根府川ライフ


<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧



60代の大学生(尊敬する友人)

高校時代友人TJの定年後の生き様には何時も敬服しています。
銀行勤務で60歳定年後、自分の好きな語学(ドイツ・ラテン語)と歴史を深めたいと、千葉大学・史学科を受験して入学した。
2年前に会った時に「女子学生が多くて良いね。何時挫折するか!」と話した。

現在3年生で卒業単位は既に2年に取得して、今は興味ある科目を受講する勉学ぶりのメールをもらった。
研究テーマは、音楽好きらしく「フルトヴェングラー(1954年没、ベルリンフィル音楽監督)」で研究論文を送ってくれたが、小生には興味もなく難解!

都立N高は創立25年の新しい学校だったが、良き先生と教育方針で、文遊両道の音楽、演劇、タッチフット、野球など趣味豊かな生徒が多かった。(女優・芳村万理、卓球・荻村伊智朗が当時の有名先輩)

小生は大阪からの転校生でこれら都会の文明についていけず硬派で、たまに音楽の好きなTJと吉祥寺の喫茶「田園」でクラシック音楽を聴き、お姉さんを見ながらコーヒーを飲んだ。

女子も才能豊かで、色白ポッチャリ美人のYM嬢は古文(特に万葉集と源氏物語)に造詣が深く、先生を凌ぐレベルだった。

15年前の同窓会にYM嬢(作家)も出席していたので、軟派に転向した小生は、親しく話して本を贈ってもらった。
文通もしたが、小生の作文レベルが低すぎて恥ずかしく疎遠になりました。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-29 22:55 | その他 | Comments(8)


鶴見の魚専門店「魚春ととや」

10/27 鶴見「魚春ととや」で珍しく女性(KD嬢)を含み飲む機会に恵まれました。

幹事として完璧を期すため、昼煮魚定食を食べて席の確認をし、終業5分前に切上げ先行して場所を確保しました。

女性がいるので強気になり、普段は頭を下げっぱなしのIY先輩と略同等に渡り合い、更にお互いの昔の弱みを曝け出す激しい会話でした。

同席のUKさんは真面目一途、仕事真剣、我慢我慢の人格者で習わなければと思いつつ、またIYさんには派遣・雇われの身を自覚しろと説教されるが、我慢できない性格は今更変えれません。

魚が新鮮で安いのは、築地/月島、門前仲町辺り、また近場では魚市場のあった生麦に良き店がありますが、5時半までに入らなければ席がないことが多い。小生はいい加減で4時半に帰れますが、皆さん意外と真面目なので5時半終業では一緒に行けないのが残念です。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-27 23:27 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


友人との「日本100名山・車山(1925m)」登山

10/23-24 学生時代の友人KBが40年振りに帰京したので、仲間6人で蓼科・霧が峰に行きました。

<第1日目>
8:00 JR府中本町に集合して中央道で霧が峰に向かった。
山のプロの様な顔をして車山肩から車山(1925m、標高差僅か108m)を案内しました。
穏やかな天候で、山頂は360°の絶好の視界に恵まれ富士山、北岳、木曾駒ケ岳、槍ヶ岳、浅間山などが眺望でき一同満足。
また、蓼科山麓のカラマツが黄金色に輝き素晴らい。



15:00にはSN社蓼科保養所に着き、久し振りに昼から飲んで騒ぎ笑いました。
鹿児島から自ら捕獲し浸けた3年もの「マムシ酒」を持ってきたので、今更元気になっても仕方ないと言いながら飲みました。(左:3年前の写真とマムシ酒、少し臭い)

良寛研究家UDが「柿もぎの金玉寒し秋の風」(良寛が褌を着けずに柿の木に登ったときの句)を紹介し、文人がそんな馬鹿な句を創る筈がないと議論した。(注:帰宅して調べたら本当)

<第2日目>
曇りなので蓼科山登山は直ぐに諦めて、長坂(北杜市)の林の中にある名店「翁」で蕎麦を賞味して帰りました。
 
長坂「蕎麦翁」(開店11:00前から行列) 田舎蕎麦(840円、腰が強く美味)


小生を除き全員が、物欲と権力欲を超越した精神生活と穏やかな性格で、一緒に居て心豊かになるのが嬉しい。
HMは数年前に技術系初のNHK会長になったが、職員の不祥事で潔く辞め、山梨・北杜に移り住み、世俗から離れた生活をしているのが爽やか。

ビデオを含む写真は「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-24 17:33 | | Comments(4)


横浜マンモス団地の高齢化

10/19 横浜若葉台の病院に検査に行きました。

今年は、眼の手術、鼻血、尿酸、前立腺検査など病院通いが多くなり、父が倒れたのが今の小生の歳で身近になってきました。

若葉台(旭区)は昭和50年代に出来たマンモス団地群ニュータウンで、中央にショッピングセンターがある。

検査の待ちの2時間をショッピングセンターの屋外テラスで観察をした。この団地も高齢化が進んでいるようで、歩いているのは殆んどが老人。
老人が1人づつ白いテーブルを確保し総菜屋弁当を食べているのを見て、この人は連れ合いを亡くして時間を過ごしているなと勝手な想像をしました。しかし、1人で生活できるのはご立派と感心。

そう言う小生のスーパーの寿司を広げノンビリ時間待ちをしている姿は、ハローワーク帰りの失業者か、妻と別れて寂しく暮らす老人そのものでした。

この2ヶ月で検査通院16回、医療費は14万円。老人医療無料化はやりすぎで、それなり(20~30%程度)の負担は当然だと思っていましたが、病院通いが多くなる年金生活者には厳しいだろうと考え改めました。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-19 21:03 | その他 | Comments(7)


豊作期待のミカン

10/18 早朝に根府川のミカンの生育確認に行きました。 (右:朝日に輝く相模湾)

前週の台風の雨と風のため、豊作ミカンの重さで樹が3本傾いており、起こし支え棒をする重労働でした。
ミカン畑オーナーから「摘果を思い切ってやらないから、なり過ぎてミカンの重みで倒れたり、枝が折れる」と指摘された。泣く泣く、大きく成長つつあるミカンを落とした。
勿体ないので、ミカンを2lボトルに3本絞りました。甘みは未だだが生100%の味に満足。

(左)鈴なりのミカン:1/3に落とせと言われる! (右)摘果ミカンジュースつくり  


畑のサツマイモの出来を確認のため1株掘りました。
馬の一物のような長さ45cmの超長に驚き。もっと太くなりそうで他の芋の収穫は次に持ち越し。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-18 18:00 | 根府川とミカン | Comments(3)


4ヶ月ぶりの同期mini四三会

10/13 会社同期の横浜地区mini四三会が4ヶ月振りにありました。

横浜ヨドバシカメラ8Fの居酒屋で、飲み放題3000円セットを頼んだが、設定されておらず怒り狂った。
しかし、沖縄出身のお姉さんに「7時までは生ビールが100円です。」と教えられ、急に機嫌が直り、ビール主体で飲みました。

話題の主体は、SN社の動向と健康・老化呆けですが、今日のメンバーは皆さん自信たっぷりで”俺はボケは大丈夫”の世界でした。
17年間に4万kmしか走らないNMが新車を買った話から、普通車、ハイブリッド車、燃料電池車、電気自動車のうちどれが、走行効率が良いかの高尚な議論もありました。(長距離は普通車優位が結論。怪しいが元研究所長も同意するから本当か?)

同期仲間は、夫々の生き方に個性はあるものの、気楽に話せ飲めて何時までも話が尽きないところに楽しさがあります。

大副社長のKBさんが端数の面倒を見るとの失言を直ぐに受けて一人2000円で済んだ充実した2時間でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-13 21:37 | 仲間、飲み会 | Comments(5)


秋の「霧が峰」と「乗鞍岳」

10/10-12 秋の霧が峰、乗鞍岳を散策しました。

<第一日目>
霧が峰7月のニッコウキスゲが一面に咲き誇る景色が好きで、1~3年に1回は行っている。
特に車山肩のコロボックルユッテのベランダでコーヒーを飲みながらゆったりするのが何とも言えない充実感があります。

今年は行き損なったので、八島ケ原湿原の草紅葉を見に行きました。花はアザミが残っているだけですが、ススキの穂が日光に輝くのを見ながら家内と久し振りに穏やかに散策しました。 (写真:八島湿原)



<第二日目>
乗鞍岳山麓の広大なカラマツ林の黄金色の秋も好きで、楽しみに乗鞍高原から畳平(2702m)へのバスに乗った。
黄葉には3週間早く残念。それでも、畳平までの紅葉・黄葉は鮮やかで満足。

畳平では3週間前に熊がバスターミナル売店に飛び込み観光客を襲ったので、ポケットに拳大の石を2ケ入れて備えたが、残念ながら使わずに終わりました。 (写真:畳平バスターミナル)

<第三日目>
八ヶ岳を背景にした麓の黄金色に輝く稲田の風景は素晴らしいです。カボチャの飾りをしている店を見つけ、収穫の季節を更に実感出来ました。


[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-12 19:37 | | Comments(5)


新橋駅前ビル地下飲食街

10/7 MSエンジ社時代のメンバーとTKさんの快気祝いをしました。

1年ほど前に旧職場同士、山仲間のTKさんが、体調を崩して山にも来なくなり音信不通でした。重症でベット介護生活かと思っていましたが、体調回復して乗鞍岳、焼岳などの登山を始めたと聞いて旧職場の有志メンバー5人が集まった。

虎ノ門勤務時代には、戦後の闇食堂の雰囲気の残る新橋駅前ビル地下飲食街の飲み屋によく行った。不景気のせいか飲食街の客に入りも少なく、古くからある洋風飲み屋の「ペチカ」は客はゼロ。

魚が豊富で新鮮な店「翁」はNB氏の行きつけで、客が増えるとビールケースを裏返し机と椅子にして通路にドンドン並べ無限大に客が入れる店です。



旧社の業容と外販拡大に努力した仲間(同士、先輩)なので、話題は顧客からの苛め、他のメンバーの消息など話は尽きません。

旧MSエンジ社のOB会を来年春に計画するかと話しました。(誰にやってもらうかと多少他人任せの議論)
[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-08 08:10 | 趣味(グルメ) | Comments(3)


根府川ミカンの色づき

10/4 2週間振りに根府川ミカン畑に行きました。

途路に観光ミカン園があり、早生品種が色づき始めている。借りているミカン樹は、1月収穫の「青島」品種で未だ緑鮮やかで大きくなりつつ、また甘みが濃縮しつつあります。
雨で地盤が軟らかくなったため、沢山実が着いている樹1本が重さに耐えかねて倒れていた。仲間から、「摘果を惜しんで、重くなりすぎだ」と言われガッカリ。
やる気を無くし草抜きは止めて、海を見ながらまた本を読んで半日を過ごしました。

(左)観光ミカン園の早生種色づき  (右)青島普通種(残念にも未熟のままで倒木)


オーナーIGさんが白ご飯に穂ジソを乗せ、醤油をかけて食べているのを見た。穂ジソは刺身のツマに大根に乗っているしか食べ方を知りませんでした。如何にも美味しそうで早速シソの実をたくさん採って持ち帰りました。プチプチの歯応えがなんとも言えず良い。

家庭菜園では、雨のためミニトマトを3日間採っていなかったので、採取した。ボール一杯で数えると282ケ。1本の苗(¥300)から、3000ケは採れたのではと、採算性の良い農作業を自己評価しました。

(左)穂シソの収穫(種の歯ざわりが良い) (中)穂シソを一杯乗せた焼きそば(昼飯) 
(右)自宅家庭菜園のミニトマト大量収穫


[PR]
by akiotakahashi | 2009-10-04 18:20 | 根府川とミカン | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31