根府川ライフ


カテゴリ:旅( 168 )



缶ビールの銘柄選択の解析

12/13-16 倉敷美観地区にあるユニバーサルホテルに宿泊した。

朝夜食付きで1泊5,250円と驚くほど安く、作業着を着た職人が朝晩多い。豪華ではないが、充分な食事で、サラダ・バイキングが申し分ない。

自動販売機で缶ビールを求めたが、自宅で飲んでいる ”キリンのどごし生” にした。

サラダをつまみに飲みながら、20人ほどの客がビールを選択するのを観察した。

缶ビール(350ml)を選ぶ割合は;
① 一番絞り,280円 : 40%
② 端麗生,210円 : 25%
③ のどごし生,180円 : 15%
④ 飲まない : 20%

ビールは、どれでも同じで、安いのが売れると思っていたが、味に拘りのある人が多いのに驚いた。

単なる見栄かと疑い、また、小生が味音痴で精神的貧困かとも思いながら、日本が豊かで贅沢になっているのを、実感した。

父は酒が好きで、ささやかに超小瓶のアサヒスタイニーで喉を潤したあと、サントリー角のロックを飲んでいた時代を懐かしく思い出しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-12-15 20:40 | | Comments(4)


倉敷J社工場での仕事

12/14-16 倉敷J社工場のプラント改造工事の性能確認運転立会いに出張にいる。

入社のときに配属された工場だが、世代が変わり、更に業者の立場なので、息子より若いのにアレコレ言われてストレスが溜まる。

(現場での運転データ取りの演技、   2Top装置が解体されたのに時代の変遷を感じる)
 

「暇なら、労災に気をつけて現場の運転データを記録して下さい。」と言われ、カッときたが、我慢して作業した。

工事担当だった30代の頃に、下請け業者N社の62歳の作業員が労災を起こしたので、「60歳以上の老人は入構禁止だ!入るなら健康診断書をだせ!」と無理強いしたのは、若気の至りかと反省です。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-12-14 19:23 | | Comments(2)


「貧の中に等級あり」

倉敷への新幹線の日帰り出張は疲れるので、土日がつながれば、大阪の安ホテルに泊まることにしている。

ホルモン居酒屋 ”きらく” が楽しみで何時も入るが、隣席の老人から声を掛けられた。

島根・浜田の出身で、「鉄筋工だが、ビルの建設が減り、鉄筋の仕事が2日間無いので、土工で1万円を稼いだが、しんどい。」と言う。

(ホルモン居酒屋 ”きらく” 、   段ボールとビニールシートで防寒対策)
 

「あんたは何や?」と問うので、「配管だが、年をとると目が疲れるので、きつい。」と答えた。
浜田の海と魚の話をし、ご飯とホルモン煮をゆっくり食べて、270円払って帰って行った。

寒風の夜の街は、自転車付きの段ボールの寝屋が並び、真面目に働いても報われなかった老人も多いのかと、世の不条理を考えました。

白居易の贈内子「貧中有等級(貧の中に等級あり)」を、思い浮かべた。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-11-30 23:58 | | Comments(2)


秋の奈良・東大寺

11/28早朝 秋の奈良・東大寺を散策しました。

鹿もセンベイをくれる客もおらず、境内を走り回っている。
紅葉を愛でるのは、今年初めてで楽しみにしていたが、色鮮やかさはイマイチ。

(東大寺大仏殿、    朝日に光る南大門の仁王像, 運慶作)
 

国宝・二月堂の舞台に登り、3月のお水取りで、大松明の火の粉を散らしながら走る回廊から古都を見下ろした。

東大寺ミュージアムの「東大寺の歴史と美術展」を楽しみにしたが、8時では開館しておらず、仕方なく帰りました。

(二月堂舞台、    二月堂参道の朝日と紅葉)
 

出張があると、交通費、日当付きでフラフラできるのが嬉しく、有り難い。

派遣先のC社では、受注が激減し余剰人員が増え、そろそろクビになりそうだが、白アリとなり、最後まで食べ尽くそうかと、考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-11-28 19:28 | | Comments(2)


岡山の寄島・三郎島のアッケシ草群生

10/25 岡山・浅口市寄島の三郎島でアッケシ草群生を見ました。

(陽に輝き光る穏やかな瀬戸内海)


倉敷の工事現場に出張があり、家内の実家の柿を狙って、前日に移動した。

昼は、寄島の食堂で、煮魚定食(¥1280)にしたが、隣席で食べているシャコ(¥980) が美味しそうだったので、追加した。

 

独身寮時代に同期のUYの実家から、"明石の茹でシャコ"が届き、飽きるほど食べた味が、忘れられない。

車の運転だったが、隣席が飲んでいて美味しそうだったので、つい、生ビールを注文してしまった。

三郎島まで歩いて、砂浜で穏やかな海を見ながら昼寝し、アッケシ草を見て、3時間かけてアルコールを飛ばした。

本州唯一のアッケシ草群生地だが、北海道の厚岸の草が、何故温暖なここだけに群生するか、不思議でもあり、怪しくもある。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-10-26 23:18 | | Comments(2)


広島・福山市の神辺(カンナベ) 宿場町

10/11 広島・福山市の旧山陽道の神辺(カンナベ) 宿場町を散策しました。

参勤交代の大名が泊まった神辺本陣、朱子学者・菅茶山(1748-1827)の廉塾(レンジュク)、神辺城跡を、ゆっくり見学した。

女子大生の観光ボンティアガイドが、丁寧に案内してくれ好印象で、文化の香りあふれる歴史の街・神辺が好きになった。

(神辺本陣の美人女子大生ガイド、  頼山陽が塾頭をした廉塾の講堂)
 

倉敷の工場の出張(10/9)のタイミングに、偶々、家内が岡山の実家に法事で帰っていたので、合流した次第。

寄島の海鮮食堂"海賊亭"の魚煮付け定食が、気に入り、連日通った。

(左:寄島の26cm黒鯛の煮付定食,1280円,はお値打ち、前日は30cmのコチ2匹だった。
 右:J社工場の工事現場;老人の労災に注意してくれと、シツコク言われるのが、不快)

 

旅費、宿泊費、日当までもらって、フラフラ出来るのは、実に有り難い。

広島までの交通費も馬鹿にならないので、少しは真面目に働いて、クビにならないように印象良くするかと、考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-10-12 21:03 | | Comments(2)


シルバーウィーク(その2):松江、美保が関、境港

9/21 松江、美保が関、境港にドライブをしました。

(松江と境港間の境水道,中海/日本海,を跨ぐ"境水道大橋"の夕景色)


① 国宝・松江城
松江は、堀、水路の水景が美しい、落ち着いた好きな町だが、松江城に登ったことはなかった。

慶長11年に築城の大きな城で、内部の構造も面白く、天守から宍道湖を眺めた。

(松江城、  お堀と武家屋敷風景)
 

② 美保が関灯台
松江半島東端の美保が関には、明治31年初点の美保関灯台(日本近代化遺産)がある。
“世界歴史的灯台100選”に選ばれた石造白亜の灯台と、日本海の眺めは素晴らしい。

8世紀"出雲国風土記"にある美保神社(ゑびす様の総本社)の大社造り本殿は、独特で、神代からの歴史を偲ばせる。

(美保が関灯台、   美保神社の大社造り2棟並び"比翼大社造")
 

③ 境港さかなセンター
城、灯台、神社より、魚貝を食べる方が、楽しい。

10年ぶりにズワイガニを食べたが、禁漁期なので解凍もので、水っぽくベタベタしていたのがイマイチで、残念。

(魚市場のズワイガニと海鮮丼、 中海・大根島の朝鮮人参畑と蕎麦畑)
 
(伯耆大山と黄金の稲穂)


伯耆大山を見て、中の原スキー場から弓ヶ浜半島を眺めた若き良き時代を、懐かしく思い出しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-25 07:58 | | Comments(2)


シルバーウィーク(その1) 岡山・井原市青野のブドウ直売所と笠岡市神島の魚直売所

9/20、22 岡山・井原のブドウ直売所と笠岡の魚直売所に出掛けました。

① 井原・青野のブドウ直売所
この3年、青野のブドウ直売所(葡萄浪漫館)に行くのが、行事になった。

巨峰、ピオーネだけでなく、瀬戸ジャイアンツ、安芸クイーン、翠峰、シャインマスカットなど新種が溢れており、種が無いのは当たり前で、皮ごと食べれるのもあり、美味しい。

東京では、一房1000~2500円だが、産地直売所では比較的安く、また、試食用のブドウを食べるのを楽しみにしている。

(ブドウ畑の風景、   大混雑の直売所の買い物客光景)
 

お世話になった知人に送ると言うものの、3.5万円も買うのは如何なものか。

② 笠岡・神島の魚直売所
神島へは、本土とは神島大橋だけだったが、干拓で地続きになった。独身寮の主人が神島出身で、船釣りによく行ってくれたのが、懐かしい。

最近できた“道の駅・笠岡ベイファーム”で、魚を見るのを、楽しみにしている。

(大混雑の笠岡ベイファーム風景、 サービス品にしても安い”このしろ”)
 

瀬戸内海に関係のない、ホタテの生干しが珍しいので、求めた。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-25 07:20 | | Comments(0)


巨峰食べ放題、野菜詰め放題の山梨へのバスツアー

9/1 巨峰食べ放題、野菜詰め放題の山梨へのバスツアーに行きました。
(甲府、勝沼周辺の象牙美術館、海鮮昼食、ブドウ園、ハーブ園のコース)

1. ブドウ園
ブドウ棚にある巨峰が食べ放題だが、不味くても1房食べてから次を採って食べるのがルール。

大きい1房目が少し未熟で困ったが、それでも家内と2人で、4房も食べて満足した。
巨峰1房800円で3200円と試算して、家内とニンマリした。

(ブドウ棚に無数に吊り下がる巨峰、 沼津港直送の海鮮昼食は美味)


2. ハーブ園
ハーブの化粧品、健康飲料で蓄財して、広大なハーブ園、野菜畑を作ったのは見事。

美肌になる、しわが伸びるに釣られて、ハーブクリームを2箱買ったが、群集心理の催眠商法に近い。

野菜詰め放題は、小さいビニール袋を配られたので、ビニールを伸ばしながら詰めたが限界があり、ケチ臭く不満。

(ハーブ園の詰め放題野菜の成果、 象牙美術館の巨大マンモスの牙は本物)


3. 象牙美術館 (日本印相協会)
五重塔、鳳凰などの巨大な象牙の工芸品が数多く並ぶのは、素晴らしく驚きで、一見の価値はあり、また、マンモスの牙も200本もある。

印相(名前の字画で吉凶を占う)で蓄財して、美術館を立てたのは立派だが、姓名で不安をあおる霊感商法、開運商法に近く、怪しい。

小生の名前の鑑定は、”波乱” で、家庭内が波乱だらけなのは、当たっていた。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-09-01 16:19 | | Comments(2)


大阪・釜ヶ崎の早朝風景

8/28 大阪・釜ヶ崎を、早朝に散歩しました。

大阪では、サンプラザホテル(¥1650, 新今宮)を常宿にきめたが、チェックアウトが、フロントの開く7時からなので、時間を潰した。

あいりん労働福祉センターの周りには、仕事を求める人、人寄せの手配師で溢れている。日当7500円~14000円(宿舎・食事3500円差引)が、相場だと知った。

(手配師と労働者移送のワゴン車、  労働者募集の張り紙)


求人紙を見ていると、「仕事探してんの?」と声を掛けてくれた。「力仕事は無理だ!」と言ったら、「大丈夫や。清掃、警備ならええよ。」と教えてくれた。

(センター前の居酒屋は朝からにぎわう、   仕事に溢れた人は寝る)


有効求人倍率が、1.21倍に上昇したそうで、働く気になれば、仕事は見付けられる環境に好転した。

今の派遣先がクビになりそうで、家内への朗報です。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-08-29 19:07 | | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31