根府川ライフ


<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



春の使者”フキノトウ”

2/27 庭*に春の使者”フキノトウ”があるのに気付き、2ヶいただいた。 (*正確には、空き家の隣家の庭)

久しぶりの倉敷の出張があり、カバンに入れて新幹線に乗った。

つまみとして、サラダのつもりで皮(苞)と花(ツボミ)を食べたが、独特の香りとほろ苦さが、春の息吹を感じさせてくれ実に美味です。

皮を1枚づつむきながら、花をほぐしながら、シュウマイと賞味したので、岡山までもちました。天ぷら、フキノトウ味噌でなくとも、充分いけることを発見しました。

明日から10日間、プラントの試運転の手伝いで、珍しく多少の知的労働に励みます。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-02-27 20:24 | その他 | Comments(6)


混声合唱団「フロイデ・コーア・ヨコハマ」演奏会

2/25 横浜みなとみらいホールで混声合唱団「フロイデ・コーア・ヨコハマ」演奏会に出掛けました。(写真はネットより)

歌には興味はないが、家内が出演者からチケットを入手したので、家庭円満のためのお付き合いです。

少し早く会社を抜け、京料理「美濃吉」で食事してから会場に向かう過剰なサービスぶり。

横浜港北ニュータウン在住が中心の150人の混声合唱団で、40人のオーケストラを従えて歌うのは、優雅なメンバーの集まりでしょうか。
歌は、ヴェルディの「レクイエム(カトリックのミサ曲)」で、2時間歌い続けるのだから合唱も重労働です。

(横浜みなとみらいの夜景  「美濃吉」京弁当¥2,000、引出式弁当箱)


コーラスは、少々下手でも目立たず、腹式呼吸で健康によいので、老後の趣味には、意外と面白いかとも思いました。但し、年間のコーラス参加費が8.7万円、衣装も要りそうで、コーラスも金がかかりそうです。

KSさんは、5つものコーラスグループに参加しているそうで、優雅な歌三昧の毎日かと想像しました。

気疲れと豆ご飯をお替りし食べすぎで、久し振りにグッタリしました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-02-25 22:41 | 趣味(骨董、美術) | Comments(5)


真鶴の魚定食

2/19 穏やかな天候だったので、収穫の終わった根府川ミカン畑に出掛けました。

畑仕事の後、湯河原幕山公園の梅林に歩いて行こうと思い立った。

道は曲がりくねり、意外と時間が掛かり、3時半になったので真鶴駅で諦めた。
駅前に、イワシを店前に干している磯料理「大松」が目に付き入った。

(左:ミカン畑遠望/右上の木の下が小生のエリア、右:魚料理店「大松」入口)


ビールとおまかせ定食(2000円)を注文した。金目あら煮、アジ・カンパチ・鯛の刺身、サザエつぼ焼き、イワシ半干しなど豪華定食で、ビール1本では食べきれずにビール、日本酒を追加した。

最後に、アラだし味噌汁まで供され、久し振りに明るいうちから酔いました。



こんな楽しみ方もあるかと、根府川ライフのメニューが増えた充実した土曜日でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-02-19 20:06 | 趣味(グルメ) | Comments(4)


横浜地区同期会(mini四三会)報告

2/14 横浜地区同期会(旧M社)が、横浜沖縄料理「芋んち」でありました。

半年ぶりの開催だが、メンバー10人のうち9人が集まり盛り上がった。

病気持ちのガタガタは多いが、今回一番嬉しいのは、KDが1年の病を克服して勤務に戻り、2年振りに参加したこと。病気をしても、奥様との良き関係が保たれるのは、今までの品行のお蔭だと、異次元の世界を知った。

また、同期のKMが、南米最高峰アコンカグア(6962 m)登頂に成功したHot Newsにお祝いした。

岡山のUMから、メンバーの近況と鮮明な写真を要望されたのでご紹介;

① KB:途上国の子供に支援をする国際的NGOに30年間協力し、更に理事で打ち込む姿には、罪滅ぼしかとも考えるが、何時もながら感心。

② TT:特許関係の仕事を継続され、穏やかな性格が変わらない。本人はボケたボケたと言うが、呆けても人並み以上の頭脳なのが羨ましい。

③ UD:体調不良で何時倒れるかと心配したのは、1年前。今は、新潟にも出かけコーラスに打ち込む回復力に驚き。



④ SK:4年前から完全な自由人で、毎日ヨットを楽しむ優雅な生活。一人ヨットに乗る姿は、「海と老人」を思い出させる。

⑤ KSM:10年以上自由に生活しているが、ボケないのは生来の頭脳の構造。最近仲良しで、毎月飲んでいる関係。

⑥ KNM:時々アルバイトで技術協力をする。自分中心の生き方をしても家庭円満なのが、不思議。孫が4人もいる理想的な家族。

⑦ SN:石油関連の技術検討で安く働いてくれるので、離してもらえない実力者。品の良い風貌で公家の血筋でも好きなのは、死ぬまで治らない。(仕事好き?)

⑧ KD:体調回復で、得意の電気技術を生かしたフルタイム頭脳労働に復帰。剣道7段は、技だけでなく、人格も揃うことが条件なのを聞き、ナルホド。

⑨ TH:今までのツケで、罪滅ぼし、生活のためにフルタイム労働を強いられるキリギリス。

⑩ SY:海外に省エネルギー技術を伝承させている。昨年から非常勤になったが、インド、アフリカ、インドネシアなどで相変わらず活躍。(今回も出張で欠席)

(身内仲間のBlog中身で、関係者外の方には、面白くもなく失礼します。)
[PR]
by akiotakahashi | 2011-02-14 21:37 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


雪の京都と西住寺の宝誌和尚立像

2/10-13 京都洛西西住寺の宝誌和尚立像を見に出かけました。

5年前に上野国立博物館での「一木造り仏像展」に行き、和尚の顔が真っ二つに割れ、中から十一面観音が出てくる”宝誌和尚立像”が、衝撃的だった。

再度見たいと出かけたが、京都国立博物館に預けられていると知ってガッカリ。

雪が降りホテルから東山の眺望も望めずに、これも残念でした。

(左)雪景色の加茂川と東山方面  
(右)西往寺・宝誌和尚立像(京都国立博物館ホームページより)



帰りは、名古屋で途中下車して徳川美術館に寄りました。

尾張徳川の蒔絵の品々、茶道具、武道具など中々立派なのが展示されている。徳川のお姫様の雛人形の特別展があり、流石に金をかけていると感心。徳川美術館自体が、立派なことに更に感心。

名古屋徳川美術館・雛人形展  名古屋まるや「ひつまぶし」


駅横の名鉄百貨店で、名古屋名物まるや「ひつまぶし」に挑戦した。

夕方4時でも40分も並ぶ人気店で、指定の新幹線に乗るために食べる時間が10分しかとれずに、味わう余裕が無く、一番残念でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-02-13 22:30 | | Comments(4)


夕日が光背の阿弥陀さま (小野市・浄土寺)

2/5 早朝のNHKで「美の壷・仏像入門」を見た。
「美の壷」は、谷啓が良い雰囲気を出して楽しみだったが、草刈正雄も漸く見慣れてきた。

仏像の手がふっくらとしているのは、赤子の無垢な手で、赤ちゃんは爪も反っていることを初めて知った。

また、仏さまの気高さを象徴するのが、”光”で、金色の仏像の背後に光背があるのは、そのためだそうです。

浄土寺(兵庫・小野市)の阿弥陀三尊像は、夕日が堂内に射し込むと、夕日が光背となり、阿弥陀さまは光の中に浮かび上がる。 (左下、NHKより)
西方の極楽浄土から仏さまが迎えに来るみたいで、その工夫に感心した。



昨年、実家にあった阿弥陀仏を持ち帰ったのを思い出し、夕暮れを待って写した。(右上)
赤い夕焼けなら更に良かったが、それなりの神々しさがあり満足。

小さい頃は、おもちゃ代わりに遊んで、仏さまの右手の中指を折った申し訳ない仏像です。

子供の頃から信心深い性格(?)だったかとも自己評価。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-02-05 17:55 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)


鶴見・総持寺の「豆まき(節分会)」

2/3 鶴見・曹洞宗大本山総持寺の「節分の豆まき(節分会)」に行きました。

豆まきの行われる大祖堂の巨大広間には、2500人が群がっていた。白鵬、岡田武史、神田うの、神田正輝、歌手など有名人10人が豆を撒くと騒いでいる。

スケジュールを聞くと、色々な行事の後が豆まきと抽選で、2時間半も待たねばならず、いくら暇でも長すぎるので、諦めて帰りました。

(大祖堂の広間の混雑   追難式の豆と整理券)


それでも「節分追儺式」の福豆を戴き、神頼みながら今年も快調に過ごせそうです。

総持寺には恩師が眠っているのを思い出し、裏手の墓場に行き探したが、何処にあったか忘れてしまい遥拝で我慢していただいた。

参道口に、良寛の言葉があった。

「過ちを知らば、
即ち速やかに改めよ
執すれば即ち、
是も真にあらず」

(過ちだとわかったなら、直ちにこれを改めよ
自分の思いに執着したなら、正しいことでももはや真実だとはいえなくなる)


なんでも自分が正しいと言い張る姿を、良寛さまに見透かされた気がしました。反省!
[PR]
by akiotakahashi | 2011-02-03 19:14 | その他 | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28