根府川ライフ


2017年 11月 20日 ( 1 )



京都、奈良でのグルメ

11/16-19 京都「国宝展」にあわせて、友人3人で京都、奈良の郷土料理を、楽しむことができました。

小生は「未だ足らぬ 稼ぎ稼いで 墓場まで」だが、2人は「子孫に美田を残さず」のうえ、物欲・性欲は枯れており、食事と知識・見聞に金を使う刹那主義で、高くても美味しいのを喜ぶ。

1. 京都・南禅寺の湯豆腐
 学生時代に金が無くて食べ損ねた「南禅寺の湯豆腐」を食して、50年前のリベンジを果たした。
湯豆腐に2500円を出すのは、馬鹿馬鹿しいが、味はよい。

(南禅寺の湯豆腐・五右衛門茶屋)


2. 奈良宇陀・室生寺の山菜料理
 女人高野・室生寺前の創業150年宿坊「橋本屋」で、山菜料理を食した。
山菜料理に2400円を出すのは、馬鹿馬鹿しいが、これもご利益のためです。

3. 吉野・黒滝温泉のぼたん鍋
 大峰山に近い黒滝温泉の宿の、ぼたん鍋(イノシシ鍋)は、臭みもなく、軟らかいが、野生のイノシシ肉だった。
山菜釜飯には、小さいマツタケの破片が入りリッチな気分になった。

(室生寺の山菜料理  黒滝温泉のぼたん鍋)


帰宅して、「これからは、美食にのみ金を使う」と宣言したが、意味ない戯言と無視されるのには困ったものだ。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-11-20 19:11 | 趣味(グルメ) | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30