根府川ライフ


<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧



12世紀南宋「夏珪」の山水画

11/22 奈良の実家にある掛軸を久しぶりに開きました。

30年前、新聞を読んでいた沈着冷静な父が「オッー」と声をあげた。家にある掛軸と同じものが、上野国立博物館で展示されていると言うのだ。すぐに博物館へ行き「夏珪の本物だ」と興奮気味だった(想像ではあるが・・・)

当時は同じものがあるのは「贋物の証拠だ」と馬鹿にしていた。しかし、ゴッホ・向日葵、モネ・睡蓮、ミレー・晩秋、若冲・鶏など著名な画家は同じ画景を描いて完成度を高めていくことが解ってきた。

上: 我が家の夏珪「江頭泊舟」
下: 国立博物館所蔵・夏珪「山水図」(ホームページより)





1978.1.23付日本経済新聞    右下の人物の拡大比較


改めて比較すると樹々、山々、泊舟、橋、余白構成などが微妙に違うが筆のタッチは全く同じで、「夏珪」(重要文化財級)だと確信した。
新発見として国立博物館で並べて展示する企画を提案すべきか思案中。また、将来所有権をめぐり兄と醜く争うのではと今から心配。

(国立博物館ホームページなどから) 夏珪は南宋の中期の画院画家。山水画をよくし馬遠とともに「馬・夏」と並称された。「山水図」は近衛家煕の「槐記」に記載される作品といわれ唐絵の最上のものとして珍重された。また、雪舟、狩野探幽が手本としたといわれる山水画である。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-27 00:09 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


京都・東福寺の紅葉

11/25 紅葉でテレビにもよく出る東福寺に行きました。
秋晴れのなか、駐車料1500円でも満車、京阪・東福寺駅からも長蛇のものすごい人でした。境内は松以外は全てモミジではないかと思われるくらい、全てが鮮やかに紅葉しているのに驚いた。また、講堂の枯山水庭園、苔庭園もなかなかのものです。

境内に大きな東司(トイレ、10m*25m)があり、し尿壷が30ケ程埋まっているのが面白い。トイレを一ヶ所にまとめ有機栽培で野菜を作っていたそうです。便器1ケ/30人のトイレの設計とすると、約900人もの禅僧が修行していた巨大禅寺でした。また、糞尿2kg/日・人とすると、年間700トンの糞尿が撒かれる巨大な菜園が想像される。

トイレ内部(並ぶ便壷)       当時の想像図(3人の禅僧が壷に小便している)

肉眼では絵も見えない薄暗い中をフラッシュなしで写るデジカメ技術にも感心しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-26 20:39 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(1)


琵琶湖東・永源寺の紅葉と清岸寺庭園

11/24 琵琶湖東の紅葉で知られる湖東三山、永源寺に行きました。
永源寺は全境内が鮮やかな赤・黄葉で覆われ素晴らしいです。
筆舌しがたいので写真だけを!

また、米原駅近くの青岸寺は砂利石の代わりに苔を使った枯山水(?)が面白い。庭の石灯籠は下が十字架をかたどり、下にはマリア様?が刻まれる厳しいキリシタン弾圧を耐えた珍しいもので感心しました。

[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-25 07:23 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(3)


唐招提寺・天平の甍

11/22 晩秋の唐招提寺に行きました。(奈良・桜井で母が一人で頑張っている。)
平成10年から続く金堂大修理が終わりに近づき、覆っていた仮設建屋がようやく外されました。学生時代に井上靖「天平の甍」を読み、鑑真和上の強い意志に心打たれ、ゆかりの唐招提寺の落着いた雰囲気も好きで奈良に行くと立ち寄ります。
1000年以上も屋根から下界を見てきた金堂の鴟尾は宝蔵館に移され、真近で見られるのは不思議な気がします。また、講堂、宝蔵館の仏さま等も国宝が多く迫力が有ります。

唐招提寺金堂・平成の鴟尾
 金堂全景            鑑真和上御廟
さて、唐招提寺裏の雑草の中に、崩れた瓦土塀跡がある。その中を漁って、ロクロ跡のある陶片を発見した。何時の瓦土塀か解らないが、侍女が天平の壷を壊して室町時代の土塀建設時に埋められたのではと夢想する。
 鑑真和上廟前の瓦土塀          瓦土塀中の陶器破片

現在、琵琶湖湖畔のホテルロビーでBlogを書いています。11/26から引き続き岡山・水島に1週間ほど出張します。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-23 17:31 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(2)


大分の連絡船(ホーバークラフト)

11/18 初めて大分コンビナートに行きました。
大分飛行場に着き別府湾を横断する連絡船乗り場に行ったが、桟橋もなく、広場に修理待ちの船があるだけ。実は300mの滑走路を走って海に入る近代乗物の水陸両用ホーバークラフトで驚き。
但し、強風の向かい風を90km/hの猛スピードで進むのは如何にもエネルギー効率の悪い乗り物で(追い風は良いが・・)、騒音と揺れが激しく気持ち悪くなりました。
空港での昼飯は大分なのに琉球丼があり熱帯魚の丼かと思ったが、関鯵の漬丼で味は満足。帰りは北海道でもないのにシシャモ蕎麦があるので注文した。出てきたのは地鶏のシャモで、肉は美味しかったが蕎麦はイマイチ。

琉球丼(鯵の漬け丼 ¥1,200)  シャモ蕎麦(味付シャモ肉 ¥850)

[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-18 23:03 | | Comments(2)


晩秋の蓼科

11/14-15 紅葉を一人でばかり楽しむのも問題なので、家内と一緒に蓼科、白州に行きました。
流石に蓼科でナナカマドの街路樹があるのに感心しました。山は紅葉のピークは終っていたが、カラマツ林の黄色と横谷峡の連続する滝がなかなかのものでした。

八ヶ岳を背景にしたナナカマド街路樹   蓼科・横谷峡乙女滝

横谷峡入口「腸詰屋」では春まで休業の売尽しセール(25-40%引き)があり豚舌の燻製を買い占めた。次回の仲間との忘年登山に持参しようかと思案中。
紅葉はサントリー白州醸造所で十分に堪能でき、山女の燻製とカレーで満足。

 「腸詰屋」売尽しセール       サントリー白州・山女燻製ほか
 
[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-15 22:15 | | Comments(5)


飛行機からの富士山

11/11 珍しく出張があり岡山まで飛行機に乗りました。
気流が悪く高度を4,500m程度に下げて雲の下を飛んでくれたお蔭で、地上の風景が良く見えました。
富士山が素晴らしくBlog用写真を撮ろうと思ったが、デジカメを忘れケイタイでしか写せずプロの技術を駆使出来なかったのが誠に残念。
沼津アルプスは判ったものの、南アルプス(甲斐駒)、中央アルプス(木曽駒)と思われる山々も良く見えましたが、ホントの山の名前が解らないのも残念。

伊豆半島を背景に富士山
10月からBlogを始めた初心者で何時でも写真の撮れる心構えが出来ていないのに反省しています。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-13 23:14 | | Comments(2)


静岡の「桜えび」と「とろろ汁」

11/9-10 静岡市西の平安時代に開かれた山越の難所「宇津ノ谷峠」に行きました。文人・墨人・武人・役者の足跡が残り歴史を感じさせます。また、鬱蒼と木々が生い茂り薄暗く、昔の旅は命懸けだなと思いました。
1日目は富士駅近くの蕎麦屋金時で今が旬の桜えび(刺身、天ぷら、混ぜご飯)、2日目は東海道53次丸子宿の丁子屋で「とろろ汁」が賞味できた。3日前のオペラに続いて家庭サービスし当分は気ままに自分のペースで暮らせるか!

富士駅「そば屋金時」桜えびセット   丸子宿「丁子屋」とろろ汁セット

丸子のとろろ汁は、芭蕉の句「梅若菜丸子の宿のとろろ汁」、十返舎一九「東海道中膝栗毛」、安藤広重の浮世絵「東海道五三次」に出るほど有名だと初めて知りました。

安藤広重「東海道53次」      とろろ汁「丁子屋」前

[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-10 22:29 | 趣味(グルメ) | Comments(4)


晩秋の榛名湖と外輪山登山

11/8 山の仲間で榛名湖畔から外輪山を半分縦走(相馬山1,411mまで)しました。
薄曇の中、麓は一面の紅葉、山道は落葉した樹の間から榛名湖が見えて晩秋の山歩きを満喫できた。榛名山は信仰・修験の山らしく、多くの石像や石碑などがあり興味深い。帰りには伊香保温泉で源泉の茶色く濁った湯に入り疲れを落とした。
F登山ツアーは何時も厳しい行程なので参加する度に限界を感じて「今回限りで終わりだ」と思いながら歩いていましたが、少し楽な行程で寒くもなく良かった!

榛名富士と相馬山            晩秋の風景

関越道を走っていても榛名山、妙義山、赤城山の区別がつかなかったが、漸く解ったのが最大の収穫でした。
詳しい写真・動画は「picasaweb写真」をご参照下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-08 21:22 | | Comments(2)


オペラ「リゴレット(ヴェルディ)」観劇

11/6 新宿新国立劇場でオペラ「リゴレット(ヴェルディ)」を観劇した。
S社特約店ご招待の席に余裕があった為に、OBに案内があり抽選で当たりラッキーでした。オペラは、歌が主体で演技、舞台は簡単なものと思っていました。しかし、主役の外人だけでなく日本人の歌とともに演技のレベルの高さ、舞台の工夫、照明などの演出に驚いた。また、イタリア語?の歌が舞台の横に字幕が流れる新技術にもビックリ!
歌舞伎は好きで偶には行きますが、雨風雷の臨場感は猿之助スーパー歌舞伎以上に引き込まれ感動しました。座席も前から6列目のS席(¥23,100相当)で初めてのオペラに十分満足。
また、帰りには家族ともどもお世話になったSTさん、YYさんご夫妻とコーヒー店でご婦人中心で昔話をし、交通費だけの充実した家庭サービスが出来ました。
<追記>
11/8 同じオペラ観劇に行ったOBは、3階の立見に近い席(¥2,000相当)だったと聞き、改めて運の良さを実感しました。ただし、字幕は真近で見れたそうです。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-06 23:05 | その他 | Comments(1)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30