根府川ライフ


カテゴリ:根府川とミカン( 126 )



根府川でのタマネギ収穫

6/4 根府川の畑に、草抜きとタマネギの収穫に行きました。

今の季節は雑草の成長が早く、1週間で30cmは伸びるので草抜きが大変で、梅雨になると更に元気になる。
抜いた草を堆肥にしているので、畑はミミズだらけで、畑の土壌がドンドン良くなっている。

タマネギ、ジャガイモは、早く収穫して干すのが良いと教えてもらったので、珍しく大きく育ったタマネギ150ケを掘り出した。

(大量のタマネギ、  巨大ズッキーニと枇杷)


ジャガイモは、小さい芋も沢山あり、家内がいないと無理なので諦め、試し掘りして、これも大きなのが育ったのを確かめた。

午後は、採ったタマネギ、ジャガイモ、ズッキーニ、ブロッコリをつまみに、海を見ながら過ごした。

ビールとワインが、調子良く飲めるのは、労働と眺望の賜物です。

今年は、小生の枇杷の木が不作で、畑仲間NTさんにズッキーニと枇杷を、物々交換してもらい、随分得をしました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-06-04 22:38 | 根府川とミカン | Comments(4)


根府川の畑での焼きタケノコ

5/3 根府川の畑で、タケノコを焼いて5月の味を楽しみました。

根府川駅からミカン畑までの山道に竹林があり、今の時期はタケノコが顔を出すので、採るのが行事になっている。

伸びすぎたのは捨てられており、根の方は硬くても、穂先の姫皮が柔らかく好きで、4本見付けて先を折った。

タケノコを濡らした新聞紙で包んで、焚火に掘り込んでおくと良き蒸し焼き具合になる。



草抜きの労働ををした後に、海を見ながらビールを飲みタケノコを食べるのは、至福の時間です。

タケノコを食べ過ぎて腹がパンパンになり、パンダの気持ちが解りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-05-03 21:07 | 根府川とミカン | Comments(2)


茶摘みと茶の歴史

4/29 根府川のミカン畑で、ミカン仲間8人と一緒に茶摘みをしました。

今は機械摘みの茶ばかりで、手摘み茶は貴重品です。新葉の3枚だけを摘むので、いくら摘んでも籠が一杯にならず、朝8時から夕4時まで頑張った。

昼に、茶の葉を入れたラーメンを作ったが、風味があり風情がある。
快晴の下で海を見ながら、ひたすら茶を摘み続けると無心になり、心穏やかになるのが良い。

(茶乙女もおらず茶摘み歌もない  相模湾と3枚だけを摘む新茶葉)


お茶の歴史を調べると、中国では紀元前2700年も前から作られ、嗜好品として飲茶する習慣があったようです。日本には805年に遣唐使でもたらされ、鎌倉時代に栄西が茶を普及させて、茶の習慣が根付いた。

ヨーロッパには、中国から1500年頃に中国茶が輸入され、1600年頃から漸く紅茶を飲むようになったようです。ヨーロッパではそれまでは、水かジュースしか知らなかったわけで、中国文明の高さが解る。

摘んだ茶葉は、製茶工場で新茶緑茶となるが、待てないので茶を更に摘んで自宅でお茶を作りました。色が悪く、味も悪いのが、素人職人です。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-04-30 22:15 | 根府川とミカン | Comments(4)


オークションでのエンジン耕運機の購入

4/24 根府川の畑でエンジン耕運機を使い、耕作しました。

畑の耕作を、シャベルと鍬の手作業でするのは疲れるので、耕運機が欲しいと思っていた。
体が動き辛くなってから手配するより、早めに買ったほうが長く使えるので欲しくなり、我慢できない性格なので購入した。

霧雨だったが、動くか試したくて無理して行った。

(ミレーの絵画にありそうな構図、    4サイクル140cc、4馬力、50kg)


車から降ろして段々畑まで運ぶのが大変だったが、エンジンをかけ機械が動くことを確認できた。
エンジンが強くドンドン耕せるが、耕作できる畑が少ないので直ぐに終わってしまった。

衰えても耕作できるのは解ったが、重い耕運機を他の畑まで運ぶのは、今でも無理なことも解った。

パソコンのオークションは初めてで、2つの商品に気前よく高目で入札したら、2件とも落札してしまった。
2台買わざるを得ないかと諦めていたが、出品者に許してもらい1台で済んだので助かりました。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-04-24 21:13 | 根府川とミカン | Comments(2)


根府川の春の訪れ

2/27 久し振りに根府川のミカン園に出掛け、穏やかな日差しの下で、畑仕事をしました。

今年は、ジャガイモを大量に収穫するために、広い範囲を耕作して、石灰をまき、肥料を入れて、種イモを植える準備をした。

3月から、春野菜の種蒔きと野菜苗の植付けが始まるので、草抜きを加えて疲れ切った。

(相模湾を望む菜の花、        根府川駅前のおかめ桜)
 

ミカンの木の剪定をする時期だが、ケチな性格で剪るのが勿体なく何もできずに、早く終わらせて、ビールとワインを飲みながら、海を眺めて過ごしました。

ミカン畑までの道には、早咲き桜(おかめ桜)、菜の花が咲き、春の訪れが近い。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-02-27 18:25 | 根府川とミカン | Comments(2)


2015年 根府川ミカン畑の仕事納め

12/28 根府川のミカン畑で、ミカンと野菜の収穫をして、仕事納めをしました。

根府川のミカン畑で作業するようになり、既に8年が過ぎ、野菜栽培も肥料を充分に与え、青虫をきめ細かく駆除すると、良い成果があることを知った。

野菜は、一生懸命に手を入れれば必ず報われるが、子供は違うことが、ようやく解った。

(収穫したミカン、    里芋の大収穫)
 

大根は昔の女学生の大根足そのままで、白菜・キャベツも虫に喰われるのが少なくなった。
里芋は、手入れなくても巨大なのが採れて、正月料理用に使えると家内も珍しく評価してくれた。

ミカンが老木化して、収穫量が少なくなったが、円熟して味はよく、家庭で食べるには十分です。

(小田原港の灯台は提灯型、     ホタテ焼きも美味)
 

1年間の作業の自分へのご褒美に、小田原魚市場の食堂で、海鮮丼とホタテ焼きで祝杯をあげ〆ました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-12-28 17:32 | 根府川とミカン | Comments(4)


根府川ミカン畑のミカンの収穫

12/5 根府川のミカン畑にミカンの生り具合の確認と野菜の収穫に行きました。

ミカンは全て色づき、今年は夏が暑く、雨が少なく、ヒヨドリの被害がなくて良いミカンだと、畑の仲間は大きなミカンの収穫を始めていた。

(根府川鉄橋と湘南方面、    摘果しないので鈴生りのミカン)
 

9月に摘果をすると、甘みが濃縮され、粒が大きく、木の負担が減るので、思い切ってやるのが正しい栽培方法です。

ケチな性格なので、ミカンを落とすのに忍びなく、殆んど摘果をしないので、小さいミカンが鈴生りです。

木で熟成させた方が、甘みが増すので、収穫は来週以降にして、海を見ながらビールを飲んで、半日を過ごしました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-12-05 20:40 | 根府川とミカン | Comments(4)


根府川交番の巡査 と 徘徊行方不明老人の予備軍

11/1 根府川の畑に行くために、JR根府川駅を降りて70mほど歩いたとき、巡査が追いかけてきた。

駅前交番の巡査で、今までの悪事がばれたかと、ドキッとして青ざめた。

「**さんですか?」と問われ、「違う!」と言ったが、ファイルを見ながら「**さんですね?」「**さんでしょう。」と しつこい。

 
(写真は無関係人物です。netより、   NHKより, *高齢者の定義:65歳以上)

免許証を見せ無実を証明したが、行方不明届の徘徊老人と、似ているらしい。
ムカッとしたが、職務熱心な、感じの良い青年お巡りさんなので、穏やかに別れた。

作業衣、汚いリュックの貧相な身なりでは、徘徊老人に見えるのも仕方ないが、理知的な顔だと思っていただけに、ショックを受けた。

2014年、警察へ届けられた行方不明老人は全国で延べ1万人、このうち、死亡/今も行方不明は、500人だそうです。

現在、高齢者*の4人に1人は認知症とその予備軍で、ウロウロする習性なので、徘徊不明老人の仲間入りもすぐです。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-11-02 18:28 | 根府川とミカン | Comments(2)


根府川のミカンの育ちと野菜

10/18 根府川のミカン畑に、ミカンの生り具合と野菜の手入れに、行きました。

ミカンは、隔年に実が多く生るが、今年は不作の樹が多く、老化で枯れて、本数が少なくなったので、影響が大きい。それでも、黄色に色づき始めた。

野菜畑は、ブロッコリ、白菜、キャベツ、大根、春菊が順調に育ち、2週間前に植えたニンニクも、芽が出た。

 

無農薬自然栽培なので、白菜/キャベツの葉が青虫に喰われ、ナメクジが住みつくのが悩み。

家内から、"農薬まみれで良いから、青虫、ナメクジのいない野菜でないと捨てる。" と宣告され、ネットをかけて蝶が入らないようにしていた。

良く見ると、ネットの中で蝶が2匹舞っており、青虫が孵化して育ったようで、蝶の方が一枚上です。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-10-18 20:43 | 根府川とミカン | Comments(2)


スイカとカボチャの収穫

8/11 スイカは受粉して40日が収穫の最適時なので、休暇を取って根府川の畑に楽しみに出掛けた。

4株植えて唯一実ったスイカだったので、猿に盗られないように、籠をかぶせ、ネットをかけた。行って見ると、消失しているのに愕然とし、怒りがこみ上げてきた。

カボチャは、皮が硬いので猿もお手上げかと思ながらも、草の中に隠していたが、一番大きいカボチャで宴会したみたいに種が散らばり、空の残骸が残っていた。

安全を期して、無事だったカボチャ3ヶを、少し早いが収穫した。

(大きなカボチャを選ぶ猿も賢い、  猛暑の中でも優雅に過ごせる庵)


気分を害し、畑仕事、草抜きをする気もなくなったので、10時から海を見ながらビールを飲んで過ごしました。

派遣先のC社での仕事が少なくなり、評判も悪く、そろそろ契約解除になりそうなので、小屋に居住して猿の監視をするのも、選択肢かと考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-08-11 18:25 | 根府川とミカン | Comments(4)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30