根府川ライフ


<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧



台北の激安ツアー (その2)

<3日目 4/28>
3日目はFree Timeで、台北北東50kmの九份の半日Tour(¥3,800-)を申し込んだ。

山の寒村だったが、1890年に金鉱が発見され賑い、貧農の娘が窓に座ったらしき建物が残る。
1989年ベネチア映画祭グランプリ「非情城市」、2001年宮崎駿「千と千尋神隠し」の舞台でレトロな坂の街並みが観光スポットになっている。宮崎が思考した「阿妹茶店」のテラスでお茶を一服。

海が見える500m続く狭いレトロな石畳  海を見ながら茶を一服(阿妹茶店で)


昼過ぎに台北に戻り、地下鉄で移動して「台北101タワー(91階、508m)」に上がり高層ビルの林立する市街を見渡した。

「台北101タワー」  382m展望台より(¥1,400)  珊瑚の下着美女とスナップ


次に、台北北東20kmの漁港で夕日の美しさが名高い「淡水・漁人碼頭」に行き夕日を眺めた。桟橋でアベックが仲良く語らっているのを横目で見ながら、今は縁のない昔を懐かしむ。
桟橋の海鮮料理店でシャブシャブを注文したが、得意の中国語が通じず店の奥から日本語の出来る支配人を連れて来たのにショック。

淡水の夕暮れ   シャブシャブ鍋(深海魚、海老、鮑、魚ダンゴなど、¥2,800/2人)

3日目も9:00から20:30までフル稼働でした。

<4日目 4/29>
南門市場で時間調整し、10:00開館と同時に国立歴史博物館に入ったが、仏像、書画、土器などはあるが期待外れ。

歩いて台湾総統府(右)に行った。1919年に日本統治時代に台湾総督府として建造されたレンガ造りがそのまま残り、現在も総統が執務する国の中枢です。
重厚な建物で、厳重な監視の下に1階が公開されている。10年前の台湾大地震でも被害が少なかった明治の日本建築技術者のレベルに敬意。また、日清戦争の下関条約書が展示され興味を誘う。

15:30台北発 20:40成田着で帰宅したのは22:30、ハードだったが中身の濃い旅行でした。

安上がりと思ったが、お茶だけで4万円相当(写真)を、その他で旅行代金以外に9万円使ったと聞き驚いた。しかし世界不況下で台湾の消費拡大に国際的貢献したと自己評価。

台湾は人口2,200万人の島国ですが、市街地の充実、街の賑わい、人々のシャレた姿にエネルギーの高まりを感じました。

①2,200万人を豊かにした蒋介石 ②10億の人民を解放した毛沢東 ③市場経済で13億人の生活レベルを上げた鄧小平の貢献度順位を考えた。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-30 22:10 | | Comments(2)


台北の激安ツアー (その1)

4/26-4/29 3泊4日の台北激安ツアーに参加しました。

中国王朝の秘宝が集まった台湾故宮博物院に行きたいと永く思っていました。偶々、新聞に3泊4日¥19,800-の食事、観光付ツアーを見付けた。相当不安だったので¥10,000-追加してホテルをGrade upした。

<1日目 4/26>
成田19:50出発で台北のホテル(円山大飯店、写真)に0:30 Check inした。
成田の免税店で既にツアー代金半分の化粧品を買う同伴者に不安。

<2日目 4/27>
念願の故宮博物院に開門に合わせて入場し、宝物を1.5時間鑑賞できた。
磁器陶器、書画、螺鈿、玉石など至宝の多さに驚き、翡翠、玉、象牙、螺鈿の細工が特に見事です。平日でこの不況にも拘らず中国本土からの観光客主体で館内は超満員なのに驚きました。

(左)「翡翠玉白菜」: 故宮第1の宝が、キリギリスの載った翡翠の白菜(30cm)
(右)「肉形石」: 次の宝が豚の角煮の天然石。ユーモアのあるセンスが良い(15cm)



日本の靖国神社に相当する忠烈祠、蒋介石の巨大像のある中正記念館などを巡り、夜は士林夜市を散策してホテルに戻ったのが20:30の強行軍でした。

(左) 忠烈祠の衛兵交代式(辛亥革命、抗日戦争の英霊が眠る)  
(中) 評価に国論が割れる蒋介石の巨大像(8m):日本には賠償放棄で恩人
(右) 士林夜市(このような店を巡るのに至上の喜びがある)



昼には高島屋に出店する人気の「鼎泰豊本店」で小籠包、焼飯、スープにありつけた。台北でも人気の店で休日は1.5時間待ちと言う。夜も台湾料理ディナーで満足した。
宿は蒋介石婦人の宋美齢が1952年に建て、世界の著名人が泊まった由緒ある500部屋の立派なホテルでした。朝飯はバイキングで、品のない性が出て大盛り。

左より:「鼎泰豊本店」の混雑  本場の美味な小籠包料理   大盛りの豪華朝飯


お茶店、漢薬店、宝石店などのの買い物が組み込まれ、初めの茶店で阿里山烏龍茶、東方美人茶、プアル茶をツアー代金相当を衝動買いする小生と同伴者。旅行社は買い物のリベートで利益を得ていると想像した。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-30 06:43 | | Comments(5)


エネルギーMini情報(No.7) 日本の省エネレベル

日本の世界における省エネルギーレベルをご紹介します。

日本の省エネルギーは進んでいると言われているが、定量的にどの程度かを知るグラフを見付けた。(「日本のエネルギー2008」エネ庁)

産業別のエネルギー消費で日本を100としたとき、鉄鋼はアメリカ/中国が120、化学はEU/アメリカ/中国が109-120、セメントはアメリカが177/ 中国が152です。

(左から鉄、化学、紙、セメント/日本、韓国、中国、米国、欧州)
 

日本の産業の省エネルギーの歴史は、1974年の1次石油ショックから ① 企業の小集団活動で金をかけないきめ細かい運転管理から始まり ② 少ない投資での設備改善 ③ 中規模の設備改造 ④ 大規模投資による設備更新と進んだ。現在では、省エネルギーの投資回収年数は7-12年と大幅に投資効率が落ちている。

世界エネルギー消費割合(2007年)は日本のシェアが4.7%に対して、アメリカが21%、中国が16%です。
地球規模で最も効率よくCO2削減する方法は、エネルギーを大量に使うエネルギー効率の悪い国、産業を対象とした重点的な省エネ投資と、発展途上国での小集団活動でのきめ細かい運転管理と思います。

日本のJICA、JBICなどの海外支援も、指導員が帰ったら停止する高価な最新の省エネ設備より、省エネルギー運転技術の伝承に注力するのが世界の為だと考える次第です。(久し振りに真面目な話でスイマセン)
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-24 22:15 | エネルギーと環境 | Comments(7)


奥武蔵・有間山と牛丼

4/18 「緑の会」の奥武蔵・有間山に登山をしました。

「緑の会」は、楽な山を酒を交えながら気楽に登る会でしたが、最近は厳しい山行きが増えています。
暫らく山から遠ざかっていたので予定7時間歩行を心配しながら参加した。

参加は13人、西武・飯能駅8:10集合してタクシーで鳥首峠登山口(9:00)からスタート。樹齢40-50年の杉が多い山だが枝打ちなどの手入れが珍しく行き届き綺麗な杉林でした。

(上) 有間山1214m山頂にて(眺望なし)
(下) NJご老公を中心とした旧M社販売戦士(FJ氏が親分に見えるが・・)



天候は曇りで眺望が楽しめないのが残念でした。新緑もこれから、花はツツジだけが鮮やかで、花博士のNZさんが花が咲いてから葉がでる「曙ツツジ」と教えてくれた。

左より: アケボノツツジ    ミツバツツジ    最後の桜


少しばてましたが、まわりに気付かれることもなく15:00無事下山できました。

さて、今回は飯能駅駅前の吉野家で牛丼を求め、新聞紙6枚で包みホカホカで昼に臨んだ。更にゆで玉子を乗せ仲間に羨まさせようと思ったが、FJ氏のレトルト炒飯を肉厚テフロン鍋で暖める工夫に評価が高く残念。少しもらったが美味で、次回から真似させてもらうつもり。

ビデオを含む写真は「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-18 22:26 | | Comments(6)


4月横浜地区同期会(mini四三会)

4/13 横浜地区同期会を7人が集まり賑やかにやりました。

横浜方面に同期32人の内10人おり、偶数月12日に案内しています。パソコン、Fax、ケイタイに無縁だったNM氏が3ヶ月前にFaxをつけたため案内ができ初参加。

横浜駅徒歩3分(体力が楽)、料理付飲み放題(精算が楽)、安い(支払が楽)の3楽条件で店を選んでいる。Full Timeで働いているのは2人だけで、頭を使わないとボケると心配してあげました。

4人が「21会」のメンバーで先月飲んだばかり、4人が新入社員時の独身寮(倉敷)の仲間で縁の深さがある。話題は支離滅裂バラバラですが、何を話し聞いても面白いのが同期仲間です。



他のメンバーのために参加者の近況開示;
① KB: 諭吉精神の稀な継承者。罪滅ぼしに20年も世界の子供のために陰ながら尽くしている。
② UD: 体調が回復し良かった。昨日からヒノキ花粉症に困っている。
③ KS: 最近は体力気力絶好調。リタイアして長いが、ボケないのは生まれながらの頭脳構造の違い
④ SK: 風貌も生活も「老人と海」のヨット中心の生活。最近は専業主夫もする相変わらずの何でも屋。
⑤ NM: 人生相談みたいな社会活動を偶にはやっているが、Needsに合っているか心配
⑥ KM: 4月から完全自由人。GTLなどの技術を社会へ還元しないのが日本の損失。既に3人の爺さん
⑦ TH: 生活苦と罪償いのために死ぬまで働く気力を評価。頭の回転の衰えが一番の問題
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-13 22:44 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


ミカン収穫後の根府川

4/12 3週間振りに根府川で野菜の手入れ、草抜きをしました。

山仲間のAKさんの紹介で根府川のミカン畑を借りて1年半になります。雑草の成長が早く草抜きが大変ですが、1日海を見ながら作業が出来るのは楽しく健康的です。

小生は小学校の頃から電車が好きで、電車に乗ったら必ず一番前の車両に行き運転手の操作を覗き込んでいました。
最寄駅の戸塚から根府川まで東海道線1本で55分、駅からミカン畑まで徒歩20分程度なので、車(1.5-2.5時間)より時間の無駄がないので何時も電車です。朝は普通料金で急行車両を使う電車を選んで乗車するので旅行気分で行けます。

ミカン畑までの坂道には、季節毎の花が見られ季節の移りが実感できるのも面白い。小田原ヒルトンホテル(写真)が見えて食事も良さそうですが、家内にはヒルトンホテルの食事が高いから行かないのではなく、大地震が来ると危ないから行かないと言っている。

本日の野菜畑作業は、ジャガイモ芽欠き、施肥と草抜きで、収穫は、春菊、レタス、キヌサヤエンドウでした。小さい頃に母から豆が空を向くのでソラマメだと聞かされた。確かに上を向いて成長しているのを確認した。(下中の写真)

(左より)ジャガイモ  ソラマメ(実は上を向いている)  キヌサヤ(緑が綺麗)


折角育てた玉ネギが猿にやられて半滅していた。(左写真)
小生は執念深いので、この恨みを猿にどの様返すか考えているので、お猿さんはご用心。
今年は、猿の好物のプリンスメロン、ニューメロン、マクワ瓜、素麺ウリ、黒瓜の種を蒔いたので、万全の猿対策が必要になります。ミカン仲間から、猿寄せは止めてくれとのクレーム!

昼飯は、鍋セットの補強に畑の大根、ネギを加えて海を眺めながらビール、焼酎を飲んで過ごすのに至上の喜びを感じます。
テーブル、椅子も揃えて徐々に万全の環境になりつつあります。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-12 21:48 | 根府川とミカン | Comments(2)


奈良・大神大社(三輪神社)と三輪山

4/11 大神大社(三輪神社)の御神体三輪山に参拝登山をしました。

大神大社は、ご神体が山(三輪山、467m)なので、拝殿だけで神殿はない古代信仰パターンの日本最古の神社です。大神大社には神意により酒を醸った醸造所があり、酒の神として酒造家の参詣も多い。
また、万葉集にも詠われています。「三輪山をしかもかくすか雲だにも心あらなむ隠さふべしや(額田大女)」

三輪神社鳥居から大きな樹木が並ぶ参道を登り拝殿にたどり着く。巫女さんも桜を頭に飾って可愛いのが盛春を感じさせます。三輪神社前の杉もご神木で空洞に白蛇がいまし、何時も蛇の好きな卵と酒が供えられている。

大神大社拝殿   桜の被りの美人巫女  拝殿前のご神木杉(白蛇が住人)


三輪山頂上への参拝には、ご神水の湧きでる狭井神社で入山許可の鈴つき襷をもらい、木々に覆われ脇に水の流れる山道を進みます。山にある岩石草木山川全てが神様で崇拝されているので、石もしめ縄で飾られています。
三輪山にはいくつもの磐座(イワクラ、石の腰掛)があり、石に神々が天降り居られる場所として祀られています。山頂には大きな石が無秩序に散らばる奥津磐座(オキツイワクラ)があり、多くの神々が集まって雑談している姿が想像される。

(左)三輪山参拝証タスキ   (中)秀麗な姿の三輪山
(右)久延彦神社からの眺望:右から 三輪神社大鳥居、畝傍山、耳無山、香久山



三輪神社から「山辺の道」沿いにある久延彦(クエヒコ)神社から大和の里、大和三山が一望でき一見の価値があります。
久延彦(クエヒコ)神社は、「古事記」に”知恵が優れ動かずとも天下のことをすべて知っている”とされている久延毘沙門古命が祀られ、知恵・知識・学業成就の神様です。記憶力の維持とボケ防止を念入りにお願いしました。
近くの子安地蔵寺に「ぼけ封じ地蔵」があるのに気付き、これまでの社には10円のお賽銭を投げていたが、この地蔵尊だけは特別に100円に増額した。

知恵の神様久延彦神社  ぼけ封じ地蔵尊   三輪山と田起し作業


春の日差しの中、麓の田では、田起こしが始まっており、田植も近いと思わせました。
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-12 01:27 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(5)


倉敷の桜

4/6-10 水島の工場に出張があり、倉敷に泊まり、早朝美観地区を散歩しました。

倉敷川添いは新緑の柳が美しく、2本ある桜と調和して美しい。また、ナマコ壁の露地裏も改めて見るとなかなかよいものです。

倉敷川添いの桜と柳    白壁の路地裏    大原美術館と桜


大原邸の緑の瓦を見て欲しいと思ったが手が届かず断念。
駅裏のチボリ公園は10年前大騒ぎで開園したが、客が入らず昨年末で閉園した。バブルも終わった時期に招致し、高い税金を使って建設した責任が問わない倉敷市民の穏やかな性格に敬意。
今の時代はディズニーランド、ユニバーサルスタジオのような大型施設でないと商売にならない。(岡山市が断念したのに倉敷市が飛びついた。)

(左より) クラボウ大原邸    大原邸丸瓦   閉鎖したチボリ公園前


さて、元勤務したS工場では、友人UMの配慮で交通安全会に入会させてもらいステッカーを張っているので、厳しい入構は顔パス。駐車場は本館前の特等席。温かい友情に感謝している次第です。

[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-07 21:43 | | Comments(5)


京都と奈良の桜

4/4、5 京都、奈良に立ち寄り桜の名所を歩きました。

京都の桜は何と言っても醍醐の太閤秀吉の花見です。花の季節に行きたいと思っていたが、ようやく実現できました。
9時過ぎで既に大勢の人出(新聞によれば1万人)で参拝券売り場も長蛇の列、三宝院、本堂、宝物館各600円に驚き1か所だけにしようかと悩んだが折角なので3か所の券を買った。

流石醍醐で桜の木が大きく数もあり、枝垂れ風の桜が見事です。写真では迫力は無いが高さ20mはある大桜に感心した。
三宝院は苔多い池もある大きな派手な庭園がありますが、撮影禁止で「減るものでもないのに」と思いながら鑑賞した。盗撮も考えたが、仏さまの前なので止めた。

醍醐寺五重塔  三宝院前の枝垂れ桜


やさしい感じの仁王像   境内の巨大桜(高さ15m)


醍醐は京都南の山科にあり観光パンフレットを見ると鴨長明が出家して1丈の庵で暮らした庵跡があるのに気付いた。地図で6cm位だったので是非行きたいと思い歩いたが1時間経っても辿りつかない。通り掛りに聞いてみると地図の縮尺はでたらめでまだまだ遠いそうで、背広姿には無理と断念した。

奈良は大仏殿近くにある「氷室神社」本殿前の大桜が有名です。狛犬と鳥居の赤と桜の薄ピンクが美しい。
偶々国立博物館で鑑真和上像の公開に恵まれ、ご挨拶ができました。南無阿弥陀仏!

興福寺五重塔と猿沢の池


氷室神社の桜と狛犬           国立博物館前で鑑真和上


奈良の寺では新薬師寺が好きです。穏やかな薬師如来像と迫力ある十二神将が好きでゆっくり鑑賞したあと、本堂、鐘堂、地蔵堂周りをあさり、古代瓦?を発見した。厚さが2.5cmあり鬼瓦か本堂大瓦ではないかと思い込んでいる。

新薬師寺   同鬼瓦   発見した古代瓦


戒壇院近くの「ときわ」の屋外席で若草山を眺めながら湯葉料理を賞味した。吉野葛のタレがかかりあっさりして美味です。
さて、小生は横浜崎陽軒のシュウマイ弁当を新幹線に乗って食べるのが好きで、これが弁当が売り出される6時半過ぎの新幹線に乗った理由です。
湯葉御膳          崎陽軒のシュウマイ弁当

[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-07 20:59 | | Comments(7)


我が家の春の山野草

家内が山野草が好きで、採ってきたり、買ったりして狭い庭の片隅に植えています。
山野草の良いところは、環境が合えば夏に日陰を作る程度で、肥料・手入れが要らないところにある。

折角なのでご紹介させてください;
(左)バイモユリ(貝母百合):木曾福島・藤村の姉高瀬家への川の土手で掘った。7年経って漸く花が咲いた
(中)ダイモンジソウ(大文字草)  (右)ニリンソウ(二輪草)
  


(左より)黄花カタクリ(初めて開花)   雪割草   イカリソウ(錨草)


(左より) 黄花イカリソウ    花ニラ    白雪ゲシ


朝、花があるのを家内から指摘され、勤務前の忙しいときにあわてて投稿しました。(25分遅刻!)
[PR]
by akiotakahashi | 2009-04-02 08:35 | その他 | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31