根府川ライフ


カテゴリ:その他( 175 )



衆議院選挙の投票

10/22 投票するのが国民の責任だと、雨の中を引きずられて、衆議院選挙の投票に行きました。

政権与党にも困ったものだが、大衆迎合の裏付けのない政策ばかりの政党には、日本の将来は託せない。

優先度の高い政策課題は、① 財政再建と ② 地球温暖化対策(原発、省エネ)だ。

若者、子供に税金を回して、老人を削るのが、将来のためだと言えば良いが、八方美人の政策ばかりで無責任だ。

また、ペット殺処分ゼロやフードロスゼロが公約になる今の贅沢社会では、消費税2%アップ程度で、購買力が下がることはない。
不要なペットは即処分するのが当然で、そんなことより、人間の安楽死を制度化しろ。

北朝鮮問題は、国際協調・経済制裁だけで解決できないのも明らかで、アメリカのランボーを潜入させて ”めぐみさん”を救う斬首作戦が望まれる。

最高裁裁判官の審査もあるが、地方の裁判官の方が問題で、何でも補償を認め、また、同性婚など何でも平等だとする裁判官を罷免したい。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-22 10:06 | その他 | Comments(2)


雨の日の歩数(万歩計)

10/14, 15 雨なので行く所もなく、何もしない時の歩数を、各種万歩計で確かめた。

車で買い物に行って約2500歩の歩数で、また、腕時計型が一番良くカウントすることが解った。

(腕:4700歩、腰デジタル:2900歩、腰アナログ:2400歩)

骨折や老化で歩き辛くなると、脳の刺激が少なくなり、ボケ、老化が加速するので、足が一番大事だ。

胸の筋肉をつけても意味がないので、スポーツジムでは水泳だけにしているが、それでも、最近は150mを休みながら泳ぐのが、精一杯になってきた。

週日は、1万歩(腕時計型)なので、仕事をしていると、健康に良い。
更に、収入と静寂が加わるトリプルメリットがあり、暫らくはクビにならないように真面目に働くかと考えました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-16 05:07 | その他 | Comments(2)


保育園の運動会

10/8 孫の保育園(幼児100人) の運動会が、ありました。

嬉しそうに子供の運動会に行くのは、日本男児として恥ずべき姿なので、子供の運動会に行ったことはない。

誘いがあって行かないのは、これから世話になる子供や孫に不味いと諭されて、出掛けた。



核家族、共稼ぎが、当たり前の社会になり、苦労して休暇を取った夫婦もいるだろう。

1歳もいる保育園で、保母さんも大変だが、ニコニコ明るいのは、演技とは思えず、子供好きで心優しいと感心した。

年寄りばかりの生活なので、泣きいたり、逆走する幼児を見ると、思わず笑いが出る。

子供達が社会人になったころの日本が、三流国に成り下がり、毎日の生活に苦労することがないように祈るばかりです。

地獄は地底深くにあるので、見守ることができないのが、残念。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-08 17:49 | その他 | Comments(2)


M社同期のMDoさんのお通夜 (at佐倉)

10/2 M社同期のMDoさんのお通夜に参列させていただきました。

故人は、よく喋る笑顔のよい穏やかな人格者で、本当に残念です。

3年前の同期会には出席し、食道癌で手術をして声が出にくいと、ゆっくり話していた笑顔を思い出す。

喋るのが好きなのに話せないのでは、ストレスが溜まって大変だろうと、大笑いした。

退職してから、千葉・佐倉で観光ボランティアをして、地域貢献していたのも立派。

奥さまの感謝のメッセージ「44年間、本当にありがとうございました」をいただき、仲良く、明るく、心豊かに過ごした家庭が良く解った。

葬儀にも、一般葬、家族葬、火葬場直葬、散骨葬、生前葬があり、また、死に方にも、自宅無治療、病院延命、病院尊厳、安楽死など、多様化して、何を選ぶか難しい。

ボケたら、山に捨てるか、餓死させてくれと、言っても、「死ぬことまで指図するな!」と拒まれるが、せめて死ぬ自由は欲しい。

・死ぬことは苦しい。死ぬことが出来なければ、なお苦しい。(漱石)


[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-02 22:26 | その他 | Comments(2)


NHK教育『こころの時代 “しゃあない”を生きぬく・建築家 安藤忠雄』

10/1  NHK教育『こころの時代(日曜5時) “しゃあない”を生きぬく・建築家安藤忠雄』が、実に面白かった。

不自由、不遇、病気などを、「しゃあない」と割り切り、努力し工夫をする生き方に共鳴した。

地震、水害、原発、過労死、いじめ死、セクハラで、支援、補償、慰謝料の”タヨリとタカリ”の風潮に呆れる。

安藤(S15大阪)は、戦後に資産没収となった祖父母に貧困の中を育てらた。
(右:独立し建て直した間口2間の住まい)

装飾のアルバイトをしながら、独学で、世界的建築家になった。

淀川が決壊しそうでも、運命なら “しゃあない”と、避難しない祖母だった。

安藤も影響を受け、仕事が報われなくても、失敗しても、精一杯努力したのだから、“しゃあない”とする。

また、“お金を大切に使う”ことも教えられ、吝嗇で金を貯めるのでなく、“自分の知識、文化度を高める自己投資の金”は惜しまない。

今更、自己投資は意味なく、自分の楽みだけに使うのも“しゃあない”。
一方、稼いだ金が、すべて家内のものになるのは、“しゃあない”では済まない。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-01 19:58 | その他 | Comments(2)


同期OKさんの7回忌

9/28 同期OKさん(秋雲院健安生連居士)の7回忌の線香をあげに、SKと上大岡のご自宅に行きました。

新入社員で水島に配属された仲間で、3人で毎日飲み歩き、騒いだのが懐かしい。

奥様は、生前に好き放題に生きた旦那の、彦根に法要に行ったり、仏壇の世話をきちんとやっているのが、日本婦道の鏡です。

次の13回忌までは、生きていないので、最後の線香だ。

OKさんの後4年間で、同期4人が逝き、それなりの年代になり、寂しく落ち込んだ。

帰りに上大岡駅前でSKと飲んだが、寂しさを忘れて大笑いする、切り替えの早い性格です。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-09-28 20:55 | その他 | Comments(0)


山本周五郎「小説日本婦道記」

9/15 山本周五郎の「日本婦道記」を読み終えた。

通勤の地下鉄で戸塚~桜木町26分が、必ず座れるので、本を読むようになった。
昔は速読だったが、頭が衰えて名前が頭に入らず、薄い文庫本でも時間がかかる。

40年前に買った文庫本だが、涙が止まらなかった。

婦道を要約すると;
1. 旦那も気付かない陰のつつましい暮らし

2. 着古しで質素に暮らすが、旦那には身分相応のゆったりした生活

3. 旦那のためには、自分の幸せを捨てる犠牲

赤ん坊を抱っこして、保育園に送る若い男を見るようになり、共稼ぎとは言え、情けない風景だ。

とは言え、我が家も”旦那が陰”の存在となり、先祖と周五郎が泣いている。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-09-16 03:14 | その他 | Comments(0)


100円ショップのおもちゃ

9/7 100円ショップ“ダイソー”で、光る回転コマを、買いました。

100円ショップの玩具コーナーは、驚くほどの品数豊富で、良くできているのに感心し、3歳の孫が来た時にと求める。

顔を見るだけで泣き出した孫が、“おもちゃ、ディズニー人形、スイカ、かき氷は、爺さんだ! ”と知恵がつき、まとわり付くようになった。

「即物」「限りなき物欲」のジジババの遺伝子を、しっかり引き継いでくれた。

小生の京都の爺さんは怖く、サボテンの鉢を割った時に、殺されるかと震えながら床下に隠したのを思い出す。

「権威ある家長」「男子厨房に入らず」が我が家の家訓で、近寄り難い孤高な爺さんを目指したが、孫の顔を見ると権威もないのには、困ったものだ。

朝はパンを焼いて食べたころに、熟睡から覚めて、起きてくるのが日常になり、ご先祖さまに顔向けできない。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-09-07 16:59 | その他 | Comments(2)


電波時計内臓の万歩計

9/3 買ったばかりの万歩計を、根府川で畑仕事をして、試しました。

読売新聞で、電波時計内臓の腕時計型万歩計(5980円)を見付け、パソコンからカードで払いで注文し、2日後に届いた。

ネット購入は初めてだが、急ぎもしないのに、こんな買い物をするのが多いので、宅配運転手が不足する。

取扱いは簡単で、歩数、距離、カロリー、歩行時間は、MODEボタンで切り替わる。

また、メモリ機能で、7日分の記録が残る。

7時に家を出て、8時半から畑仕事をし、18時の帰宅まで、31,700歩、22km、5時間歩いたことが解った。

歩数が多いのは、草抜きで手を動かすので、カウントされたようだが、畑仕事も可成りの運動量です。

畑仕事が苦しくなり、スポーツジムで50m泳げなくなったら、老人ホーム行きです。

本体・バンドともプラスチック樹脂なのを忘れ、草抜きと剪定をしたので傷だらけになったのが、予定外でショック。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-09-03 19:50 | その他 | Comments(2)


浦島太郎 “足洗いの井戸”

8/17 お盆で気が緩み、早退して、京急子安駅で下車し街を探索した。

子安は、昔は子安浜の漁師村で、浦島太郎が竜宮城から帰り足を洗った “足洗いの井戸” がある。また、浦島町、浦島小学校などゆかりの名が残っている。

浦島太郎の時代に手押しの井戸があったとは考え難いが、住宅街の中に隠れてあった。

(足洗いの井戸、  昔の子安の海浜も様変わり)


浦島太郎が乙姫さまと楽しくすごし、3年が実は300年だったのに比べ、こちらは楽しくもないのに、歳月が過ぎるのが早いのには困ったものだ。

子安は住宅地で海鮮居酒屋もなく、直帰したので、無駄遣いせずにすみました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-08-17 16:45 | その他 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31