根府川ライフ


2017年 05月 30日 ( 1 )



防災訓練と大震災の備え

5/30 新子安の派遣先CK社で防災訓練がありました。

若き頃は長く石油工場勤務で、毎月消火訓練があり、消防ホースの展張・放水、心臓マッサージ、人工呼吸などに、自信がある。

300人ほどを、1時間訓練に参加させる会社の防災の姿勢は立派だが、人件費のロスは大きい。こちらは、仕事もせずに見るだけで時間給をもらえるので、有り難い。

(放水訓練、  裏は海で津波は直ぐ)


子安は埋立地の海抜2mなので、大地震の津波があると被害は大きい。

東海・南海大地震、首都直下大地震、富士山大噴火が騒がれて40年経つが、ソロソロ何かありそうな予感がある。

こちらは抜け目なく、工事用の懐中電灯2ケ、方位計、非常食、水ボトルの準備があるので、泊りも問題ないし、15km歩いて帰る備えも万全です。

真っ暗な夜道に、女子高生、若い女性がいても、懐中電灯をあげる配慮までする心掛けに、自画自賛。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-30 21:17 | その他 | Comments(2)

    

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31