根府川ライフ


カテゴリ:その他( 166 )



浦島太郎 “足洗いの井戸”

8/17 お盆で気が緩み、早退して、京急子安駅で下車し街を探索した。

子安は、昔は子安浜の漁師村で、浦島太郎が竜宮城から帰り足を洗った “足洗いの井戸” がある。また、浦島町、浦島小学校などゆかりの名が残っている。

浦島太郎の時代に手押しの井戸があったとは考え難いが、住宅街の中に隠れてあった。

(足洗いの井戸、  昔の子安の海浜も様変わり)


浦島太郎が乙姫さまと楽しくすごし、3年が実は300年だったのに比べ、こちらは楽しくもないのに、歳月が過ぎるのが早いのには困ったものだ。

子安は住宅地で海鮮居酒屋もなく、直帰したので、無駄遣いせずにすみました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-08-17 16:45 | その他 | Comments(2)


鶴見の中華“東秀”の回鍋肉定食

8/15 鶴見の顔馴染みで、黙っていてもやってくれる散髪屋に行きました。

家に帰っても美味しいのが期待できないので、鶴見勤務の時、回鍋肉定食を、よく食べた、駅前の中華“東秀”に入った。

豚脂と醤油の脂っこい味がたまらなく好きで、残った汁をご飯にかけて食べていた。

ビール2杯を飲んで満腹だったが、「ご飯は残さない」が家訓だったので、汁ご飯で食べ尽くし気持ち悪くなった。これで、1520円とはお値打ち。



散髪と言えば、25年前の半年間のバンコク工場支援の時、宿舎の近くの汚い散髪屋に通ったのを思い出す。

50円だったので、チップで100円渡すと大喜びで、仲良くなった。
最後に、「日本に帰る。(パイ・イープン)」と言ったら、サービスだと、髪をドンドン切りまくり、頭の前を少し残して刈り上げてくれた。

今でも、家内から、「あの髪型はひどかった!」と言われるが、良き思い出です。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-08-15 20:54 | その他 | Comments(4)


横浜みなとみらい「 ピカチュウ大量発生チュウ!」

8/14 お盆の帰省、休暇で、朝通勤の横浜地下鉄、JR京浜東北線は、ガラガラで座れた。

過労死が騒がれ、残業制限、休暇取得など、楽に仕事をする風潮になり、労働生産性の悪い日本の将来が心配だ。

新子安から横浜MM21まで車に乗ったものの、大渋滞で1時間以上かかり、打合せに遅れた。

(人気キャラクターのピカチュウ、 大混雑のランドマークタワー)


渋滞の理由は、「ピカチュウ大量発生チュウ!」の催しで、MM21エリアは、ピカチュウの帽子をかぶった子供連れ、若者で大混雑だった。

“これだけ人が動けば、金が落ちて横浜経済も潤うか”とピカチュウの威力に感心し、余裕ある社会になったものです。

お盆休みを50%程度が取っていると思うが、お盆に働く同年代の余裕ない老人は5%もいないかとシミジミ考えた。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-08-14 21:35 | その他 | Comments(0)


町内会の盆踊り

7/22 町内会の盆踊りがありました。

西港南台町内会も、年寄りばかりの限界集落と思っていたが、小学生・幼児が多く賑やかだった。

老婦人会の盆踊りだけでなく、小学生の今風のソーラン踊りもあり、時代に合わせた企画も立派だ。



幼児は、踊りより、金魚・風船釣り、くじ引の方が楽しそうで、大繁盛だった。

年寄りが死んでも、また、ホームに入っても、若いのが残るなら、結構なことだ。

焼きそば200円、ソーセージ100円と原価だが、生ビールは400円は高く、居酒屋のビール490円も、暴利を貪っていないのかもしれない。

生ビール3杯を飲んで、気持ち良く帰りました。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-07-22 20:12 | その他 | Comments(4)


横浜ベイサイドサイドマリーナのサマーフェスティバル

7/17 海の記念日に、横浜ベイサイドサイドマリーナのサマーフェスティバルに行きました。
ヨット、ボートの乗船会があるお祭りで、多くの子供たちが来ていた。

フリーマーケットでは、金持ちのヨットのオーナーが出品するので、釣り、キャンプ、海の道具などの良いものが出品される。

家内から余計なものを買うなと釘を刺されたので、我慢していたものの、釣り竿、キャンプ用コンロ、足裏マッサージ機を買った。

(サンゴは値打ちだが我慢、 足裏マッサージ機¥800)


小型のヨットを、一時は友人と所有したこともあるが、年間80万円くらいの係留費、維持費がかかり、見栄だけでは意味なく止めた。

マリーナには、新しい多くの豪華大型クルーザー、ヨットが係留されており、金のあるところにはあるもので、貧富の格差が大きくなっているのを実感する。

マッサージ機は、「水虫の人が使ったもので不潔だ。汚い。すぐ捨てろ!」と言うのには困ったものだ。

不潔さは無視して、気持ちがいいので、頭、首、肩にも試している。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-07-17 20:10 | その他 | Comments(0)


勤務先の冷蔵庫の缶ビール

7/5 暑いので、缶ビールを飲みながら帰宅の電車に乗りました。

勤務先の炊事場に冷蔵庫があるのに気付き、缶ビールがあるのが解り、1週間ほどチェックした。

賞味期限が6月なのに、冷蔵庫のビール缶は減らず、捨てるのは忍びなく、気になっていた。

暑いのでやる気が無くなり、また、急に飲みたくもなり早退した。

昔は、通勤電車で、カップ酒や缶ビールを飲むアル中を見るのは、不快だったが、我が身がするとは、隠者の悟りの境地に入ったとも言える。

旧M社本社では、終業時間が過ぎると、ウイスキーの瓶を出して飲むのがいた良き時代だったのが、懐かしい。

(低レベルのBlogだが、生活が単調で話題もなく、失礼します。)
[PR]
by akiotakahashi | 2017-07-05 15:53 | その他 | Comments(4)


NHK「ためしてガッテン」“尿酸値を下げる”

6/8 家内が1週間不在なので、タイ料理”ハローキッチン戸塚”に入った。

客が少なく、ネパール従業員がチラシを配る姿が好ましく、生ビールが290円なのが嬉しい。

ビールは好きだが、健康診断で尿酸値が高かったので、自宅では“プリン体0”を飲んでいる。



1月のNHK「ためしてガッテン」は、“尿酸値を下げる” だった。

尿酸値の生成は(食べ物を我慢しても効果は少ない!);
1. 尿酸値は、① 尿酸に転化するプリン体の多い食物の摂取と ② 生成された尿酸の排出のバランス
2. 生成と排出の割合は、2:8で、食べ物はマイナー
3. 牛乳などの乳製品が尿酸の排せつを促す(牛乳は好き)

痛風で歩けなくなり呆けるのが嫌で、薬は飲んでいるが、食べたいものを我慢する気はハナからない。

ビールを4杯飲んで、好きなレバー、エビを食べ、帰ってから牛乳をがぶ飲みして、尿酸を排出させた。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-06-08 19:29 | その他 | Comments(2)


防災訓練と大震災の備え

5/30 新子安の派遣先CK社で防災訓練がありました。

若き頃は長く石油工場勤務で、毎月消火訓練があり、消防ホースの展張・放水、心臓マッサージ、人工呼吸などに、自信がある。

300人ほどを、1時間訓練に参加させる会社の防災の姿勢は立派だが、人件費のロスは大きい。こちらは、仕事もせずに見るだけで時間給をもらえるので、有り難い。

(放水訓練、  裏は海で津波は直ぐ)


子安は埋立地の海抜2mなので、大地震の津波があると被害は大きい。

東海・南海大地震、首都直下大地震、富士山大噴火が騒がれて40年経つが、ソロソロ何かありそうな予感がある。

こちらは抜け目なく、工事用の懐中電灯2ケ、方位計、非常食、水ボトルの準備があるので、泊りも問題ないし、15km歩いて帰る備えも万全です。

真っ暗な夜道に、女子高生、若い女性がいても、懐中電灯をあげる配慮までする心掛けに、自画自賛。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-30 21:17 | その他 | Comments(2)


“うんこ漢字ドリル”と“べんべん物語”

5/27 根府川の畑帰りのJR車内で “うんこ漢字ドリル、106万部突破”の広告があった。

小学生用の漢字ドリルの例文すべてに「うんこ」を使ったドリル。
例えば、“友”は「友達とうんこでドッジボールをした」、“予”は「この予算では、うんこが買えない」

馬鹿々々しく、こんな低俗な教材で、勉強させる発想が、出版社も親も低レベルで、貧しく情けない。



子供を精鋭に育てるべき、少子化日本の将来が、心配になる。

学生の頃、加藤芳郎の漫画 “べんべん物語” が面白く、何度も読んだのを思い出す。
ベンベン国、ベンベン語の便器/糞尿のテーマばかりの漫画を読む、低レベルの学生だった。

そんな学生のなれの果てを見ると、小学生から“うんこドリル”では、更にダメになるのは明らかだ。

読み直すかと、ネットオークションで“べんべん物語”を調べたところ、1966年版7000円に驚き、捨てたのが悔やまれる。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-27 17:31 | その他 | Comments(0)


客商売とストレス発散

5/16 戸塚駅までバスを、3年ぶりに通勤に使いました。

神奈中バスは、傲慢で、デカイ態度の運転手が多かったが、今日の運転手は、マナー良く、指差呼称、指指し、注意の呼び掛けだけでなく、停止時にエンジンを切る配慮に感心した。

客商売なので、嫌でも愛想よくしてストレスが溜まると案じ、良き家庭でストレス発散できると思った。

旧M社でも、親会社にいるだけで、先輩に対してもデカイ態度の輩がいる一方で、子会社で、米つきバッタのように頭を下げるばかりの苦労人も多い。

機会があれば仇討ちをと思っていたが、その機会もなくなった。

派遣先では、若いのにアレコレ言われ、更に、家庭でも、昔のことをグチグチと言われて我慢しているので、ストレスも過飽和状態だ。

今となっては、仏に縋るしか無くなってきました。南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-17 06:22 | その他 | Comments(5)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31