根府川ライフ


カテゴリ:根府川とミカン( 126 )



根府川ミカンの収穫と貯蔵(予措)

12/20 穏やかな好天の中、ミカンの収穫をしました。
ミカンの樹13本を管理しているが、ミカンは隔年に実がなるので7本が今年の収穫対象です(但し、剪定に失敗し4本)。
概ねミカン1本に50-80kg実を結ぶので、今年は200-250kgの収穫が期待できる。家族3人で約2ヶ月で消費するには、1kg/日・人も食べることになる。毎朝ミカン100%ジュースをつくるものの流石に無理なので、不本意ながら会社に持っていったり、近所に配り処理せざるを得ない。

鈴なりの小生のミカン樹(剪定をせずに数重視)    保管貯蔵庫(予措)
さて、ミカンは収穫して直ぐに出荷するのでなく、5-15℃程度で10-30日貯蔵して甘みを増すのが一般的で予措と言います。また、温度を調整して出荷時期を調整もできる。A農園の貯蔵庫も木箱のミカンがドンドン増えています。小生は、樹で完熟させて更に10日程置くのが最高の味になることを研究したので、あわてて収穫しない。
高いところのミカンは脚立で採り下にいる相棒に投げるのが効率的だが、家内は来てくれないので一人でせざるを得ず「こんなところで落ちて死んだら損だナ」と思いながら高所作業をし、片手で採収するテクニックも教わった。

片手ハサミで採収の秘技   労働のあとに鍋料理を一緒に食べるのも楽しみ
昼は小生の畑で採った大根、ニンジン、ねぎ、水菜と豚肉の鍋料理(小生だけビール付)を楽しみ、収穫分27kgをリュックに背負って電車に乗りました。重すぎて下のミカンが1/3つぶれ失敗。

[PR]
by akiotakahashi | 2008-12-20 19:01 | 根府川とミカン | Comments(4)


根府川のミカン収穫と牡蠣

12/13 早起きし夜明けともに根府川ミカン園に行きました。
ミカン栽培を中心にしたBlogで11月からミカンの色づく過程の紹介をと目論んでいましたが、1.5ヶ月ぶりに行くことになり既に全てミカン色に染まっていました。
樹種は青島温州で収穫は1~2月ですが、今年はミカンの成熟が1ヶ月早く、ミカン園オーナーのA、I兄弟は収穫作業に懸命です。
野菜畑は、二十日大根がゴルフボールに巨大化し、大根・ホウレン草・水菜も育ち、小生と違い1ヶ月の成長に驚くばかり。雑草は更に強く伸び、草抜き中心の作業でした。
風もなく暖かく、昼はオーナーと一緒に岡山から取り寄せた殻付き牡蠣を蒸して、未熟の夏ミカンを絞りジューシーな味覚に満足。牡蠣、二十日大根、ビール・焼酎とともにミカン畑と穏やかな海を見てズーットひとりで至福の午後を過ごしました。

色づいたミカンと穏やかな海          海を見ながら味わう牡蠣    

帰りはミカンをリュック(22kg)に担ぎ20分歩きヘトヘトで、体力の衰えに明日はジムだと心に誓いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-12-13 21:14 | 根府川とミカン | Comments(5)


ミカンの剪定と摘果

ミカン畑を借りて1年になります。その間、ミカン栽培の本を3冊買って研究し、それなりの知識を身につけたつもりでした。
「大きい甘いミカン」を収穫する条件;
① 太陽が樹の奥まで当たるように大胆に剪定(3月)
② 葉25枚にミカン1ヶを目安に摘果・間引き(8-10月)
③ 肥料、防虫を的確に(4月、9月)

「小さな枝より大きな枝にこだわる」写真を参考に大胆に剪定した。6本剪定が終わった頃に、ミカン栽培先輩のAさんから「切り過ぎだ」との指摘。写真は単に樹形のサンプルで、葉っぱは残さなければいけないことに気がつき愕然!
現在は周りの樹が緑がいっぱいで青いミカンも鈴なりに対して、こちらは枝だけの有様です。
ミカン仲間には、「長期計画でやっている」と苦しい弁明。枝が伸び葉がつく3年後が楽しみです。

現在の樹形(若葉がチョロチョロ)  ミカン作業便利帳より(農文協)


目標を「小さく甘さは劣っても数量を」に変更し、残りの樹は剪定も摘果も止めた。「アーアッ」

プロの樹形(ミカンが鈴なり)    果実は寂しいがベゴニアが綺麗

[PR]
by akiotakahashi | 2008-10-26 04:23 | 根府川とミカン | Comments(3)


巨大オクラと連作障害

狭い庭の一角に、それまた小さな畑があります。
酒のつまみと毎日咲く花がカワイイので、この15年オクラを植えているが、近所の菜園のオクラと比べると貧弱(高さ40-50cm)で不思議でした。
ミカン畑オーナーA・I 兄弟から、野菜作りには長期設計(連作防止)と肥料が大切だと教えてもらった。

作付場所を70cm無理して移動し肥料をやった結果、高さ1.9mの巨大オクラに成長し、連作・肥料の効果に驚き、成果に大満足。

しかし、狭い家庭菜園やプランターでは野菜作りは、そもそも無理があるかなと考えた次第です。 少なくとも、肥料は必要か!
[PR]
by akiotakahashi | 2008-10-23 08:02 | 根府川とミカン | Comments(4)


ピーナッツ(落花生)収穫と名前の由来

根府川のミカン畑の空地で野菜栽培をしています。なかなかの眺望で、日当りだけでなく海からの反射光、段々畑石垣の保熱などミカン、野菜には最高の条件です。ミカンは特に「太陽が命」で、青いミカンが11月末からの収穫に備えて光を吸収して甘さを蓄えています。



さて、本日(10/18) ピーナッツを収穫しました。5月に種蒔きし、8月に開花して順調に成長していた12本だったが、猿に荒らされ3本だけ生き残ったタフな貴重品です。鈴なりを期待していたが、パラパラで少し残念でした。



今回の栽培でピーナッツ(落花生)は、黄色い花が咲いてその花が垂れ下がり根元に潜り、実ることを知りました。名前通り「落花生」の由来に気付いた次第です。

帰宅して直ぐに茹でピーナッツを美味しく楽しみました。市販の干し炒りピーナッツの味しか知りませんでしたが、濡れ茹でピーナッツもコリコリしてなかなかのものです。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-10-18 19:30 | 根府川とミカン | Comments(6)


BLOG開設のご挨拶

初めてBLOGを作成し、本日より公開します。

小田原近くの東海道線「根府川」でミカン畑を借りて(ミカンの樹15本)仲間と楽しんでいます。

1年を通したミカン作業と野菜畑作業を中心にご案内します。

また、ミカン仲間との行事や、山行きも都度ご紹介したいと思います。

(穏やかな相模湾を望み、遠くに船が見え、海岸線には東海道線がガタガタ走る「ミカンの花咲く丘」そのままの風景)
f0193510_1939188.jpg
友人の案内でBlog仲間に入れてもらいますが、日記代わり、何かやっている証し、ボケ防止を目的とし、自分の為に公開します。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-09-01 19:39 | 根府川とミカン | Comments(0)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30