根府川ライフ


<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧



3ヶ月ぶりの根府川ミカン畑

11/20,23 根府川のミカン畑に3ヶ月ぶりに出掛けました。

(写真:根府川鉄橋、ミカン畑への途中で)


ミカンの摘果、剪定、施肥をしなかったので心配していたが、「親は無くとも子は育つ」の通りで、大きく色付いたミカンを見て安心した。

台風と大雨のために、樹が2本倒れたのが残念。

土壌は良く、肥料もいっぱい、温暖な気候の条件が揃い、雑草、蔓草が伸び放題なので、終日草抜きをした。

(伸び放題の草         鈴なりのミカン、本当は摘果が必要)


摘果(間引き)をしていないので、ミカンが鈴なりで、ミカンの重さで樹が折れるのではと心配。早生ミカンでないので、今は甘さを溜め込んでいる時期で、12月下旬からの収穫が楽しみです。

草抜きは小生、収穫時期の決定と収穫は家内と分担が決まっています。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-11-23 17:34 | 根府川とミカン | Comments(6)


高松・栗林公園 と 丸亀・金刀比羅宮 (四国3)

11/16 高松・栗林公園、丸亀・金刀比羅宮などを廻り帰途につきました。

1.高松・栗林公園を散策した。

紫雲山を借景として、手入れの行き届いた築山の松と池が調和した庭は、美しい。 (写真:栗林公園)



小学低学年のときに高松で育ち、栗林公園茶屋の薄い木の箱に入ったアイスクリームが珍しく、楽しみだった。アイスはソフトクリームに替わり、時の流れを感じます。

2.丸亀・金刀比羅宮

参道の785段の石段を、本宮まで、ヨボヨボのご老人が数多く登るのは、信仰の力と感心しました。小生もこれが最後の参拝かと・・・

海の交通の守り神らしく、絵馬堂に多く奉納された航海安全祈願の船や馬の絵馬をゆっくり見るのも楽しい。

金刀比羅大社本殿       絵馬堂の絵馬


本殿前の見晴台から讃岐富士のきれいな讃岐平野を見下ろし、遠くには瀬戸大橋、岡山方面も眺望できた最高の秋の空。

讃岐平野の眺望(左が瀬戸内海)


3.坂出から瀬戸大橋を渡った。

与島PAの与島フィッシャーマンズワーフは、開通当時は超満員だったが、平日とは言え、車は僅か4台でガラガラ。鮮魚の販売も無く、これでは潰れるかと思った。

そもそも、瀬戸大橋の交通量が少な過ぎるのが原因で、通行料金の引下げが必要。
建設ゼネコンと漁業補償の猟師は潤ったが、本四架橋3本は多すぎで、債務が蓄積される典型と実感した。

4.岡山19:23発の新幹線で帰宅したが、指定席は企業戦士で満席。日本経済も完全には落込んでいないかと、妙に安心しました。

(金刀比羅宮参道 うどん定食 945円, 高い!、  メバル煮付け, 美味い!
)

[PR]
by akiotakahashi | 2010-11-16 23:12 | | Comments(7)


土佐犬闘犬と坂本龍馬像 (四国2)

11/15 高知桂浜で土佐犬の闘犬を見ました。

40kgの大きな土佐犬が噛み合う姿は迫力があり、鳴き声を出すと負けるので血を流しながらも我慢して闘う姿には、壮絶で心打たれる。

桂浜では、坂本龍馬人気で高さ17mの立像にやぐらを並べて立て、龍馬と同じ目線で立つ企画があった。すぐに登り(100円)、龍馬と肩を並べて太平洋を眺めながら日本の将来を憂えた。 (下:桂浜)



(土佐犬闘犬の風景      坂本龍馬と日本の将来を憂う at桂浜)


高松への途中に、土佐山田の鍾乳洞「龍河洞」と祖谷「かづら橋」に立ち寄った。

「龍河洞」では1km、高低差80mの鍾乳洞を探検し、1時間かけてゆっくり眺めることができて満足。

また、「かづら橋」の足下の隙間から深い渓谷を見ながら、多少ビビリつつ渡る長さ45mの吊り橋も面白い。こんな山奥での平家落人の生活は、厳しかったと思いました。

(土佐山田・龍河洞内部    祖谷・かずら橋、写真はwikipediaより)


大歩危、小歩危の紅葉も楽しみだったが、雨で暗くなり残念。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-11-15 21:35 | | Comments(5)


「しまなみ海道」と別子銅山跡 (四国1)

11/14  倉敷での出稼ぎが終わり自由になったので、「しまなみ海道(尾道~今治)」で四国に渡りました。

本四架橋が3本もあり無駄の典型かと思っていたが、「しまなみ海道」は、自転車・遊歩道も併設されて、地域の利用もできる地域密着型で、島を渡る橋も美しく、それなりの評価。

水島のUYさんに情報をもらっていたので、大三島で大山祇神社(おおやまづみ)に参った。天照大神の兄神を祭る由緒ある神社で、源義経、弁慶、護良親王、足利尊氏などが戦勝祈願で奉納した日本の国宝・重要文化財の刀剣、鎧兜の9割が残る。

(しまなみ海道大三島大橋    大山祇神社前の2000年大楠木)


新居浜では細い山道を走って、住友財閥発祥の別子銅山の遺構が残る東平(とうなる)に立ち寄った。
花崗岩、レンガを積上げた鉱山の坑道、貯鉱石場、社宅跡などが大規模に残る。
日本の近代化産業遺産として価値があり、また、山の紅葉も美しい。行ったことはないが、東洋のマチピュチと称している。

(別子銅山東平・坑道口、貯鉱石場跡   トロッコ用トンネル跡)




久しぶりに郷土料理を食し、みかんを食べながらのドライブを楽しめました。

鯛ぶっかけ丼(因島)  鰹たたき、チャンバラ貝、ニロギ干物など(高知)

[PR]
by akiotakahashi | 2010-11-15 07:19 | | Comments(4)


倉敷/水島の仲間

11/8 倉敷/水島の先輩、友人10人で、熊五郎馴染みの家庭料理「喜久江」で飲みました。

UYがアレンジしてくれて、9月からズーと楽しみに生きてきた。十数年振りにゆっくり飲むが、皆同世代で一緒に仕事し、飲んだ仲なので話が弾み実に楽しい。

M、FS両氏は、早期退職して12年経ち何もしないでボケているかと心配していたが、ゴルフ、囲碁三昧で相変わらず明晰なのに感心。

また、皆さん、体調絶好調でストレスもなさそうで、100歳まで長生きしそうなメンバーでした。
f0193510_723510.jpg
集まってくれた熱き友情に、感謝です。 「年々歳々友相似  歳々年々人不同」
[PR]
by akiotakahashi | 2010-11-09 07:05 | 仲間、飲み会 | Comments(8)


丸亀のボートレースと大蛸の天ぷら

11/7 暇つぶしに丸亀競艇に出かけました。

水島港から無料送迎船が出ており、船上から建設中のプラントを遠望することができた。水島港から見るJ社石油工場は、LNG巨大タンクとLNG桟橋が目立ち様変わりです。

(建設中のプラントの遠望     J社石油工場の巨大LNGタンク)


15年前の単身赴任のころは、船でメロンパンと牛乳を出してくれ、春秋の気候のよい時期に海を見ていると気持ちがよいので、時々出掛けた。また、蛸の天ぷらが美味しかった。

舟券は駄目でも、入場時にくれたスクラッチ抽選券が500円の大当たり。蛸天ぷら串、焼鶏大串、生ビール(全部で850円)を350円で味わえ満足。

(ボートレース、第1コーナーで決まる   大蛸の天ぷら串と焼き鶏大串)


帰りの船は、最終12レースの終わる9時出発で、無料でコンビナートの夜景を船から楽しむこともできたが、寒い中をナイターで見るほどボート狂いでもないので、JRで瀬戸大橋を渡って帰りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-11-07 18:13 | 趣味(グルメ) | Comments(2)


仕事の紋章(労働者の紋章)

11/4 久しぶりに 現場最高峰の67mの反応器に登りました。四国も遠望できる久しぶりの秋晴で、眼下の装置群を見下ろした。

再塗装もされずに各装置は錆が浮いているが、どの装置もメインテナンスに携わり懐かしく、今回の出張が工場の見納めかと思いました。

今まで、装置を写すのを自粛していたが、飛行機からは誰でも見れることを考れば遠慮は要らないと思い、掲載する次第です。 (写真をクリックで拡大)
f0193510_12314251.jpg

入社から工場に配属され、装置の中を動きまわり、ヘルメットは汚れていたが、今回の仕事は狭い配管や架構の間をぐったので傷だらけになった。
まさに、「仕事の紋章」とも言えるものです。

但し、周りを見ても、こんなに傷ついているのは珍しく、運動神経と遠近感が衰えて鈍くなりぶつかっただけで、老化を表わしているともいえます。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-11-04 12:30 | その他 | Comments(7)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30