナートが成り立っていることが解ります。 (6:30の光景)

福島原発の事故処理に、下請作業員が、東電社員から危険な冷却作業を命ざれているかと危惧する。

家内から、乾電池とロウソクを買って帰れと命ざれて、イオンスーパーに行ったが、単一電池は売り切れで、首都圏の物不足、買占めが伺われた。

東海大地震に備えて買ったエンジン発電機が、ようやく日の目を見ることになるのが楽しみです。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-19 05:14 | その他 | Comments(4)


京都・永観堂禅林寺の「見返り阿弥陀」

3/13 京都・永観堂禅林寺の「見返り阿弥陀」を拝観しました。

永観堂禅林寺は、南禅寺近くの東山山麓にある立派な寺で、境内の紅葉が有名らしい。

阿弥陀堂に祀られる「見返り阿弥陀」は、1m程の小さな仏像ですが、穏やかな微笑で振り返る珍しいお姿は、悪人でも救い導いてくれそうです。

(永観堂禅林寺仏殿から市街を望む   見返り阿弥陀さま:Net写真より)


テレビでこの仏像を知り、拝みたいと思っていた念願が叶い、よき一日でした。

何時も家内から「今までしてきたことを振り返れ」、「自分の立場を振返れ」と言われてきたが、ようやく素直に反省することが出来ました。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏・・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-14 12:55 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(3)


コンビナートの夜景

3/11 前日に日の出を撮ったので、夜景はどうかとカメラを持って反応塔に登りました。



手ブレで上手く写らず、またシャッタースピードが速いと色が悪く、いろいろ工夫して50枚ほど撮影した。

プロはどのようにして写すのか、不思議。満足ではないが、出来の良いのがこの写真です。

見た目と、写真では大違いで、夜のコンビナートのキラキラした綺麗さを出せないのが、残念。まあ、1万円のデジカメでは、仕方ないかとも自ら慰めました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-11 09:10 | その他 | Comments(5)


コンビナートの日の出

2/28から石油プラント試運転の手伝いをしていますが、3/5から夜間勤務になった。

工場には宿直システムがあり、宿直室で静かに宴会をして、過分な宿直手当をもらえるので、独身時代は進んで交代させてもらった。



今回は、業者で雇われの身なので、データ取りなどで仮眠する時間もない筈だが、適当に気を抜いている。

岡山でも朝の6時半の気温は1℃だったが、67mの塔頂のマンホールが暖かいことを知っているので、マンホールの上に座り日の出を待った。

鷲羽山方面の中国電力の煙突に添って上がる朝日が、港の海面に光って美しい。

(ガラガラのレストラン、 焼きタイラギ貝つき瀬戸内春の海鮮ちらしセット¥1500、  サービスランチ¥800)


夜勤明けの朝は、天然温泉「玉椿の湯」で、サウナ/風呂/ビールを繰り返して2時間ほど過ごすのが、パターン化された。
客はほとんどゼロで、ゴロゴロしながら生ビール飲み、魚料理を賞味できるのは、銭湯を独占したみたいで、征服感がある。

さすがに昼間は熟睡できないものの、体調は万全。この夜勤も今日が最後で、ようやく生活リズムも夜型に変わったのに残念です。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-10 11:10 | 趣味(グルメ) | Comments(3)


広島・総領町の節分草

3/6 広島県北の庄原市総領町に「節分草」を見に行きました。

節分草をかねがね見たいと思っていたが、たまたま総領町で節分草祭りがあるのを知った。

節分草は、節分のころから花を開く春を告げる花で、石灰岩地の山裾の半日陰に自生する多年生草。

1cmくらいの小さな白い花で、群生しているのは見事です。

花びらのように見えるのは、がく片だそうで、小いさ過ぎて、接写するのも一苦労でした。

(節分草の群生    総領町の山川)


この地は、町村合併で庄原市になったが、以前は甲奴郡総領町で、大字稲草は父の生誕地で代々の墓も残っている。

子供たちが、ルーツを忘れないようにと、本籍をこの地から変えていませんが、戸籍謄本などの入手は面倒で不評。

田総川と山々の姿は、父も眺めたかと、数年ぶりに父を思い出しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-07 16:15 | | Comments(3)


岡山の牡蠣丼

3/5 牡蠣のシーズンも最後ですが、牡蠣丼を食べました。

牡蠣は、広島、宮城が有名ですが、岡山も牡蠣の全国3位の産地です。

県の東は虫明/日生、西は寄島が有名で、寄島近くのうどん屋で寄島牡蠣丼セット(1200円)を食べました。

寄島の牡蠣は、小粒で味は濃縮で柔らかさが良く、家内の実家に近いので年に1回は18l缶で取り寄せている。

混ぜご飯に、味付けした大き目の牡蠣を5ヶ乗せており、今年最後の牡蠣を美味しく食べました。うどんも讃岐風で、こしがあり気に入った。

今晩は、プラント試運転準備(耐火物の乾燥運転)があるために夜勤を依頼されて、昼間はやることがなくドライブしました。

夜勤は実に20年ぶりで、寝るところを何処にするかと考えながら風呂に入りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-03-05 17:36 | 趣味(グルメ) | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31