根府川ライフ


<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧



食べ過ぎの毎日

今回の倉敷への長期出張(赴任扱い)は、プラント建設工事の応援なので、体力を維持するために宿舎で朝夕の食事を頼んでいる。

ボリュームのあるメニューですが、「粒々辛苦の米は残すな」の遺言を守り完食している。

朝(6:00)からお腹一杯の朝定食で、ゲボゲボしながら通勤。お姉さんが運んでくれる朝は、縁起が良い。 (右写真)
昼は塩生給食センターの職人用赤弁でボリュームがあり、ふりかけが美味。
夜(20:00)は、更に豪華でビールと一緒に食べるが、体が重くなり過ぎて夜の街に出る気がせずに直ぐに就寝する。

(朝:和洋の日替わり ¥500、 昼:昔からの職人用赤弁 ¥350、 夕:家庭の食事より豪華 ¥1200)


空腹になるときは無く、運動(肉体労働)しながら食べまくっているので食用地鶏の生活に近く、休日外食の“かけうどん”が楽しみな飽食・贅沢生活です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-30 12:11 | 趣味(グルメ) | Comments(7)


68mからの水島の360°パノラマ写真

9/25 68m塔頂から瀬戸内の360°パノラマ写真にトライしました。

土曜日ですが建設工事なので、勤務システムは土曜、祭日も出勤です。秋晴れの澄みきった好天なので、工事現場の最高峰から下界を見下ろした。

川崎製鉄はJFEに、三菱石油はJXに、日本製粉は西日本飼料にこの15年で変わっているのに感慨深い。

(①東南:瀬戸大橋、坂出方面  ②南西:JFE工場方面  ③西:JFE工場、玉島方面)


水島方面の遠望は、中央の亀島山が土砂を採取した禿山だったのが、緑になった。

この山は、独身時代に寮の仲間と酒を飲んだ後、深夜に一升瓶を担いで登り、夜景を眺めながら大騒ぎした思い出があり、これら仲間も既に老後の生活を送っている。また、スキーの名手M木が、黄泉の国に行ったのには涙が出る。

④北:三菱ガス化学、西日本飼料、水島市街地方面(中央の小さい山は亀島山) ⑤東:水島港、コンビナート東地区、鷲羽山方面

[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-25 12:05 | その他 | Comments(4)


井原の葡萄直売所

9/20岡山県西の井原市青野の葡萄直売所に出掛けました。周辺の丘は、葡萄栽培のビニールハウスが立ち並んでいる。

(写真)一面の葡萄ビニールハウス、  ビニールハウス内の袋がけ葡萄


岡山はマスカットが有名だが、食べ難く、最近は瀬戸ジャイアンツ、あきクイーン、翠峰など、食べやすいマスカットの新種が開発されている。(瀬戸ジャイアンツは種無しで、皮毎食べれるお奨め品)

販売所は、10時の開店前から大勢が並ぶ盛況ぶり。群集心理で、「これは○○さんに贈る、これは子供に」と買い捲るのに不安が募る。安いと言っても3万円は買い過ぎではないか。

パックに入ったバラの葡萄(¥400-)が自家用には値打ちがあり、8パックも買い込んでいた。

(写真)葡萄葡萄直売所内、  バラのパック入り葡萄の買い込み


葡萄が一房(¥1,500~¥2,000)で売れるのは、関サバ、夕張メロンと同じようにブランドによるものか、重油などの燃料費によるものか、また、中国で作って輸入はどうかなど考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-21 08:59 | | Comments(6)


秋の蒜山高原と蒜山焼きそば

9/19 岡山県北の蒜山高原を散策しました。

工場では幹部の抜打ちの安全査察があったが、休日のホテルに家内の健康衛生査察があったのに驚いた。接待が一番なので、蒜山高原にお連れした次第です。

蒜山高原には、子供が小さい時にジャージー牛を見に行った良き思い出がある。狂牛病の影響か、牛の放牧が無いのは寂しい。

蒜山三山が近くに、遠くには大山が霞んで見え、また、ススキはあるが未だ秋の気配は感じられない。

昼にレストランに入り、家内は蒜山おこわ定食(饗応側、¥1,280-)、小生は蒜山焼きそば(接待側、¥720-)を注文した。

(左より:蒜山おこわ定食、山菜そば天ぷら付、    蒜山焼きそば、B級グルメ第2位)


厚木の第5回B級グルメ祭典(9/18-19)で、この蒜山焼きそばが、第2位に入ったと新聞で読んだ。

高原キャベツ、蒜山地鶏に味噌風味の甘い焼きそばだが、全国2位とは驚きで、味の好みは多様だと思いました。

「自分の評価が一番正しいとの考えが、間違っている!」と何時も言われている意味が漸く解りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-21 08:54 | 趣味(グルメ) | Comments(6)


瀬戸内の味覚

9/14 水島の小料理屋「山根」で瀬戸の味覚を楽しめました。

本社からのプロセス設計屋が、プラントの出来具合を見に来たのに、夜だけくっ付いてお世話になった。

黒メバル煮付け、鯛・ハマチ・烏賊刺身、サザエ焼き、鰻など、久しぶりに瀬戸内の魚を楽しめた。
地酒“荒走り”(森田酒造)は、少し濁った辛口の銘酒。
デザートに梨と葡萄が供され、岡山も空が澄み過ごし易く秋の気配が濃くなったのが嬉しい。



雇われの身を忘れて好き放題を言って、ストレス発散ができました。
但し、翌日は通常通り5:30起床、6:15出発なので、早く切り上げる健康的な生活です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-15 16:56 | 趣味(グルメ) | Comments(7)


8年振りの結婚式への参列

9/11 縁あって結婚式に参列が出来ました。

小生の年代になると、葬式は頻繁にあるが、結婚式には縁がなく、8年ぶりの参列です。

現代の若者らしくプロの司会者を頼み、仲人は置かず、お色直しも簡単で、ゲームなどを採り入れた手作りの結婚式で、好感が持てた。

新郎新婦とも多くの友人に恵まれ、友人とは永く良き関係を続けて欲しいと心から願った。

六本木ヒルズの高級ホテルでの式ではあるが、11組の式が組み込まれ、景気沈滞とは言え巨大結婚式産業は、大繁盛の模様です。



ビール瓶を持って意味もなく着飾った若き女性の席に行き、写真を撮らせてもらうのは、まだまだ隠者の悟りには遠い俗人です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-12 07:43 | その他 | Comments(4)


工事現場からの眺望

9/10 建設現場の最高峰67m(階段288段)反応塔架構に登頂しました。

昔は猿梯子での昇降だったが、今は工事用のエレベーターも備わり、隔世の感があります。(当然、訓練のために階段を使っている。)

瀬戸の島々、瀬戸大橋、鷲羽山、また遠くに坂出の工場地帯が望める眺望です。

台風が過ぎて朝晩は過ごし易くなったが、現場の温度計では37℃で残暑厳しく、相変わらず日陰から日陰、休憩所を渡り歩いています。

(パノラマ写真のつもり)


工場には、旧友/旧同僚が関連会社に6人残っているので、そこも渡り歩くのも楽しみの一つです。

午後から休んで、週末は横浜に帰る予定ですが、歓待されるかどうかが不安。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-10 11:23 | その他 | Comments(6)


休日の宿舎でのゆで卵研究

9/5 現場の建設工事は日曜日だけが休日です。手抜きの仕事(安全な仕事)をしても、それなりに体力を使うので、無理をせずに休養した。

9:00-13:00 近くのスーパー銭湯「玉椿の湯」(昨年サウナで温泉卵を作った)で時間をつぶし、宿舎に戻り備付けの電磁湯沸かし器を使って、ゆで卵の作り方を研究した。

沸騰すると電気が切れるので、水の量(沸騰までの時間)と切れてからの保持時間の組合せで調整して、漸く卵7ケ目で好みの硬さのゆで卵(やや柔らかめ)が完成した。

最適条件:水はポット1.5cm、電気が切れてから13分で取り出し



一人が気楽といっても、宿でテレビと焼酎だけで時間をつぶすのは侘しく、多少は同伴者を大切にすべきかと考えた次第です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-07 12:10 | その他 | Comments(8)


倉敷の石油プラント建設現場

9/1 から倉敷の石油プラント建設現場に暫らく出稼ぎしています。

工事現場のスタートは朝早く、6:15宿舎発、7:10からMeeting、ラジオ体操が始まる。

工事現場は人身事故対策が、昔と比べて更に厳しくなっており、安全レベルが一段と向上しています。

現場は、鉄の照り返しで暑く、熱中症で1人倒れたと聞き、日陰を渡り歩き、休憩所で冷たいお茶を飲んでいる。

宿舎は、タコ部屋と思っていたが、ホテル(船員会館)の個室で、シーツ、寝巻きが毎日取り替えられる。また、朝、夕食付で、これも自宅より豪華。

労働の後の生ビール(¥525)は美味しく、2杯飲む。焼酎は¥420なので、コップに氷を入れて、買ったワンカップ焼酎を注いで飲むのが節約の工夫。「氷水が大好きな客だ!」と、思われているかも・・



快適な職場と宿ですが、トイレにウォッシュレットがないのが難点で、便秘気味です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-09-02 12:51 | その他 | Comments(10)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30