根府川ライフ


カテゴリ:仲間、飲み会( 170 )



築地「たけの食堂」の海鮮料理

7/3 築地「たけの食堂」で、学生時代の友人5人と、海鮮料理を堪能しました。

酒、茶道、禅、寺社、仏像巡り、囲碁・麻雀と、何でも一緒だった学生時代が懐かしいが、さすが酒量は落ちた。

岩ガキ、マグロ中落ち、マグロかま焼き、コチ天ぷら、小アジ唐揚げなど魚貝を食べ尽くした。



KBは寺・仏像が好きで、京都妙心寺で働き、また、UDは喧嘩をして会社を辞め、大学に戻ったりした、各々波乱の人生だが、皆穏やかな余生を送っているのが羨ましい。

珍しく政治、世界情勢、宗教の高度な話に盛り上がったが、難しすぎて何を話したか忘れた。

楽しかったので久し振りに酒量が進み、帰りのJRでは北鎌倉まで寝過ごした良き夜でした。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-07-03 05:03 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


赤羽の川魚居酒屋 “まるます家”

6/22 赤羽の川魚居酒屋 “まるます家”で、学生時代の麻雀仲間3人で楽しく飲みました。

昭和25年創業、9時開店の名店だが、何時も行列なので、山仲間で地元のFTさんに紹介してもらった。

館山砂浜での麻雀三昧、那須岳登山など懐かしいが、KC、SDは鬼籍に入り10年以上経ち、善人は短命です。



KNさんは、60年の歴史ある世田谷山の会150人の会長で、海外を含めて月2回は30人のメンバーと山に登り、また、STは、階段や山を500m登るのを日課としているのが立派。

体を動かして健康維持し、頭が衰えてないのが何よりです。

スッポン鍋、鯉のあらい、ウナギ白焼きなどの珍料理を楽しみ、意味なく精力をつけた。

“酒は3本まで”が店のルールみたいだが、FTさんの幼馴染の女将のお陰で遠慮なく飲めたのが幸い。
3人で12000円とはお値打ちで、赤羽は遠いが一人でも行きたい店です。

元気なうちに年に1回は飲むかと別れた良き夜でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-06-22 21:46 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


横浜地区の同期会“mini43会” at 桜木町

6/12 横浜地区のM社同期会“mini43会”で5人と歓談しました。

皆、元気そうでも、何かの病を抱え、それなりに衰えた老人の集まりです。



憲法、防衛、貧困、弱者、教育、礼儀など、幅広い話題が楽しいが、レベルの高い会話について行けず、殆んど相槌だけだった。

特に、道徳、正義のKB、TTさんの性格が、全く変わらないのに感心し、「税金逃れなど、とんでもない」と罵られた。

皆さん良くしゃべり、脳の衰えはないのは、努力でなく遺伝子だ。
こちらは、悪い遺伝子持っているので、次回の集まりまで、呆けずにいたいと願うばかりです。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-06-12 22:30 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


異分野仲間との懇親 at 赤羽“トロ函”

5/24 4年前に国の補助で、“廃食料油の自動車用燃料への転換研究”を1年半した仲間4人と、赤羽の海鮮居酒屋“トロ函”で飲みました。

ミニ反応装置を使って、ファミレスからの使い古し食料油を原料に、自動車燃料(バイオ燃料)を作る実験で、更に、1日2kl処理する実用化装置の設計をしたが、倒産した。

(山仲間FT氏紹介”まるます家”は満席、“トロ函”にて)


久留米に工場あり、毎月出張して、有明海の魚介、馬刺し、焼き鳥の料理屋で飲むのが楽しみだった。

隔週、著名なF元東大教授を顧問にして、田町で議論したのも懐かしい。
実用化に問題があっても、良いとこ取りして、助手に発表させる学者世界も知った。

異分野の自動車、樹脂、化学会社の出身で、各社の文化が違い、話題が多岐に亘り、面白い。

過分な技術料をもらい、”2匹目のドジョウ”を狙って、アレンジしたが、獲物はなく残念。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-24 21:51 | 仲間、飲み会 | Comments(4)


横浜の海鮮居酒屋での大先輩との懇親

5/22 旧M社の生産部門の先輩諸氏4人と、横浜の海鮮居酒屋”磯丸水産”で懇親しました。

ST、ABさんとは、同じ大学研究室、倉敷の工場でも一緒で、お世話になり終生頭は上がらない。



2人とも話し好きで、興奮したら止まらず、自分中心な性格は変わらないものの、話しまくって頭を使うのが、80歳過ぎても呆けない理由です。

それでも、家庭で穏やかにやっているのは、奥様の苦労の賜物かと考えた。

海鮮居酒屋で、コンロで魚や貝を焼くシステムだが、焼くのは最年少の役目で、面倒なのが難点。酒や料理の注文は、タブレット端末でパソコン画面でやるシステムで、これも役目を仰せつかった。

5人で、日本酒をそれなりに飲んで、15,212円と安く、若い美人の女店員に感動し、この手の居酒屋が流行っている理由が解りました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-22 21:31 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


生麦の立飲み居酒屋“大番”

4/17 生麦の立飲み居酒屋 “大番” で、一人静かに飲みました。

家内が法事のために岡山に行き、不在で、久し振りに息抜きができた。

(若い労働者が多い、 金目鯛、いかなご、マグロ中落は美味)


25年前のMエンジ社時代に頻繁に行った店で、当時ウロウロしていた小学生が立派な店主となっているのを見て、嬉しかった。

料理が一品200~400円程度だった頃に、一番高い箱ウニ600円を注文して、周りから羨ましそうに注目されたのを思い出す。

立飲み屋は、客がいくら増えても、譲り合いをして、席をあける連帯感が好ましい。

マグロ中落など刺身3品、大番汁を食し、生ビール1杯、日本酒3杯を飲んで、2500円なのは魚市場のある生麦だからです。

ハイピッチで飲んだので気持ち良く酔い、実に良き夕食でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-17 20:53 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


目黒川の花見

3/31 目黒川の花見に合わせて、“21会”に7人が集いました。

横浜は1分咲きなのに、中目黒は満開の桜が見事で、雨でも川沿いは若者であふれていた。



人気ブランドエリアらしく、酒盛り禁止で品の良いのが良く、東京一番の花見の名所になった。

幹事MDのお陰で、毎年花見するのが、楽しみになり嬉しい。

珍しく仕事で1時間遅れ、飲む量を合わすためにピッチを上げたので、却って酔った。

① 成人した孫を見たい
② あと2年で金婚式だ
③ 人間ドック検査した
④ 自宅改修するなど、
皆、現世に未練があり、長生きしそうです。

旧M社の企業合併から翌日(4/1) で18年になると知り、 苦労し、恨みがあるのが多いだろうが、全て”恩讐の彼方”だ。

昔のことをグチグチ言われ続けるのは一致して、家内を、”青の洞門 (大分)” に連れていくかと、放尿しながら考えた。

(トイレに”青の洞門” の写真があり、FSによるとイタリアにもある。)

[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-01 03:22 | 仲間、飲み会 | Comments(3)


横浜地区同期会 “mini43会at桜木町”

3/29 横浜の同期会“mini43会at桜木町”に5人が集まりました。

偶数月12日に集まるが、KMが3月で勇退するので、早めて慰労会をした。

(本当は、現役がいるとJ社クラブで3割引きになるので、最後の奉公を願った。)

J社本体で異例に長く勤めたのは、KMの技術力と、人格の賜物です。

気持ち良く飲んだので、何を話したか記憶にないのも、良き仲間だからだ。

SYが、初めて東横線で座席を譲られ、老人に見られたと嘆いていた。

元気でも座れるように、折り畳みステッキを持ち歩いているのと大違いです。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-03-29 21:57 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


Mエンジ社仲間との懇親会

3/17 Mエンジ社で一緒だった4人で、飲む機会(at桜木町)があり、良き夜でした。

KJさんとは実に20年ぶりで、率直な弁舌は相変わらずで楽しい。

また、IY,AMさんも2年前に仕事を辞めたが、ゴルフ、テニスに忙しいく、呆ける暇もなさそうです。



皆、子会社で苦労したので、恨みの共通項の話題が尽きないのも面白い。

大先輩のKJさんは、幅広い人脈での交流と、100坪の家庭菜園が健康の源泉で、あと20年は元気のままで永らえそうです。

沖縄にご一緒に出張したときに、ヤギ料理を食し、ゴーヤが珍しかったので、市場で5本買い持ち帰ったが、"どこでも買える"と家内から馬鹿にされたのを思い出す。

当たり前だが、“家族を含めて健康なのが良い”とシミジミ悟った夜でした。

話しの中で、懐かしい名前を思い出し、次は、幅を広げて集まることにしたので、誰に声を掛けるかを考えるのが楽しみです。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-03-17 22:33 | 仲間、飲み会 | Comments(2)


バンコクの工場での仕事仲間との懇親会“BCP会”

3/13 旧M社時代に、タイ国バンコクの工場で、技術支援をした仲間との懇親会“BCP会”(at 桜木町、17人)に、出席しました。



30年前のプロジェクトで、当時50才のバリバリの大先輩も80才になっていても、精神気力が変わらないのは、嬉しい。

半年バンコクに住み、 “タイ語の勉強に行く(パイ・リアン・パサタイ)”と毎日バンコクの街に出掛け、元気で絶倫だったのが懐しい。

各人の当時の生活の披露があったが、嫌な思い出がないのは、仕掛けたプロマネOGさんの苦労の賜物です。

(プロジェクトの中心メンバー、   楽しき思い出話)


プロジェクトの計画・調査で、バンコクに行った時に、街の独特の臭い、30年代コロナ、ブルーバードの中古車、モームが執筆したオリエンタルホテルの宿泊、南国の果物など、初めての海外印象が強烈だった。

その影響で、東南アジア・台湾・韓国が好きになり、バンコクには、仕事で5回、個人で3回行ったが、シーフードと健全マッサージが特にお値打ちです。

OGaさんを見倣い、友人とばかりでなく、家内を連れていくかと、端なくも考えた。

ボケる前に、年に一回は集まろうと決めて散会した、良き夜でした。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-03-13 22:01 | 仲間、飲み会 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31