根府川ライフ


<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧



ミカンの初収穫

12/29 根府川ミカン畑に、ミカンの初収穫に出かけました。

日ごろ非協力なパートナーに、「早く採らないとヒヨドリに食べられる*」と言って付いてきてもらい、収穫をした。 (* 性格を巧みに操る誘導術)

寒いと心配していたが、快晴で南斜面のため風も無く、実に快適な日和。秋に摘果をしなかったので、ミカンは鈴なりです。



久し振りに、穏やかな会話をしながら、ミカンの樹 5本分、10籠、200kgを収穫しました。

ミカンを処理してもらうために、毎朝、40ヶ絞って、生ジュースを作るのが義務となる。

ミカンは、冷暗所で3週間ほど寝かせると甘さが濃縮されて、更に美味しくなります。

今年のBlog投稿は、これが最後です。
Blogご訪問に感謝し、皆さまの一層のご多幸とご健康をお祈りします。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-29 20:48 | 根府川とミカン | Comments(6)


西本願寺での”おかみそり(帰敬式)”と法名

12/23 京都西本願寺で”おかみそり(帰敬式)”を行い、帰敬文を読み上げ、浄土真宗門徒として真面目に生きる決意をして、法名をいただきました。

生前から戒名、墓は準備して、葬式で忙しいときまで、子供たちを煩わせたくないと考えていた。

西本願寺御影堂の500畳の大広間で、厳かな帰敬式を家内と共に受け、釋尊の弟子、親鸞と兄弟弟子となった。 (右写真:大谷本廟の兄弟子親鸞像)

戴いた法名*は、「釋 明生(ミョウショウ、字はそのまま)」、家内は「釋 康華(コウゲ、俗名康子)」でよき響きだが、極めて安易な命名。
(* 他宗派は死後の戒名、浄土真宗は仏弟子としての生前法名)



浄土真宗では居士、大姉などの位号は無く、男女とも平等な「釋○○」の精神。 (最近知った)

少し寂しいので、院号(たとえば:茶禅院釋明生 ほか峰嶺院、油菱院、柑橘院 )とも考えるが、1人20万円の寄付は止めて、3台のテレビを地上波デジタルテレビに買い替えるかと思案中です。

骨は、両親の脇に置かせてもらい(家内は嫌がるか?)、 法名も手にしたので、今年の目標は達成です。

こんな人間が100歳まで生き延びて、周りに余計な心配をさせそうなのが更に心配です。
南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧 南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧 ・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-24 20:53 | その他 | Comments(9)


水島の亀島山登山

12/19 水島西方にある亀島山(80m、亀の形をしている)に登りました。

昭和30年代にコンビナート埋め立てのために山を切り崩したので、40年前ははげ山だった。

新入社員のころには、一升瓶を持って宴会をしたり、山頂から「○○ の馬鹿ヤロー」と大声で叫んだりした(これは友人だが・・)懐かしい山です。

今は、山道も整備され、山頂は公園になっているのには驚いた。また、独身寮、社宅は、高層社宅に生まれ変わっている。

(亀島山の山頂公園  独身寮・社宅跡(今は中央の高層社宅)を望む  亀島山地下工場入り口)


戦前には中島飛行機の工場があり、戦中は米軍の空襲を避けるために、朝鮮人が徴用されて総延長1.7kmの地下工場が掘られ、少年工が軍用機の部品製造をした歴史遺産でもある。

昼はスーパー銭湯に入り、岐阜実業団女子駅伝をサウナ室のテレビで、また、防府男子マラソンを露天風呂のテレビで、行き来しながら応援したので、ふやけて疲れました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-19 15:40 | | Comments(6)


6000円で一泊2食・飲み放題付きメニュー

倉敷出張10日間の宿は、工事現場に近い「スーパーホテル倉敷」です。

朝飯付シニア割引で3,400円と格安だが、スタッフは丁寧で気持ちがいい。

ホテルの前の居酒屋「みずの」の飲み放題998円の張り紙が目に付いた。店に入ると客はゼロで、40代の女性(経営者、水野さん)がテレビを見ていた。

酒だけでは申し訳ないので、店では高めのブリかま煮かホルモン鍋と他2品を注文するようになった。酒類のお代わりはセルフサービスで、客がいないのも気遣がなくて好い。

(998円飲み放題の張り紙   店内の様子  ホルモン鍋¥630、野菜炒め¥473)


ビール4杯、焼酎2杯が平均で、支払いは2,400円位です。朝夕食飲み放題付き宿泊料が、一日6,000円に相当して、出張手当で充分にお釣りがくるのが嬉しい。

4日連続で通い、水野さんとは親しくなり、宣伝不足と愛想の無さが問題だと、厳しく営業指南をしました。飲み過ぎで、朝まで胃がもたれるのも問題です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-17 20:09 | 仲間、飲み会 | Comments(6)


新設プラントと自慢の設計

フラフラしていたら、倉敷の建設現場に計装システムの作動テストに行かないかと言われた。

計装は全くの専門外だが、何でもできるふりをして、10日間(12/13-22)の出張に出ています。

1ケ月ぶりの建設現場ですが、プラントは完成して塗装が太陽に輝き美しい。 久しぶりに66mの架構に登り下界を見下ろした。

(新プラントの全景、中央が高さ66mのプラントの中核)


このプラントで、小生が設計した機器がある。

1年前にサイクロン(*) の設計を何処に外注するか、騒いでいた。
(*) 気体の中の粉を回転する渦流の遠心力で分離させる装置

やったことも無いが、「サイクロンの設計くらいならやれますよ!」と自信たっぷりに言ったら、やる事になった。

45年前の化学工学の教科書を開き、直径と下の円錐角度がポイントだが、形状をいい加減にエイヤと決めて製作に至った。 (右上)

海を眺める良い場所に設置されており、期待の性能が出るか不安ですが、運転の時には現場にはいないので、"まあいいか" と思いながら下りました。

(新入社員から育った工場に作品が残り嬉しくなり、得意になった投稿で失礼します。)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-14 21:16 | その他 | Comments(7)


大学教授との懇親 (21会)

12/10 中目黒イタリアンバー”OTI”でのMD幹事の21会に参加しました。

特に楽しみにしていたのは、名古屋から参加の山男KMの山の話と、今年TK大学の先生になったNJ先生の話です。

KM氏は、1月から南米・チリ/アルゼンチンの7000m級高山に45日間挑戦すると聞いて、そのエネルギーと気力に感心した。

NJ先生は、臨時講師と思っていたが、名刺を見ると経営マネージメント学科の教授で、90分の講義を週に6回こなすと聞き、それなりの風格も漂い感心。

今は、単に博士の資格より、実務に長けたユニークな分野の人材が、大学では評価されると知った。



死ぬまでに一度くらいは、教授・プロフェッサーの肩書きが欲しいと思い、自己推薦した。

しかし、今のネット社会では、女子大生へのセクハラや酒を飲んでのトラブルなどの新聞沙汰が、大学経営の浮沈にかかわるそうで、そもそも土俵にも上がれないことが解りました。

病院に行くと言って無理して早退したが、2.5時間飲み放題の価値ある、6人の楽しき夜でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-10 22:35 | 仲間、飲み会 | Comments(6)


旧社12人との忘年会

12/7 横浜駅近くの居酒屋「えん」での旧M社工務系有志(本当は長崎・上五島の関係)12人の忘年会に、参加しました。

沖縄、岡山、千葉、埼玉からも参加する全国規模の集まりで、大先輩もいるが、共通の仕事をした仲なので、話が弾んで楽しい。



皆さん、ゴルフ/テニス三昧、家庭菜園など趣味豊かに過ごし、ストレスもなくすこぶる元気で、我がままに100歳まで生きて社会に迷惑をかけそうなそうなメンバーです。

旧社の女性が新橋・烏森神社近くにスナックを開店したと聞き、どんな顔だったか、資金はどうしたか、行って見たくもないのに出くわさないかと考えた。



12人で2時間では、一人一人と話す時間が少なく、また論客が多くて聞き役が多くなり、少しストレスの残った夜でした。

昨年は押しかけで参加したが、今年は案内も届き、新メンバー2人を迎える堂々たる一員です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-08 05:23 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


日本100名山制覇「赤城山」登山

12/4 KYさん日本100名山制覇の「赤城山」に、山の会仲間15人でお祝い登山をしました。

素晴らしき晴天だったが、"赤城おろしとからっ風" のとおり、強風で気温は-5℃の寒さ。険しき登山道でも、汗をかくことがない凍えながらの山登りでした。

山頂付近の霧氷と風で舞う氷片が朝日にキラキラ輝き美しく、山頂からの冠雪した浅間山/谷川岳/富士山/南アルプスの眺めは素晴らしい。

(赤城山最高峰・黒檜山1828m 山頂の霧氷)


黒檜山(1828m )登頂の記念写真に、大きな垂れ幕を準備するOYさんの気遣いに感心。山頂は寒すぎて、昼食を早く済ませて下山した。

(100名山完登の記念写真とOY氏労作の垂れ幕 :写真はOY氏より)


(山頂でTKさんと       凍えながらの昼食)


終いは、赤羽のリーダーFTさんの馴染みの店で、祝賀会/忘年会/翌年の登山計画検討会をして、大賑わいでした。 (右:KYさんと記念の垂れ幕)

12年前からこの仲間に加わり、山の楽しさを味わえて感謝です。

呆ける前に冬山に登り、凍えながら終わるのも選択肢かと話し会いました。

ご興味あれば、「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-04 21:37 | | Comments(6)


14世紀朝鮮・高麗王朝時代の軒丸瓦

12/3 「骨董アンティークSHOW横浜(産貿ホール)」に、大物を買わないように、3万円だけ持って出掛けました。

終和洋の骨董屋120店舗が並ぶ大盛況です。

瓦、仏像、陶磁器を重点的に探したが、値段から買えるものが少なくて、度胸の無さが情けなくなります。

朝鮮の仏像、瓦の店が面白く、軒丸瓦の値段を聞くと、獅子の絵柄が古代朝鮮・高句麗時代で4万円、少し安っぽい獅子/龍の絵柄が14世紀の高麗前期で1万円。

韓国人店主が、「韓国でも古代瓦は手に入り難くなり、骨董価値が鰻上りだ。」と心を乱す。

(朝鮮の仏像、瓦の骨董店   高麗前期の獅子と蓮華文様の丸瓦/購入品)


裏が布目なので本物だと確信し、隣にあった蓮華模様と併せて、値切って手に入れた。

素人には単に瓦の破片なので買ったとは言い辛く、いつ家族に披露するか、解体現場で拾ったと言うか、貰ったと言うか、思案中です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-03 22:44 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)


横浜・開港記念館と岡倉天心

12/2 山下公園近くでの「骨董アンティーク横浜 at産貿ホール」に出掛けましたが、12/3-5 の開催と分かり仕方なく戻りました。

日本大通りの銀杏並木が黄色に色付き、今年初めて秋を実感した。関内は明治・大正初期のレンガ、石造りの建物が残っており、歴史をそれなりに感じさせる。

(神奈川県庁とイチョウ)


時計台のある開港記念館の横に、岡倉天心生誕(1862年)の地の碑があるのに気付いた。

若き頃に、岡倉天心の「茶の本」を読み、難しくて途中で止めたが、原文は英語だと知り驚いたのを思い出した。

新渡戸稲造「武士道」、更に難解な鈴木大拙「禅と日本文化」も英語で、パソコンも無い昔の人々の能力には、驚くばかりです。

(岡倉天心生誕碑        開港記念館、中程の下に碑がある)


茨城県・五浦の天心の別荘で、横山大観/下村観山/菱田春草などの大物が、ずらりと並んで絵を描いている映像を見て、「五浦に行きたいね」と家内と珍しく穏やかな話した翌日だったのが奇縁。

(制作にいそしむ大観、春草ら、茨城大学五浦美術文化研究所より)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-12-02 21:10 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31