根府川ライフ


カテゴリ:趣味(骨董、美術)( 87 )



浮世絵師の春画と"性生活の知恵"

12/19 奈良の実家で、布団の下に絹の袋に入った春画集があるのを見つけた。

父は、生真面目で聖人君子だったので、コッソリ見たとは考えられず、母が嫁入り前に祖母から手渡されたのではと推測した。昭和中期までの女性は、このようなもので教えられたかと想像すると面白い。

高校生のころに、医学啓蒙書「性生活の知恵」がベストセラーになり、本屋で立ち読みしようと探したのが、懐かしい。
あるのも忘れているだろうし、研究のためにリュックに忍ばせた。



手描きと版画で3冊の経折りになっており、全部で33枚あり、極細の筆で毛の1本まで書いているのが見事。
既に涸れて役にも立たないが、骨董価値がいくらか知りたいところです。

江戸時代の浮世絵師が、副業で春画を描いており、有名になる前の写楽、北斎、歌麿、広重らの作で、重要文化財級、1枚30万円として全部で1000万円かと夢が膨らむ。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-12-19 19:49 | 趣味(骨董、美術) | Comments(5)


ニッサンの80周年の名車記念展示

11/18 帰宅途上の日産ギャラリーで日産創立80周年の名車記念展示を覗きました。

日々充実せずにBlogのテーマもないので、安易に車を並べてみた次第。
何れも名車で、一世を風靡した技術の日産プリンスで、トヨタを追い抜く勢いだった時代を思い出しました。

経営破たんした日産が回復しているのを見ると、ツキもあるが、社長の統率力、倫理観、経営指針が大切だとシミジミ感じた次第です。創立82周年だった筈の旧M社トップの、反省詫びの言葉を聞いた事が無いのが不満。

(ダットサン1000富士号、       スカイラインR32GTR-GT )

(ダットサン240Z、      ニッサンR382 )


生活が単調、仕事が暇で、残り少ない人生がこれで良いのかと考える毎日です。

「おほかたのよろず仕事はやめて暇あるこそめやすあらまほしけれ(徒然草151段)」を噛み締めながら帰りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-11-19 06:45 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


映画「おしん」 と 高倉健「辛抱ばい」

11/6 映画「おしん」を観ました。

昭和52年当時のNHK朝ドラ「おしん」は見ることはなかったが、今年1月のNHK再放送を見て、是非とも映画版をと念じていた。

25年ほど前、タイに長期滞在していた時に怪しげな酒場で、女給がサービスもせずにテレビの “タイ語版おしん”の見ながら「ナンソンサン(可哀そう)」と涙していたのを思い出す。

(左:映画、 右:テレビ、  写真はnetより)


昭和半ばまでの地主の搾取、冷害、津波、噴火などに耐えた東北地方貧農の辛抱は、今の世代には縁が無く、生活保護者や悲惨ではあるが津波被災者も、感謝を忘れ足らぬ足らぬと不満、たかりの風潮にはウンザリ。

おしん役濱田ここねの演技は上手で、将来が楽しみ。リメイク版は、オリジナルと比較されて気の毒だが、おしん、父母とも垢抜けて違和感があり、高貴な平家の落人みたいです。
それでも良き映画で、久し振りに涙しました。(鬼の目にも涙;Even the hard-hearted can be moved to tears.)

文化勲章の高倉健が、「辛抱ばい」の母の言葉を胸に頑張ったそうだが、家庭、職場では辛抱の限界で、俗世との交わりを避けた隠者生活をしたい気分です。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-11-05 19:58 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


神奈川歴史博物館「神奈川県庁本庁舎(キングの塔)とかながわの近代化遺産」特別展

9/11 横浜馬車道の神奈川県立歴史博物館での特別展「神奈川県庁本庁舎とかながわの近代化遺産」(シニア料金100円)を見に行きました。

横浜には明治、大正、昭和初期の近代化建築があまた残るが、横浜のシンボルでもある神奈川県庁は、昭和3年竣工の4代目庁舎です。

(パンフレット、  神奈川県庁本庁舎・キングの塔、     建設中, 鉄筋コンクリート構造  ・・・netより)


1923年関東大震災で壊れた県庁再建を設計競技(コンペ)でおこない、小尾嘉郎(26)の五重塔をモチーフにした設計図が採用され、戦時の空襲にも耐えて残り、85年経ても現役の近代化遺産。
当時のコンペ提案作品、設計図、写真、飾り、調度品、錦絵などが展示されて興味深い。

県立歴史博物館自体も、明治32年竣工の旧正金銀行本店で、重要文化財の見事な建物です。 
(右:県立歴史博物館, 補強レンガ・石構造)

神奈川の近代化遺産建築のパンフレットによると、横浜には38棟の近代化建築が残っており、これらを制覇するのも面白いかと思いました。

昼休みに出掛け昼食を逸したが、暇で頭も体も使わず、新陳代謝も衰えたシニアなので、全く支障はありませんでした。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-12 04:08 | 趣味(骨董、美術) | Comments(6)


横浜美術館「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」

8/30 横浜美術館の「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」を鑑賞しました。

MM21の勤務先に隣接して横浜美術館があり、暇なので出掛けた。
プーシキン美術館は初耳だが、モスクワの国立美術館でロマノフ王朝時代に集めたフランス絵画の宝庫で有名らしい。

モネ、ルノワール、ゴッホなど知っている作家の絵画が多いのが嬉しいが、無名画家(知らないだけ)の風景・肖像画などもヨーロッパ絵画の流れが解り興味深い。
ルノワールの「ジャンヌサマリーの肖像」は、パンフレットの表紙を飾るだけあって色鮮やかで価値がありそうでした。

(ルノワールのジャンヌサマリーの肖像、   老人で大混雑の横浜美術館)


週日でも同年代の老人で大混雑し、招待券でなく殆んどが入館料1500円を払う羽振りの良さにも驚いた。
楢山に捨てられなくなった優雅な老人国家になったと改めて感じた次第です。

「奥山に枝折る莱は誰がためぞ 親を捨てんといそぐ子のため」

ショッピングモール ”Mark is”の高級食堂も行列で、TPP反対・原発反対・増税反対・オスプレイ反対・最低賃金アップ・補償補填と勝手なことを叫ぶ輩を見ると、この豊かさが何時まで続くか心配になりました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-08-30 18:44 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


終戦記念日の「終戦のエンペラー」観賞

8/15 終戦記念日に「終戦のエンペラー」を観ました。

お盆で通勤電車もガラガラで、職場も休みが多くヤル気も起こらず、仕事を止めて出掛けた。日本映画は実に高倉健、菅原文太のヤクザもの以来30年振りで、良い映画だった。

あらすじは、終戦直後にマッカーサー元帥が天皇の戦犯容疑(犯罪)の有無、真の責任者は誰かを10日間で調査するもので面白いが、担当将校と日本女性との思い出を絡めるのが余分。

東京大空襲での焼け野原、闇市、酒場などの映像がリアルで面白く、廃墟から良く復興したもので、マッカーサーGHQと当時の政治家、官僚はよくやった。


(映画チラシ、netより      有名な二人並んだ写真、netより    大混雑の切符売り場)

天皇陛下とマッカーサーとの会見も、昭和天皇の誠実そうな雰囲気が良く表れた好演技でした。
50年前の「明治天皇と日露大戦争」の映画では、天皇役の嵐寛寿郎が恐れ多くて悩んだが、現代の役者(片岡孝太郎)は何も感じないのではと思いました。

「四方の海、皆同胞(はらから)と思う代に、など荒波の立ち騒ぐらむ(明治天皇ご詠歌)」を、中国、韓国、北朝鮮、アルカイダの連中に教えてやりたい・・
[PR]
by akiotakahashi | 2013-08-15 16:57 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


みなとみらいMM21の桜

3/21 春の陽気に誘われて、昼休みにMM21地区の桜めぐりをしました。

今年の桜の開花は早いと聞いていたが、既に8分咲きで散りはじめの桜もあるのに驚き、これも異常気象のせいかと考えた。
街が新しいので桜の木も未熟なこともあり、迫力はないものの海とのバランスが良い。

(帆船日本丸と8分咲きの桜並木、   桜・富士・芸者のポスター)


横浜みなと博物館で「横浜港観光名所紹介展」があり、幕末・明治からの外人向けパンフレット、ポスターを展示していた。

プライドは捨てて敬老割引(100円)で入場した。
松井秀喜みたいに “金よりプライド” でなく、“プライドより100円” なのが、寂しい。

桜は好きで、一昨年の身延山の枝垂れ桜、昨年の北杜の神代桜に続き、今年は三春の滝桜か根尾の薄墨桜に行こうと提案しているが、即物人間(家内)の同意は得られない。

「願わくは花の下にて春死なむ その如月の望月の頃」(西行)
[PR]
by akiotakahashi | 2013-03-21 20:06 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)


横浜栄区民文化センターでの市民絵画展 "栄彩会展"

1/17横浜栄区民文化センターでの市民絵画展"第14回栄彩会展"に、家内と出掛けました。

職場の同僚KSさんが、絵画をやっていて発表会をすると聞き、「いい趣味です。是非見たいですね(リップサービス)。 家内も同じ趣味です(嘘)。」と弾みで言ったら、絵画展の案内をくれた。

本郷台の栄区民文化センター会場に趣味の仲間21人の絵画(油絵、水彩、パステル)が85枚展示されていた。

(KSさん作品”フランス・オンフルールの港”、  会場雰囲気)


皆さん各々特徴があり、上手なのには感心した。
KSさんも日頃の雰囲気になく、配色の良い丁寧なバランスのとれた油絵5枚を出展しており、家内も誉めていた。

絵画は、文化的、知的で趣味としてやってみたいが、そもそも芸術センスのない身には無理。会社でどのように褒めちぎるか、絵の良し悪しが解らないものの悩みです。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-01-17 14:36 | 趣味(骨董、美術) | Comments(5)


「レ・ミゼラブル」の鑑賞

12/27 109シネマMM21横浜の大型シネマコンプレックスで「レ・ミゼラブル」を鑑賞した。

C社の正社員は、本部長・部長を除き多くが年末年始の長期休暇で、仕事もないので、昼休みに出掛けた。入場料は、もちろん敬老割引で1000円。

映画は5年振りで、200-450の座席がある11スクリーンの大規模システムに驚いた。

子供のころ「レ・ミゼラブル」を読んだことを思い出し、入館した。

貧しさからパンを盗み19年投獄され仮釈放されたあと、銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心するジャン・バルジャンの波乱に満ちた生涯で面白く、家族愛・慈愛・友愛・恋心の場面に、久し振りに泣けた。(鬼の目のも涙)

(受付:すべて座席指定、   フランス革命の10年前の学生たち)


フランス革命の前は、寒さと飢えで民衆が苦しんでいた。明治29年三陸大津波では仮設住宅もなく、間引きされた赤ちゃんや、女郎屋に売られた子女もいたが、生活保護でも優雅に遊んで暮らせる良き国になった。

「抑圧の鎖から解放に立ち上がる」「苦しみの夜明けは近い」などの字幕を見ながら、未だに生き地獄の毎日の苦労を実感した。

昼休みの時間を少し超過したが、偶には映画も良いものです。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-27 21:31 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)


上野・東京都美術館、国立科学博物館巡り

12/24 東京都美術館のニューヨーク・メトロポリタン美術館展の優待券を手に入れたが、終了近いので出掛けました。

レンブラント、ゴッホ、ルノアール、ミレー、モネ、セザンヌなどの絵画を含め150点展示されて充実しているが、入場者は少なくゆっくり鑑賞できた。ゴッホの代表作”糸杉” は立体的で迫力あり素晴らしい。

国立科学博物館の前を通ると、牧野富太郎企画展が開催されていた。子供のときは、昆虫・植物採集が好きだったので、懐かしくなり入った。



切符を買おうとしたら、老人は無料ですとの案内があり、免許証を見せてタダで入館できた。
昔の国立科学博物館は、古臭く如何にも国立だとの感じだったが、展示が新しく工夫され変貌しているのに感心した。

上野公園から東京スカイツリーが見える、 コンクリート柱がレトロな感じの御徒町ガード下ラーメン店


国立博物館で中国王朝至宝展をやっているので、これもタダかと思い行ったが、無料は70歳以上なので止めた。

電車賃とラーメン代だけで、久しぶりに文化的で知的な充実した1日が過ごせた。

フリーになったら毎日、科学博物館と動物園(65歳以上300円)、70になったら国立博物館を追加して巡るのも、足の鍛錬、ボケ防止に良いかと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-12-24 20:38 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30