根府川ライフ


<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧



目黒川の桜

3/31 同期仲良しグループの集まりが池尻大橋であり、目黒川の桜を愛でました。

寒波が続き花見は早いかと思っていましたが、目黒川沿い1km続くソメイヨシノは満開で素晴らしい。目黒川の桜は樹が壮年期に当り花も多く見ごたえがある。また、近辺住民の文化レベルが高いので筵を敷いてバカ騒ぎするのが無いのも好ましい。

桜が好きで、若き頃は倉敷水島の公園でだだ一本ある桜の下で、また、塩釜神社の枝垂れ桜の下で震えながら、また、千鳥ケ淵で午後半休の場所取りして大騒ぎしたのが懐かしい。



幹事のMD氏が以前話題にしたお宝の玩具を見せてくれた。50数年前に海外で入手した英国製金属ダイキャストの軍用タンク、トラック、大砲などは重厚で、お宝鑑定団に出すべきだとの結論。



4月からのJ社の新社屋や同僚の消息など話は尽きません。但し、惜しくも亡くなった方々の話がかなりの割合になるのが、それなりの年代の集まりでしょうか。
NJ先生、TI調停士がいるので、日本の教育、教科書問題などの高尚な話題も少しはでるのが、品の良い紳士の集まりだったと自賛。

前日に続き連荘の飲み放題セットだったのでハイピッチで飲んでしまい、終盤は不本意ながら元気がなくなったのが無念でした。

孤高な中にも桜だけはどうしようもなかった西行法師の歌を;
「浮かれいづる心は身にもかなはねば いかになりとてもいかにかはせむ」
「花みればそのいわれとはなけれども 心のうちぞ苦しかりける」
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-31 22:58 | 仲間、飲み会 | Comments(7)


「人生二毛作のすすめ」

3/27 根府川で、寒い中をミカンと畑の手入れをして終日過ごしました。

2月にミカンの収穫は終わったが、ミカン樹の剪定、草抜き、お礼肥料とやる事はそれなりにある。

今年は畑を充実させようと、2月末にジャガイモ6kg(90片)を植え、芽が出たのが嬉しく、商売できるくらいの収穫を期待。(右:ジャガイモの芽)

昼食でオーナーが蕗(ふき)の佃煮を分けてくれ、蕗の新芽で作ったと教えてくれたので、すぐに新芽を採ってトライしました。少し苦味があり、ビールのつまみに上々の出来です。

蕗の佃煮 (菜の花も入れた。家内から湯通ししていないので苦いとコメント。)


3/27産経新聞に中高年からの人生を大きく花咲かせる「人生二毛作のすすめ」の書籍評があった。脳の活性化と前向きな心の持ち方の紹介で3つの実践があればよい。
①第2の仕事をする ②金銭欲に振り回されないマネープラン ③日々の身辺雑事をこなす習慣

自分に照らすと、①は少し頭を使いながらフルタイムで働き、山登りの次は根府川で畑ができる ③は蕗の佃煮を作れるので合格だが、②の金銭欲は不合格(マネープランより足るを知る心がない!)。

そもそも花を咲かせる気はないが、脳と口と足が最後まで頑張れるのを期待するだけです。(根府川の桜は3分咲き)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-27 18:04 | 根府川とミカン | Comments(6)


立春の玉子

3/21 物理学者中谷宇吉郎の「立春に玉子が立つ」話を寝ながら思い出し、朝5時に起きてトライしました。

僅か10分で成功し、写真をとウロウロしているうちに転倒。再挑戦したがうまくいかず1.5時間やっても駄目でガックリ。(悔しいので小細工して地球儀の上に立てた。)

「コロンブスの玉子」の通り玉子は立たないものと決まっていたが、昭和23年に中国古書にあった立春に玉子が立つという話が噂になり、立春に方々でやったら皆成功して玉子の立った写真が新聞を賑わしたそうです。

(左)パソコンに立つたまご (本物:ゴールドエッグ社ホームページより)
(右) 地球儀に立つたまご (偽物:裏から中味を抜き底に石を置いた)



中谷の解析では、玉子の殻表面の小さい凸凹を利用して、底の少なくとも三つの凸点に非常に小さいゴトクの三本足(凸点間0.8mm)の役目をさせる。

教訓は:「玉子のような手近なものに、こういう例があるのだから、私たちのまわりには、未だ誰も気のつかないことが沢山あるであろう。学校で習う物象でぜんぶ解ってしまったと思うことが一番いけないことである。」(「たまごの立つ話」中谷宇吉郎)

中谷の教訓に感心し、それにしても何故かと考えていたら、この話は立春(2/4)で今日(春分3/21)ではない事に気がつき、何時でも立つことが証明されました。
馬鹿馬鹿しい話でスイマセン。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-21 07:39 | その他 | Comments(4)


「福翁自伝」(福沢諭吉の口述自伝)

昨年2月に福沢諭吉展(1834-1901、68歳没 at 国立博物館)に行き福沢の才能、先駆的な考え、幅広い能力と福沢精神に感心したが、鶴見Book Offで「福翁自伝」 (岩波文庫、¥105)を見付けました。

吉村昭、新田次郎の史実に近い歴史人物本が好きですが、「福翁自伝」は自伝なので真実の江戸・明治時代の生活と維新の様子が具体的で面白く、また、口述速記なので読みやすい自伝文学の傑作と初めて知った。

・適塾での塾生の素っ裸生活と凄い勉強
・蘭書の盗写と英語独学習得の苦労
・渡米、渡欧での驚きと失敗
・大村益次郎の仮面の攘夷
・上野戊辰戦争砲音中の塾の講義
・幕末明治初の暗殺の恐怖と工夫
・農民、中国蔑視と欧米崇拝 など

左より:上野戊辰戦争の場(上野大仏が見える) 諭吉が英語の本を探した横浜

(Yahoo写真より)

早稲田は一匹狼の政治・文学界、慶応は上流社会の実業界が一般評価だが、福沢の信条の独立自尊、実務重視、鍛錬、質素、無風流からは変わったのかも。
美人棋士梅沢由香里が講師となり囲碁で単位を取得させる授業(3/10 産経)も楽しみです。

ノートを見ずに口述した諭吉の記憶力に感心し、「人の能力は天賦遺伝の際限にて、決してその以上に上がるべからず。」の言葉はシミジミと味わいました。
(面白かったので、珍しく真面目な話題で失礼しました。)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-18 07:20 | その他 | Comments(4)


蓼科でのスノートレッキング

3/14-15 霧が峰でのスノートレッキングを目的に蓼科のS社保養所に出掛けました。

輪カンジキを準備し、スノーシューを借りるつもりでいたが、同伴者にトレッキング同行を拒否された。
1人で霧が峰まで行くのも将来禍根を残すので、仕方なく早朝に近場のスキー場に出かけました。リフト上を目指したが、雪が硬くて輪カンジキは効き目がなく、靴のままのほうが歩き易い。一人では面白くも無く、馬鹿馬鹿しくなって半ばで下山しました。
スノートレッキングは新雪の平地が良さそうです。

(左より) 蓼科東急スキー場にて    原村より甲斐駒ケ岳遠望


往路の笛吹・一宮「桔梗屋」菓子工場でアウトレット半額菓子を4700円も買い込み、北杜・白州「シャトレーゼ」菓子工場見学ではアイスクリームを3ケも試食する菓子屋巡り。

復路の韮崎・神山の武田八幡神社は、平安末期に甲斐武田氏の祖・信義が氏神とした由緒ある神社で、戦国時代の総門、二の鳥居、本殿の構造は面白くで巨大杉とともに一見の価値はあります。

(左より) 武田八幡神社総門と巨大杉   香りよく美味しい焼き竹の子


保養所では、九州産の丸ごと焼き竹の子で、一足早い春を味わうことが出来ました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-15 20:42 | | Comments(5)


長谷川等伯展 (東京国立博物館)

3/12 NHK「日曜美術館」、「歴史秘話ヒストリア」で紹介があり面白そうだったので、東京国立博物館「没後400年・長谷川等伯展」に行きました。

長谷川等伯(桃山時代、1539~1610、72歳没)の豪華な桃山絵画、仏画、肖像画、花鳥画、水墨画の幅広い作品群(国宝3件、78作)に驚いた。

能登七尾から33才で上洛し、室町時代から狩野一門の牙城だった京都画壇に、ツテもなく道場破りの如く単身乗り込み、秀吉、利休らに重用され京都の名刹に数多く揮毫した真の実力派。

驚いたのは高さ10mの巨大な「仏涅槃図」(京都・本法寺蔵)で、京都の大名、寺院に売込むために宮中で披露したというから、この時代も営業は大変だった。 (左図)

雪舟の後継者を自認し 「雪舟五代」と書いて狩野派の怒りを買い、狩野絵師軍団と激しい受注競争をした。仙洞御所障壁画の注文(1590年)を狩野永徳の妨害工作で取り消されたこともある。
(右図:国宝「楓図壁貼付」京都・智積院蔵)

ドロドロした凄い画壇の中で生き延びたが、画才のあった長男に先立たれ(長谷川派の勢力伸長を恐れた狩野派による暗殺と言われている)晩年は不幸だった。

水墨画の最高峰・「松林図屏風」(東京国立博物館)


等伯は墨絵の手長猿しか知りませんでしたが、国宝・「松林図屏風」は、墨の濃淡と粗速の筆のタッチだけで、霞に包まれた松林の情景が表現され日本の水墨画の最高峰とされる。(東京国立博物館解説) そう言われて観ると、立体的なぼやけた描き方は優れているようにも。

入館料1500円でも勤務帰りの入場者(金曜日は20:00閉館)が多く、日本もに文化的になったかと思いました。 (2週間で入場者10万人突破)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-12 20:27 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


サウナのあとのビールの楽しみ

3/10 勤務帰りに巣鴨のスポーツジムに行きました。

勤務地は鶴見、自宅は戸塚なので巣鴨は反対方向だが、旧会社の関係施設で会費が安く、プールとサウナ風呂があるので7年前に入会した。回数が多いと交通費がかかり、少ないと会費が無駄になるので、採算計算して月4回目標に通う。

サウナで汗を流したあと、帰りはJR車内でビールを飲むのが楽しみです。キリンのどごし生(¥138)を値段で選ぶが、つまみのほうが高いのも変なので魚の干物をカバンに入れています。

如何にも嬉しそうに飲むので、隣のご婦人に「美味しいそうですね」と声を掛けられたことがある。
普段は不機嫌な顔をしているが、この時だけは「顔色容貌の活溌愉快なるは人の徳義の一箇条にして、人間交際において最も大切なるものなり。(福沢諭吉)」の顔色が現れます。

(左)ビールと若狭カレイ干物 (焼くのが美味しいが持ち運びを考えてそのまま)
(右)手で押しつぶしたビール缶 (傷をつけて捻るのがコツ)



飲んだあとは、山の仲間に教えてもらったやり方で、バリバリと缶を手で捻って押しつぶす。周りの人が驚きの視線で見るのに快感を覚えるのが、未だに自己顕示欲の強い、山中の独居・修行には程遠い俗人です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-10 22:46 | その他 | Comments(6)


朝日新聞チャリティー美術展

3/6 銀座松屋の朝日新聞チャリティー美術展に4万円を財布に入れて行きました。

毎年3月に催され10年程前から楽しみにしている。洋画、日本画、書、版画、工芸品、色紙など、芸術家・有名人が寄贈する作品1000点が福祉のために販売される。

開店30分前に行ったが、2日目なのでガラガラでめぼしい作品(安い作品)は売り切れ、無駄遣いせずに済みました。
また、有名人の作品は競売入札することになっている。後藤純男「新雪大和(雪の法隆寺)」がよかったので、冷やかしに136万円(最低入札価格90万円)で入札箱に入れました。

(左)チャリティー入口風景 (右)後藤純男「新雪大和」(下の箱に入札)


平山郁夫のシルクロードの絵(B5サイズ)が最低入札価格500万円であり、気合で901万円で入札箱に入れ、間違って落札されたら如何しようかと心配しながら帰ったことがあります。

ここで求めた法隆寺長老 高田良信「和を以って貴しと為す」と、清水寺貫主 松本大圓「渾然たる和気(いつも円満な和気がある)」の色紙は、この言葉は我が家には無縁ですが、大切にしています。
絵画は安くても3~4万円なので、なかなか買えません。

(左より)法隆寺長老高田良信「以和為貴」 清水寺貫主松本大圓「渾然和気」

(左より)小口滋郎「上高地明神岳」(9年前) 加藤日出男「八甲田の秋」(6年前)


そのまま巣鴨のスポーツジムに行き、筋トレとプールのあとサウナに2回(計25分)も入ったので、カラカラ干物になって帰りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-06 16:52 | 趣味(骨董、美術) | Comments(6)


ブータン王国の国民総幸福(GNH)

鳩山政権が、成熟社会の成長の意味を考える目的で「幸福度調査」を実施することを決めた。 (3/1 朝日新聞)

2年前にNHK番組「五木寛之・仏教への道」シリーズがあり、ブータン*の貧しくとも精神的に充実のある仏教への帰依(迷いからの解脱)の生活が素晴しく、強烈な印象でした。  (*人口70万人、日本の1/50の所得、寿命66歳)

 
(写真:ブータンの子供、Yahoo写真検索より)

輪廻転生で、万物が過去には親兄弟の考え(縁起)と全てが他との関連の中にある考え(無我)から全国民に「愛、慈悲、幸福、平等」が根付いている。

「欲望には限りがないから欲しいものは考えない。家族といるだけで幸せ。今のままで十分。」がインタビューでの自然な声で驚いた。

(①アジア、アフリカの開発途上国はもっと精神的に幸福なのでは・・、②拡大したら日本・韓国は中国より薄い赤)

2007年にブータン王国は、他人の幸せなしに自分の幸せもなく、人間関係の改善が社会進歩の尺度として国民総幸福量(Gross National Happiness)「GNH指数」を導入した。

ブータンの「GNH指数」は①心理的幸福感 ②時間の使い方 ③生活水準 ④文化 ⑤健康 ⑥教育 ⑦環境 ⑧良い統治 ⑨地域の活力 の9領域を同じウェートで評価する。(2009.8.10 Nikkei Business)

物質に価値を求め、昔の生活に戻れない日本で幸福度調査をしても、宗教が無ければ役に立たないかと思いました。

日本人が「心の豊かさを実感する条件」(第一生命調査)の順位は;①健康 ②家族との絆 ③経済的豊かさで、小生が心貧しいのは当然かと。

1年半前、清貧の僧 良寛の故郷・修行・終焉の新潟(出雲崎、国上寺、木村家)と青年期修行の円通寺(倉敷)を訪ね良寛ファンになりました。

「欲なければ一切足り 求むありて万事窮す(良寛)」に暮すブータンの人々に対して、煩悩に流され欲だけの毎日です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-03 21:50 | その他 | Comments(7)


山口の魚「金太郎」

3/1 20:00 山口・防府に着き瀬戸の魚を賞味しました。

この、3日間の美食の余韻があるので、小洒落た小料理屋に入り魚ツウの顔をして、子持ちカレイ煮つけ、メバル・クロ鰯刺身を注文した。

客もおらず女将と郷土の魚について話していたら、「金太郎がある」と言う。値段(500円)を確認して焼きで頼みました。赤いハゼみたいで身は締まり、味はまあまあで、山口名産を知ることができました。(写真の赤い魚が金太郎)

山口も地魚の相場は上がって苦労しているようですが、1.5時間で4200円は地方ならではです。

2/26からフラフラ寄り道したが、真の目的は明日の半日出張にあります。休暇をとり後ろめたさは無く正々堂々ですが、自由な派遣労働者ならできる日程調整かと・・・
ただし、でびら干しカレイ、小鯛の笹漬けなど嵩張る土産を衝動買いしたので、ビニール袋に書類を入れて仕事に向かう羽目になりました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-01 23:59 | 趣味(グルメ) | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31