根府川ライフ


カテゴリ:趣味(寺、仏像他)( 44 )



奈良「興福寺国宝特別公開2017 阿修羅~天平乾漆群像展」

6/9-11 奈良・桜井の実家の草抜きと剪定に、900km走行しました。

空き家でも、雑草と木が茂っては、あの世で両親が泣くので、草抜きと剪定をした。
3時半に家を出て、10時に着き、汗まみれで休みなく働き、ゴミ焼却場まで運んで、目的を果たした。

翌日6/10は、「興福寺国宝特別公開2017 阿修羅~天平乾漆群像展」(at仮講堂)で、仏像を拝んだ。



国宝館の工事休館に伴い、西金堂の本尊釈迦如来像と、周囲に安置されていた八部衆、十大弟子、金剛力士など国宝26体を、天平時代のままに集めた企画。

阿修羅像だけが有名だが、八部衆の一つで、他の像の若い顔立ちも見事なものです。(右:象の冠した五部浄像)

興福寺は、金堂の再建中で、古の大伽藍の復興を目指している。

奈良公園は、外人観光客が目立ち、特に中国人が多く、ドンドン金を落とせと願った。

休み休みでも、往復15時間の運転に疲れ切り、体力の限界で、これが最後の長距離ドライブかと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-06-11 22:54 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(2)


金沢文庫の「国宝指定記念・金沢文庫展」

5/28 横浜金沢区の「国宝・金沢文庫展」に行きました。

金沢文庫は、文化人の執権北条実時が記録や文化書籍を収集して、菩提寺の称名寺に金沢文庫を創設した日本最古の図書館。

昨年8月、2万点の資料、文書、お経が国宝に指定され、記念の展示だった。

金沢北条4代執権の肖像画、日蓮の直筆、寺の設計図などの数多くの国宝に感心したが、字が読めないのが残念。



丁度、吉川英治の「私本太平記」を読んでおり、北条執権政治と中世の生活文化の資料が面白かった。

称名寺は立派な寺で、鎌倉期の回遊式庭園は、池の周りの黄菖蒲が美しい。

池に多くの亀が泳いでいた。学生時代に、法隆寺の池の大きな亀を東京まで持ち帰ったが、処分に困り井の頭公園の池に捨てたのを、思い出す。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-28 14:26 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(2)


上野国立博物館「平安の秘仏・滋賀櫟野寺の大観音とみ仏たち」

9/17 上野国立博物館の「平安の秘仏・滋賀櫟野寺(ラクヤジ)の大観音とみ仏たち」を鑑賞しました。

櫟野寺の秘仏・日本最大座仏観音(高さ5m)の十一面観音など、1000年前の全20体の仏像は、顔立ちは穏やかで、姿は美しく、平安時代の近江i仏師のレベルの高さが解る。



琵琶湖周りは、旧街道の要所で、天台宗比叡山にも近いので、仏教が盛んだったかと推し、国宝仏像131件のうち、奈良・京都以外の国宝は僅か16件で、そのうちの4件が滋賀県にある。

湖北には、向源寺の国宝十一面観音など見事な仏像が残り、6年前に巡ったが、湖南(甲賀)にもあることを、初めて知った。

楽しみとして、全国の隠れ里の"み仏"を探索するのも、面白いかと思いました。

世界遺産になった西洋美術館は、大賑わいだが、丹下健三の設計のほうが好み。

アメ横に立ち寄り、ホッキ貝の舌(足)が一盛り300円を見付け、即買った。

家内がしばらく留守なので、気兼ねなく醤油煮を作った。美味!
[PR]
by akiotakahashi | 2016-09-18 17:37 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)


2016年元旦 鎌倉円覚寺の初詣

明けましておめでとうございます。
皆さまが、ご家族友人を含めて、健康で幸多い1年でありますことを、お祈りします。



1/1 鎌倉・臨済宗大本山 円覚寺に初詣をしました。

正月の円覚寺は、振袖姿の女性がいないのは寂しいが、人が少なく、入山料が無料なので、初詣は円覚寺にしている。

禅寺らしく、早朝から読経と太鼓・鐘の音が響き、樹木に囲まれた荘厳な雰囲気がすこぶる良い。

(三門からの眺めは、700年前と変わらない。新年から、わざとらしい演技)
 

おみくじを引いたら大吉で 、“太陽を手に取る相あり 志の達せられること意のまゝ“ と壮大で、縁起の良い元旦です。

今年は、年相応の落ち着きを持ちながら、意のままの1年にするかと、願いました。

論語に、「七十而従心所欲不踰矩」(為政編)がある。
(七十にして 心の欲する所に従いて矩を踰えず; 70才になると、欲望のままに動いても 道徳倫理から外れない)

年をとるに従い、逆に悪くなるのには困ったものです。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-01-01 08:34 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(6)


奈良国立博物館「開館120年記念特別展- 白鳳 -花開く仏教美術」

8/29 奈良国立博物館「開館120年記念 白鳳展」を鑑賞しました。

開館には早過ぎたので、新薬師寺と白毫寺まで、1.5時間散策した。

1. 新薬師寺は、本堂の円形土壇にある本尊・薬師如来と12神将の顔立ちが優れる。
堂内の暗い雰囲気と鬼瓦が好き。

瓦の寄進を求められたが、無視した。 (新薬師寺の門から本堂を望む)

2. 白毫寺は、素朴な本堂、本尊・阿弥陀如来だけでなく、五色椿と萩の寺として知られる。
白毫寺の名前と木に囲まれた景色が好き。

閻魔大王像(鎌倉期)が名高く、迫力がある。
暫らくしたら、お世話になるので、顔つなぎに、過分の賽銭を入れた。 (白毫寺山門・萩の参道から奈良の街を望む)

3. 白鳳展は、白鳳時代の仏像、瓦、工芸品など150点を法隆寺を中心に全国から集めたもので、特に仏像が、どれも素晴らしい。

白鳳仏は、顔が小さく、スマートだと思っていたが、地方の仏像は素朴で、仏教が伝来して100年で、九州/中国/関東に広がったのに驚く。

(猛暑で水草が異常発生した荒池、  奈良国立博物館の白鳳展)


新薬師寺、白毫寺あたりは、入江泰吉の写真にあった昔の村、田園風景が残って奈良らしかったが、舗装され、モダンな家ばかりになったのが、残念です。

学生の頃には、奈良公園前に “日吉館” があり、夕食のすき焼きは腹いっぱい牛肉と玉子が食べられて嬉しく、安かった(1300円位?)ので、よく利用したのが懐かしい。

日吉館は、奈良の仏像や建築が好きな学者、学生の常宿で、「奈良古美術大学の学生寮」とも言われ、和辻哲郎、堀辰雄、亀井勝一郎、志賀直哉などの文人も利用したが、とっくに廃業(S57)し、これも残念。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-08-30 17:21 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(2)


鎌倉・円覚寺の初詣と今年の運勢

1/1 鎌倉・円覚寺に初詣をしました。

鶴岡八幡宮は人で溢れるが、円覚寺は人も疎らでユックリお参りができました。

臨済宗の禅寺なので、早朝から極寒の中を修行僧が掃除をし、静寂な雰囲気がすこぶる良い。

暁天座禅会が毎日あるので、今年は月に一回は参禅するかと思ったが、朝6時は寒くて厳しそうなので、暖かくなってからにするかと安易に考えた。

(朝日に輝く円覚寺、   仏殿の宝冠釈迦如来,弘安5年と龍の天井画)


山から登る朝日を拝み、梵鐘楼からは富士山が眺められ、新年早々縁起が良い。

正月の円覚寺は参拝料(¥300)が無料で、また、おみくじを引いたら大吉で “争いごと:思いのまま勝つ”が嬉しく、縁起の良い元旦です。

今年は、思いのまま運がつく1年かと期待しました。

(北条貞時の寄進の国宝梵鐘,1301年、  大吉おみくじ;ひそみ居し淵の龍らも時を得て雲井に登るかげのめでたさ ⇒ 既に遅い!)
<

ご訪問者の皆様へ
ご訪問の皆さまが、ご家族ご友人を含めて幸せで健康な良き1年でありますことを祈念いたします。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-01-01 10:09 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)


日本最古の神社の大神神社(三輪明神)

12/7 早朝に桜井(奈良)の日本最古の神社・大神神社(三輪明神)にお参りしました。

大神神社には酒掌があり醸造して崇神天皇に奉納したことから古来酒神として、また、別宮の狭井神社は古代から霊水が湧き、疫病を鎮めるために薬草を捧げたので薬神として尊信されている。ボケ治療を祈願して、霊水を3杯飲んだ。

<大神神社(三輪明神)、       狭井神社のご霊水>


<大神神社の酒造元からの奉納酒、 狭井神社くすり道の薬品会社の奉納石灯篭>


今年の干支・午の一刀彫を買うように家内から頼まれたが、8時半からの店開きで、40分も凍えながら待った。

午は無く仕方ないので、来年の干支・羊を買い求めた。美人の巫女に羊を持ったのを撮らせて欲しいと頼んだが、断られて残念。

<朝の大和盆地(大和三山)を望む、  ご神木の杉を彫った一刀彫羊>


帰宅して渡したが、「これが馬なの。羊じゃない!」と言われ、努力、善意の報われない人生の縮図です。


[PR]
by akiotakahashi | 2014-12-07 17:35 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(3)


江の島の裸弁財天と歌碑

9/14 江の島に曽祖父の歌碑があると、母が言っていたのを思い出し、バイクで確かめに行った。

江の島の参道は、年末のアメ横みたいに人人人の大混雑なのに驚いた。

折角なので、江の島最奥部にある日蓮も修行した岩屋洞窟まで散策した。(波の浸食でできた洞窟が隆起した奥行き208mの岩屋で、富士の氷穴に続いている云い伝え。500円)

(雲で富士山が見えずに残念,  稚児ケ淵より)


(大混雑の江の島、   観光地にしても天然岩牡蠣2000円、蛤2ヶ 800円は高すぎるが、売れるのが不思議)



江島神社に裸弁財天を詠った碑の説明看板があった。

「さながらに生けるが如く身まつりぬ 御神ながらも肌ゆたかなり(沼田頼輔)」

拝観料が安かった(150円)ので、裸弁財天を拝んだが、確かに素っ裸の生けるが如くの弁天さまでした。

(日本三大弁天、江島神社の裸弁財天, 江島神社ホームページより、   沼田頼輔歌碑の説明)



沼田頼輔を調べると、歌人でなく、紋章学、日本古代などの研究をした歴史学者で、昭和9年に没しているので面識はない。
生まれ(慶応3年)は、神奈川宮ヶ瀬村の農家なので、かなりの努力家と推測し、この血が曾孫で途切れたのが残念。

バイクで来たのを忘れて、ビールに鯵のたたきとサザエ壷焼きを食べようと思ったが、大混雑で食堂にも入れなかった。

飲酒運転をしなくて済んだのは、弁天さまのご利益でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-09-14 15:11 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(4)


奈良・帯解寺のご利益

6/16 奈良・帯解寺に参拝しました。

帯解寺は、1100年前に文徳天皇・皇后が帯解子安地蔵菩薩にお祈りして懐妊し、後継ぎ(清和天皇)が生まれたので、無事に帯が解けた寺 "帯解寺" と勅命した由来の寺です。
二代将軍秀忠の正室お江の方、美智子皇后も、帯解寺の腹帯をお締めになった。

家内も帯解寺のご利益で無事出産したが、安産できたのと、親思いで素直に育つのとは別だと悟った。

(皇室ご用達の菊の御紋が堂々と・・、    立体絵馬が可愛いく、奈良一刀彫の犬も可愛い)



多産でお産が軽い犬は安産の象徴で、木彫りの絵馬が可愛かったので、犬の一刀彫とともに買った。

「安産祈願をされますか?」 と問うので、「既に枯れていて、子供は作れないから要らない 」と答えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-06-17 20:24 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(5)


(奈良・桜井) 忍阪・石位寺の薬師三尊石仏と三輪・金谷の石仏

6/14 桜井にある忍阪・石位寺の薬師三尊石仏、金屋の石仏を拝観しました。

1. 忍阪(オッサカ)石位寺の薬師三尊石仏
砂岩に彫った薬師三尊石仏(高さ1.7m、幅1.5m)は、白鳳時代の作とは思えない白さで、亡びを忘れさせる優雅さのある傑作です。

石仏は、風雨に晒されて原形をとどめるものは少ないが、1400年前の細かい線が見事に残されている。
願主は、万葉歌人でもある額田王で、美少女の面影が漂う。

「三輪山をしかも隠すか 雲だにも情あらなも 隠さふべしや(万葉集 額田王)」

(左:石位寺薬師三尊石仏、  右:金屋の石仏)
 

2. 三輪山近くの金屋の石仏
金屋の石仏は、三輪山、日本最古の神社の大神神社(オオミワジンジャ)近くの農道に残っている。
高さ2.2m、幅1.0mの石板に彫られた釈迦如来と弥勒菩薩の2体の仏の浮き彫りの線が美しい。
古墳の石棺の蓋を使ったのが面白く、鎌倉時代のものだといわれる。

3. 木棺を使った大額
大神神社近くの大神教・本院の額は、古墳時代の木棺を使ったもので、長さ3m、幅1mの木をくり貫いたもの。
3世紀末の柳本大塚古墳から出土した木棺で、木棺が残っていること自体が珍しい貴重品。

(左:日本最古の神社の大神神社、後ろの三輪山がご神体、右の杉は神木でお供えの卵を狙って蛇が住む)


古寺の仏像を拝観するのは好きだが、石仏もそれなりに優れたのがあるのに、この歳にしてようやく気付きました。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-06-15 17:53 | 趣味(寺、仏像他) | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akiotakahashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30