根府川ライフ


<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧



若狭のフグ

2/28-3/1 若狭高浜にフグを食べに行きました。

奈良東大寺2月堂の「お水取り」は3月始めから法要儀式が始まるが、この水は若狭鵜の瀬・若狭の井と地下で結ばれ送られる。
小浜・神宮寺で「お水送り」の法要が3/2から始まるので、準備の視察に行ったが、祈祷中で中に入れず残念。
神通力で水を送った遠敷明神のいた若狭姫神社は、水の豊富な地形で1000年杉を見上げました。

(左)閉鎖中の小浜・神宮寺  (右)若狭姫神社の1000年杉


小浜湾の観光船で奇岩蘇洞門などを遊覧した。
大飯高浜原発を遠望したが、良港のある地殻変動で沈下した湾内に立地するのでは直下の活断層は止むを得ないかと思いました。

(左)小浜湾遊覧船  (右)オバマ大統領に贈呈した小浜の勝利ダルマ


高浜の宿・鼓松はフグ満喫メニューで、ヒレ酒、刺身、鍋、皮の湯引き、白子酢、唐揚げ、雑炊のフルコースで満足できました。

(左)小鯛ランチ(¥1,050)  (右)フグ三昧料理

[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-28 23:33 | 趣味(グルメ) | Comments(3)


平城遷都1300年 秘仏特別開帳

2/27 2010年は平城遷都1300年で各寺院で秘仏秘宝の特別開帳があり、法隆寺伝法堂と桜井・安部文殊院・文殊菩薩像を拝観しました。

1.法隆寺の国宝の仏像、秘宝の数の多さには改めて驚くばかりです。
百済観音像、救世観音像(未公開)、釈迦三尊像、夢違観音像、玉虫厨子は東京の博物館で単品でも集客できる至宝です。

夢殿の北にある伝法堂は橘婦人の住居を仏殿に改造した世界最古の木造住宅様式で、堂内にある20の仏像群には圧倒されます。

(左)法隆寺夢殿  (右)伝法堂


2. 安部文殊院は阿倍仲麻呂一族の氏寺で、高さ7mの獅子に乗った文殊菩薩像(快慶作)は迫力があり、真近に拝めました。
いまさら、知恵、学業は無縁なのでボケ封じだけをお願いしました。

ただし、拝観料が法隆寺1000円に対して、安部文殊院700円(茶菓子抹茶つき)は商売気が強く不快。

(左)安部文殊院境内・本堂を望むが虎の植込みは品が無い  (右)安部文殊院の善財童子と文殊菩薩

[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-27 23:11 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(2)


名古屋名物の居酒屋

2/26 名古屋駅近くの老舗居酒屋「伍味酉」で旧友ITと懇談しました。

17:30 スタートだったので、「今日は早めに帰る」と職場を抜けたが、店に着いたのは16:40 で雨の中を開店待ちした。

名古屋は名古屋コーチンと八丁味噌が特産で、どて味噌煮込み、酉串焼き、手羽先揚げ、ささ身胡麻サラダと名古屋名物を食べ尽くした。

ITは自民党支部協会の要人で、話題は民主政権に集中:
1.土建屋からの賄賂が不起訴で、潔白が証明されたとの議論のすり替え
2.贈与税の5億円脱税の平成の脱税王
3.秘書への責任転嫁と野党時代の約束反古
4.普天間基地移設の展望なき5月決着の無責任公約
5.財源なきバラマキ政策と将来の国民負担
6.前政権以上の利益誘導型の選挙対策予算配分
7.CO2の25%の根拠なき削減
8.聖職者(日教組)丸抱えの違法選挙など

現体制が自民党への追い風になる見方でしたが、首相と幹事長の即辞任が結論。



名古屋の飲み放題は、1時間980円、追加30分500円のシステム。追加の3回はコストパーフォーマンスが悪くチャラ。

「地元だ」、「みかんを送ってくれた」と支払いを負担してもらい充実した夜でした。 
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-26 22:36 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


牡蠣のmini情報

2/25 UM氏から送ってもらった牡蠣を食べ尽したので、余韻のあるうちに牡蠣を調べました。 
(右写真:中世ヨーロッパの生カキを食す婦人)

1.殻つき牡蠣の食べ方
焼き、蒸し、味噌、チーズの乗せ焼きが一般的。蒸し牡蠣は電子レンジ(1分/1ケ)が簡単な調理方法らしい。

2.世界の牡蠣の種類(国連食料農業機構FAO)
マガキ(中国、韓国、日本、米国、カナダ)、ヨーロッパヒラガキ(スペイン、フランス)、オハグロガキ(オーストラリア)の3種属だがマガキが97%シェア

3.世界の生産量(2005年、FAO、京都大学)
全世界の生産量(殻付)は460万トンで、中国が断トツの86%、韓国、日本、米国、フランスがTop5です。韓国、タイの生産量の伸びが大きい。
f0193510_22135718.jpg

4. 日本の県別生産(2006年、農水省)
日本の生産量はむき身3.3万トンで、広島(57%)、宮城(13%)、岡山、兵庫、岩手がTop5

5. 牡蠣の輸入
10年前のデータだが、むき身は国内生産3.7万トンに対して輸入1.5万トンで韓国が93%。輸入が更に増えており、よく食べるカキフライも韓国、中国か。

6. 日本の牡蠣養殖の歴史
室町時代(1550年頃)に始まり、現在の筏に吊るす養殖方法は1950年頃に確立された。 (右写真)

7. 技術変遷
①石まき式(干潟に石を撒きカキを付着) ②地まき式(稚貝を砂地の干潟に撒く) ③ひび建て式(枝のある竹にカキ幼虫を付着) ④垂下式(カキ幼虫付着盤を筏、延縄から吊り下げ)

おかげ様で、牡蠣博士になれて、UMさんに感謝!
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-25 21:25 | 趣味(グルメ) | Comments(6)


岡山・虫明の殻付き牡蠣

2/22 倉敷の友人UYから岡山・虫明の殻付き牡蠣を大量に送ってもらいました。

牡蠣は大好きで毎年年末に1~2回岡山・寄島から送ってもらっていたが、今冬は不作で手配できずに諦めていたところに届いたので大感激です。

殻付き牡蠣の食べ方は、レストランに多いコンロでの焼き牡蠣が良いと思っている人が多いが、家庭では気を抜くと焼き過ぎて萎縮したミイラを食べることになる。
一番美味しい食べ方は、蒸すことです。蒸すと何時までもジューシーでプリプリした食感が持続します。

(牡蠣の蒸し調理、 牡蠣エキスの詰まったプリプリ牡蠣)


早目に帰宅して賞味させていただきました。殻の中が大きく美味で、これ以上の贅沢はない至福の夕食でした。

先週の大腸内視鏡検査での小さいポリープの切除で1週間アルコールは控えるようにと言われたが、今日は特別でビールと一緒に楽しみ、何があっても悔いはありません。良き友人に恵まれて幸せです。感謝!
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-22 22:58 | 趣味(グルメ) | Comments(5)


インターネット世界地図システム(Google Earth) の性能

2/20、21 根府川へ畑作業に行きました。

今年はたくさんジャガイモを収穫するつもりで、畑の土を篩い、肥料を十分に入れてから男爵とメークイーンのタネイモ60個(計6kg)を植えた。
(左下がミカン畑、中央が根府川鉄橋、小田原方面を望む、Google Earthより)

海を見ながら、セルビアからBlog仲間が投稿した地域熱供給地図を思い出し、どんな場所にあるか、Google Earthで見たらどうかと帰宅して地図と比較した。

Google Earthは優れもので、ヨーロッパでも場所はすぐに判り、拡大するとドナウ川の桟橋(燃料桟橋?)、植木も識別できるほどの解析度で驚きました。

(左) ベオグラード地域熱供給地図 (washitakaさんBlogより)
(右) Google Earthより同場所 (拡大すると植木もわかるシステム)



我が家はどうかと探すと車はもちろん、2階ベランダのぶら下り健康器もわかる凄さです。

無料ソフトで緯度経度も示されるので、少し技術があればGPS(全地球測位システム)を組み込んだ無人自動操縦飛行機と爆弾で、簡単に国際テロが可能な恐ろしい、また、誰でも技術が享受できる世界になりました。

(Google Earth接続:http://maps.google.co.jp/maps)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-21 16:57 | その他 | Comments(5)


Miniエネルギー情報(No.12) 主要国のエネルギー消費量

2/17 大腸内視鏡検査のため早朝から下剤を飲み休みで、主要国のエネルギー、電力消費量の比較資料を見つけました。

COP15で日本は「2020年までに1990年比でCO2を25%削減」の無茶な表明をした。経済発展と生活向上に他国と較べて過度な犠牲を求める国家は破綻するだけです。
また、削減は金で買う排出権取引でなく、技術革新、省エネ、CDM(後進国CO2削減支援)、我慢の持続可能な真水とすべきは当然です。

1. CO2排出の各国比較(地球環境産業技術機構2000年データ*)

現在、中国(13億人)と米国(3億人)は同レベルの排出量です。注目すべきは一人あたりの排出量で、中国は米国の1/10です。産業構造で排出量は大きく変わるが、日常生活(産業を除いた)での一人あたりの排出量は、1/20以下と思われる。(2012年でも各1/5、1/10以下と推定)

こんな条件で中国が絶対排出量での削減を約束する筈もなく、単位GDP比40-45%削減の中期目標はそれなりの理がある。
f0193510_8524392.jpg
*) このグラフは解り易いが、最新データでないので注意が要るのでコメント
 1) 12年前のデータで現在の中国のCO2排出量は倍増している。
 2) COP3(京都議定書)1990年目標量(青)と2000年排出量(青+赤)を表している。
 3) 日本では1990年比6%削減が目標だが、2000年は9%増加したので1990年比15%削減に相当する。また、EUは1990年比8%削減が目標だが、削減成果があったので5%削減に相当。
 4) オーストラリアの一人当たりエネルギー消費が多いのは、人口僅か2000万人で、資源開発などの産業エネルギー消費が多いから。
 5) アフリカ、アジア、中南米の後進国のエネルギー消費増大は当然で人口も多くインパクトは大きい。
 6) アメリカはCOP3京都議定書離脱


2. 主要国の一人あたり電力消費量(電気事業連合会2006年データ

産業構造で家庭生活での電力消費量も変わり、発電エネルギー源でCO2排出量は変わります。
f0193510_8525712.jpg

1) フランスは原子力(78%)、カナダは水力(58%)発電が多いのでCO2排出負荷は少ない。一方、アメリカは石炭・ガス(69%)、中国は石炭(81%)発電が多く、CO2排出負荷は圧倒的に多い。
2) 人口11億人のインドの一人あたりの電力消費量は中国の1/4で、経済成長進むインドの発電量は更に増加し、化石資源がないので原子力発電指向か。


独立国家が自国の利益を優先するのは当然で、その中で公平なCO2削減目標値を妥協させるのは至難の業です。

下痢を抑えオリンピックを見ながら作成したので、多少いい加減です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-17 09:02 | エネルギーと環境 | Comments(4)


同期仲間の定例懇談会「mini43会」

2/15 横浜駅近くの魚河岸酒場「吉今」で横浜地区同期仲間が7人集まりました。

フル勤務、自由勤務、自炊生活、ヨット生活、セミボランティアなど色々な生活パターンの生き様です。集合が18:00でも15分前には5人が集まる余裕生活です。

話題は、健康管理、確定申告、裁判所調停員の資質、鳩山政権、独身寮時代の生活など多岐に亘り楽しい。

7人のうち数年前に大手術をしたのが3人いるが生き延び、皆さん完全回復で何よりです。

毎回幹事をして店を探しますが、年金生活者に配慮し、また集金が楽なように安い飲み放題付きセットを探している。

KSは、前回の集まりが3500円飲み放題だったのを息子さんから馬鹿にされたそうだが、今回はそれを上回る2.5時間飲み放題6品付き2480円セット。酒の質・類・量は問題なく、店の人も気持ちよく十二分の採算性でした。
不思議なことに魚河岸酒場でも野菜が主体で、刺身、焼き物が提供されないのは、少し寂しいが健康志向。

4年前築地で店の支払いを忘れて帰ったことをメンバーが思い出したが、今回も集金、つりの計算に夢中で、「まだいただいていません!」と若いのがエレベーターまで追いかけてきました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-15 23:01 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


胃カメラ検査と患者の苦悶

昨日(2/12) お向かいのご主人(享年82才)が突然お亡くなりになった。

町内会の盆踊りでは電気の配線を受け持ち、HV車プリウスを購入し、前日まで畑仕事をされた元気で立派なご老人でした。長寿は素晴らしいが、このような呆けない生き方(死にざま)は更に羨ましい限りです。

小生は「貴方は輝いています!」と評価された4年前の完璧な健康診断結果から一転して、最近は自覚症状がないのは幸いだが最悪の体調です。
今日(2/13)胃カメラ、2/17大腸カメラ、3/M前立腺検査と前後・上下から検査器具を挿入することになり、SM趣味でもさすがに食傷気味。

17年前に飲みすぎてトイレで吐いたとき真っ赤な鮮血がでて、慌てて胃カメラ検査をした。考えてみるとつまみに食べたトマトが赤く血に見えたことが解り安心落着。

医療器具の進歩で胃カメラも楽かと思ったが、苦しく悶えました。患者の痛みを知らない若い医者が「力を抜いて喉を広げて」と言うが、コントロール出来る筈もない。「我慢して」と背中を摩ってくれた若い看護婦は、まさに天使です。

昨年の浣腸のとき、若い看護婦は「力を抜いて!」と言うが、逆に肛門は締まるばかりで、来週の検査も心配。

Blogにとデジカメを持って検査室に入ったところ、「電子機器は禁止!」と看護婦に言われ掲載する写真がなく、イチジク製薬の広告で無念です。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-13 13:28 | その他 | Comments(5)


皇居三の丸尚蔵館 記念展「両陛下-想い出と絆の品々」

天皇皇后両陛下の御成婚50年と御即位20年のお慶びを記念して、三の丸尚蔵館で国内外からの献上品が3月まで展示されています。

2/7 どんなお宝があるか楽しみで、久しぶりに皇居の三の丸尚蔵館(無料)に行きました。

現在の展示は植樹祭,国体などで地方に行かれたときの都道府県からの献上品で、さすがに各県の特級の美術品が集められています。大きな伎楽の博多人形と三宅島の火山灰を利用した大皿が値打ちでした。

考えると皇室には凄いお宝が残っているはずで、美術品の資産価値はいくらで所有権は何処か、相続税はあるかと考えました。

(左より)水鳥と大手門、   紅梅と三の丸尚蔵館


皇室も秋篠宮家に皇位継承者が誕生し女帝の議論はなくなりましたが、意地でも雅子妃殿下にもうお1人をと祈念しています。

両陛下のご成婚のときは中学生で記念切手を求めて郵便局に並んだのが懐かしい。長寿社会になったとはいえ50年一緒に生き残る金婚式は価値があるなと思った次第です。

我が家の金婚式は、長生きしても熟年離婚の条件が揃いすぎて無理!
(熟年離婚の理由調査では:暴言、甲斐なし、酒浸り、定年、チャランポラン、会話なし、家事非協力、両親に冷淡 ・・)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-02-07 20:32 | 趣味(骨董、美術) | Comments(6)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30